Exness(エクスネス)

Exnessの禁止事項は?利用規約違反で口座凍結や出金拒否される

Exnessの禁止事項は?利用規約違反で口座凍結や出金拒否される

Exness(エクスネス)で利用規約違反の禁止事項や禁止行為をすると口座凍結や出金拒否される可能性も。

  • 自由なトレードで評判のExnessで利用規約違反になる禁止事項や禁止事項は何か?
  • どのようなトレードを行うと出金拒否されずに、スムーズに出金できるのか。
  • 利用規約違反の行為が発覚すると口座凍結や出金拒否されることがあるのか?

などなど、どのFX会社で取引をする際にも利用規約を守ることは必要なこと。

Exness(エクスネス)で特に注意すべき禁止事項や禁止事項は何があるのか。

利用規約を守ったトレードや使い方をするのはユーザーの責任なので、しっかり確認しておいてください。

\最大レバレッジは無制限/

Exness(エクスネス)で今すぐ口座開設する!

目次

Exness(エクスネス)で明確な利用規約違反の禁止事項は何があるのか?

Exness(エクスネス)は本当に自由なトレード環境が用意されているFX会社ということもあり、非常に柔軟な取引を行うことができます。

一般利用規約を見たり、日本語サポートスタッフに聞いてもほぼ禁止事項はありません。

明確な利用規約違反の禁止事項としては、

禁止事項

  1. サーバー遅延のタイミングを狙った意図的なトレード
  2. 自己IB(自己アフィリエイト)の仕組みを悪用したトレード

上記2つを行うと利用規約違反になりますので注意してください。

サーバー遅延のタイミングを狙った意図的なトレード│Exnessの禁止事項

Exness(エクスネス)の利用規約違反の禁止事項は、サーバー遅延のタイミングを狙った意図的なトレードをした場合です。

サーバー遅延について

  • Exnessは世界中のトレーダーにサービスを提供していることもあり、サーバーの処理能力はかなり高められており、様々な障害対策が行われています。
  • 想定外の経済指標が発表された時や経済ニュース、大地震や噴火、戦争などの重大な事象が起こった際に、公式サイトや取引プラットフォームにアクセスが集中し、サーバーの処理能力を超えて遅延することもあります。
  • サーバーが遅延しているタイミングを狙った意図的なトレードは不正な取引だと判断され、利益が出た場合も出金することはできません。

サーバー遅延を意図的に狙ったトレードは投資家が勝てる可能性が高いので禁止されています。

自己IB(自己アフィリエイト)の仕組みを悪用したトレード│Exnessの禁止事項

Exness(エクスネス)の利用規約違反の禁止事項は、自己IB(自己アフィリエイト)の仕組みを悪用したトレードをした場合です。

自己IBについて

  • Exnessにはアフィリエイトの仕組みがあり、誰でも簡単に知人や友人を紹介して、一定の手数料をもらうことができます。
  • この仕組みを悪用すると、自分の発行したリンクから登録して自分で行ったトレードからキャッシュバック(手数料)をもらえるようになるということ。
  • これってExnessにとって何もメリットがなく、単に損失が増えるだけの邪魔な存在のトレーダーになりますよね。
  • だから自己IB(自己アフィリエイト)はExnessでは禁止されていますので、絶対に行わないようにしてください。

Exnessのシステムで、自分の取引から手数料を得るために自分のパートナーリンクを使用するユーザーを自動的に検出されます。

手数料収入が発生しないように対処されますし、Exness(エクスネス)の心象が最悪になるので、絶対に行わないでください。

おすすめ記事Exness(エクスネス)は怪しいし危険性が高く日本人におすすめできないFX会社か?

Exness(エクスネス)の利用規約違反ではないけど注意すべき禁止行為は?

明確に利用規約違反とは言われていないもののExness(エクスネス)でトレードをする際に注意すべき禁止行為もあります。

通常はそこまで指摘されることがないことも、悪質だと判断された場合は、利用規約違反を指摘されることも。

どのような行為に注意すればよいのかというと、

注意すべき行為

  1. ゼロカットシステムの悪用や乱用目的のトレード
  2. 口座名義人以外の第三者が行ったトレード
  3. マネーロンダリングの疑いがあるトレード

上記行為を行うことで利用規約違反だと指摘されることもあるので、注意してください。

ゼロカットシステムの悪用や乱用目的のトレード│Exnessの禁止行為

Exness(エクスネス)で利用規約違反の禁止行為として指摘される可能性があるのが、ゼロカットシステムの悪用や乱用目的のトレードをした場合です。

ゼロカットの悪用

  • 海外FX業者の良い部分にゼロカットシステムという追証の支払いリスクがない仕組みがあります。
  • 普通にトレードした結果、マイナス残高になった場合はExnessがそのマイナス分を負担して補填してくれます。
  • しかし最初からハイレバレッジで両建て取引を行うと、片方はロスカットされ、もう片方は大儲けすることもできます。
  • ゼロカットシステムの利用を前提としてトレードを繰り返すと、その度にExnessがマイナス分を補填しなければなりません。
  • 仕組みを悪用するようなトレードはどのFX会社でも嫌われたり、出金拒否のきっかけになります。

Exness(エクスネス)は両建てを禁止しているわけではありませんが、これでは会社が儲からなくなります。

追証リスクがないだけでも十分にメリットを享受できていますので、それ以上を求めるのは止めましょう。

おすすめ記事FXの追証は日本だけ?海外FXにゼロカットがあり日本にない理由はなにか?

口座名義人以外の第三者が行ったトレード│Exnessの禁止行為

Exness(エクスネス)で利用規約違反の禁止行為として指摘される可能性があるのが、口座名義人以外の第三者が行ったトレードをした場合です。

第三者のトレード

  • すべてのFX会社では本人確認書類を提出してプロフィール認証やアカウント認証を完了させる必要があります。
  • これは本当に実在している人物が口座であり、本人が誰なのかを公的な書類で確認するために必要なことです。
  • 自分よりもトレードの上手い人に取引口座のログイン情報を伝えて、変わりにトレードをして儲けてもらうのは明らかに禁止行為です。
  • FX会社はIPアドレスや取引履歴などから、どこでどんなトレードが行われているのかを把握することができます。

この後で紹介するマネーロンダリングにも関わってくることなので、絶対に第三者にトレードをさせるようなことはしないでください。

おすすめ記事国内FXや海外FXは出金しなければ税金かからないって本当なのか?

マネーロンダリングの疑いがあるトレード│Exnessの禁止行為

Exness(エクスネス)で利用規約違反の禁止行為として指摘される可能性があるのが、マネーロンダリングの疑いがあるトレードをした場合です。

マネーロンダリングについて

  • Exness(エクスネス)も含めてすべてのFX会社はマネーロンダリング対策を徹底しています。
  • マネーロンダリングとは犯罪行為を通じて得た不当なお金の出所がわからなくなるように、入金や出金を繰り返す行為のこと。
  • マネーロンダリング対策としてExnessでは、入金後すぐに出金できないようになっていますし、その疑いがあると口座凍結や資金没収の可能性も。

Exnessが取得している金融ライセンスは日本で言う金融庁のような政府機関が発行したものですので、犯罪行為は絶対に認められません。

間違ってもマネーロンダリングを疑われるような行為を行わないように注意してください。

おすすめ記事国内FXは海外FXより安全性が高く日本人におすすめって本当か?

海外FX業者で利用規約違反の禁止事項に設定されている行為は?

Exness(エクスネス)にはほぼ禁止事項がないことがわかったと思いますが、一般的にどのような行為が禁止事項に該当するのかというと、

一般的な禁止事項

  1. 複数口座での両建て取引
  2. スキャルピングトレード
  3. 経済指標発表時の窓埋めや窓開けトレード

このような行為は一般的な海外FX業者では禁止されていますので、それだけでもExness(エクスネス)を選ぶメリットがあるということ。

それぞれどのようなことなのかというと、

複数口座での両建て取引│一般的な禁止事項

多くの海外FX業者で複数口座での両建て取引を利用規約違反の禁止事項に設定しています。

どのような両建て取引が規制対象になっているのかというと、

両建て取引

  • 同一会社内の複数口座での両建て取引は禁止。
  • 同一会社内の同一口座のみ両建て取引は可能。
  • 同一会社内の同一口座でも両建て取引は禁止。
  • 他のFX会社との口座間での両建て取引は禁止。

ゼロカットシステムがある海外FX業者で両建て取引を行うと、損失を最小限に抑制して、投資家が大きく利益を稼ぐことができます。

これがゼロカットシステムの悪用や乱用だと判断されるので、基本的に禁止事項に設定しているFX会社が多いということ。

ただExness(エクスネス)では複数口座間の両建て取引も含めて基本的には禁止事項に該当しませんので、それだけ自由度が高いFX会社になります。

おすすめ記事海外FXのゼロカットの仕組み、追証なしなのにデメリットがあるのか?

スキャルピングトレード│一般的な禁止事項

いくつかの海外FX業者でスキャルピングトレードは利用規約違反の禁止事項に設定しています。

スキャルピングについて

  • 国内FX会社はDD方式を採用しており、短時間で注文や決済を繰り返すスキャルピングトレードを行うと、相対取引が間に合わなくなるので禁止事項に設定されています。
  • 最近はスキャルピングトレードを認める海外FX業者もふえてきましたが、未だにスキャルピングに条件を設定している会社も。

短時間で注文や決済を繰り返すことでサーバーの負荷が高まり、他の投資家に悪影響を与えることもあり、EA(自動売買システム)を使ったスキャルピングは特に禁止されています。

しかしExness(エクスネス)はEA(自動売買システム)のロジックにスキャルピングを組み込んでも問題ないFX会社です。

おすすめ記事Exnessでスキャルピングトレードするメリットやデメリットまとめ!

経済指標発表時の窓埋めや窓開けトレード│一般的な禁止事項

多くの海外FX業者で経済指標発表時の窓埋めや窓開けトレードを利用規約違反の禁止事項に設定しています。

経済指標発表時など

  • 経済指標発表時などの重要指標が発表されるタイミングでは、窓開けや窓埋めトレードを行うことができます。
  • 特に窓埋めトレードは投資家が勝ちやすい傾向もあるので、禁止事項に設定されているFX会社が多いんです。
  • また経済指標発表時などはレバレッジ制限がキツくなり、大きく稼ぐことができないようになっています。

Exness(エクスネス)もさすがに重要指標の発表時には最大レバレッジが200倍に制限されますが、特に窓埋めトレードを禁止しているわけではありません。

どのタイミングでもそれなりのレバレッジをかけたトレードができますので、その点もおすすめポイントのひとつですよね。

おすすめ記事Exness(エクスネス)のレバレッジ無制限ルール、条件や制限と確認方法まとめ!

Exness(エクスネス)で利用規約違反の禁止事項を行ったらどうなるのか?

ほぼ禁止事項がないExness(エクスネス)ですが、利用規約違反の禁止事項を行ったらどうなるのかというと、

禁止事項発覚時

  1. 出金拒否され出金できない状態になる。
  2. 出金拒否+口座凍結で二度とトレードできない状態になる。

いずれかの処罰が行われることになります。

どのFX会社でも利用規約違反の禁止事項を行えば、非常に厳しい処分が行われますので、その点は理解しておいてください。

Exness(エクスネス)で禁止事項が発覚すると出金拒否される

まず真っ先に行われるのが出金拒否です。

出金拒否について

  • Exness(エクスネス)が利用規約違反を理由に行う出金拒否は不当な理由ではなく、Exness(エクスネス)が持つ権利のひとつ。
  • 利益だけではなく、口座残高も含めてすべての資金が出金できなくなることもあるでしょう。

悪意の有無は関係なく、利用規約違反の禁止事項を行ったことが問題になるので、ユーザーは文句を言うことはできません。

もちろんExness(エクスネス)のサポートスタッフに相談をすることはできますが、禁止事項を行っていれば出金拒否されるのは当然のこと。

この点に関しては自分の過ちを認めるしかないでしょう。

おすすめ記事Exness(エクスネス)が出金拒否って本当?出金できない原因や解決法まとめ!

Exness(エクスネス)で禁止事項が発覚すると出金拒否+口座凍結される

さらに悪質な場合は出金拒否+口座凍結されます。

口座凍結について

  • 口座凍結するかどうかもExness(エクスネス)が判断できることで、マネーロンダリングが疑われる場合などが該当します。
  • 単に出金できないだけではなく、最悪の場合は警察等に連絡される可能性も。

金融ライセンス発行機関はすべて政府機関で、特にマネーロンダリング対策を徹底しています。

マネーロンダリングを疑われたら、その疑いを晴らさない限り二度とトレードを再開することも出金することもできません。

おすすめ記事Exness(エクスネス)の安全性は?ライセンスや口座資金の管理に問題なしなのか?

Exness(エクスネス)の禁止事項や禁止行為に関するよくある質問まとめ!

この記事を読むことでExness(エクスネス)にも禁止事項が設定されていることがわかったと思います。

利用規約違反の禁止事項や禁止行為はどのFX会社でも非常に厳しい対応を行っている部分。

ここではExness(エクスネス)の禁止事項に関するよくある質問をまとめて紹介しますので取引時の参考にしてください。

Exness(エクスネス)で出金拒否され出金トラブルに発展することはありますか?

回答

  • Exness(エクスネス)でも利用規約違反の禁止事項を行ったことが発覚すると、出金拒否されることがあります。
  • 他の海外FX業者よりも自由なトレード環境が用意されていますが、禁止行為を許しているわけではありません。
  • どのFX会社でも利用規約を確認して守るのは投資家の責任ですので、その点を忘れないでください。

Exness(エクスネス)はEA(自動売買システム)を使ったスキャルピングトレードができるって本当ですか?

回答

  • Exness(エクスネス)はスキャルピングトレードを公に認めている海外FX業者です。
  • しかもEA(自動売買システム)をロジックに組み込んだスキャルピングトレードも利用規約違反に該当しません。
  • 常にチャートを見ていられないけど、スキャルピングで勝てるロジックを構築している場合は、EA(自動売買システム)に組み込むことで、大きく利益を伸ばせる可能性も。
  • どの銘柄を取引するのかで、ゼロ口座とロースプレッド口座を使い分けるのがおすすめです。

Exness(エクスネス)は両建て取引を大きなロット数で行っても大丈夫って本当ですか?

回答

  • Exness(エクスネス)は同一口座内でも複数口座間でも基本的に両建て取引を行うことを否定していません。
  • ただロット数が大きくなった場合は状況が異なり、多少であれば多めに見てもらえます。
  • しかし大きなロット数で何度も両建て取引を行うと、Exness(エクスネス)から警告されますので、そのような状況にならないように注意してください。

Exness(エクスネス)が利用規約で禁止事項に設定しているトレード手法は何がありますか?

回答

  • Exness(エクスネス)が利用規約違反の禁止事項に設定しているのは、サーバー遅延のタイミングを狙った意図的なトレードと自己IB(自己アフィリエイト)の仕組みを悪用したトレードです。
  • これ以外のトレード手法は基本的に認められていますが、仕組みを悪用する場合や乱用している場合は状況が変わることも。
  • どのFX会社でもやり過ぎると警告や注意される可能性があるので、禁止事項以外のトレード手法でも、ほどほどにしてください。

Exness(エクスネス)は自由なトレードができるだけではなく、FX業界極狭のスプレッドが評判です。

ただタイミングによってはスプレッドが広がる時間帯もあるので、そういった部分も認識しておいてください。

多少スプレッドが広がっても取引コストは安く済みますので、非常におすすめの海外FX業者ですよ。

おすすめ記事Exness(エクスネス)はスプレッドが広い?スプレッドが広がる時間帯があるのか?

Exness(エクスネス)はどんなFX会社なのか、選ぶ理由やおすすめポイントは何があるのか。

Exness(エクスネス)はどんなFX会社なのか、選ぶ理由やおすすめポイントは何があるのか。

海外FX業者の中でも数少ない無制限レバレッジが適用されていることで日本人にも人気のExness(エクスネス)

どのような特徴やおすすめポイントがあり、他のFX会社との違いは何かなどの基本情報を紹介します。

Exness(エクスネス)のFX会社としてのおすすめポイントを紹介すると、

おすすめポイント

  • 最大レバレッジは無制限なので、非常に資金効率のよいトレードができる。
  • 証拠金維持率が0%になるまでロスカット(ストップアウト)されない。
  • FX初心者でも安心できる日本語サポートがあり、ライブチャットは平日8時〜24時、メールサポートは24時間受付しており回答は1営業日とスムーズに返信してもらえる。
  • 金融ライセンスはセーシェル諸島発行の証券ディーラーライセンス番号SD025を取得している。
  • 取引手法やポジションに関する制限が一切なく、自由な取引環境が用意されている。
  • 口座タイプは3種類あり、いずれもFX業界の平均以下のスプレッドが適用されてる。
  • ボーナスは一切もらえないがスキャルピング向きの口座タイプが用意されている。

Exness(エクスネス)の基本スペックをまとめて紹介すると、

口座開設ボーナス入金ボーナスレバレッジ
なしなし無制限
スプレッド金融ライセンスゼロカット
平均1.7pipsセーシェル政府適用あり
入金方法出金方法日本語サポート
11種類11種類平日8時〜24時

自由な取引環境を求める人、投資資金の効率を最大化したい人におすすめなFX会社のExness(エクスネス)。

どのような会社が運営しており、どこの国が発行した金融ライセンスを取得しているのかはこの記事を参考にしてください。

おすすめ記事Exnessの金融ライセンスや運営会社はどの国にあるのか?

Exnessの禁止事項は?利用規約違反で口座凍結や出金拒否されるのかの記事まとめ

この記事ではExness(エクスネス)で利用規約違反を指摘される禁止事項や禁止行為は何があるのか。

また禁止事項を行ったことが発覚すると口座凍結や出金拒否などの厳しい処分が行われるのかということについて説明してきました。

まとめ

<<利用規約違反の禁止事項>>

  • サーバー遅延のタイミングを狙った意図的なトレード
  • 自己IB(自己アフィリエイト)の仕組みを悪用したトレード

<<禁止事項発覚時の処分>>

  • 出金拒否され出金できない状態になる。
  • 出金拒否+口座凍結で二度とトレードできない状態になる。

<<その他、注意すべきトレード手法>>

  • ゼロカットシステムの悪用や乱用目的のトレード
  • 口座名義人以外の第三者が行ったトレード
  • マネーロンダリングの疑いがあるトレード

<<一般的な海外FX業者の禁止事項>>

  • 複数口座での両建て取引
  • スキャルピングトレード
  • 経済指標発表時の窓埋めや窓開けトレード

どのFX会社でも利用規約違反の禁止事項を行えば非常に厳しい処分が行われます。

しかしExness(エクスネス)は元々禁止事項が少なく、非常に自由なトレードができる環境が用意されている特徴も。

他の海外FX業者よりも柔軟なトレードを行うことができますので、その点でもおすすめですよ。

Exness(エクスネス)は最大レバレッジ制限がないFX会社として多くの日本人トレーダーに人気の海外FX会社。

少ない資金で効率的なトレードを行いたい人も安心してポジションを持てるようにゼロカットシステムが導入されているメリットも。

どれだけ高いレバレッジを設定しても、追証なしで借金のリスクがない安全なトレードができる海外FX業者のひとつ。

ボーナスは一切もらえませんが、FX業界の平均以下のスプレッドが適用されていることでスキャルピングトレーダーにもおすすめの海外FX会社です。

Exnessの公式サイトをチェックする!

国内FX会社よりも多くの取引チャンスがあり、多くの金融商品をリスクなくハイレバトレードができると評判の海外FX業者。

どのような違いや特徴があるのか、何を基準に会社選びを行えばよいのかなどの情報を知りたい人はこの記事を参考にしてください。

おすすめ記事海外FX業者のおすすめはどこか?最新版の徹底比較ランキングで紹介します!

-Exness(エクスネス)
-, , , ,

Exness(エクスネス)