Exness(エクスネス)

Exnessの計算ツール(投資カリキュレーター)の機能や使い方

Exnessの計算ツール(投資カリキュレーター)の機能や使い方

Exness(エクスネス)の公式サイトには投資カリキュレーターと呼ばれる注文時に役立つ計算ツールがあるのを知っていますか?

  • 投資カリキュレーターで確認できる情報は何があるのか?
  • 投資カリキュレーターに搭載されている機能や基本的な使い方は?
  • 投資カリキュレーターを使う際の注意点は?

投資カリキュレーターは投資家が簡単に注文による影響をわかるように仕組み化されたもの。

Exness(エクスネス)の投資カリキュレーターを活用することで、あなたの注文がスムーズに行えるようになります。

投資カリキュレーター以外にも通貨換算ツールも公式サイトにあるので、そちらの情報も詳しく紹介しておきます。

\最大レバレッジは無制限/

Exness(エクスネス)で今すぐ口座開設する!

目次

Exness(エクスネス)で注文時に役立つ投資カリキュレーターとは?

Exness(エクスネス)では投資家がポジションの注文をする際に役立つ投資カリキュレーターというツールを用意しています。

投資カリキュレーターを使うことで、どのような注文内容になるのかなど、様々な項目について一瞬で確認できますのでうまく活用してください。

Exness(エクスネス)の投資カリキュレーターで確認できる項目は何があるのか?

Exness(エクスネス)の投資カリキュレーターで確認できる項目は何があるのか?

Exness(エクスネス)の投資カリキュレーターで確認できる項目を紹介すると、

確認できる項目

  • 必要証拠金:注文を保有するために必要な資金額のことで、取引口座の基本通貨で計算されます。
  • スプレッドコスト:注文の発注に必要なスプレッド金額。
  • 取引手数料:注文が発注時にゼロ口座とロースプレッド口座で発生する手数料。
  • 売りスワップ(スワップショート):翌営業日まで持ち越す売り注文に課される金利。
  • 買いスワップ(スワップロング):翌営業日まで持ち越す買い注文に課される金利。
  • Pip値:価格が1 pip変動した場合の利益または損失額。

基本的にこれだけの項目を確認することができるので、どのような注文結果になるのか、大まかな方向性を確認することができますよね。

おすすめ記事Exness(エクスネス)の複数口座や追加口座の作り方や口座開設ルールまとめ!

Exness(エクスネス)の投資カリキュレーターの結果を表示するために必要な設定項目は?

Exness(エクスネス)の投資カリキュレーターで結果を表示するためには、下記項目を設定する必要があります。

設定項目

  • 口座タイプ:注文時に使う本取引口座の口座タイプ。
  • 口座通貨:上記本取引口座の基本通貨。
  • 金融商品:実際に注文をしたい商品銘柄名。
  • ロット単位の取引量:実際に注文をしたいロット数。
  • レバレッジ:注文時の設定レバレッジ。

投資カリキュレーターを使うことで、Exness(エクスネス)が提供しているすべての口座タイプ、すべての金融商品の検索ができるということ。

これだけの機能を無料で使うことができるのは非常に嬉しいですよね。

おすすめ記事Exness(エクスネス)に口座開設ボーナスや入金ボーナス、取引ボーナスはあるのか?

Exness(エクスネス)の投資カリキュレーターの基本的な使い方や設定方法は?

Exness(エクスネス)の投資カリキュレーターはどのような使い方をすればよいのか説明していきます。

ここではすでに登録済でExness(エクスネス)のパーソナルエリアページにログイン済みの場合の使い方を説明していきます。

1、パーソナルエリアページの右上にある?(はてなマーク)をクリックします。

Exness(エクスネス)の投資カリキュレーターの基本的な使い方や設定方法 その1

2、ツール&サービスに【 トレーダー・カリキュレーター 】という項目があるので、そこをクリックします。

Exness(エクスネス)の投資カリキュレーターの基本的な使い方や設定方法 その2

3、口座タイプ、口座通貨、金融商品、ロット、レバレッジを選択して、【 計算 】をクリックします。

Exness(エクスネス)の投資カリキュレーターの基本的な使い方や設定方法 その3

4、画面右側の結果部分で、証拠金・スプレッド費用・手数料・スワップショート・スワップロング・Pip値を確認することができます。

Exness(エクスネス)の投資カリキュレーターの基本的な使い方や設定方法 その4

*注文条件を変更後、計算ボタンをクリックすれば何度でもすぐに注文結果を確認できます。

おすすめ記事Exness(エクスネス)の最大ロット数や最大ポジション数、時間帯の制限に関する情報まとめ!

Exness(エクスネス)で投資カリキュレーターを使う際の注意点は?

Exness(エクスネス)の投資カリキュレーターは非常に便利な計算ツールですが、使用時にはいくつかの注意点があります。

それを理解しておかないと、損をする可能性もあるので注意が必要です。

どのような部分に注意が必要なのかというと、

注意ポイント

  1. 検索できる金融商品について
  2. 固定証拠金所要額について
  3. 投資カリキュレーターの結果について

検索できる金融商品について│投資カリキュレーターの注意点

Exness(エクスネス)の投資カリキュレーター利用時の注意点は、検索できる金融商品について理解しておくことです。

金融商品について

  • Exness(エクスネス)の投資カリキュレーターは、外国為替通貨ペア、貴金属、株式、インデックス(指数)、エネルギー、仮想通貨など、選択できる各種取引金融商品で提供されています。
  • そのため選択する口座タイプに応じて設定できる金融商品が異なることを理解しておく必要があります。

選択できない金融商品があれば、それはその口座タイプでは注文できないということ。

スタンダードセント口座は外国為替通貨ペアおよびコモディティ(貴金属)しか検索できませんので特に注意してください。

おすすめ記事FXのデイトレードで勝てる人と勝てない人の違いやおすすめ手法は?

固定証拠金所要額について│投資カリキュレーターの注意点

Exness(エクスネス)の投資カリキュレーター利用時の注意点は、固定証拠金所要額について理解しておくことです。

固定証拠金所要額

  • 固定証拠金所要額が設定されている金融商品の場合、レバレッジの設定にかかわらず、注文を発注するための必要証拠金は変更になりません。
  • レバレッジが固定されている金融商品だと理解するのがベターでしょう。
  • エキゾチック(通貨ペア)、仮想通貨、コモディティ(エネルギー)、株式、インデックス(指数)、XPD(通貨ペア)、XPT(通貨ペア)などを検索する際には注意してください。

これらの金融商品には、常に証拠金所要額の引き上げルールも適用されますので、その点も覚えておいてください。

おすすめ記事海外FXのクレジットカード出金はおすすめ?メリットデメリットまとめ!

計算結果について│投資カリキュレーターの注意点

Exness(エクスネス)の投資カリキュレーター利用時の注意点は、計算結果について理解しておくことです。

計算結果

計算結果は実際の市場データに基づいていますが、通貨換算やスプレッドの違いにより、リアルタイムの取引条件とは異なる場合があります。

投資カリキュレーターに表示される値は平均値だと理解して注文時の目安程度に考えておくようにしてください。

おすすめ記事海外FXは個人事業主になって事業所得で確定申告すると節税できるのか?

Exness(エクスネス)の通貨換算ツールの使い方や仕組み、条件は?

Exness(エクスネス)の公式サイトには通貨換算ツールという簡単に通貨間のレートを確認できるツールも用意されています。

通貨換算ツールがどのようなものかというと、

通貨換算ツールとは?

通貨換算ツールとは、簡単な通貨換算ツールに詳細を入力するだけで素早く通貨を換算できるもので、為替レートはリアルタイムで更新されるため、常に最新レートを取得できるようになっています。

使い方も非常に簡単で一度にまとめて複数の通貨での為替レートを確認することができます。

Exness(エクスネス)の通貨換算ツールの基本的な使い方は?

Exness(エクスネス)の通貨換算ツールの基本的な使い方は?

Exness(エクスネス)の通貨換算ツールは公式サイトの【 ツール 】→【 通貨換算ツール 】とクリックすることで表示できます。

使い方は非常に簡単で、画面左上のボックスの金額を入力して通貨の種類を選択するだけです。

予め設定済の6つの通貨のレートが表示されますが、すべての通貨を変更できますので、好みの通貨に変換したレートを簡単に確認できます。

初期設定値

100ドルが、EUR(ユーロ)・GBP(英ポンド)・JPY(日本円)・BTC(ビットコイン)・XAU(ゴールド)に変換した際にいくらになるのかが表示されています。

多くの投資家がトレードする金融商品が初期設定値になっていますので、非常にわかりやすいですよね。

おすすめ記事Exnessの禁止事項は?利用規約違反で口座凍結や出金拒否されるって本当か?

Exness(エクスネス)には経済指標カレンダー機能も搭載されている。

Exness(エクスネス)の経済指標カレンダーは公式サイトの【 ツール 】→【経済指標カレンダー 】とクリックすることで表示できます。

使い方も非常に簡単で、【 通貨記号 】を選択するだけでどのような経済指標がいつ発表されるのかを確認できます。

Exness(エクスネス)には経済指標カレンダー機能も搭載されている。

上記はJPY(日本円)を選択した際の表示画面になりますので、関連する経済指標の発表が控えていることが簡単にチェックできるということ。

いつどのような経済指標が発表されるのかがわかれば、そのタイミングでポジションを注文すべきか、決済すべきか、そのまま保有すべきかなど判断できます。

こういった機能もうまく活用することで、Exness(エクスネス)では投資家が稼ぎやすい環境を整えているということ。

おすすめ記事Exness(エクスネス)は怪しいし危険性が高く日本人におすすめできないFX会社か?

Exness(エクスネス)の計算ツールに関するよくある質問まとめ!

この記事を読むことでExness(エクスネス)には様々な計算ツールや優れた機能があることがわかったと思います。

投資カリキュレーターは注文時に役立てるべき機能なので、ちゃんと使えるようになっておくべきしょう。

ここではExness(エクスネス)の計算ツールに関するよくある質問をまとめて紹介しますので取引時の参考にしてください。

Exness(エクスネス)の計算ツールはすべて無料で利用できますか?

回答

  • Exness(エクスネス)の公式サイトで提供されている投資カリキュレーターや通貨換算ツール、経済指標カレンダーはすべて無料で利用することができます。
  • 公式サイトがメンテナンス状態でなければ、24時間365日いつでも好きなタイミングで何回でも利用できるので、どんどん活用してください。

Exness(エクスネス)の投資カリキュレーターは登録や口座開設しないと使えないですか?

回答

  • Exness(エクスネス)の公式サイトで提供されている投資カリキュレーターや通貨換算ツール、経済指標カレンダーなどは誰でも利用できるようになっています。
  • アカウント未登録の人でも口座開設が完了していない人でも、誰でも無料で利用できますので、色々と使ってみてください。

Exness(エクスネス)の投資カリキュレーターはリアルタイムで結果が表示されますか?

回答

  • Exness(エクスネス)の投資カリキュレーターで表示されるスプレッドなどの数値は平均値になります。
  • 公式サイト内のスプレッドは前日の平均値が表示されていますので、それを基準として投資カリキュレーターも計算が行われます。
  • 相場の急変時以外はそこまで大きなズレはないと思いますので、リアルタイムでなくともそこまで影響はないと思います。

Exness(エクスネス)の投資カリキュレーターで希望の金融商品が選択できないのはなぜですか?

回答

  • Exness(エクスネス)の投資カリキュレーターでは口座タイプごとに表示できる金融商品が決まっています。
  • もし希望の金融商品が選択できないということは、その口座タイプでは注文できないということ。
  • 最も取引銘柄が多いのはスタンダード口座なので、他の口座タイプでの本取引口座の開設を考えてみてください。

Exness(エクスネス)の投資カリキュレーターでスワップポイントが発生していたら必ず支払う必要がありますか?

回答

  • Exness(エクスネス)の投資カリキュレーターはあくまでも参考値を表示しているだけのもの。
  • もしあなたが優待スワップフリーステータスを維持している場合は、投資カリキュレーターで表示されても支払う必要はありません。
  • スワップフリーステータスはパーソナルエリアページで確認できますので、対象者なのかをそこで確認してください。

Exness(エクスネス)は海外FX業者でも珍しい無制限レバレッジを適用することができます。

最大レバレッジの高さは資金効率の良さを現しており、無制限レバレッジというのは海外FX業者でも異例の設定です。

ただ無制限レバレッジが適用されるためにはいくつかの条件がありますので、それを必ずクリアしなければなりません。

おすすめ記事Exness(エクスネス)のレバレッジ無制限ルール、条件や制限と確認方法まとめ!

Exness(エクスネス)はどんなFX会社なのか、選ぶ理由やおすすめポイントは何があるのか。

Exness(エクスネス)はどんなFX会社なのか、選ぶ理由やおすすめポイントは何があるのか。

海外FX業者の中でも数少ない無制限レバレッジが適用されていることで日本人にも人気のExness(エクスネス)

どのような特徴やおすすめポイントがあり、他のFX会社との違いは何かなどの基本情報を紹介します。

Exness(エクスネス)のFX会社としてのおすすめポイントを紹介すると、

おすすめポイント

  • 最大レバレッジは無制限なので、非常に資金効率のよいトレードができる。
  • 証拠金維持率が0%になるまでロスカット(ストップアウト)されない。
  • FX初心者でも安心できる日本語サポートがあり、ライブチャットは平日8時〜24時、メールサポートは24時間受付しており回答は1営業日とスムーズに返信してもらえる。
  • 金融ライセンスはセーシェル諸島発行の証券ディーラーライセンス番号SD025を取得している。
  • 取引手法やポジションに関する制限が一切なく、自由な取引環境が用意されている。
  • 口座タイプは3種類あり、いずれもFX業界の平均以下のスプレッドが適用されてる。
  • ボーナスは一切もらえないがスキャルピング向きの口座タイプが用意されている。

Exness(エクスネス)の基本スペックをまとめて紹介すると、

口座開設ボーナス入金ボーナスレバレッジ
なしなし無制限
スプレッド金融ライセンスゼロカット
平均1.7pipsセーシェル政府適用あり
入金方法出金方法日本語サポート
11種類11種類平日8時〜24時

自由な取引環境を求める人、投資資金の効率を最大化したい人におすすめなFX会社のExness(エクスネス)。

どのような会社が運営しており、どこの国が発行した金融ライセンスを取得しているのかはこの記事を参考にしてください。

おすすめ記事Exnessの金融ライセンスや運営会社はどの国にあるのか?

Exnessの計算ツール(投資カリキュレーター)の機能や使い方の記事まとめ

この記事ではExness(エクスネス)の公式サイトにある投資カリキュレーターなどの計算ツールの機能や使い方。

利用時にどのような注意点があるのかということについて説明してきました。

まとめ

<<投資カリキュレーターの設定項目>>

  • 口座タイプ:注文時に使う本取引口座の口座タイプ。
  • 口座通貨:上記本取引口座の基本通貨。
  • 金融商品:実際に注文をしたい商品銘柄名。
  • ロット単位の取引量:実際に注文をしたいロット数。
  • レバレッジ:注文時の設定レバレッジ。

<<投資カリキュレーターで表示される結果>>

  • 必要証拠金:注文を保有するために必要な資金額のことで、取引口座の基本通貨で計算されます。
  • スプレッドコスト:注文の発注に必要なスプレッド金額。
  • 取引手数料:注文が発注時にゼロ口座とロースプレッド口座で発生する手数料。
  • 売りスワップ(スワップショート):翌営業日まで持ち越す売り注文に課される金利。
  • 買いスワップ(スワップロング):翌営業日まで持ち越す買い注文に課される金利。
  • Pip値:価格が1 pip変動した場合の利益または損失額。

<<投資カリキュレーター利用時の注意点>>

  • 検索できる金融商品は口座タイプで決定する
  • 固定証拠金所要額に該当する銘柄の場合、レバレッジ変更ができない。
  • スプレッドなどは前日の平均値を基準に計算された結果が表示される。

Exness(エクスネス)は投資カリキュレーターのような非常に優れた計算ツールを用意してくれています。

必要証拠金やスプレッド、スワップポイントなどの計算は非常に面倒なもの。

それを瞬時に計算してくれる様々な計算ツールが無料でいつでも使えるのはトレードに本当に役立ちますよね。

Exness(エクスネス)は最大レバレッジ制限がないFX会社として多くの日本人トレーダーに人気の海外FX会社。

少ない資金で効率的なトレードを行いたい人も安心してポジションを持てるようにゼロカットシステムが導入されているメリットも。

どれだけ高いレバレッジを設定しても、追証なしで借金のリスクがない安全なトレードができる海外FX業者のひとつ。

ボーナスは一切もらえませんが、FX業界の平均以下のスプレッドが適用されていることでスキャルピングトレーダーにもおすすめの海外FX会社です。

Exnessの公式サイトをチェックする!

国内FX会社よりも多くの取引チャンスがあり、多くの金融商品をリスクなくハイレバトレードができると評判の海外FX業者。

どのような違いや特徴があるのか、何を基準に会社選びを行えばよいのかなどの情報を知りたい人はこの記事を参考にしてください。

おすすめ記事海外FX業者のおすすめはどこか?最新版の徹底比較ランキングで紹介します!

-Exness(エクスネス)
-, , , ,

Exness(エクスネス)