Exness(エクスネス)

Exnessの日本語サイトが検索エンジンから消えた理由や原因は?

Exnessの日本語サイトが検索エンジンから消えた理由や原因は?

Exness(エクスネス)は日本人投資家にも非常に人気が高い海外FX業者ですが、検索エンジン経由で公式サイトが見つからない。

検索エンジンから日本語サイトが消えた理由や現在でも日本人に新規口座開設を認めているのか気になっている人もいると思います。

この記事でわかること

  • Exness(エクスネス)の日本語サイトが日本の検索エンジンから消えた理由や原因について。
  • 日本語公式サイトが消えたExness(エクスネス)は危険性がくヤバい海外FX業者なのかについて。
  • Exness(エクスネス)は現在でも日本人の新規口座開設を認めているのか、どうすれば口座開設できるのかについて。

海外FX業者でも数少ない無制限レバレッジ+最狭スプレッドが人気のExness(エクスネス)。

どうすれば現在でもExness(エクスネス)の新規アカウント登録や口座開設、トレードができるのかについて詳しく紹介します。

Exness(エクスネス)の日本語サイトが消えた理由が安全性や信頼性についての問題ではなかったことがわかれば、安心して口座開設することができますよね。

\無制限レバレッジ+狭いスプレッドが魅力的/

Exness(エクスネス)で今すぐ口座開設する!

公式サイト:https://www.exness.com/
 

>>Exness(エクスネス)の評判や評価、口コミなどの情報はこの記事を参考にしてください。

おすすめ記事Exness(エクスネス)の評判や評価、口コミでわかる最強のFX会社の理由などの情報まとめ!

目次

Exness(エクスネス)の日本語サイトが検索エンジンから消えた理由は金融庁からの警告対策の可能性が高い。

全ての海外FX業者は日本の金融庁が発行する金融ライセンスを取得しないで運営されていることもあり、たびたび金融庁から警告が出されています。

Exness(エクスネス)の日本語サイトが検索エンジンから消えた理由は金融庁からの警告対策の可能性が高い。

これが令和5年4月に金融庁がExness(エクスネス)の運営会社であるNymstar Limitedに対して行った警告内容になります。

金融庁からの警告に対してExness(エクスネス)は真摯な対応を行うために、公式サイトを検索エンジン経由で表示されないように変更しました。

Exness(エクスネス)が金融庁の警告に対して行った対処は?

令和5年月に金融庁から警告が行われたことに対してExness(エクスネス)の運営会社であるNymstar Limitedが行った大きな対応は2つ。

Exness(エクスネス)の対応

  • 運営会社をNymstar Limitedから、Exness (SC) Ltdに変更。
  • 令和5年9月末より日本語公式サイトの非表示化。

これにより金融庁に対して一定の誠意を見せたというのがExness(エクスネス)の大きな対応方針になります。

Exness (SC) Ltdは法人設立住所も同じセーシェル共和国内の別の場所に移動するなど、表向きは全く異なる会社として海外に住む日本人向けの日本語サイトを運営するような形に変更されました。

おすすめ記事Exness(エクスネス)の全銘柄の取引時間一覧、祝日の影響など金融商品ごとに徹底解説!

金融庁が警告を出したExness(エクスネス)は危険性が高いヤバい海外FX業者なのか?

金融庁は平成22年1月から日本国内で無登録で金融商品取引業を行っていると判断した全ての業者に対して警告を行っています。

この警告には海外FX業者だけではなく、日本国内に住所のある業者も含まれていますので、その点は誤解しないでください。

Exness(エクスネス)は危険性が高く詐欺や犯罪行為に巻き込まれるようなヤバい海外FX業者なのかというと、

Exness(エクスネス)は世界7ヶ国で正規の金融ライセンスを取得して安全性や健全性の高い運営が行われているFX会社です。

日本の金融ライセンスを取得していないこと、日本語サイトが検索エンジン経由で見つからないことを知るとExness(エクスネス)は危険性が高くヤバい会社だと誤解する人がいます。

しかしExness(エクスネス)は世界7ヶ国で正規の金融ライセンスを取得している安全性や信頼性の高いFX会社です。

具体的にどの国の金融ライセンスを取得しているのかというと、

取得ライセンスについて

  • Exness (SC) Ltd(旧社名:Nymstar Limited):セーシェル共和国金融庁(FSA)のライセンス番号SD025
  • Exness B.V.:キュラソーおよびシント・マールテン中央銀行(CBCS)のライセンス番号0003LSI
  • Exness (VG) Ltd(旧社名:Venico Capital Limited):英領バージン諸島金融サービス委員会(FSC)のライセンス番号SIBA/L/20/1133
  • Exness (Cy) Ltd:キプロス証券取引委員会(CySEC)のライセンス番号178/12
  • Exness (UK) Ltd:英国金融行動監視機構(FCA)のライセンス番号730729
  • Exness ZA (Pty) Ltd:南アフリカ金融業界行為監督機構(FSCA)のライセンス番号51024
  • Exness (MU) Ltd:モーリシャス金融サービス委員会(FSC)のライセンス番号 GB20025294

日本の金融ライセンスよりも取得が難しいと言われるキプロス証券取引委員会(CySEC)や英国金融行動監視機構(FCA)の金融ライセンスを取得しています。

これは日本よりも厳しい規制を受けているということなので、危険性が高くヤバい会社ではなく、より安全性や信頼性が高いことを証明している結果です。

Exness(エクスネス)の安全性や信頼性が気になる人はこの記事を参考にしてください。

おすすめ記事Exness(エクスネス)の安全性は?ライセンスや口座資金の管理に問題なしなのか?

Exness(エクスネス)は当サイト経由で日本人でも新規アカウント登録や口座開設ができる!

Exness(エクスネス)の日本語サイトが消えた理由が詐欺等の危険性が高いとか犯罪行為に巻き込まれる可能性が高いことではなかったことがわかったと思います。

どうすればExness(エクスネス)で口座開設してトレードできるのかというと、

Exness(エクスネス)の口座開設について

  • 当サイトはExness(エクスネス)のIBパートナーとなっており、当サイト経由でExness(エクスネス)のサイトにアクセスすることで日本人の新規口座開設が可能となります。
  • 下記リンク経由でExness(エクスネス)の公式サイトにアクセスすることで、誰でも簡単に口座開設を行うことができますので、興味のある人はまずは公式サイトをチェックしてみてください。

\無制限レバレッジ+狭いスプレッドが魅力的/

Exness(エクスネス)で今すぐ口座開設する!

公式サイト:https://www.exness.com/

海外FX業者のExness(エクスネス)ならマイナンバーの登録なしで口座開設できる

国内FX会社は口座開設時に絶対にマイナンバーの登録とマイナンバーが証明できる書類を提出する必要があります。

なぜマイナンバー証明書類の提出が必要なのかというと、

マイナンバーに関して

  • 2016年1月以降、証券会社やFX会社は支払調書の提出時にトレーダーのマイナンバーを記入して提出することを税務署から求められています。
  • 支払調書とは、原則として取引先であるトレーダーに対して報酬などを支払った年の翌年1月31日までに税務署にFX会社が提出しなければならない書類のこと。

この制度が導入されたことで、税務署がFXの取引利益の確認が可能となり、脱税を防止できるようになりました。

しかし海外FX業者のExness(エクスネス)ではマイナンバーカードの提出もマイナンバーの証明書類を提出する必要もありません。

海外FX業者と国内FX会社のマイナンバーに関する制度の違いがこれらの記事で確認してください。

日本語サイトが非公開のExness(エクスネス)でも日本語サポートはしっかり受けることができる。

検索エンジンで日本語サイトが見つからないExness(エクスネス)ですが、日本語サポートはしっかり運営されていますので安心してください。

現在、Exness(エクスネス)が行っている日本語サポートですが、

日本語サポートについて

  • 公式サイトの日本語化
  • メールサポート
  • ライブチャット
  • 電話サポート(国際電話のみ)
  • よくある質問(ヘルプセンター)

さすが世界でも一流の金融ブローカーなので、サポート体制が充実しています。

Exness(エクスネス)の日本語サポートチームはマレーシアオフィスでサポート業務を行っているそうです。

具体的にどのような対応時間で日本語サポートを行っているのかなどの詳細情報はこの記事を参考にしてください。

おすすめ記事Exness(エクスネス)の日本語サポート体制や営業時間などの情報まとめ!

Exness(エクスネス)の評判は、日本人でも安全に利用できる海外FX業者なのか?

日本在住の日本人向けのサービスを公式に行っていないExness(エクスネス)ですが、どのような評判の海外FX業者なのか。

日本人でも本当に安全に利用できる海外FX業者なのかまだ気になっている人もいるかもしれません。

海外FX業者は出金拒否され出金できないなど出金トラブルをきにする人が多い傾向がありますが、その点についてもExness(エクスネス)なら安心です。

Exness(エクスネス)は不当な理由で出金拒否しない安全性の高い海外FX業者です。

Exness(エクスネス)は不当な理由で出金拒否しない安全性の高い海外FX業者です。

上記グラフは何かというと、Exness(エクスネス)が公開している実際に出金したトレードの利益の推移状況です。

Exness(エクスネス)は四半期ごとの総金額だけではなく、様々な情報を公開しているので、透明性の高い運営が行われていることを公式サイトでも確認できます。

公開情報について

  • Exness(エクスネス)では公式サイトでアクティブトレーダー数や、取引金額、実際に出金した金額などの情報を月ごとないし四半期ごとにまとめて公開しています。
  • ちなみに上記は2023年の10月〜12月期に行った総出金額で16億2800万ドルを超えている利益を投資家がExness(エクスネス)から出金していることが確認できます。

ここまで明確に情報開示をしているExness(エクスネス)が不当な理由で出金拒否するとは思えません。

そもそも世界で7つの金融ライセンスを取得しているので、どこか1社でも怪しいことをしていれば全ての金融ライセンスに影響が出るということ。

海外FX業者で最も心配な出金トラブルに関してExness(エクスネス)なら気にせずに口座開設できることがわかります。

Exness(エクスネス)で出金拒否され出金できない理由にはどのようなことがあるのか、正当な理由で出金されない場合もあるのでその点は誤解しないでください。

おすすめ記事Exness(エクスネス)が出金拒否って本当?出金できない原因や解決法まとめ!

Exness(エクスネス)は無制限レバレッジ+ゼロカットシステムで追証なしのハイレバトレードを行うことができる

海外FX業者は国内FX会社と比較できないレベルのレバレッジ設定が可能ですが、その中でもExness(エクスネス)は無制限レバレッジという他社ではあり得ない仕組みを導入しています。

Exness(エクスネス)が他の海外FX業者よりも優れている点をいくつか紹介すると、

Exness(エクスネス)の優れている部分

  • 最大21億倍ともいわれる無制限レバレッジで資金効率が良いトレードができる。
  • ロスカット水準は0%でストップアウト保護機能もあり最後まで証拠金を使い切れる。
  • ゼロカットシステムがあるのでハイレバトレードでも追証なしの取引ができる。
  • 業界最狭レベルの狭いスプレッド設定+取引手数料が安いのでトータルコストを抑えられる。
  • ソーシャルトレーディング(コピートレード)ができるので自分で取引しなくても儲けられる。
  • 条件達成で利用できる無料VPSがあるので、パソコンのスペックやネット環境の影響を受けにくい。
  • 優待スワップフリーステータスがあり、メジャー通貨ペアがスワップポイントなしでトレードできる。

ここまで投資家保護の仕組みが確立されており、トレーダーが様々な戦略を用いて稼ぐことができる取引環境が用意されているのはExness(エクスネス)だけです。

それぞれどのようなことなのか、Exness(エクスネス)が選ばれる理由を知りたい人はこの記事を参考にしてください。

おすすめ記事Exness(エクスネス)の評判や評価、口コミでわかる最強のFX会社の理由などの情報まとめ!

Exness(エクスネス)は完全に日本撤退をしたわけではありません。

日本語サイトが消えたExness(エクスネス)は一見すると日本撤退したように見えます。

しかし現実はしっかり日本語サイトもありますし、日本語サポートもしっかり機能していますので、今でも日本人の口座開設が可能な海外FX業者です。

ただ金融庁の指示には従うという謙虚な姿勢で運営されているので、その点はしっかり理解しておく必要があります。

日本撤退について

  • Exness(エクスネス)のような海外FX業者は金融庁の規制下にないために、口座開設やトレードは完全に自己責任です。
  • 怪しいとか怪しくないとかそういった問題ではなく、国内FX会社のような大々的に告知や集客ができないのも海外FX業者の宿命です。
  • しかしここまで柔軟な取引環境は国内FX会社では絶対に無理ですので、投資家のことを考えるとここまで厳しい姿勢で対応する理由がわかりません。

日本市場は閉鎖的というのは、海外FX業者と国内FX会社の取引環境の違いからもヒシヒシと感じる部分です。

ひとつだけ言えることはExness(エクスネス)は最強の取引環境を用意している世界でも稀なFX会社ですよ。

おすすめ記事Exness(エクスネス)の口座タイプ比較、おすすめや違いなどの情報まとめ!

\無制限レバレッジ+狭いスプレッドが魅力的/

Exness(エクスネス)で今すぐ口座開設する!

公式サイト:https://www.exness.com/
 

Exness(エクスネス)の日本語サイトが消えた理由に関するよくある質問まとめ!

この記事を読むことでExness(エクスネス)の日本語サイトがなぜ検索エンジン経由で表示されないのかということがわかったと思います。

検索エンジンで日本語サイトが見つからないExness(エクスネス)ですが、安全性や危険性に問題があるわけではありません。

ここではExness(エクスネス)にアカウント登録や口座開設する際のよくある質問をまとめて紹介しますので参考にしてください。

日本の金融ライセンスを取得していないExness(エクスネス)で口座開設やトレードをすると違法性を問われ逮捕されますか?

回答

  • 日本の金融ライセンスを取得していないExness(エクスネス)のような海外FX業者で口座開設やトレードをしても日本在住の日本人投資家が違法性を問われ逮捕されることはありません。
  • 海外FX業者で利益がある人でも確定申告をして必要な納税を行っていれば、警察も税務署も何ら問題にすることはないので安心してください。
  • ただ海外FX業者の場合はレバレッジ設定次第で大きく稼ぐこともでき、数年に一度数億円レベルの脱税をしたということで逮捕される人もいます。
  • これは海外FX業者が問題ではなく、単に脱税が問題となって行われた操作結果ですので、その点は誤解しないようにしてください。

金融庁に警告されるのは海外FX業者だけで、日本国内の会社なら問題ありませんか?

回答

  • 金融庁は海外FX業者とか日本国内の会社とか関係なく、無登録で金融商品取引業を行っている全ての業者や個人に対して警告を定期的に行っています。
  • これは平成22年から継続的に行われており、新しい無登録業者が確認される度に月に1回程度更新されています。
  • Exness(エクスネス)も以前の運営会社の名前で現在も公開されていますし、他の全ての海外FX業者も同様に警告業者として金融庁の公式サイトで公開されています。
  • 2024年6月でも日本国内の6業者(個人含む)海外の3業者が警告対象として新たに追加されています。
  • これはあくまでも日本国内の運営が正規に認められていないという情報の公開であり、詐欺や犯罪行為に巻き込まれることを意味しているものではありませんので誤解しないでください。

おすすめ記事Exness(エクスネス)はスプレッドが広い?スプレッドが広がる時間帯があるのか?

Exness(エクスネス)で日本向けのサービスを提供してる会社はどこの国に住所がありますか?

回答

  • 日本向けのサービスを行っているのはExness (SC) Ltd(旧社名:Nymstar Limited)、Exness B.V.、Exness (VG) Ltd(旧社名:Venico Capital Limited)の3社になります。
  • Exness (SC) Ltd(旧社名:Nymstar Limited)はセーシェル共和国で設立された会社で住所は9A CT House, 2nd floor, Providence, Mahe, Seychellesです。
  • Exness B.V.はキュラソー島で設立された会社で住所はEmancipatie Boulevard Dominico F. “Don” Martina 31, Curaçaoです。
  • Exness (VG) Ltd(旧社名:Venico Capital Limited)は英領バージン諸島で設立された会社で住所はTrinity Chambers, P.O. Box 4301, Road Town, Tortola, BVIです。
  • セーシェル島かキュラソー島のライセンスが反映される可能性が高いので、その時々の状況若干違いがありますが、どちらも信頼性が高い会社なので、大きな違いはありません。

Exness(エクスネス)は億超えの利益を獲得して億り人なれる可能性がある海外FX業者ですか?

回答

  • Exness(エクスネス)は海外FX業者でも最高の無制限レバレッジ(約21億倍)のレバレッジを使ったトレードを行うことができるので、最も億超えしやすいということもできます。
  • 口座開設ボーナスや入金ボーナスはありませんが、自己資金を使ったハイレバトレードで億超えの利益を獲得して億り人になることは理論上可能ですし、最も億り人になれる可能性が高い海外FX業者の一つだと思います。
  • ただギャンブルトレードではなく、裁量トレードなどFXの基本を理解して自分なりの取引スタイルを確立した場合のみに限られると思います。
  • イチかバチかのギャンブルトレードでは連続して何連勝もしなければ億り人にはなれないので、基本的にそういった姿勢では難しいでしょう。
  • しっかり独自の取引スタイルを確立して自信があるタイミングのみエントリーを行い利確する。
  • そういったトレードで無制限レバレッジをうまく使うことで少ない証拠金からでも億り人になれる可能性がありますので1万円チャレンジや2万円チャレンジなどを楽しんでみるのもありかもしれません。

おすすめ記事Exness(エクスネス)は1万円チャレンジで爆益や億り人を目指せるFX会社なのか?

Exness(エクスネス)の日本語サポートスタッフは年末年始やお盆などの大型連休も対応していますか?

回答

  • Exness(エクスネス)の日本語サポートの勤務状況は基本的に平日の8時〜24時となっており、海外の祝日を前提としてスケジュールが組まれています。
  • 日本の祝日や大型連休でも、為替市場が動いているタイミングではサポートスタッフも出勤して対応してくれます。
  • 普段と異なる勤務状況の場合は、Exness(エクスネス)から事前に連絡が来たり、公式サイト等でスケジュールが発表されますので、そこで確認してください。

Exness(エクスネス)の電話サポートを利用した際の通話料は誰が負担しますか?

回答

  • Exness(エクスネス)の電話サポートは国際電話になり、その通話料は電話をかけたユーザーが負担することになります。
  • ライブチャットもありますし、ヘルプセンターも充実していますので電話サポートに相談しなければ解決できないことはほとんどないでしょう。
  • ただサポートスタッフと話したいとか、うまく説明できないなど大きなトラブルの場合は電話サポートを利用するのかもありかもしれません。
  • Skype(スカイプ)など、国際電話が安い料金で利用できるサービスを使うことをおすすめします。

おすすめ記事Exness(エクスネス)でスワップフリーで取引できる通貨ペアや口座タイプの情報まとめ!

Exness(エクスネス)はハイレバスキャルピングを行っても利用規約違反になりませんか?

回答

  • Exness(エクスネス)はハイレバスキャルピングトレードを行って利益をあげても利用規約違反だと指摘されることはありません。
  • 無制限レバレッジでスキャルピングトレードを行っても問題ないですし、EA(自動売買システム)のロジックにハイレバスキャルピングを組み込んでも問題ありません。
  • 証拠金維持率さえ管理できれば無制限レバレッジでスキャルピングトレードを行うことで、大きく利益を伸ばすこともできると思います。
  • 特にプロ口座では即時約定という注文方式が採用されていますので、狙った金額でポジションの保有や決済ができますので、プロ口座もうまく活用してトレードを行ってください。

Exness(エクスネス)が利用規約で禁止事項に設定しているトレード手法は何がありますか?

回答

  • Exness(エクスネス)が利用規約違反の禁止事項に設定しているのは、サーバー遅延のタイミングを狙った意図的なトレードと自己IB(自己アフィリエイト)の仕組みを悪用したトレードです。
  • これ以外のトレード手法は基本的に認められていますが、仕組みを悪用する場合や乱用している場合は状況が変わることも。
  • どのFX会社でもやり過ぎると警告や注意される可能性があるので、禁止事項以外のトレード手法でも、ほどほどにしてください。

日本語サイトが検索エンジン経由で表示されないExness(エクスネス)ですが、日本語サイトが存在しないわけではありません。

海外在住の日本人向けの日本語サイトがありますし、日本人に新規口座開設を現在でも受け入れています。

海外FX業者の中で最も柔軟な取引環境が用意されているExness(エクスネス)でどのような行為が禁止されているのかはこの記事を参考にしてください。

おすすめ記事Exness(エクスネス)の禁止事項は?利用規約違反で口座凍結や出金拒否されるって本当か?

\無制限レバレッジ+狭いスプレッドが魅力的/

Exness(エクスネス)で今すぐ口座開設する!

公式サイト:https://www.exness.com/
 

Exness(エクスネス)はどんなFX会社なのか、選ぶ理由やおすすめポイントは何があるのか。

Exness(エクスネス)はどんなFX会社なのか、選ぶ理由やおすすめポイントは何があるのか。

海外FX業者の中でも数少ない無制限レバレッジが適用されていることで日本人にも人気のExness(エクスネス)

どのような特徴やおすすめポイントがあり、他のFX会社との違いは何かなどの基本情報を紹介します。

Exness(エクスネス)のFX会社としてのおすすめポイントを紹介すると、

おすすめポイント

  • 最大レバレッジは無制限なので、非常に資金効率のよいトレードができる。
  • 証拠金維持率が0%になるまでロスカット(ストップアウト)されない。
  • FX初心者でも安心できる日本語サポートがあり、ライブチャットは平日8時〜24時、メールサポートは24時間受付しており回答は1営業日とスムーズに返信してもらえる。
  • 金融ライセンスはセーシェル諸島発行の証券ディーラーライセンス番号SD025を取得している。
  • 取引手法やポジションに関する制限が一切なく、自由な取引環境が用意されている。
  • 口座タイプは3種類あり、いずれもFX業界の平均以下のスプレッドが適用されてる。
  • ボーナスは一切もらえないがスキャルピング向きの口座タイプが用意されている。

Exness(エクスネス)の基本スペックをまとめて紹介すると、

口座開設ボーナス入金ボーナスレバレッジ
なしなし無制限
スプレッド金融ライセンスゼロカット
平均1.7pipsセーシェル政府適用あり
入金方法出金方法日本語サポート
11種類11種類平日8時〜24時

自由な取引環境を求める人、投資資金の効率を最大化したい人におすすめなFX会社のExness(エクスネス)。

どのような会社が運営しており、どこの国が発行した金融ライセンスを取得しているのかはこの記事を参考にしてください。

おすすめ記事Exness(エクスネス)の金融ライセンスや運営会社はどの国にあるのか?

Exness(エクスネス)の日本語サイトが消えた理由と登録方法に間する記事まとめ。

この記事ではExness(エクスネス)の日本語サイトが検索エンジンから消えた理由や原因は何か。

現在でも日本人投資家が口座開設をしてトレードしたい場合にどのようにすればよいのかということについて説明してきました。

まとめ

  • Exness(エクスネス)の日本語サイトが検索エンジンから消えた理由は金融庁からの警告対策の可能性が高い。
  • 令和5年4月に金融庁がExness(エクスネス)の運営会社であるNymstar Limitedに対して行っており、令和5年9月末から日本の検索エンジンから公式サイトが消えました。
  • 同様に運営会社もNymstar Limitedから、同じセーシェルライセンスを保有するExness (SC) Ltdに変更されています。
  • 金融庁は日本の金融ライセンスを取得せずに金融商品の案内を行っている全ての業者や個人に警告を出しているので、Exness(エクスネス)だけが危険性が高いということはない。
  • Exness(エクスネス)は日本の金融ライセンスよりも取得難易度が高いものを含む世界で7つの金融ライセンスを取得して健全な運営が行われている。
  • Exness(エクスネス)は当サイト経由で日本人のアカウント登録や口座開設ができる。
  • Exness(エクスネス)ならマイナンバーの登録やマイナンバーカードの提出が必須ではない。
  • マレーシアオフィスで日本語サポートスタッフが勤務しており、ライブチャットだけではなく、電話サポートを受けることもできる。
  • Exness(エクスネス)なら不当な理由で出金拒否され出金トラブルに発展する可能性はほぼない。
  • 約21億倍の無制限レバレッジやストップアウト保護機能など、他の海外FX業者よりも優れた取引環境を利用することができる。

Exness(エクスネス)は健全な運営を行っている世界規模の金融ブローカーということもあり、金融庁の指示に従ったのでしょう。

その結果、日本の検索エンジンでExness(エクスネス)の日本語サイトは検索することができませんが、決してやばい会社や怪しい海外FX業者ということではありません。

売上を犠牲にしてもより安全性の高い運営を行っていることがExness(エクスネス)の強みのようにも思えます。

Exness(エクスネス)は最大レバレッジ制限がないFX会社として多くの日本人トレーダーに人気の海外FX会社。

少ない資金で効率的なトレードを行いたい人も安心してポジションを持てるようにゼロカットシステムが導入されているメリットも。

どれだけ高いレバレッジを設定しても、追証なしで借金のリスクがない安全なトレードができる海外FX業者のひとつ。

ボーナスは一切もらえませんが、FX業界の平均以下のスプレッドが適用されていることでスキャルピングトレーダーにもおすすめの海外FX会社です。

\無制限レバレッジ+狭いスプレッドが魅力的/

Exness(エクスネス)で今すぐ口座開設する!

公式サイト:https://www.exness.com/
 

国内FX会社よりも多くの取引チャンスがあり、多くの金融商品をリスクなくハイレバトレードができると評判の海外FX業者。

どのような違いや特徴があるのか、何を基準に会社選びを行えばよいのかなどの情報を知りたい人はこの記事を参考にしてください。

おすすめ記事海外FX業者のおすすめはどこか?最新版の徹底比較ランキングで紹介します!

-Exness(エクスネス)
-, , , ,

Exness(エクスネス)