Exness(エクスネス)

Exnessは窓埋めトレードや窓開けトレードが禁止行為か?

Exnessは窓埋めトレードや窓開けトレードが禁止行為か?

Exness(エクスネス)は窓埋めトレードや窓開けトレードをすると利用規約違反の禁止行為に該当するのか?

  • Exness(エクスネス)は窓埋めトレードや窓開けトレードを禁止しているのか?
  • 窓埋めトレードや窓開けトレードが発覚すると出金拒否され出金できないことがあるのか?
  • Exness(エクスネス)ではどんな投資手法をすると利用規約違反の禁止行為に該当するのか?

どのようなタイミングでFX市場は窓開け状態になることがあるのか?

Exness(エクスネス)は窓埋めトレードや窓開けトレードに対してどのようなスタンスを取っているのか?

多くのFX会社で利用規約違反の禁止行為となる窓埋めトレードや窓開けトレードがExness(エクスネス)でも禁止されているのか詳しく説明します。

\最大レバレッジは無制限/

Exness(エクスネス)で今すぐ口座開設する!

目次

Exness(エクスネス)は窓埋めトレードや窓開けトレードを認めている数少ないFX会社です。

まず最初にExness(エクスネス)が窓埋めトレードや窓開けトレードについてどのようなスタンスを取っているのかというと、

窓埋めトレードや窓開けトレードについて

  • Exness(エクスネス)は窓埋めトレードや窓開けトレードを利用規約違反の禁止行為に設定していません。
  • もしあなたがExness(エクスネス)で窓埋めトレードや窓開けトレードを行って利益を獲得しても利用規約違反の禁止行為だと言われて出金拒否されることはないので安心してください。

基本的にExness(エクスネス)は取引に関して制限を設けていないことを公表しているFX会社です。

窓埋めトレードや窓開けトレードを行って利益を獲得しても何ら問題がありませんので、その点は安心してください。

おすすめ記事Exness(エクスネス)は1万円チャレンジで爆益や億り人を目指せるFX会社なのか?

FX市場で窓開け(ギャップアップ・ギャップダウン)が起こるタイミングやそれを利用した取引方法は?

窓開けとは主に株式市場やFX市場などで見られる現象で、市場が開く時や特定のニュースやイベントが発生した後に起こります。

そのタイミングで取引をすることが窓開けトレードや窓埋めトレードと呼ばれるもので、リスクはあるものの爆益に繋がりやすいと好んでそのタイミングでトレードする人も。

窓開けとは?

  • 窓開けにはギャップアップとギャップダウンがあり、市場が開いた瞬間に前の取引日の終値と新しい取引日の始値の間に価格のギャップ(窓)が生じることを指します。
  • 取引が行われない時間帯に市場の状況が変化し、供給と需要のバランスが大きく変わることがきっかけになり発生します。
  • 週末や祝日の後、または重要な経済指標の発表や企業の業績報告などが原因で起こることがあります。
  • ギャップアップとは前の終値よりも高い価格で市場が開くことで、ギャップダウンとは前の終値よりも低い価格で市場が開くことです。

いづれにしてもチャートに急激に動くことで稼ぐチャンスが増えることは間違いないでしょう。

ただ狙い通りに相場が動かないこともあるので、冷静な判断を行うことが必要です。

窓開けトレードや窓埋めトレードが発生するタイミングは?

窓開けトレードや窓埋めトレードが発生するのはどのようなタイミングなのかというと、

発生タイミング

  • 市場が開く時:週初めや休日明けに、前の取引期間の終わりと新しい取引期間の始まりの間で発生します。
  • 重要なニュースやイベントがあった後:経済指標の発表、政治的な出来事、自然災害、企業の決算発表などの影響で、価格に急激な変動が起きてギャップが生じます。
  • 週末や祝日の後:市場が閉まっている間に世界の他の場所で取引が続いており、その影響で窓開けが発生することがあります。

上記のようなタイミングで窓開け状態になりますが、一番多いのは週明けのタイミングではないでしょうか。

特に週末に経済指標が発表された場合など、大きな窓が空いて投資チャンスが訪れることがありますので、そういったタイミングは逃さないようにしてください。

おすすめ記事Exness(エクスネス)は高額出金でも出金スピードが変わらず出金遅延なしって本当か?

FXの窓開けトレードとはどのような取引手法のことか?

FXの窓開けトレードとはどのような取引手法のことかというと、

窓開けトレードとは?

  • 窓開けトレードとは、市場がギャップを示した直後にその動きに乗じてエントリーする戦略のことです。
  • 例えば、価格が上にギャップした場合、トレーダーはさらなる上昇を予想して買いポジションを取るかもしれません。

窓開けトレードは、ギャップが特定の方向への強い市場の動きを示しているとトレーダーが考える場合に利用されます。

FXの窓埋めトレードとはどのような取引手法のことか?

FXの窓埋めトレードとはどのような取引手法のことかというと、

窓埋めトレードとは?

  • 窓埋めトレードは、市場がギャップ後に最終的にそのギャップを「埋める」、つまりギャップが発生する前の価格レベルに戻ると予測してトレードする戦略のことです。
  • 例えば、価格が下にギャップした後に、トレーダーは価格が再びギャップ前の水準に戻ることを予想して買いポジションを取るかもしれません。

窓埋めトレードは、ギャップが一時的な過剰反応であるとトレーダーが考える場合に利用されます。

おすすめ記事Exness(エクスネス)で裏技的に使える原資抜きのやり方やメリットまとめ!

FX取引で窓開けトレードや窓埋めトレードをする際の注意点は?

FX取引で窓開けトレードや窓埋めトレードをする際の注意点としては、

注意点について

  • 窓開けトレードや窓埋めトレードなどのギャップトレードは、特にニュースやイベントによる市場のボラティリティが高い時に見られる現象です。
  • これらの戦略は、市場分析と経験に基づいて適切に実行されるべきで、特に窓埋めトレードは、市場が常にギャップを埋めるわけではないため、リスク管理と適切なストップロスの設定が非常に重要です。
  • 市場の動きは予測不可能であり、どの戦略もリスクを伴うため、慎重な取り組みが必要だということを理解しておいてください。

リスク管理をせずに窓開けトレードや窓埋めトレードを行うと大きな損失を抱えることもあるので十分に注意してください。

Exness(エクスネス)で窓開けトレードや窓埋めトレードをする際の注意点は?

Exness(エクスネス)では窓開けトレードも窓埋めトレードも利用規約違反の禁止行為に該当しません。

しかし完全に自由に窓開けトレードや窓埋めトレードができるわけではなく、Exness(エクスネス)ではそのタイミングにレバレッジ制限が行われます。

普段は無制限レバレッジで取引をしている人も、窓開けトレードや窓埋めトレードのタイミングでは最大レバレッジが制限されていることを理解しておいてください。

Exness(エクスネス)は窓開けトレードや窓埋めトレードのタイミングでレバレッジ制限が行われる。

Exness(エクスネス)にはいくつかのタイミングでレバレッジ制限が行われますが、まさに窓埋めトレードや窓開けトレードのタイミングがそこに該当します。

どのような条件でレバレッジ制限が適用されるのかというと、

レバレッジ制限について

  • 取引金融商品の外国為替および貴金属は、週末および祝日に取引が中断される場合があり、市場取引終了前の3時間および市場取引再開後1時間は、これらの金融商品にはHMR(最大レバレッジ1:200)が適用されます。
  • 重要度が高い経済ニュースの発表15分前から5分後までに発注された注文の最大レバレッジは200倍に制限されます。

Exness(エクスネス)ではあらかじめ窓開けや窓埋めトレードができるタイミングでは、最大レバレッジが200倍に制限されるということ。

ExnessターミナルとExnessトレードのアイコンにHMRのシンボルである3本線が表示されている場合、最大レバレッジが200倍になっていると理解しておいてください。

おすすめ記事Exness(エクスネス)の無料VPSの利用条件や評判、各種設定方法などの情報まとめ!

Exness(エクスネス)で利用規約違反の禁止行為に該当する取引手法は?

Exness(エクスネス)は窓埋めトレードや窓開けトレードが認められているようにい本当に自由なトレード環境が用意されているFX会社です。

一般利用規約を見たり、日本語サポートスタッフに聞いてもほぼ禁止事項はないと回答されますが、利用規約違反の禁止行為と判断されるのが、

禁止行為

  1. サーバー遅延のタイミングを狙った意図的なトレード
  2. 自己IB(自己アフィリエイト)の仕組みを悪用したトレード

上記2つの行為はExness(エクスネス)でも利用規約違反に該当しますので、行わないように注意してください。

サーバー遅延のタイミングを狙った意図的なトレード│Exnessの禁止行為

Exness(エクスネス)の利用規約違反の禁止行為は、サーバー遅延のタイミングを狙った意図的なトレードをした場合です。

サーバー遅延について

  • Exness(エクスネス)は世界中のトレーダーにサービスを提供していることもあり、サーバーの処理能力はかなり高められています。
  • そのような状態でも、想定外の経済指標が発表された時や経済ニュース、大地震や噴火、戦争などの重大な事象が起こった際に、公式サイトや取引プラットフォームにアクセスが集中し、サーバーの処理能力を超えて遅延する可能性も否定できません。
  • サーバーが遅延しているタイミングを狙った意図的なトレードは不正な取引だと判断され、利益が出た場合も出金することはできないでしょう。

サーバー遅延を意図的に狙ったトレードは投資家が勝てる可能性が高いので禁止行為に該当します。

自己IB(自己アフィリエイト)の仕組みを悪用したトレード│Exnessの禁止行為

Exness(エクスネス)の利用規約違反の禁止行為は、自己IB(自己アフィリエイト)の仕組みを悪用したトレードをした場合です。

自己IBについて

  • Exness(エクスネス)にはアフィリエイトの仕組みがあり、誰でも簡単に知人や友人を紹介して、一定の手数料をもらうことができます。
  • この仕組みを悪用すると、自分の発行したリンクから登録して自分で行ったトレードからキャッシュバック(手数料)をもらえるようになるということ。
  • これもExness(エクスネス)に何もメリットがなく、単に損失が増えるだけの邪魔な存在のトレーダーになりますよね。
  • 自己IB(自己アフィリエイト)はExness(エクスネス)でも禁止されていますので、絶対に行わないようにしてください。

Exness(エクスネス)のシステムは自分の取引から手数料を得るために自分のパートナーリンクを使用するユーザーを自動的に検出します。

手数料収入が発生しないように対処されますし、Exness(エクスネス)の心象が最悪になるので、絶対に行わないでください。

おすすめ記事Exness(エクスネス)はゼロカットシステム対応で追証や借金リスクなしで安全か?

Exness(エクスネス)の利用規約違反にはならないが注意すべき行為や取引方法は?

利用規約違反とは言われていないもののExness(エクスネス)でトレードをする際に注意すべき行為や取引方法があります。

通常はそこまで厳しい指摘をされることがないことも、悪質だと判断された場合は、利用規約違反だと指摘されることも。

どのような行為に注意すればよいのかというと、

注意すべき行為

  1. ゼロカットシステムの悪用や乱用を目的にしたトレード
  2. 口座名義人以外の第三者が行ったトレード
  3. マネーロンダリングの疑いがあるトレード

上記行為を行うことで利用規約違反だと指摘されることもあるので、絶対に行わないようにしましょう。

ゼロカットシステムの悪用や乱用を目的にしたトレード│Exnessの禁止行為

Exness(エクスネス)で利用規約違反の禁止行為として指摘される可能性があるのが、ゼロカットシステムの悪用や乱用を目的にしたトレードをした場合です。

ゼロカットの悪用や乱用

  • 海外FX業者のメリットのひとつにゼロカットシステムという追証の支払いリスクがない仕組みがあります。
  • 普通にトレードした結果、マイナス残高になった場合はExnessがそのマイナス分を負担して補填してくれます。
  • しかし最初からハイレバレッジで両建て取引を行うと、片方はロスカットされ、もう片方は大儲けすることもできます。
  • ゼロカットシステムの利用を前提としてトレードを繰り返すと、その度にExnessがマイナス分を補填しなければなりません。
  • ゼロカットの仕組みを悪用するようなトレードはどのFX会社でも嫌われたり、出金拒否や口座凍結のきっかけになることを理解しておきましょう。

Exness(エクスネス)は両建てを禁止しているわけではありませんが、このようなトレードばかり行われると会社が儲からなくなります。

追証リスクがないだけでも十分なメリットですので、それ以上を求めるのは止めましょう。

おすすめ記事FXの追証は日本だけ?海外FXにゼロカットがあり日本にない理由はなにか?

口座名義人以外の第三者が行ったトレード│Exnessの禁止行為

Exness(エクスネス)で利用規約違反の禁止行為として指摘される可能性があるのが、口座名義人以外の第三者が行ったトレードをした場合です。

第三者のトレード

  • すべてのFX会社では本人確認書類を提出してプロフィール認証やアカウント認証を完了させる必要があります。
  • これは本当に実在している人物が口座であり、本人が誰なのかを公的な書類で確認するために必要なことです。
  • 自分よりもトレードの上手い人に取引口座のログイン情報を伝えて、変わりにトレードをして儲けてもらうのは明らかに禁止行為です。
  • FX会社はIPアドレスや取引履歴などから、どこでどんなトレードが行われているのかを把握することができます。

この後で紹介するマネーロンダリングにも関わってくることなので、絶対に第三者にトレードをさせるようなことはしないでください。

おすすめ記事Exness(エクスネス)の日本語サポート体制や営業時間などの情報まとめ!

マネーロンダリングの疑いがあるトレード│Exnessの禁止行為

Exness(エクスネス)で利用規約違反の禁止行為として指摘される可能性があるのが、マネーロンダリングの疑いがあるトレードをした場合です。

マネーロンダリングについて

  • Exness(エクスネス)も含めてすべてのFX会社はマネーロンダリング対策を徹底しています。
  • マネーロンダリングとは犯罪行為を通じて得た不当なお金の出所がわからなくなるように、入金や出金を繰り返す行為のこと。
  • マネーロンダリング対策としてExnessでは、入金後すぐに出金できないようになっていますし、その疑いがあると口座凍結や資金没収の可能性も。

Exness(エクスネス)が取得している金融ライセンスは日本で言う金融庁のような政府機関が発行したものですので、犯罪行為は絶対に認められません。

間違ってもマネーロンダリングを疑われるような行為を行わないように注意してください。

最悪の場合、犯罪者として警察などの捜査機関に情報提供されることもあるので、本当に注意が必要です。

おすすめ記事Exness(エクスネス)でスキャルピングトレードするメリットやデメリットまとめ!

Exness(エクスネス)の窓埋め・窓開けトレードに関するよくある質問まとめ!

この記事を読むことでExness(エクスネス)では窓開けトレードも窓埋めトレードも禁止されていないことがわかったと思います。

窓埋めトレードや窓開けトレードは利益も狙えますが、損失が出る場合もあるのでリスク管理を徹底してください。

ここではExness(エクスネス)で窓開けトレードや窓埋めトレードをする際のよくある質問をまとめて紹介しますので、取引時の参考にしてください。

Exness(エクスネス)は窓開けトレードや窓埋めトレードをしても本当に出金拒否されませんか?

回答

  • 窓埋めトレードも窓開けトレードもExness(エクスネス)は利用規約違反の禁止行為に設定していません。
  • 利用規約違反ではない取引手法を行っても出金拒否されることはないので、その点は安心してください。
  • 元々Exness(エクスネス)はスムーズな出金スピードで評判のFX会社なので、それらのトレードで利益を獲得した場合もスムーズな出金承認が行われ指定口座に着金します。

Exness(エクスネス)は窓開けトレードや窓埋めトレードで無制限レバレッジ設定できませんか?

回答

  • 窓埋めトレードや窓開けトレード時に無制限レバレッジ設定ができれば、一攫千金や爆益を手にすることができるかもしれません。
  • ただそのタイミングでゼロカットばかり起こってしまうと、Exness(エクスネス)は全く儲からない状態になりますよね。
  • そういったこともあり、窓開けや窓埋めなどのギャップが起こりそうなタイミングではExness(エクスネス)の最大レバレッジは200倍に制限されます。
  • 21億倍ともいわれる無制限レバレッジと比較すると200倍ではレバレッジが低いと思うかもしれませんが、国内FX会社の最大レバレッジの25倍と比較すると8倍にもなるので十分だと思います。

Exness(エクスネス)は窓開けトレードや窓埋めトレードでマイナス残高になってもゼロカットシステムが適用されますか?

回答

  • Exness(エクスネス)は窓開けトレードも窓埋めトレードも利用規約違反の禁止行為に設定していません。
  • 一般的な状態で行った窓開けトレードや窓埋めトレードの結果、マイナス残高になった場合もゼロカットシステムの対象になります。
  • ゼロカットシステムが適用されれば、マイナス残高はExness(エクスネス)が負担してくれますので、追証の心配は不要です。

Exness(エクスネス)で窓開けトレードや窓埋めトレードをすれば確実に儲かりますか?

回答

  • 窓埋めトレードも窓開けトレードもリスクがあるタイミングでポジションを保有することになります。
  • そのため利益を獲得できる可能性もあれば、強制ロスカットされる可能性も否定できません。
  • FX取引に絶対はないので、儲かるか損するかはあなたのエントリー方法次第です。
  • 利益のことばかり考えてエントリーを繰り返す人ほど、大損しやすいこともあるので特に価格ギャップがあるタイミングでのエントリーは慎重に行ってください。

Exness(エクスネス)では積極的に窓開けトレードや窓埋めトレードをすべきですか?

回答

  • 窓開けトレードも窓埋めトレードもひとつの投資手法であるだけです。
  • 積極的に行うべきかどうかはあなたがどこまでそのタイミングで利益を得られる可能性が高いのかを慎重に考えて判断する必要があります。
  • 窓埋めトレードや窓開けトレードをうまく使って利益を得ている人もいますが、そういったタイミングはいつも発生するわけではありません。
  • 普段からしっかりチャートを見てトレンドを掴んでおかないと安定的に利益を得ることはできませんので、一攫千金という言葉に振り回されないように注意してください。

Exness(エクスネス)で1万円チャレンジをする際に窓開けトレードや窓埋めトレードは使えますか?

回答

  • Exness(エクスネス)は無制限レバレッジ設定ができることもあり、1万円チャレンジや2万円チャレンジなどで大きな利益を得ている人も位ます。
  • しかし1万円チャレンジでは元々の有効証拠金額が低いこともあり、窓埋めトレードや窓開けトレードなどのタイミングを狙うべきではありません。
  • トレンドを掴んで損失を出さないことが1万円チャレンジで利益を得るために必要なことです。
  • 窓開けや窓埋めのタイミングで1万円チャレンジをするのは完全にギャンブルなので、そういったトレードをしても安定的に稼ぐことはできません。
  • 運が良ければとかラッキー狙いで1万円チャレンジはすべきではないので、その点は十分に注意してください。

Exness(エクスネス)はEA(自動売買システム)で窓開けトレードや窓埋めトレードをしても大丈夫ですか?

回答

  • Exness(エクスネス)はEA(自動売買システム)の利用を認めていますし、もしそのロジックが窓埋めトレードや窓開けトレードのタイミングに行われポジションを保有しても何ら問題ありません。
  • 元々、EA(自動売買システム)のロジックにスキャルピングが組み込まれていてもOKという珍しいFX会社なので、かなり取引の自由度は高いと理解してください。
  • ただEA(自動売買システム)を使えば誰でも簡単に儲かるというものではないので、ロジックの開発や設定は慎重に行うことをおすすめします。

Exness(エクスネス)は複数口座で窓開けトレードや窓埋めトレードを行っても大丈夫ですか?

回答

  • Exness(エクスネス)は複数口座を開設できるので、それぞれの本取引口座で窓開けトレードや窓埋めトレードを行っても問題ありません。
  • そもそも複数口座間での両建て取引すらExness(エクスネス)では認められているほど。
  • 他のFX会社にないほどの取引自由度が高いFX会社になっていますので、かなり自由な取引手法を試すことができるFX会社だと理解して良いと思います。

無制限レバレッジが評判のExness(エクスネス)でも窓埋めや窓開けのタイミングでhレバレッジ制限が行われます。

最大レバレッジが制限されてもそのタイミングで自由度の高いエントリーができるのもExness(エクスネス)の強みのひとつ。

どのような条件で無制限レバレッジが利用できるのかなど、Exness(エクスネス)のレバレッジ条件に関する情報はこの記事を参考にしてください。

おすすめ記事Exness(エクスネス)のレバレッジ無制限ルール、条件や制限と確認方法まとめ!

Exness(エクスネス)はどんなFX会社なのか、選ぶ理由やおすすめポイントは何があるのか。

Exness(エクスネス)はどんなFX会社なのか、選ぶ理由やおすすめポイントは何があるのか。

海外FX業者の中でも数少ない無制限レバレッジが適用されていることで日本人にも人気のExness(エクスネス)

どのような特徴やおすすめポイントがあり、他のFX会社との違いは何かなどの基本情報を紹介します。

Exness(エクスネス)のFX会社としてのおすすめポイントを紹介すると、

おすすめポイント

  • 最大レバレッジは無制限なので、非常に資金効率のよいトレードができる。
  • 証拠金維持率が0%になるまでロスカット(ストップアウト)されない。
  • FX初心者でも安心できる日本語サポートがあり、ライブチャットは平日8時〜24時、メールサポートは24時間受付しており回答は1営業日とスムーズに返信してもらえる。
  • 金融ライセンスはセーシェル諸島発行の証券ディーラーライセンス番号SD025を取得している。
  • 取引手法やポジションに関する制限が一切なく、自由な取引環境が用意されている。
  • 口座タイプは3種類あり、いずれもFX業界の平均以下のスプレッドが適用されてる。
  • ボーナスは一切もらえないがスキャルピング向きの口座タイプが用意されている。

Exness(エクスネス)の基本スペックをまとめて紹介すると、

口座開設ボーナス入金ボーナスレバレッジ
なしなし無制限
スプレッド金融ライセンスゼロカット
平均1.7pipsセーシェル政府適用あり
入金方法出金方法日本語サポート
11種類11種類平日8時〜24時

自由な取引環境を求める人、投資資金の効率を最大化したい人におすすめなFX会社のExness(エクスネス)。

どのような会社が運営しており、どこの国が発行した金融ライセンスを取得しているのかはこの記事を参考にしてください。

おすすめ記事Exness(エクスネス)の金融ライセンスや運営会社はどの国にあるのか?

Exness(エクスネス)は窓埋めトレードや窓開けトレードが禁止行為に該当するのかの記事まとめ

この記事ではExness(エクスネス)で窓開けトレードや窓埋めトレードが利用規約違反の禁止行為に該当するのか。

もし窓埋めトレードや窓開けトレードで大きな利益を獲得しても出金拒否されることはないのかなどの情報について説明してきました。

まとめ

  • Exness(エクスネス)は窓埋めトレードや窓開けトレードをしても利用規約違反だと指摘されることはない。
  • 窓埋めトレードや窓開けトレードで大きな利益を得た場合でも、出金拒否され出金できないことはない。
  • 窓埋めトレードや窓開けトレードのタイミングでExness(エクスネス)の最大レバレッジは200倍に制限される。
  • 市場が開いた瞬間に前の取引日の終値と新しい取引日の始値の間に価格のギャップ(窓)が生じることを窓開けと呼び、そのタイミングを狙って行うのが窓開けトレードや窓埋めトレード。
  • 窓開けは週末や祝日の後、または重要な経済指標の発表や企業の業績報告などが原因で起こる。
  • リスク管理をせずに窓開けトレードや窓埋めトレードを行うと大きな損失を抱えることもあるので注意が必要である。

窓開けトレードや窓埋めトレードですら公に認めているExness(エクスネス)は本当に取引自由度が高いFX会社です。

利用規約違反の禁止行為に設定されている項目も少なく、出金拒否などのトラブルの可能性も低いExness(エクスネス)。

面倒なことに巻き込まれたくない人、自由な取引環境を求めている人におすすめのFX会社ですよ。

Exness(エクスネス)は最大レバレッジ制限がないFX会社として多くの日本人トレーダーに人気の海外FX会社。

少ない資金で効率的なトレードを行いたい人も安心してポジションを持てるようにゼロカットシステムが導入されているメリットも。

どれだけ高いレバレッジを設定しても、追証なしで借金のリスクがない安全なトレードができる海外FX業者のひとつ。

ボーナスは一切もらえませんが、FX業界の平均以下のスプレッドが適用されていることでスキャルピングトレーダーにもおすすめの海外FX会社です。

Exnessの公式サイトをチェックする!

国内FX会社よりも多くの取引チャンスがあり、多くの金融商品をリスクなくハイレバトレードができると評判の海外FX業者。

どのような違いや特徴があるのか、何を基準に会社選びを行えばよいのかなどの情報を知りたい人はこの記事を参考にしてください。

おすすめ記事海外FX業者のおすすめはどこか?最新版の徹底比較ランキングで紹介します!

-Exness(エクスネス)
-, , ,

Exness(エクスネス)