Exness(エクスネス)

Exnessの評判や評価、口コミでわかる最強のFX会社の理由は?

Exnessの評判や評価、口コミでわかる最強のFX会社の理由は?

Exness(エクスネス)の評判や評価、口コミでわかる最強のFX会社だと言われる理由まとめ。

海外FX業者のExness(エクスネス)はボーナスがない割にトレーダーの評価が非常に高くて多くの日本人が口座開設しています。

この記事でわかること

  • Exness(エクスネス)は日本人投資家でも安全に口座開設やトレードができる海外FX業者なのかについて。
  • Exness(エクスネス)の評判や評価、良い口コミが多い特に優れている特徴について。
  • Exness(エクスネス)に向いているトレーダーや向いていないトレーダーはどんなタイプの人なのかについて。
  • Exness(エクスネス)と他の海外FX業者を比較した際にトレードするメリットやデメリットについて。

2020年に日本人の口座開設を再開したことでここ数年、一気に日本人トレーダーが口座開設しているExness(エクスネス)。

最強の海外FX業者だと言われるのには様々な理由があり、他の海外FX業者とは大きく異なる独自サービスや柔軟な取引環境を提供し続けていまるメリットも。

Exness(エクスネス)のどのような部分が優れているのか、評判や評価を参考にして口座開設するか判断したい人はこの記事を参考にしてください。

\無制限レバレッジ+狭いスプレッドが魅力的/

Exness(エクスネス)で今すぐ口座開設する!

公式サイト:https://www.exness.com/

目次

Exness(エクスネス)は安全性が高く日本人投資家が口座開設やトレードしても問題がない海外FX業者なのか?

Exness(エクスネス)の特徴を紹介する前に海外FX業者に対して危険性が高いとか信頼性が低いと考えている人もいると思いますので、安全性に関する話を先にしたいと思います。

海外FX業者のExness(エクスネス)ですが、日本人でも安心して口座開設できるような取引環境が整えられているメリットも。

Exness(エクスネス)に関して

  1. 本社はキプロスライセンスを取得しており、グループ全体で7ヶ国の金融ライセンスを取得している。
  2. 顧客管理は分別管理を行って補償基金に加入しており、万が一の際にも補償の仕組みがある。
  3. 毎月、実際にいくら出金したかなどトレード実績や出金実績を公開している。

このような仕組みがしっかり機能していることで日本人でも安心して口座開設できる海外FX業者だと言えます。

それぞれどのようなことなのか紹介していきますので、まずはExness(エクスネス)の安全性や信頼性の高さを確認してください。

Exness(エクスネス)の本社はキプロスライセンスを取得しており、グループ全体で7ヶ国の金融ライセンスを取得している。

Exness(エクスネス)の安全性や信頼性については、本社はキプロスライセンスを取得しており、グループ全体で7ヶ国の金融ライセンスを取得していることからも確認できます。

まずExness(エクスネス)の本社に関する情報を紹介すると、

項目詳細
会社名Exness (Cy) Ltd
会社住所1, Siafi Street, Porto Bello, Office 401, CY-3042, Limassol, Cyprus.
登録番号293057
ライセンス番号178/12
金融ライセンス監督機構キプロス証券取引委員会(CySEC)

キプロスライセンスは世界の金融ライセンスの中でも最も取得難易度が高いもののひとつと言われています。

その他にもExness(エクスネス)グループの取得している金融ライセンスはどこの国のものがあるのかというと、

取得ライセンスについて

  • Exness (SC) Ltd(旧社名:Nymstar Limited):セーシェル共和国金融庁(FSA)のライセンス番号SD025
  • Exness B.V.:キュラソーおよびシント・マールテン中央銀行(CBCS)のライセンス番号0003LSI
  • Exness (VG) Ltd(旧社名:Venico Capital Limited):英領バージン諸島金融サービス委員会(FSC)のライセンス番号SIBA/L/20/1133
  • Exness (Cy) Ltd:キプロス証券取引委員会(CySEC)のライセンス番号178/12
  • Exness (UK) Ltd:英国金融行動監視機構(FCA)のライセンス番号730729
  • Exness ZA (Pty) Ltd:南アフリカ金融業界行為監督機構(FSCA)のライセンス番号51024
  • Exness (MU) Ltd:モーリシャス金融サービス委員会(FSC)のライセンス番号 GB20025294

日本向けのサービスを行っているのはExness (SC) Ltd(旧社名:Nymstar Limited)、Exness B.V.、Exness (VG) Ltd(旧社名:Venico Capital Limited)の3社になります。

これだけ多くの金融ライセンスを取得して厳しい規制を受けていることからも、健全な運営が行われてことが確認できますよね。

Exness(エクスネス)の運営会社や取得している金融ライセンスなどの詳細情報はこの記事を参考にしてください。

おすすめ記事Exness(エクスネス)の金融ライセンスは、運営会社はどの国にあるのかなどの情報まとめ!

Exness(エクスネス)の顧客管理は分別管理を行って補償基金に加入しており、万が一の際にも補償の仕組みがある。

Exness(エクスネス)の安全性や信頼性については、顧客管理は分別管理を行って補償基金に加入しており、万が一の際にも補償の仕組みがあることからも確認できます。

顧客の資金管理について

  • 投資家から預かった資金はすべて自社の口座とは別の銀行口座で管理する分別管理を行っていますので、万が一の際にも会社の運営資金として使われることはありません。
  • また金融サービス業における外国為替市場に関する紛争問題解決に取り組む国際機関であるFinancial Commission(金融委員会)に加盟しており、顧客1人あたり20,000ユーロを上限とする補償制度が適用されます。

Financial Commissionは公正に苦情を検証し解決することを目的として中立な立場の第三者委員会として設立されました。

金融業界の監督機関及び法制度に比べて、よりシンプルかつ迅速な解決を目指している独立外部紛争解決機関です。

Exness(エクスネス)の安全性や資金管理方法に関してより詳しい情報を知りたい人はこの記事を参考にしてください。

おすすめ記事Exness(エクスネス)の安全性は?ライセンスや口座資金の管理に問題なしなのか?

Exness(エクスネス)では毎月、実際にいくら出金したかなどトレード実績や出金実績を公開している。

Exness(エクスネス)の安全性や信頼性については、毎月、実際にいくら出金したかなどトレード実績や出金実績を公開していることからも確認できます。

毎月、実際にいくら出金したかなどトレード実績や出金実績を公開している。

運営状態の公開について

  • Exness(エクスネス)では公式サイトでアクティブトレーダー数や、取引金額、実際に出金した金額などの情報を月ごとないし四半期ごとにまとめて公開しています。
  • ちなみに上記は2023年の10月〜12月期に行った総出金額で16億2800万ドルを超えている利益を投資家がExness(エクスネス)から出金していることが確認できます。

このような情報を公開している海外FX業者は本当に稀なので、どれだけ透明性の高い運営が行われているのかということがわかると思います。

Exness(エクスネス)は不当な理由で出金拒否をすることはありませんが、出金ルールに基づいていない出金申請は保留またはキャンセルされますので十分に注意してください。

おすすめ記事Exness(エクスネス)の出金ルールや出金できない場合に確認すべき項目まとめ!

Exness(エクスネス)の良い評判や評価、良い口コミが多い特に優れている最強のFX会社と言われる特徴は何か?

Exness(エクスネス)が最強のFX会社と言われる良い評判や評価、良い口コミが多い特徴について紹介すると、

Exness(エクスネス)のおすすめポイント

  1. 最大21億倍ともいわれる無制限レバレッジで資金効率が良いトレードができる。
  2. ロスカット水準は0%でストップアウト保護機能もあり最後まで証拠金を使い切れる。
  3. ゼロカットシステムがあるのでハイレバトレードでも追証なしの取引ができる。
  4. 業界最狭レベルの狭いスプレッド設定+取引手数料が安いのでトータルコストを抑えられる。
  5. ソーシャルトレーディング(コピートレード)ができるので自分で取引しなくても儲けられる。
  6. 条件達成で利用できる無料VPSがあるので、パソコンのスペックやネット環境の影響を受けにくい。
  7. 優待スワップフリーステータスがあり、メジャー通貨ペアがスワップポイントなしでトレードできる。

ここまでの取引環境が整っている海外FX業者ってExness(エクスネス)しかないと思います。

最強の海外FX業者といわれているのもあながち間違った話ではないと思いませんか?

それぞれどのようなことなのか紹介していきますので、Exness(エクスネス)の優れた取引環境について確認してください。

最大21億倍ともいわれる無制限レバレッジで資金効率が良いトレードができる。│Exnessの取引環境

Exness(エクスネス)が最強のFX会社と言われる理由のひとつが、最大21億倍ともいわれる無制限レバレッジで資金効率が良いトレードができることです。

無制限レバレッジについて

  • 海外FX業者では1000倍や2000倍のレバレッジ設定ができるFX会社が多いですが、Exness(エクスネス)の最大レバレッジ設定は約21億倍ともいわれる無制限レバレッジになります。
  • 無制限レバレッジを設定するための条件は、合計5スタンダードロット(500セントロット)のトレードを行うこと・10回以上のトレードを完了させること・有効証拠金を1,000ドル未満(999.99ドルまで)にすることの3つです。
  • ハイレバトレードという次元ではなく本当に凄いレバレッジでトレードできるので、少ない軍資金でも大きく増やせる可能性があります。
  • ちなみに無制限レバレッジの条件を達成できない場合の最大レバレッジは2000倍なので、それでも十分に高いレバレッジ設定ができることがわかると思います。

FXで効率的に稼ぐためにはどれだけ資金効率を高めるのかということが非常に重要ですので、無制限レバレッジはその意味でも最も重要なポイントのひとつではないでしょうか。

ただレバレッジの高さ=少しの値動きで強制ロスカットされるリスクが高い行為なので、ポジション保有時には証拠金維持率に十分な注意が必要です。

Exness(エクスネス)の無制限レバレッジやレバレッジ制限に関する情報はこの記事を参考にしてください。

おすすめ記事Exness(エクスネス)のレバレッジ無制限ルール、条件や制限と確認方法まとめ!

ロスカット水準は0%でストップアウト保護機能もあり最後まで証拠金を使い切れる。│Exnessの取引環境

Exness(エクスネス)が最強のFX会社と言われる理由のひとつが、ロスカット水準は0%でストップアウト保護機能もあり最後まで証拠金を使い切れることです。

ロスカット水準について

  • FXで最も避けるべき状態のひとつが証拠金維持率の低下による強制ロスカットがあると思います。
  • 一般的な海外FX業者のロスカット水準は20〜50%となっていますが、Exness(エクスネス)ではロスカット水準は脅威の0%。
  • これだけでも投資資金を最後まで効率的に使うことができますが、さらにストップアウト保護機能という仕組みがあることでさらに効率が高まり混ます。
  • ストップアウト保護機能とはロスカット水準が0%になっているタイミングでスプレッドが広がっていれば、スプレッドの半分を仮想資金としてExness(エクスネス)が負担してくれ強制ロスカットまでの時間を稼いでくれる仕組みのこと。

ストップアウト保護機能があることで、ポジションの決済をするか、追加入金するか、様子見をするかをトレーダーが判断する時間ができます。

わざわざ自社の資金を投入してまで強制ロスカットされるリスクを低下させるFX会社はExness(エクスネス)以外にありません。

ここでも投資家の資金をどれだけ効率的に使えるような仕組みが導入されているのかということがわかると思います。

おすすめ記事Exness(エクスネス)のロスカット水準とマージンコール水準まとめ!

ゼロカットシステムがあるのでハイレバトレードでも追証なしの取引ができる。│Exnessの取引環境

Exness(エクスネス)が最強のFX会社と言われる理由のひとつが、ゼロカットシステムがあるのでハイレバトレードでも追証なしの取引ができることです。

ゼロカットシステムについて

  • 海外FX業者ではゼロカットシステムがあるのは当然のことだと思いますが、Exness(エクスネス)は無制限レバレッジでトレーダーした場合でもゼロカットシステムで追証なしのトレードができます。
  • 無制限レバレッジで強制ロスカットされたらどれだけ大きなマイナス残高になるか想像もつきませんが、Exness(エクスネス)なら安心です。
  • どれだけ高いレバレッジ設定を行ったトレード時でも追証なしなので借金を背負うりすくはありません。
  • しかも取引手法に関して細かいルールがないので、利用規約違反を指摘され、自己資金で補填しなければならない可能性はほぼないといえます。

Exness(エクスネス)は世界規模の金融ブローカーということもあり潤沢な運営資金で経営されているので、ゼロカットシステムが適用されないリスクも低いと言えます。

月間70万人とも言われるアクティブトレーダーがいるFX会社なので、その事業規模の大きさからも安心して口座開設やトレードができると思いますよ。

おすすめ記事Exness(エクスネス)はゼロカットシステム対応で追証や借金リスクなしで安全なFX会社です。

業界最狭レベルの狭いスプレッド設定+取引手数料が安いのでトータルコストを抑えられる。│Exnessの取引環境

Exness(エクスネス)が最強のFX会社と言われる理由のひとつが、業界最狭レベルの狭いスプレッド設定+取引手数料が安いのでトータルコストを抑えられることです。

スプレッド設定について

  • Exness(エクスネス)はすべての口座タイプでボーナスがないこともあり、余計なコストが不要なのでスプレッドを狭くしたり、取引手数料を
    安くすることができます。
  • スプレッドも取引手数料も投資コストなので、トータルコストが安いほど投資利益を出しやすい状態だということ。
  • ゼロ口座やロースプレッド口座ではゼロスプレッドでトレードできる金融商品もありますし、1日の95%が固定スプレッドになっているのでスプレッドが広がりにくいメリットも。
  • ゼロ口座とロースプレッド口座は取引手数料の支払いが必要なので、トータルコストでプロ口座とどちらが安いか比較してトレードする口座タイプを選ぶようにしてください。

具体例にExness(エクスネス)のスプレッドがどのくらいなのか、スタンダード口座のスプレッドを他の海外FX業者と比較すると、かなり狭い事がわかると思います。

FX会社名ドル円ユーロ円ゴールド
Exness1.1pips1.9pips2.0pips
XMTrading1.5pips2.1pips2.5pips
FXGT1.7pips2.1pips2.5pips
AXIORY1.4pips1.3pips3.8pips

Exness(エクスネス)の口座タイプごとのスプレッド設定や広がりやすい時間帯やタイミングなどの情報はこの記事を参考にしてください。

おすすめ記事Exness(エクスネス)はスプレッドが広い?スプレッドが広がる時間帯があるのか?

優待スワップフリーステータスがあり、メジャー通貨ペアがスワップポイントなしでトレードできる。│Exnessの取引環境

Exness(エクスネス)が最強のFX会社と言われる理由のひとつが、優待スワップフリーステータスがあり、メジャー通貨ペアがスワップポイントなしでトレードできることです。

優待スワップフリーについて

  • Exness(エクスネス)では口座開設直後のすべてのトレーダーに対して優待スワップフリーステータスを付与しており、スワップポイントの発生しない取引環境が提供されています。
  • メジャー通貨:AUDUSD、EURUSD、GBPUSD、NZDUSD、USDCAD、USDCHF、USDJPY 、USDTHB
  • マイナー通貨:AUDNZD、EURCHF、GBPJPY、AUDCHF、AUDJPY、EURAUD、EURCAD、EURGBP、EURJPY、EURNZD、GBPCHF、GBPNZD、NZDJPY、NZDCAD
  • 貴金属:XAUUSD
  • 仮想通貨:すべての銘柄
  • 上記すべての金融商品をオーバーナイトでポジション持ち越ししてもスワップポイントの支払い義務がありません。

ただあまりにもオーバーナイトでポジション保有をする状態が続くとスタンダードスワップフリーステータスに降格され、一部の仮想通貨のみがスワップフリーの対象になります

スワップフリーステータスに関してはパーソナルエリアで確認できますので、降格されないように注意してください。

おすすめ記事Exness(エクスネス)でスワップフリーで取引できる通貨ペアや口座タイプの情報まとめ!

ソーシャルトレーディング(コピートレード)ができるので自分で取引しなくても儲けられる。│Exnessの取引環境

Exness(エクスネス)が最強のFX会社と言われる理由のひとつが、ソーシャルトレーディング(コピートレード)ができるので自分で取引しなくても儲けられることです。

ソーシャルトレーディングについて

  • Exness(エクスネス)のソーシャルトレーディングとは一般的にはコピートレードと呼ばれているものです。
  • コピートレードとは、あるトレーダーの取引戦略やポジションをリアルタイムで自動的にコピーして、自分の取引口座内で同じ取引を実行する仕組みのこと。
  • 経験豊富なトレーダーの取引を模倣することで、取引の知識が少ないトレーダーでも、利益を上げることができるチャンスを手にすることができます。
  • Exness(エクスネス)の場合、コピートレードを提供できるのは戦略プロバイダー試験に合格した人に限定されているので、どこの誰が提供している投資戦略なのかを確認できます。

名前を出して行う投資戦略なので適当なものや質の悪いものは少ないということ。

選べる投資戦略は1000個以上あり好みのものを探すことができますし、最小資金は10ドルから利用できるのでコピートレードをする際のハードルが低いというメリットもあります。

Exness(エクスネス)のソーシャルトレーディング(コピートレード)に関する情報はこの記事を参考にしてください。

おすすめ記事Exness(エクスネス)のソーシャルトレーディング(コピートレード)のメリットやデメリットまとめ!

条件達成で利用できる評判の良い無料VPSがあるので、パソコンのスペックやネット環境の影響を受けにくい。│Exnessの取引環境

Exness(エクスネス)が最強のFX会社と言われる理由のひとつが、条件達成で利用できる無料VPSがあるので、パソコンのスペックやネット環境の影響を受けにくいことです。

無料VPSについて

  • 無料VPSを使うことで世界中どこからでも遠隔操作を行える環境を手にすることができ、EA(自動売買システム)を効率的に運用できるメリットも。
  • Exness(エクスネス)で無料VPSを使うための条件は、すべての取引口座の合計残高が2,000ドル以上であること、もしくは口座残高が500〜1,999ドルの場合は、直近30日間の総取引量が1,500,000ドル以上であること。
  • 無料VPSのメリットは注文速度が早く約定しやすい・通信環境も含めた安定性がある・24時間いつでもトレードできる・パソコンのOSの影響を受けない・アクセス制限のない利用環境などがある。
  • 無料VPSサーバーは、アムステルダム、香港、シンガポール、マイアミ、およびヨハネスブルグにあるExnessの取引サーバーの近くに設置されています。

もしあなたが契約した無料VPSのサーバー位置がマイアミやヨハネスブルグなどの場合は、インストール時に変更したほうがよいと思います。

無料VPSを使えるようになれば様々なコストを節約できるメリットもあるので。Exness(エクスネス)で本気のトレードをしたい人にはおすすめですよ。

おすすめ記事Exness(エクスネス)の無料VPSの利用条件や評判、各種設定方法などの情報まとめ!

\無制限レバレッジ+狭いスプレッドが魅力的/

Exness(エクスネス)で今すぐ口座開設する!

公式サイト:https://www.exness.com/

Exness(エクスネス)の悪い評判や評価、悪い口コミにはどのようなものがあるのか?

Exness(エクスネス)の悪い評判や評価、悪い口コミにはどのようなものがあるのかというと、

Exness(エクスネス)がおすすめできないポイント

  1. 口座開設ボーナスも入金ボーナスもなく、定期的なボーナスやプロモーションが開催されていない。
  2. 時間帯やタイミングによるレバレッジ制限が意外と厳しいのでハイレバトレードができない時がある。
  3. 日本語公式サイトが非公開になっており、知っている人でないと公式サイトを探すことができない。

Exness(エクスネス)が最強の海外FX業者と言われる反面、すべての面で優れているわけではないのでマイナスポイントも存在しています。

それぞれどのようなことなのか説明していきますので、気になる項目がある人はチェックしておいてください。

Exness(エクスネス)は口座開設ボーナスも入金ボーナスもなく、定期的なボーナスやプロモーションが開催されていない。

Exness(エクスネス)がおすすめできないFXで会社と言われる理由のひとつが、口座開設ボーナスも入金ボーナスもなく、定期的なボーナスやプロモーションが開催されていないことです。

各種ボーナスやプロモーションについて

  • 海外FX業者といえば高額な口座開設ボーナスや入金ボーナスがあったり、不定期にベットトーナメントがあるなど、顧客への還元プログラムが充実しています。
  • しかしExness(エクスネス)には定期開催のボーナスやプロモーションがなく、他の海外FX業者と比較すると少し損をした気分になることも。
  • これはスプレッドや取引手数料、他の海外FX業者にはない様々なサービスで還元されていますが、そういった部分では恩恵を感じにくいという人がいるのも事実です。

Exness(エクスネス)には定期開催のボーナスやプロモーションはないので、それだけを目当てに口座開設したり、トレードしようという人の評価が低いのは仕方がありません。

おすすめ記事Exness(エクスネス)に口座開設ボーナスや入金ボーナス、取引ボーナスはあるのか?

Exness(エクスネス)は時間帯やタイミングによるレバレッジ制限が意外と厳しいのでハイレバトレードができない時がある。

Exness(エクスネス)がおすすめできないFXで会社と言われる理由のひとつが、時間帯やタイミングによるレバレッジ制限が意外と厳しいのでハイレバトレードができない時があることです。

レバレッジ制限について

  • Exness(エクスネス)ではいくつかの条件で最大レバレッジ制限が行われることがあり、それが取引タイミングを逃すと不評になることも。
  • 口座残高(有効証拠金)による最大レバレッジ制限。
  • 取引時間帯による最大レバレッジ制限。
  • 取引銘柄による最大レバレッジ制限。
  • 経済指標発表などによる最大レバレッジ制限。
  • この中でも経済指標発表には発表される15分前から発表直後の5分間は最大レバレッジが200倍に制限されます。

レバレッジ制限は経済指標の影響が出る銘柄に限定されますが、やはりこのタイミングで大きく稼ぎたいという人がいるのも事実です。

そのためにハイレバトレードができるExness(エクスネス)でボーナス無しでトレードしている人もいるということ。

ただこれはExness(エクスネス)の利用規約にも明記されているルールなので、それを投資家の意見だけで覆すことはできませんので、納得するようにしてください。

おすすめ記事Exness(エクスネス)で無制限レバレッジを使うメリットやデメリットは何があるのか?

Exness(エクスネス)の日本語公式サイトが非公開になっており、知っている人でないと公式サイトを探すことができない。

Exness(エクスネス)がおすすめできないFXで会社と言われる理由のひとつが、日本語公式サイトが非公開になっており、知っている人でないと公式サイトを探すことができないことです。

日本語公式サイトの非公開化について

  • Exness(エクスネス)の日本語公式サイトは2023年9月27日から検索エンジン上のインデックスが削除され、公式サイトを検索エンジン経由で探すことができなくなりました。
  • これは日本の金融庁の規制を回避するための処置のひとつで、公式サイトのURLを知っている人なら問題なくアクセスすることができますし、現在でも日本語表示に切り替える形で公式サイトの日本語化は可能となっています。
  • Exness(エクスネス)なりのリスクヘッジであり、日本市場から撤退する準備ということもありません。

既に日本語サイトが非公開になってから時間が経過していますが、まだまだ多くの人がExness(エクスネス)で口座開設していますし、日本語サポートもこれまで通り運営されています。

日本語サポートスタッフはマレーシアのオフィスにいるそうですので、今後もそのような状態でしっかりサポートしてもらえるのだと思いますよ。

おすすめ記事Exness(エクスネス)の日本語サポート体制や営業時間などの情報まとめ!

Exness(エクスネス)が向いているトレーダーはどのようなタイプや取引手法を行う人か?

Exness(エクスネス)の良い評判に悪い評判も紹介してきましたが、どのようなタイプのトレーダーにExness(エクスネス)がおすすめなのか。

向いているトレーダーのタイプやメインの取引手法を紹介すると、

Exness(エクスネス)が向いているトレーダー

  1. FX中級者や上級者でボーナスなしでも取引に支障が出ない人。
  2. 両建て取引禁止など細かい取引ルールの制約や制限を受けたくない人。
  3. 一撃で数十万円から数百万円の爆益を狙いたいハイレバトレーダー。
  4. スキャルピングトレードやスイングトレードをメインの取引手法にしている人。

上記に該当する項目があれば、Exness(エクスネス)で口座開設してトレードしても不満やストレスは感じにくいと言えます。

逆にひとつも該当する項目がないな愛が、XMTradingFXGT(エフエックスジーティー)で口座開設するのがベターではないでしょうか。

FX中級者や上級者でボーナスなしでも取引に支障が出ない人│Exnessが向いている人

Exness(エクスネス)が向いているトレーダーのタイプは、FX中級者や上級者でボーナスなしでも取引に支障が出ない人です。

ボーナスなしでも良い人

  • 海外FX業者といえば高額な口座開設ボーナスや入金ボーナスが評判ですが、ある程度のトレード経験を積んだ人の中にはボーナスなしの方が良いという人がいます。
  • ボーナスがある口座タイプはスプレッドが広かったり、スワップポイントが厳しかったりと、取引時のコストが高くなりがちです。
  • 例えばXMTradingでKIWAMI極口座やゼロ口座を使うようにトレーダーの場合は、Exness(エクスネス)でも何ら問題ありません。
  • FX中級者や上級者になると取引手法も変わってきますし、ある程度の資金量でトレードする人が増えますので、ボーナスがなくても関係ないというのが実際の話しです。

Exness(エクスネス)ならスプレッド狭いですし、優待スワップフリーステータスでスワップポイントの心配もありません。

最悪の場合もストップアウト保護機能で強制ロスカットまでの時間稼ぎもやってくれますので、手持ちの資金を最も効率的に使うことができるFX会社だと思いますよ。

おすすめ記事Exness(エクスネス)で約定拒否?プロ口座はリクオートありで使いにくいって本当か?

両建て取引禁止など細かい取引ルールの制約や制限を受けたくない人。│Exnessが向いている人

Exness(エクスネス)が向いているトレーダーのタイプは、両建て取引禁止など細かい取引ルールの制約や制限を受けたくない人です。

取引ルールについて

  • Exness(エクスネス)は自由な取引環境を提供している海外FX業者で、細かい取引ルールが設定されておらず、利用規約違反を指摘される可能性が非常に低くなっています。
  • 両建て取引も同一口座内、複数口座間、異業者間のどれでもOKという他の海外FX業者とは全く異なる取引ルールを採用しています。
  • 秒スキャ等もOKですし、EA(自動売買システム)のロジックにスキャルピングが組み込まれていても何ら問題になりません。

好きな取引手法でトレードしたい人、こだわりのトレード手法を実践したい人にExness(エクスネス)はおすすめです。

おすすめ記事Exness(エクスネス)でアービトラージ(裁定取引)をすると禁止事項に該当するのか?

一撃で数十万円から数百万円の爆益を狙いたいハイレバトレーダー。│Exnessが向いている人

Exness(エクスネス)が向いているトレーダーのタイプは、一撃で数十万円から数百万円の爆益を狙いたいハイレバトレーダーです。

ハイレバトレードについて

  • Exness(エクスネス)の最大レバレッジは約21億倍ともいわれる無制限レバレッジです。
  • ややギャンブル性の高い取引スタイルになりますが、一撃で数十万円〜百万円超えの利益を狙うようなハイレバトレードが好きに人にこそ、Exness(エクスネス)が刺さると思います。
  • 1000倍のレバレッジと21億倍では1pips動いた際の利益が大きく違いますし、FXで効率的に稼ぐためにはレバレッジ設定が重要なポイントです。
  • そういった意味でも無制限レバレッジでハイレバトレードをして無双したいというタイプの取引スタイルの人にはExness(エクスネス)が向いています。

ただレバレッジの高さ=それだけ強制ロスカットされるリスクが高くなるので、ある程度裁量トレードがしっかりできるようになってから行うことをおすすめします。

おすすめ記事Exness(エクスネス)はハイレバ手法がおすすめで少額でも爆益狙いが可能か?

スキャルピングトレードやスイングトレードをメインの取引手法にしている人。│Exnessが向いている人

Exness(エクスネス)が向いているトレーダーのタイプは、スキャルピングトレードやスイングトレードをメインの取引手法にしている人です。

スキャルピングやスイングトレードについて

  • Exness(エクスネス)はスプレッドも狭く秒スキャも禁止されていないので、スキャルピングトレーダーに非常におすすめです。
  • 同様にスイングトレードを行う人でもプロ口座、ゼロ口座、ロースプレッド口座を使い分けることで取引コストを抑制した取引環境が用意されています。
  • 専業トレーダーやプロの投資家もExness(エクスネス)を使ってトレードしていますし、大口ロットの注文にも対応しています。
  • 最高出金額が10,000,000ドル(日本円で約15億円)ということからも、どれだけ投資額の多いトレーダーがいるか想像できると思います。

Exness(エクスネス)は法人口座で大口のトレードを行っている人も多いので、投資上級者にこそおすすめの海外FX業者だと思いますよ。

おすすめ記事Exness(エクスネス)の法人口座の開設条件や流れ、必要書類まとめ!

\無制限レバレッジ+狭いスプレッドが魅力的/

Exness(エクスネス)で今すぐ口座開設する!

公式サイト:https://www.exness.com/

Exness(エクスネス)が向かないトレーダーはどのようなタイプや取引手法を行う人か?

Exness(エクスネス)の良い評判に悪い評判も紹介してきましたが、ここではどのようなタイプのトレーダーにおすすめできないのか。

向いていないトレーダーのタイプやメインの取引手法を紹介すると、

Exness(エクスネス)が向いていないトレーダー

  1. 自己資金よりもボーナス目当てのトレードを考えているタイプのトレーダー。
  2. 海外FX業者でのトレード経験が一切ない人やFXのトレード経験がほぼないトレーダー。

上記に該当する人はExness(エクスネス)よりも万能タイプのXMTradingの方が向いていると思います。

それぞれどのようなことなのか紹介していきますので、もしかして自分かもと思う人は読んでおいてください。

自己資金よりもボーナス目当てのトレードを考えているタイプのトレーダー。│Exnessが向かない人

Exness(エクスネス)が向いていないトレーダーのタイプは、自己資金よりもボーナス目当てのトレードを考えているタイプのトレーダーです。

ボーナス目当ての人について

  • Exness(エクスネス)には口座開設ボーナスも入金ボーナスも取引ボーナスもないので、トレードする際の資金はすべて自己資金で行う必要があります。
  • 海外FX業者は豊富なボーナスやプロモーションがあるからと思っている人はExness(エクスネス)ではなくXMTradingやFXGT(エフエックスジーティー)を選んでください。
  • Exness(エクスネス)で還元してもらえるのは、プレミアクラブ会員という非常に高額なトレードを行っている人たちだけです。

一般人がプレミアクラブ会員になるのはかなりハードルが高いですので、そこは諦めてください。

自己資金を1円も使いたくない人はボーナスが豊富な海外FX業者から選んで口座開設するようにしましょう。

おすすめ記事Exness(エクスネス)のプレミアプログラムの招待条件や昇格条件、特典まとめ!

海外FX業者でのトレード経験が一切ない人やFXのトレード経験がほぼないトレーダー。│Exnessが向かない人

Exness(エクスネス)が向いていないトレーダーのタイプは、海外FX業者でのトレード経験が一切ない人やFXのトレード経験がほぼないトレーダーです。

FXの経験について

  • Exness(エクスネス)には独自の取引環境や出金ルールなどFX初心者向きではなく、専業トレーダーやプロの投資家向きの取引環境が用意されています。
  • 最初からそういった環境で慣れたいという人であればよいですが、総ではない場合はXMTradingで口座開設するのが最もベターだと思います。
  • XMTradingは万能タイプの海外FX業者なので変なクセもなく、海外FX業者初心者でも使いやすいメリットがあります。

海外FX業者というだけでもややハードルが高いのにいきなり特化型のサイトでトレードするよりも、XMTradingで慣れてからExness(エクスネス)に移動する方が途中で止めずに済むと思います。

XMTradingなら口座開設だけで13,000円分の口座開設ボーナスがもらえますので、まずはそれで海外FX業者の使い勝手を試してみるのが良いと思いますよ。

おすすめ記事XMTradingの口座開設ボーナスの受け取り方や出金条件などの注意点まとめ!

Exness(エクスネス)を実際に口座開設&トレードしてわかったメリットは何か?

実際にExness(エクスネス)で口座開設してトレードしたことでどのようなメリットがある海外FX業者なのかということがわかったのかというと、

Exness(エクスネス)のメリットについて

  1. ロスカット水準が低いので含み損が増えても強制ロスカットされにくい。
  2. メジャー通貨ペアやゴールド、仮想通貨などスワップフリーでポジションを持てる金融商品が多い。
  3. 原資抜きというポジション保有中に資金移動や出金ができ負けにくいトレードができる。
  4. 出金時間が早いので土日に出金申請してもすぐに着金するスピード感で安心できる。

ここまで紹介してきた良い条件にプラスしてまだExness(エクスネス)独自のメリットがありますので、それぞれ紹介していきます。

ロスカット水準が低いので含み損が増えても強制ロスカットされにくい。│Exnessのメリット

Exness(エクスネス)のメリットのひとつが、ロスカット水準が低いので含み損が増えても強制ロスカットされにくいことです。

強制ロスカットについて

  • Exness(エクスネス)は海外FX業者でも0%というトップクラスロスカット水準なので、他社と比較しても強制ロスカットされるリスクが非常に低いです。
  • ロスカット水準の低さに追加してストップアウト保護機能があるので、同じロスカット水準のiFOREXよりも強制ロスカットされにくいということ。
  • 強制ロスカットされると海外FX業者でも最大で入金額は失う可能性があるので、損失が積み上がっていく結果になりますよね。

しかしExness(エクスネス)ならどの海外FX業者よりも含み損が増えても強制ロスカットまでの時間が長くなるので、その間に相場が逆転する可能性もあります。

一度でもそういった体験をするとExness(エクスネス)の強制ロスカットされにくい取引環境が手放せなくなるかもしれませんね。

おすすめ記事XMTradingにストップ狩りはある?FX業者選びがストップ狩り対策になるって本当か?

メジャー通貨ペアやゴールド、仮想通貨などスワップフリーでポジションを持てる金融商品が多い。│Exnessのメリット

Exness(エクスネス)のメリットのひとつが、メジャー通貨ペアやゴールド、仮想通貨などスワップフリーでポジションを持てる金融商品が多いことです。

スワップフリーについて

  • 海外FX業者によって異なるスワップポイントが設定されていますが、中長期でポジションを保有する際にスワップ負けするのは仕方がないブブだと思っていませんか?
  • Exness(エクスネス)は優待スワップフリースステータスがあるので、そのステータスの間は一切スワップポイントについて余計な心配をする必要がありません。
  • ゴールドや仮想通貨CFD関連銘柄などで予想外の方に相場が動いた際にも、数日そのままポジションを保有することで含み損から含み益がある状態に変化させることも。
  • スワップポイントはポジション保有中に必ず発生するコストですが、Exness(エクスネス)ならその心配は不要です。

登録直後から優待スワップフリーステータスが付与されていますので、余計な心配をせずにポジションを保有し続けることができますよ。

おすすめ記事XMTradingの仮想通貨はおすすめ?レバレッジやスプレッド等の取引条件まとめ!

原資抜きというポジション保有中に資金移動や出金ができ負けにくいトレードができる。│Exnessのメリット

Exness(エクスネス)のメリットのひとつが、原資抜きというポジション保有中に資金移動や出金ができ負けにくいトレードができることです。

原資抜きについて

  • Exness(エクスネス)では原資抜きという裏技的な手法が使えますので、それを使うことで低リスクのトレードができます。
  • 原資抜きとは、FX取引時に利益が出ている状態を維持したまま原資を抜く(出金)することで、リスクを低くする取引手法のこと。
  • 原資抜きに成功した場合の最大損失額はゼロ円になるということで下記2つのパターンが考えられます。
  • FX取引で利益が出たタイミングで出金する。(ポジションを保有したまま原資抜きをする。)
  • FX取引で入金額以上の利益を確定させて出金する。(ポジションを決済してから原資抜きをする。)

Exness(エクスネス)で原資抜きをするなら、基本的には最初に紹介したポジションを保有したまま行う方法がおすすめです。

原資抜きのメリットや原資抜きの方法に関してはこの記事を参考にしてください。

おすすめ記事Exness(エクスネス)で裏技的に使える原資抜きのやり方やメリットまとめ!

出金時間が早いので土日に出金申請してもすぐに着金するスピード感で安心できる。│Exnessのメリット

Exness(エクスネス)のメリットのひとつが、出金時間が早いので土日に出金申請してもすぐに着金するスピード感で安心できることです。

出金時間について

  • Exness(エクスネス)は土日も含めて24時間365日出金申請をパーソナルエリアページで行うことができます。
  • 土日など曜日やタイミングに関係なく出金申請することができ、順次出金申請が処理されるFX会社なので早ければ数時間で銀行口座に着金します。
  • ただ銀行送金の場合はモアタイムシステム対応の大手メガバンクなどの口座に出金する必要があるので、その点はあらかじめ覚えておいてください。

土日に行った出金申請でも平日と同じように即日着金するとか出金面でストレスを感じたくない人におすすめです。

運が良ければ土曜日早朝のトレードで利確→出金申請して→昼過ぎには着金→土曜日に交遊費として使うなんてことができる場合も。

ただ絶対にこの出金スピードが保証されているわけではないので、その点は誤解しないでください。

おすすめ記事Exness(エクスネス)は土日でも出金できるのか、平日よりも着金時間が遅いのか?

Exness(エクスネス)を実際に口座開設&トレードしてわかったデメリットは何があるのか?

実際にExness(エクスネス)で口座開設してトレードしたことでどのようなデメリットがある海外FX業者なのかということがわかったのかというと、

Exness(エクスネス)のデメリットについて

  1. 口座タイプごとに初回入金時の最低入金額が個別かつ高い金額で設定されている。
  2. 東京時間にエントリーできる1回あたりの最大ロット数が60ロットに制限されている。

この辺りはExness(エクスネス)のデメリットとも言える部分ですので、それぞれどのようなことなのか紹介していきます。

口座タイプごとに初回入金時の最低入金額が個別かつ高い金額で設定されている。│Exnessのデメリット

Exness(エクスネス)のデメリッのメリットのひとつが、口座タイプごとに初回入金時の最低入金額が個別かつ高い金額で設定されていることです。

口座タイプごとの初回入金額について

  • Exness(エクスネス)では口座タイプごとに初回入金額が設定されており、通常の最低入金額とは異なる運用が行われています。
  • スタンダード口座とスタンダードセント口座を使うためには150ドル以上の初回入金を行う必要があります。
  • プロ口座、ゼロ口座、ロースプレッド口座を使うためには1,000ドル以上の初回入金を行う必要があります。
  • これは各口座タイプごとに設定された初回入金額で、1度は必ずこの金額を入金しないとトレードをすることができない金額のことです。
  • 2回目以降の入金時は利用する入金方法の最低入金額が適用されますし、追加口座で同じ口座タイプの取引口座を開設した場合も同様で入金方法ごとの最低入金額で送金を行うことができます。

狭いスプレッド設定や安い取引手数料を設定しているためにこの点はどうしても仕方がないことなので、口座タイプごとにやや高い金額の初回入金額が設定されていることを理解してください。

おすすめ記事Exness(エクスネス)で取引手数料が必要な口座タイプはどれか?

東京時間にエントリーできる1回あたりの最大ロット数が60ロットに制限されている。│Exnessのデメリット

Exness(エクスネス)のデメリッのメリットのひとつが、東京時間にエントリーできる1回あたりの最大ロット数が60ロットに制限されていることです。

注文ロット数について

  • Exness(エクスネス)ではスタンダードセント口座以外の口座タイプで日本の東京時間にあたる時間帯の注文済み発注最大取引量が決まっています。
  • サーバー時間で21時00分〜6時59分(日本時間で6時00分〜15時59分)に注文可能な最大取引量は60ロットまでに制限されています。
  • そのため1回で大きなロット数の注文したい場合には何度かエントリーしなければならないということ。

他の時間帯は1回の注文で最大200ロットまで注文できますので、時間帯による取引ルールの違いを理解しておかないとエントリーのタイミングをミスしてしまうことも。

この辺りもExness(エクスネス)独自の取引ルールなので、使い始めた直後は理解が追いつかないかもしれません。

おすすめ記事Exness(エクスネス)のEA(自動売買システム)利用規約違反の禁止事項や設定可能なロジックの情報まとめ!

Exness(エクスネス)は高額出金にも対応している出金スピードが評判の海外FX業者。

海外FX業者で口座開設やトレードをする際に多くの日本人トレーダーが気になっているのかが出金トラブルではないでしょうか。

確かに海外FX業者の中には怪しい会社もあり、出金拒否され出金できない状態で困っている人もいますし、そういう海外FX業者は避けるべきです。

出金面に不安があるので海外FX業者を避けたいと考えている人でもExness(エクスネス)なら安心して利用することができます。

Exness(エクスネス)は即時出金処理が基本で出金スピードは曜日や時間の影響を受けない。

Exness(エクスネス)の出金スピードの早さは海外FX業者業界でもトップクラスで、その理由が公式サイトに下記のように記載されています。

出金処理時間について

  • Exnessでは、95%の出金が即時(1分以内)に処理されます。
  • 当社のカストディから資金が離れた後は、口座への着金はご指定の決済プロバイダー次第となります。

Exness(エクスネス)の出金承認時間ってヤバくないですか?

95%の出金申請が1分以内で即時出金される海外FX業者はExness(エクスネス)以外にないと思います。

他の海外FX業者の出金時間も知りたい人はこの記事を参考にしてください。

おすすめ記事出金時間が早い海外FX業者はどこか?出金スピードが早く安全なFX会社を選びたい人必見です。

Exness(エクスネス)は1回の出金申請で最高いくらまで出金できるのか?

Exness(エクスネス)が出金面で優れているのは出金スピードだけではありません。

投資のプロや専業トレーダーが数多く在籍してトレードしているので、Exness(エクスネス)は高額出金にも対応しています。

最高出金額について

  • Exness(エクスネス)はBitcoin (BTC)やテザー(USDT)、USD Coin(USDC)などを使って出金申請した場合、1回の出金申請で10,000,000ドルまで出金することができます。
  • 10,000,000ドルとは160円換算で16億円ということですので、ここまで高額出金に対応していれば出金時のストレスは一切感じませんよね。

ちなみに銀行送金で出金する際には、最高で1回25,000ドル(160円換算で400万円)まで出金することができます。

25,000ドル以上の口座残高を出金したい場合は、複数回に分けて出金申請することで随時承認されていきますので、まとめて出金できないのは諦めてください。

Exness(エクスネス)に銀行送金で入金する場合の反映時間等についてはこの記事が参考になります。

おすすめ記事Exness(エクスネス)で入金反映されない?国内銀行送金は着金が遅いというのは本当か?

\無制限レバレッジ+狭いスプレッドが魅力的/

Exness(エクスネス)で今すぐ口座開設する!

公式サイト:https://www.exness.com/

Exness(エクスネス)の評判や評価、口コミに関するよくある質問まとめ!

この記事を読むことでExness(エクスネス)は非常に魅力的な取引環境を提供している海外FX業者であることがわかったと思います。

最強の海外FX業者といわれるほど他の海外FX業者では行っていないサービスが多数存在するExness(エクスネス)。

ここではExness(エクスネス)でトレードする際のよくある質問をまとめて紹介しますので、口座開設時の参考にしてください。

Exness(エクスネス)は日本の金融庁が発行する金融ライセンスを取得していないので危険性が高いって本当ですか?

回答

  • 確かに海外FX業者のExness(エクスネス)は日本の金融庁が発行する金融ライセンスを取得して運営されていないサイトです。
  • この記事でも紹介してきましたが、海外の政府機関が発行した金融ライセンスを合計7つもグループ全体内で取得して運営されています。
  • その中には日本の金融庁ライセンスよりも取得難易度が高いキプロス証券取引委員会(CySEC)が発行した金融ライセンスも含まれています。
  • 世界的な規模でサービスを行っているExness(エクスネス)ではキプロス証券取引委員会(CySEC)の規制を守る形で世界各国にサービスを提供していると考えて問題がないと思います。
  • そもそも数年前まで日本向けのサービスを提供していたのはキプロス証券取引委員会(CySEC)が発行した金融ライセンスを取得した会社でしたので。
  • こういった背景があることからもExness(エクスネス)が危険性が高いとかやばい会社が運営している怪しいFX会社ということはないので、安全性や信頼性の高い海外FX業者だと理解して良いと思います。

Exness(エクスネス)は利用規約違反の禁止事項を行ったら出金拒否され出金できないことがありますか?

回答

  • 海外FX業者では利用規約違反の禁止事項を行うトレーダーに甘い顔は一切しないので、ルールを守らなければアカウント凍結や口座凍結、出金拒否などを行うなどの厳しい対応が行われます。
  • 他の海外FX業者と比較するとExness(エクスネス)が利用規約違反の禁止事項として設定している項目は少ないですが、それでもそういった行為を行ったことが発覚したり、疑われた場合は嫌疑を晴らすまで出金申請が承認されることはありません。
  • 海外FX業者は国内FX会社のような甘い対応を一切行わないので、利用規約を確認すること、それを守ったトレードを行うことを心がけてください。
  • 正当な理由があれば口座凍結され口座残高を没収されても、文句は言えませんので、しっかり理解しておいてください。

おすすめ記事Exness(エクスネス)が出金拒否って本当?出金できない原因や解決法まとめ!

Exness(エクスネス)で日本向けのサービスを提供してる会社はどこの国に住所がありますか?

回答

  • 日本向けのサービスを行っているのはExness (SC) Ltd(旧社名:Nymstar Limited)、Exness B.V.、Exness (VG) Ltd(旧社名:Venico Capital Limited)の3社になります。
  • Exness (SC) Ltd(旧社名:Nymstar Limited)はセーシェル共和国で設立された会社で住所は9A CT House, 2nd floor, Providence, Mahe, Seychellesです。
  • Exness B.V.はキュラソー島で設立された会社で住所はEmancipatie Boulevard Dominico F. “Don” Martina 31, Curaçaoです。
  • Exness (VG) Ltd(旧社名:Venico Capital Limited)は英領バージン諸島で設立された会社で住所はTrinity Chambers, P.O. Box 4301, Road Town, Tortola, BVIです。
  • セーシェル島かキュラソー島のライセンスが反映される可能性が高いので、その時々の状況若干違いがありますが、どちらも信頼性が高い会社なので、大きな違いはありません。

Exness(エクスネス)は自由な両建て取引ができる海外FX業者だという噂がありますが本当ですか?

回答

  • Exness(エクスネス)は海外FX業者でも非常に珍しく様々な両建て取引を行うことを公式に認めています。(というよりは両建て取引を禁止事項に設定していません。)
  • 同一口座内の両建て取引、複数口座間の両建て取引、異業者間の両建て取引と他の海外FX業者では利用規約違反の禁止事項に設定されている両建て取引を行っても何ら警告や処分が行われることはありません。
  • ここまで自由な取引環境を提供している海外FX業者も珍しいので、好きな取引スタイルでトレードをしたい人にExness(エクスネス)は非常に評判が良いFX会社になります。
  • 専業トレーダーやプロの投資家でも好きな取引スタイルでトレードができるのもExness(エクスネス)の魅力のひとつなので、面倒なルールい縛られたくない人におすすめのFX会社ですよ。

おすすめ記事海外FXの両建て取引は禁止、ばれない方法やばれる理由を徹底解説!

Exness(エクスネス)で日本人が口座開設してトレードするとやばいことになりませんか?

回答

  • Exness(エクスネス)は正規の金融ライセンスを復数取得して運営されている世界規模の金融トレーダーなので、日本人が口座開設をしてトレードすることは何ら問題になりません。
  • 金融庁は日本で金融ライセンスを取得していないこともあり、すべての海外FX業者に警告を行っていますが、できることはそれくらいです。
  • 投資家が自己責任の元で自分でExness(エクスネス)を選んで口座開設してトレードしても何ら処分を行う法律はありません。
  • 金融商品取引法で規制されているのは海外FX業者が自分たちで集客して運営することのみですので、投資家に何かしらの処分を行えるという規定もありません。
  • 運営会社も透明性が高い健全な会社ですし、やばい会社や怪しい会社だということもなく、これまでも運営実績を積み重ねてきていますので、そこまで心配しなくても良いと思いますよ。

Exness(エクスネス)で億超えの利益を獲得して億り人なれる可能性がありますか?

回答

  • Exness(エクスネス)は海外FX業者でも最高の無制限レバレッジ(約21億倍)のレバレッジを使ったトレードを行うことができます。
  • 口座開設ボーナスや入金ボーナスはありませんが、自己資金を使ったハイレバトレードで億超えの利益を獲得して億り人になることは理論上可能ですし、最も億り人になれる可能性が高い海外FX業者の一つだと思います。
  • ただギャンブルトレードではなく、裁量トレードなどFXの基本を理解して自分なりの取引スタイルを確立した場合のみに限られると思います。
  • イチかバチかのギャンブルトレードでは連続して何連勝もしなければ億り人にはなれないので、基本的にそういった姿勢では難しいでしょう。
  • しっかり独自の取引スタイルを確立して自信があるタイミングのみエントリーを行い利確する。
  • そういったトレードで無制限レバレッジをうまく使うことで少ない証拠金からでも億り人になれる可能性がありますので1万円チャレンジや2万円チャレンジなどを楽しんでみるのもありかもしれません。

おすすめ記事Exness(エクスネス)は1万円チャレンジで爆益や億り人を目指せるFX会社なのか?

Exness(エクスネス)は約定力が高くスリッページや約定拒否(リクオート)が起こりにくい海外FX業者ですか?

回答

  • Exness(エクスネス)は基本的にプロ口座以外の口座タイプでは成行約定という注文方式が採用されていますので、約定力の高さには定評があります。
  • 公式見解でも超スピーディな約定力に自信があると公表しており、MetaTraderプラットフォームと独自開発のExnessターミナルの両方で、ミリ秒での注文約定力でのトレードが実現します。
  • Exness(エクスネス)の成行約定のメリットは、約定スピードが最速で、トレーダーは100%確実に市場での売買を約定できることです。
  • 注文タイミング決済タイミングを逃さずにトレードできますが、プロ口座で即時約定を選んだ場合のみ状況が異なります。
  • 即時約定はトレーダーがリクエストした価格でブローカーが注文を約定する方法になるので、注文価格と現在の価格にズレがあると約定拒否(リクオート)状態になることも。
  • 即時約定はややプロ向きの注文方式になるので相場が読めないと約定拒否(リクオート)の嵐になることもありますが、絶対にあなたが指定した金額以外では注文が成立しませんので、狙い通りのトレードができるようになっていますので、その点は仕方がないと理解してください。
  • プロ口座でも即時約定と成行約定の注文方式を使い分けることができるので、あまりにも約定拒否(リクオート)が多い場合は成行約定で注文するのもひとつの方法だと思いますよ。

Exness(エクスネス)の取引プラットフォームはMT4とMT5のどちらを選ぶべきですか?

回答

  • Exness(エクスネス)では様々な取引プラットフォームを用意しており、独自のものも開発されています。
  • 現在利用可能な取引プラットフォームはMetaTrader 5、MetaTrader 4、Exnessトレードアプリ、MetaTrader 5 モバイル版、MetaTrader 4モバイル版、Exnessターミナル、MetaTraderウェブターミナル版という感じでかなりのラインナップだと思います。
  • MT4かMT5のどっちが良いかといえば、これからExness(エクスネス)を使うならMT5の方が最新Ver.なのでおすすめです。
  • ただMT4にはEA(自動売買システム)のインジケータやロジックが多い特徴があるので、EA(自動売買システム)を使う場合のみMT4を選ぶというのもありです。
  • いずれにしてもExness(エクスネス)では最大200口座まで取引口座を開設できますので、様々な口座タイプで口座開設してみてあなたに合っているものを探してください。

海外FX業者の中でも最強の取引環境が整っているExness(エクスネス)は専業トレーダーやプロの投資家などやや経験者向きとなっています。

しかし投資家保護の仕組みがしっかりしているので、これから海外FX業者でガッツリ稼いでいきたいという人にもおすすめではないでしょうか。

Exness(エクスネス)なら高額出金時でも非常にスムーズな出金対応を行ってくれますので、出金面不安もなく利用できるおすすめの海外FX業者ですよ。

おすすめ記事Exness(エクスネス)は高額出金でも出金スピードが変わらず出金遅延なしって本当か?

\無制限レバレッジ+狭いスプレッドが魅力的/

Exness(エクスネス)で今すぐ口座開設する!

公式サイト:https://www.exness.com/

Exness(エクスネス)はどんなFX会社なのか、選ぶ理由やおすすめポイントは何があるのか。

Exness(エクスネス)はどんなFX会社なのか、選ぶ理由やおすすめポイントは何があるのか。

海外FX業者の中でも数少ない無制限レバレッジが適用されていることで日本人にも人気のExness(エクスネス)

どのような特徴やおすすめポイントがあり、他のFX会社との違いは何かなどの基本情報を紹介します。

Exness(エクスネス)のFX会社としてのおすすめポイントを紹介すると、

おすすめポイント

  • 最大レバレッジは無制限なので、非常に資金効率のよいトレードができる。
  • 証拠金維持率が0%になるまでロスカット(ストップアウト)されない。
  • FX初心者でも安心できる日本語サポートがあり、ライブチャットは平日8時〜24時、メールサポートは24時間受付しており回答は1営業日とスムーズに返信してもらえる。
  • 金融ライセンスはセーシェル諸島発行の証券ディーラーライセンス番号SD025を取得している。
  • 取引手法やポジションに関する制限が一切なく、自由な取引環境が用意されている。
  • 口座タイプは3種類あり、いずれもFX業界の平均以下のスプレッドが適用されてる。
  • ボーナスは一切もらえないがスキャルピング向きの口座タイプが用意されている。

Exness(エクスネス)の基本スペックをまとめて紹介すると、

口座開設ボーナス入金ボーナスレバレッジ
なしなし無制限
スプレッド金融ライセンスゼロカット
平均1.7pipsセーシェル政府適用あり
入金方法出金方法日本語サポート
11種類11種類平日8時〜24時

自由な取引環境を求める人、投資資金の効率を最大化したい人におすすめなFX会社のExness(エクスネス)。

どのような会社が運営しており、どこの国が発行した金融ライセンスを取得しているのかはこの記事を参考にしてください。

おすすめ記事Exness(エクスネス)の金融ライセンスや運営会社はどの国にあるのか?

Exness(エクスネス)の評判や評価、口コミでわかる最強のFX会社の理由の記事まとめ

この記事では海外FX業者のExness(エクスネス)にはどのような評判や評価、口コミがあるのか。

最強の海外FX業者ともいわれる非常に優れた取引環境とはどのようなものなのかということについて説明してきました。

まとめ

<<Exness(エクスネス)の安全性や信頼性の高さ>>

  • 本社はキプロスライセンスを取得しており、グループ全体で7ヶ国の金融ライセンスを取得している。
  • 顧客管理は分別管理を行って補償基金に加入しており、万が一の際にも補償の仕組みがある。
  • 毎月、実際にいくら出金したかなどトレード実績や出金実績を公開している。

<<Exness(エクスネス)が最強のFX会社と言われる理由>>

  • 最大21億倍ともいわれる無制限レバレッジで資金効率が良いトレードができる。
  • ロスカット水準は0%でストップアウト保護機能もあり最後まで証拠金を使い切れる。
  • ゼロカットシステムがあるのでハイレバトレードでも追証なしの取引ができる。
  • 業界最狭レベルの狭いスプレッド設定+取引手数料が安いのでトータルコストを抑えられる。
  • 優待スワップフリーステータスがあり、メジャー通貨ペアがスワップポイントなしでトレードできる。
  • ソーシャルトレーディング(コピートレード)ができるので自分で取引しなくても儲けられる。
  • 条件達成で利用できる無料VPSがあるので、パソコンのスペックやネット環境の影響を受けにくい。

<<Exness(エクスネス)がおすすめできないポイント>>

  • 口座開設ボーナスも入金ボーナスもなく、定期的なボーナスやプロモーションが開催されていない。
  • 時間帯やタイミングによるレバレッジ制限が意外と厳しいのでハイレバトレードができない時がある。
  • 日本語公式サイトが非公開になっており、知っている人でないと公式サイトを探すことができない。

<<Exness(エクスネス)が向いている人>>

  • FX中級者や上級者でボーナスなしでも取引に支障が出ない人。
  • 両建て取引禁止など細かい取引ルールの制約や制限を受けたくない人。
  • 一撃で数十万円から数百万円の爆益を狙いたいハイレバトレーダー。
  • スキャルピングトレードやスイングトレードをメインの取引手法にしている人。

<<Exness(エクスネス)のメリット>>

  • ロスカット水準が低いので含み損が増えても強制ロスカットされにくい。
  • メジャー通貨ペアやゴールド、仮想通貨などスワップフリーでポジションを持てる金融商品が多い。
  • 原資抜きというポジション保有中に資金移動や出金ができ負けにくいトレードができる。
  • 出金時間が早いので土日に出金申請してもすぐに着金するスピード感で安心できる。

口座開設ボーナスや入金ボーナスはないですが、他の海外FX業者ではできない様々な独自サービスが提供されているExness(エクスネス)。

専業トレーダーやプロの投資家、機関投資家でもトレード可能な取引環境が用意されている特徴があります。

自己資金を最大限活用したい人、無制限レバレッジで効率的な資金運用を行いたい人などExness(エクスネス)の取引環境を活用して稼いでください。

Exness(エクスネス)は最大レバレッジ制限がないFX会社として多くの日本人トレーダーに人気の海外FX会社。

少ない資金で効率的なトレードを行いたい人も安心してポジションを持てるようにゼロカットシステムが導入されているメリットも。

どれだけ高いレバレッジを設定しても、追証なしで借金のリスクがない安全なトレードができる海外FX業者のひとつ。

ボーナスは一切もらえませんが、FX業界の平均以下のスプレッドが適用されていることでスキャルピングトレーダーにもおすすめの海外FX会社です。

\無制限レバレッジ+狭いスプレッドが魅力的/

Exness(エクスネス)で今すぐ口座開設する!

公式サイト:https://www.exness.com/
 

国内FX会社よりも多くの取引チャンスがあり、多くの金融商品をリスクなくハイレバトレードができると評判の海外FX業者。

どのような違いや特徴があるのか、何を基準に会社選びを行えばよいのかなどの情報を知りたい人はこの記事を参考にしてください。

おすすめ記事海外FX業者のおすすめはどこか?最新版の徹底比較ランキングで紹介します!

-Exness(エクスネス)
-, , , ,

Exness(エクスネス)