FXの基礎知識

FXでレバレッジを使った取引で証拠金以上の損失が出たら支払いは?

FXでレバレッジを使った取引で証拠金以上の損失が出たら支払いは?

FXでレバレッジを使った取引で証拠金以上の損失が出た場合にどこまで支払い義務があるのか。

高いレバレッジを設定した取引をしていると、ちょっとした値動きでも元本割れすることもあり、それをきっかけに借金地獄にハマることがあるのか。

この記事でわかること

  • FXのトレード時に証拠金以上の損失が出てマイナス残高になった場合の支払い義務について。
  • 強制ロスカットという仕組みがあるFXで口座残高がマイナスになる理由について。
  • FXで借金地獄にハマるタイプにはどのような人が多いのかについて。

FXで借金を抱えるとか最悪の結果は避けたいですよね。

証拠金以上の損失が出た場合、国内FX会社では追証という借金から逃げられない仕組みが存在しています。

高いレバレッジ設定で取引した場合でも低いレバレッジ設定で取引した場合でも、同様の結果になりますので国内FX会社でトレードする際には十分に注意してください。

\口座開設で13,000円のボーナスがもらえる/

XMTradingで今すぐ口座開設をする

公式サイト:https://www.xmtrading.com/
 

>>XMTradingの口座開設して有効化することでもらえる口座開設ボーナスの詳細はこの記事を参考にしてください。

おすすめ記事XMTradingの口座開設ボーナスの受け取り方や出金条件などの注意点まとめ!

目次

FXのトレード時に証拠金以上の損失が出てマイナス残高になった場合にはどのようなリスクがあるのか?

まず最初にFX会社で通貨ペアやゴールドなどの金融商品をトレードしている際に、証拠金以上の損失が出てマイナス残高になった場合にどうなるのかというと、

マイナス残高発生時の義務について

  • 国内FX会社でトレードしていた場合、ロスカット水準を証拠金維持率が100%を下回った金額に設定してる会社が多く、証拠金維持率がマイナス残高にならない場合でも、そのタイミングで追証の支払い義務が発生します。
  • 追証とは投資家がFX会社に支払い必要がある借金のことなので、たとえどれだけ高額な金額になっても絶対に支払わなければなりません。

FXで証拠金維持率以上の損失が出ることは特にレバレッジを使ったトレード時に多いこともあり、国内FX会社では最大レバレッジが25倍までに制限されています。

FXで最大レバレッジの25倍を使った際にどのくらいの証拠金が必要になるのか?

ここでは国内FX会社の最大レバレッジである25倍を使ってドル円が160円の時に0,1ロットのトレードに必要な必要証拠金を紹介すると、

必要証拠金について

  • ドル円が160円の際に25倍のレバレッジ設定で0.1ロット(1万通貨)のポジションを保有するために必要な証拠金額は64,000円です。
  • もしあなたが100,000円の証拠金でトレードをしていると仮定すると、ドル円が156.400円、360pips動いたら強制ロスカットされるということ。

上記のような場合はかなり証拠金維持率に余裕があるので、すぐに強制ロスカットされることはありません。

しかし前提条件を0.15ロット(1.5万通貨)まで増やすとどうなるのかというと、

必要証拠金について

  • ドル円が160円の際に25倍のレバレッジ設定で0.15ロット(1.5万通貨)のポジションを保有するために必要な証拠金額は96,000円です。
  • もしあなたが100,000円の証拠金でトレードをしていると仮定すると、ドル円が159.733円、26.7pips動いたら強制ロスカットされますので、かなり証拠金に余裕がない状態だということ。

わずか0.05ロット増えるだけで、強制ロスカットされるリスクが急激に高くなり、このようなポジションの持ち方をしているとすぐに必要証拠金以上の損失を抱える結果になります。

国内FX会社で最大レバレッジ設定をしたトレードのリスクにどのようなものがあるのかはこの記事を参考にしてください。

おすすめ記事国内FXの最大レバレッジは危険?負けた場合の損失はどうなるのか?

国内FX会社は追証(借金)が支払えない場合、裁判や強制執行を行うこともある。

国内FX会社は必要証拠金以上の損失が出た場合にその分を投資家に変わって一時的に追証という形で立替えています。

追証=投資家の借金なので、国内FX会社はそれをどうにか回収できないか、様々なアクションを起こして無理にでも回収しようとするということ。

どのような流れで追証の回収を行うのかというと、

追証の回収の流れ

  1. 必要証拠金以上の損失が出てマイナス残高になっている場合、まず最初に証券会社(国内FX会社)から投資家に対して督促が行われます。
  2. 以前は非常に乱暴な取り立てが行われていましたが、最近はコンプライアンスの問題もあり、以前よりはマシになりました。
  3. 督促に応じない場合でその証券会社他株式や投資信託などがある証券口座がある場合は、その口座を凍結して資産はマイナス分の証拠金の補填に充てられます。
  4. 督促に応じず他の資金がない場合は、証券会社は法的措置を講ずる可能性が高く、証券会社が投資家に対して訴訟を起こしてマイナス残高の回収を目指します。
  5. 裁判に出廷しなかったり、出廷しても有効な反論ができなかった場合は強制執行の申立てが行われて預貯金や給与などが差し押さえられます。

FXにはこのような恐ろしい追証という仕組みがあるので、身の丈に合わないポジションを持たないこと。

利益の最大化を狙って最大レバレッジを使ったトレードを頻発しないことなど、リスクも理解したトレードを行う必要がありますので、その点は忘れないでください。

国内FX会社は安全だと言われていますが、追証のような非常に恐ろしい仕組みがあるので、個人的にFX初心者にはあまりおすすめできないものだと思っています。

おすすめ記事FXの追証は日本だけ?海外FXにゼロカットがあり日本にない理由まとめ!

\口座開設で13,000円のボーナスがもらえる/

XMTradingで今すぐ口座開設をする

公式サイト:https://www.xmtrading.com/

強制ロスカットという仕組みがあるFXでなぜ口座残高がマイナスになることがあるのか?

FXには強制ロスカットという仕組みがあり、あらかじめFX会社が設定した証拠金維持率を下回った場合、自動で決済されるようになっています。

FX会社の強制ロスカットがしっかり機能していれば、証拠金維持率がロスカット水準を下回ることなく、投資家に追証に支払い義務は発生しません。

いくつかの理由で強制ロスカットが間に合わないことがありますので、どのような状況が考えられるのかというと、

強制ロスカットが間に合わない理由

  1. 市場が急激な変動をしたことで取引が集中し強制ロスカットが間に合わない。
  2. 流動性が低下して取引バランスが崩れて強制ロスカットが間に合わない。
  3. ネット回線やシステム、技術的な問題で強制ロスカットが間に合わない。
  4. ブローカーの約定力が低く注文処理が遅れて強制ロスカットが間に合わない。

上記以外にも高いレバレッジ設定や特異な市場条件で強制ロスカットが間に合わない場合もあります。

それぞれどのようなことなのかと言うと、

市場が急激な変動をしたことで取引が集中し強制ロスカットが間に合わない。

FXで強制ロスカットが間に合わない原因として、市場が急激な変動をしたことで取引が集中していることが考えられます。

市場の急激な変動について

  • 市場が急激に変動しているタイミングでは価格が非常に速く動くため、強制ロスカットが設定された価格レベルに到達する前に価格がさらに動いてしまうことがあります。
  • このような急激な変動は重要な経済指標の発表や予期せぬ政治的イベントなどによって引き起こされることが多く、結果としてロスカットが間に合わないことがあります。
  • また市場が閉じている時間帯や週末に発生する大きなニュースや出来事により、次の取引開始時に価格が飛ぶ(ギャップ)が発生してロスカット設定された価格を飛び越えてしまうことでロスカットが間に合わないことがあります。

週末のポジション持ち越しはFX初心者には少しハードルの高いことが多いので、できれば最初のうちはデイトレをするなどあまりポジションを持ち越さないことをおすすめします。

流動性が低下して取引バランスが崩れて強制ロスカットが間に合わない。

FXで強制ロスカットが間に合わない原因として、流動性が低下して取引バランスが崩れていることが考えられます。

流動性の低下について

  • 市場が薄く取引量が少ない時間帯や取引セッションでは、価格が急激に変動することがあります。
  • 特にアジア市場の時間帯など主要市場が開いていない時間帯では流動性が低く価格が大きく動く可能性があり、その結果として強制ロスカットが間に合わないことがあります。
  • またトレーダーが非常に大きなポジションを持っている場合、ロスカット注文を実行するために必要な取引量が市場に存在しないことがあり、ロスカットが遅れたり、設定された価格で実行できないことがあります。

さすがにFX初心者がロスカットできないほどの大きなポジションを持つことはないと思います。

相手がいなければFXは注文を決済できないので、そういったタイミングで強制ロスカットが間に合わないのは仕方がありませんよね。

おすすめ記事国内FXは異業者の両建てOK?スワップ狙いのサヤ取り手法に役立つって本当か?

ネット回線やシステム、技術的な問題で強制ロスカットが間に合わない。

FXで強制ロスカットが間に合わない原因として、ネット回線やシステム、技術的な問題が考えられます。

技術的な問題について

  • 取引システムに遅延や不具合が発生すると、ロスカット注文の処理が遅れることがあり、特に取引が集中する時間帯や重要な経済ニュースの発表時にはシステムに負荷がかかり強制ロスカットが間に合わないことがあります。
  • また自動取引システムを使用している場合にトレード側のインターネット接続が不安定な場合、注文の送信や確認が遅れ強制ロスカットが間に合わないこともあります。

FX取引は基本的にオンライン上で行われるために取引プラットフォームやブローカーのシステム、インターネットの接続環境にも依存しています。

ブローカーの約定力が低く注文処理が遅れて強制ロスカットが間に合わない。

FXで強制ロスカットが間に合わない原因として、ブローカーの約定力が低く注文処理が遅れていることが考えられます。

ブローカーの約定力について

  • 約定力が低くスリッページが多いFX会社の場合、市場の急激な変動や流動性の低下の影響を受けて、ロスカット注文が設定価格よりも悪い価格で実行されることがあります。
  • またFX会社の注文実行速度が遅い場合、注文処理が遅れロスカット注文が迅速に処理されないこともあります。

FX会社選びの基準に約定力の高さ、スリッページの少なさも重要なポイントなので、どのくらいで注文処理が行われているのかも確認しておきましょう。

約定力の低さは投資家ではどうすることもできない部分なので、間違ったFX会社を選ばないことが重要です。

おすすめ記事国内FXと海外FXどっちが良い?メリットデメリットを徹底比較!

\口座開設で13,000円のボーナスがもらえる/

XMTradingで今すぐ口座開設をする

公式サイト:https://www.xmtrading.com/

FXで借金地獄にハマるタイプにはどのような人が多いのか?

国内FX会社の場合、強制ロスカットが間に合わずに追証の支払い義務があることで、借金から逃げられない可能性があることがわかったと思います。

本来なら副収入を得るために行っているFX取引で借金地獄にハマるというのは考えたくないことですよね。

もしあなたがこれから紹介するタイプに当てはまる場合、FXで借金を作る可能性が大きいので十分に注意してください。

借金リスクの高いタイプ

  1. 感情的になりやすく冷静な判断ができない。
  2. パチンコやパチスロなどのギャンブルが好き。
  3. 初心者なのに大きな利益を狙ってしまっている。
  4. 最初の数回のトレードで運良く儲かってしまった。
  5. 借金をしてまでFXで大きく稼ごうとしている。

上記にあてはまるタイプの人はFXで借金を作りやすく、首が回らなくなるほどの借金額になる可能性もあるので十分に注意してください。

感情的になりやすく冷静な判断ができない。│FXで借金を作りやすい人

FX取引を行って借金を作りやすい人のタイプは、感情的になりやすく冷静な判断ができない人です。

感情的になりやすい人について

  • FX取引時に重要なことは常に冷静な判断を行うことで、自分があらかじめ設定した取引ルールを守り続けることです。
  • しかし感情的な人の場合、損失が出たことで怒りや焦りの感情がこみ上げてきて、無謀なポジションを持ったり、不要なポジションを注文してしまうことがあります。
  • 負けを一気に取り返そうとハイレバトレードを通常の2倍のロット数などで行えば、さらに損失が膨らむ可能性も。
  • そういった感情的なトレードを繰り返していると気づけば必要証拠金以上の大きな損失を抱えてしまう場合もあります。

国内FX会社のマイナス残高は全て追証として投資家が支払わなければならない借金ですので、感情的なトレードはできるだけ行わないようにしてください。

おすすめ記事FXはルールを守れないトレーダーは負けてルールを守れば勝てるのか?

パチンコやパチスロなどのギャンブルが好き。│FXで借金を作りやすい人

FX取引を行って借金を作りやすい人のタイプは、パチンコやパチスロなどのギャンブルが好きな人です。

ギャンブル好きについて

  • パチンコやパチスロなどのギャンブルが好きな人に多いので、イチかバチかのトレードをしがちだということ。
  • FXは投資なので、一撃万倍や一発逆転を狙ったポジションを保有すると、その多くが証拠金維持率をキープできずに強制ロスカットされる可能性が高くなります。
  • 投資とギャンブルは似て非なるものですので、FXでポジションを発注する際には、理論に裏付けられた注文を行う必要があります。
  • また必要証拠金額に見合わないポジションを注文する傾向もあるので、証拠金維持率をしっかり考えて強制ロスカットされないように注意してください。

海外FX業者だと最大レバレッジが1000倍や2000倍という非常に高い水準なので、よりギャンブルトレードをする人が多い傾向もあります。

ただボーナス利用時に限定したハイレバトレードはノーリスクで大きく稼げるチャンスもあるので、それはそれでありだと思いますよ。

初心者なのに大きな利益を狙ってしまっている。│FXで借金を作りやすい人

FX取引を行って借金を作りやすい人のタイプは、初心者なのに大きな利益を狙ってしまっている人です。

FX初心者について

  • トレード経験や知識が乏しいFX初心者が大きな利益を狙った場合、トレンドの予想を間違えてしまい、大きな損失を出しやすい傾向があります。
  • 損失が続くことで証拠金がどんどん減少し、最終的に借金を抱えてしまうというのもFX初心者に多い失敗のひとつ。
  • FXはハイリスクハイリターンよりもローリスクローリターンで細かい利益を中長期的に積み重ねていくことが重要です。
  • まずは小さなロット、低いレバレッジ設定で取引経験をしっかり積んで徐々に目標利益をあげていくようにしましょう。

FXは短期的に稼ぐのではなく、長期的に市場に残っていることの方が重要です。

国内FX会社はそこまで高いレバレッジ設定もできませんので、短期勝負はしないでください。

おすすめ記事海外FXの始め方、評判の良いおすすめ海外口座はどのFX会社か?

最初の数回のトレードで運良く儲かってしまった。│FXで借金を作りやすい人

FX取引を行って借金を作りやすい人のタイプは、最初の数回のトレードで運良く儲かってしまった人です。

運良く儲かった人について

  • FX取引は相場が上がるか下がるかを予想するだけなので、最初の数回のトレードで運良く儲かってしまう人もいます。
  • それ自体は悪いことではありませんが、自分にはFXが向いているとか、自分はトレードの才能があると誤解してしまうのは誤りです。
  • 自分の実力を見誤ったレバレッジ設定やロット数の注文、ロスカット水準ギリギリのフルレバトレードなどを行うことで借金リスクが高まります。
  • FX初心者ほど継続して勉強することとトレード経験を積むことが大切ですので、運良く勝ったからと自分の実力を見誤らないように注意してください。

FXは運ゲーではないので、しっかりとした知識を経験を積むことで勝率をアップさせ、安定的に稼げるようにすることが大切です。

借金をしてまでFXで大きく稼ごうとしている。│FXで借金を作りやすい人

FX取引を行って借金を作りやすい人のタイプは、借金をしてまでFXで大きく稼ごうとしている人です。

借金について

  • FXなどの投資は基本的に余剰資金で行うもので、人から借金をしてまで行うべきものではありません。
  • 投資資金が借金の場合、その金額以上の利益を得なければ利子の支払いや返済に悪影響が出ますので、無理なポジションを注文しやすい傾向があります。
  • 投資もギャンブルも借金までして行うようになると雪だるま式にどんどん借金額が増え、それこそまさに借金地獄にハマります。
  • 一発逆転狙いのハイレバトレード、理論の裏付けのないポジション保有ほど、損失リスクが高いものはないので、借金をしてまでFX取引をしないようにしてください。

特に国内FX会社の場合は追証リスクが常に存在しており、軍資金としての借金の返済+追証の支払いまで必要になることも。

国内FX会社のロスカット水準は海外FX業者と比較すると非常に高く、レバレッジを使ったトレードをしているとあっという間に強制ロスカットされる可能性がありますよ。

おすすめ記事国内FXのロスカット水準は?証拠金維持率は高めがおすすめなのか?

\口座開設で13,000円のボーナスがもらえる/

XMTradingで今すぐ口座開設をする

公式サイト:https://www.xmtrading.com/

海外FX業者にはゼロカットシステムがあり、追証や借金リスクが存在しない。

ここまでFXで必要証拠金以上の損失が出た場合に強制ロスカットが間に合わないことで、追証(借金)リスクがあるという話をしてきました。

でもこれは国内FX会社だけの話で、海外FX業者の場合はゼロカットシステムがあるので追証リスクが存在していません。

ゼロカットシステムとはどのような仕組みのことかと言うと、

ゼロカットシステムとは?

  • 海外FX業者が導入しているゼロカットシステムとは、トレード時に強制ロスカットが間に合わずに、マイナス残高になった場合でもFX会社がそのマイナス分を肩代わりして、投資家に変わって支払ってくれる仕組みのこと。
  • ゼロカットシステムがある海外FX業者では追証を支払う義務がないので、FXで最も怖い借金リスクがないトレードができるようになっています。

海外FX業者では国内FX会社と違って最大レバレッジが1000倍や2000倍という会社もありますので、国内FXで取引をするよりも強制ロスカットされるリスクが高いということができます。

しかしゼロカットシステムがあることで強制ロスカットされても追証の支払いリスクがないので、安心してハイレバトレードができる取引環境が提供されているということ。

海外FX業者のゼロカットシステムと強制ロスカットとは全く違う仕組みのこと。

FX初心者の中にはゼロカットシステムと強制ロスカットの違いが良くわからないという人もいますので、その違いについて簡単に説明すると、

ゼロカットとロスカットの違いについて

  • ロスカット(強制ロスカット)とは、FX会社の定めた証拠金維持率を下回り、投資家がそれ以上の損失を抱えないためにFX会社が主導してポジションを決済する仕組みのこと。
  • ゼロカットシステムとは、何かしらの理由で強制ロスカットが間に合わずに口座残高がマイナス残高になってしまった場合でも、FX会社が投資家の損失をカバーして肩代わりして支払ってくれる仕組みのこと。

海外FX業者では、強制ロスカット後にゼロカットシステムが摘要されることで、投資家の損失を一定範囲内に収めてくれます。

実質的な損失額は入金額までに限定されていますので、無制限に追証を支払わなければならない可能性がある国内FX会社とは大きな違いがありますよね。

FX初心者ほど国内FX会社よりも海外FX業者の方が安心して取引できる環境が用意されている。

国内FX会社を利用している人にとって海外FX業者は怪しい会社とかやばい会社が多く、日本人は安心してトレードできない。

これまでも多くの人が出金拒否されるなど出金トラブルが多いので、絶対に口座開設すべきではないという認識の人が多いと思います。

最初にお伝えしますが、大手海外FX業者は日本の金融ライセンスよりも取得難易度が高い国のライセンスを保有しており、不当な理由で出金拒否することはありません。

またライセンス発行機関は日本の金融庁のような政府機関ですので、様々な規制が行われており、健全な取引環境を提供しなければライセンス自体を剥奪されることも。

そのような状況で運営されているだけではなく、FX初心者にもうれしい条件でトレードできるようになっています。

海外FX業者のおすすめポイント

  • 口座開設ボーナスや高額な入金ボーナスがあるので、軍資金が少ないFX初心者でも自己資金以上のトレードができる。
  • 最大レバレッジは1000倍や2000倍なので、資金効率が良いトレードができる。
  • ロスカット水準が50%や20%と低く強制ロスカットされにくいだけではなく、強制ロスカット時にマイナス残高になってもゼロカットシステムで追証の支払いリスクがない。
  • 公式サイトは完全日本語化されており、日本語でライブチャット等を使ったサポートを受けることができる。(大手はほぼ日本人スタッフのみ)
  • 取引プラットフォームはMT4やMT5など世界的にも定評のあるシステムで、約定力の高い取引環境を利用することができる。
  • 注文方式はNDD方式なので国内FX会社のDD方式のように顧客の損失がFX会社の収益にならない。

本当に海外FX業者は国内FX会社と比較した際により安全性の高い取引環境が用意されていることがわかると思います。

確かに最初はMT4やMT5は使い慣れないかもしれませんが、世界的に共通する取引プラットフォームですので、一度使い慣れてしまえばどのFX会社でも使いこなせるメリットも。

投資経験が少ないFX初心者ほど安心して取引できる環境が用意されていますので、まずは口座開設ボーナスをもらってお試しトレードしてみるのが良いと思いますよ。

おすすめ記事海外FXは安全性に問題なし?信頼性が高いFXブローカーはどこかランキング方式で紹介します。

\口座開設で13,000円のボーナスがもらえる/

XMTradingで今すぐ口座開設をする

公式サイト:https://www.xmtrading.com/
 

FXの強制ロスカットや借金、追証の支払い義務に関するよくある質問まとめ!

この記事を読むことでFX取引で必要証拠金以上の損失が出た場合は借金として支払わなければならないことがわかったと思います。

投資をして借金を抱えるというのは一番避けなけれなならない状況ですが、実際にFXで借金地獄にハマる人はいますが、ほとんどが間違ったトレードの結果です。

ここではFXの追証リスクや借金の支払い、証拠金維持率や強制ロスカットに関するよくある質問をまとめて紹介しますのでトレード時の参考にしてください。

強制ロスカットとは何でどのような条件で発動されますか?

回答

  • 強制ロスカットとは、FX取引において証拠金維持率が一定の基準を下回った場合に自動的にポジションが決済される仕組みのことで、トレーダーが大きな損失を被らないようにするために用意されています。
  • 強制ロスカットが発動される条件は、証拠金維持率が一定の基準を下回った場合で、証拠金維持率は、(有効証拠金÷必要証拠金)×100で計算されます。
  • 有効証拠金とは口座残高に含み損益を加えた金額のこと。
  • 例えば、ロスカット水準が証拠金維持率が50%で設定されているFX会社の場合は、必要証拠金が半分以下になった時点で強制ロスカットが発動されポジションが解消されます。

FX取引で追証が発生した場合はどのように対応すれば良いですか?

回答

  • FX取引の結果として追証が発生した場合はFX会社からの通知を確認して追証金額と期限を確認してください。
  • 指定された期限内に追加の証拠金を口座に入金する必要がありますが、追証の入金が間に合わない場合、ポジションが強制的にロスカットされる可能性があります。
  • また追証が発生する状況を避けるためにもポジションサイズを調整したり、リスク管理を徹底することが重要です。

おすすめ記事国内FX会社はスキャルピング禁止?凍結基準や禁止の理由は何か?</

FX取引で強制ロスカットが間に合わない場合にどのような状況がかんがえられますか?

回答

  • FX取引で強制ロスカットが間に合わない場合、市場の急激な変動によって証拠金維持率がさらに低下してさらに大きな損失が発生することがあります。
  • 強制ロスカットが間に合わないことで、口座残高がマイナスになる可能性があります。
  • 国内FX会社にはゼロカットシステムがないので、トレーダーは追加で資金を入金してマイナス残高を補填する義務があります。
  • 海外FX業者の場合はゼロカットシステムが適用され、マイナス残高がリセットされますので、追証の支払いリスクがありません。

国内FX会社を利用する際に借金を避けるためにはどうすれば良いですか?

回答

  • FX取引で借金を抱えないためにも以下のリスク管理手法を徹底することが重要です。
  • 適切なレバレッジの使用:レバレッジを高く設定しすぎると小さな価格変動で大きな損失が発生する可能性がありますので、適切なレバレッジを選択してリスク管理を徹底してください。
  • 証拠金維持率の確認:定期的に証拠金維持率を確認して必要に応じてポジションサイズを調整します。
  • 損切り設定:損失額を最小限に抑えるためにエントリー時に損切り注文を設定しておきます。
  • 追証の発生に備える:追証が発生した場合に備えて事前に予備の資金を用意しておきます。

おすすめ記事海外FXのゼロカットはハイレバトレードでも借金リスクなく安全性が高くておすすめ。

海外FX業者でもゼロカットシステムが適用されなければマイナス残高は自己負担する必要がありますか?

回答

  • ゼロカットシステムがある海外FX業者でもゼロカットシステムの悪用や乱用、その他にも利用規約違反の禁止行為が発覚すれば、ゼロカットシステムの対象外になることがあります。
  • そのような場合、マイナス残高は全てあなた自身で補填する必要があるので、ハイレバトレードができる海外FX業者では追証が大きな金額になってしまう可能性も。
  • 追証になれば国内FX会社とか海外FX業者とか関係なく、その全ての支払いをあなた自身のお金で行う必要がありますので、利用規約違反の禁止事項は絶対に行わないようにしてください。

国内FX会社がゼロカットシステムを適用して追証なしのトレード環境を提供できない理由は?

回答

  • 国内FX会社がゼロカットシステムを適用できないのは金融商品取引法に定められたルールがあるから。
  • 顧客を勧誘するに際し、顧客に対して、損失の全部又は一部を補てんする旨を約束する行為。
  • 有価証券売買取引等につき、当該有価証券等について生じた顧客の損失の全部若しくは一部を補塡し、又はこれらについて生じた顧客の利益に追加するため、当該顧客又は第三者に対し、財産上の利益を提供し、又は第三者に提供させる行為。
  • 上記2項目の記載があるので、国内FX会社ではゼロカットシステムを導入することができません。

おすすめ記事出金時間が早い海外FX業者はどこか?出金スピードが早く安全なFX会社を選びたい人必見です。

海外FX業者はゼロカットシステムがあるので日本人投資家にもおすすめなのか?

回答

  • 海外FX業者とは日本の金融庁が発行する金融ライセンスを取得していないFX会社の総称で、日本の金融ライセンスを取得していないものの海外の金融ライセンスを取得している会社が多く、安全性に関しては不安の無い会社がほとんどです。
  • 海外FX業者のゼロカットシステムは投資家保護の仕組みとして非常に優秀ですが、魅力はそれだけではありません。
  • 最大レバレッジが数千倍〜無制限とFXで最も重要な資金効率の良さ、複数口座を開設できることで、様々な取引スタイルでのトレードができること。
  • 多くの海外FX業者では口座開設ボーナスや初回入金ボーナス、取引ボーナスが充実しており、入金額以上にお得なトレードができる場合も。
  • ボーナスの総額が100万円を超えるFX会社も多く、ボーナスを使ったハイレバトレードで大きな利益を獲得している人も多いんです。
  • 様々な面でメリットがある海外FX業者ですが、怪しい会社や日本人をカモにしようとするヤバい会社もありますので、口座開設するFX会社はしっかり選ぶようにしてください。

ゼロカットシステムが適用されると本当に追証なしで借金リスクがない取引ができるのか?

回答

  • ゼロカットシステムはFX会社が投資家のマイナス残高を負担する仕組みのことなので、ゼロカットが適用されると追証なしで借金リスクがない取引を行うことができます。
  • 国内FX会社でトレードをしていると急に相場が激変したことで、数百万円とか数千万円の借金を抱えてしまう人もおり、最悪の場合、電車に飛び込むような人も。
  • 日本でFX取引が始まった当初は特に最大レバレッジの制限がなく、数百倍のレバレッジ設定ができた時期もあり、その当時はそういったニュースが流れたことも。
  • 現在の最大レバレッジは25倍なので、そこまで大きなレバレッジを使ったトレードができなくなりましたが、スイスフランショックのような金融ショックが起こらないことはありません。
  • そういった時にゼロカットシステムがある海外FX業者なら、追証なしなので借金のリスクもなく、安心して取引ができるということ。
  • レバレッジをかけないからゼロカットシステムはいらないというのではなく、もしもの際の保険をしてゼロカットシステムがある海外FX業者は日本人にもおすすめですよ。

国内FX会社でFX取引をした場合は、金融ショックなどの相場の急変時に追証リスクがあり、借金額がとんでもないことになる場合も。

最大レバレッジが25倍に制限される前の時代では朝起きたら借金が数千万円になっていて、それを理由に命を落とし多様な人もいました。

そういった背景があり最大レバレッジ制限が行われましたが、個人的にはゼロカットシステムの方がより安全性が高い仕組みだと思います。

また国内FX会社の注文方式はDD方式なので、投資家の損失がFX会社の収益になるという悪い部分もあるので、その点についても理解しておくべきだと思いますよ。

おすすめ記事国内FX会社は悪質な悪徳業者が多い?ノミ行為が合法化されてるって本当か?

様々な理由により私は国内FX会社よりも海外FX業者の方がより良い取引環境を提供しているので、日本人にもおすすめだと思っています。

\口座開設で13,000円のボーナスがもらえる/

XMTradingで今すぐ口座開設をする

公式サイト:https://www.xmtrading.com/

日本人投資家におすすめの海外FX業者最新ランキング

ここからは日本人投資家におすすめな海外FX業者ランキングを紹介していきます。

FX会社ごとに様々な特徴がありますし、日本人がアカウント登録や口座開設ができる海外FX業者は100社以上もあるのでどこが良いのかわからないかもしれません。

多くのFX会社があると目移りする人もいると思いますので、このサイトでは特におすすめの業者のみ厳選して紹介しています。

あなたが海外FX業者を選ぶ際の参考になるような情報満載ですので、しっかりチェックしてください。

XMTrading(XMトレーディング)│海外FX業者おすすめランキング1位

XMTrading(XMトレーディング)│海外FX業者おすすめランキング1位

海外FX業者おすすめランキング1位はXMTrading(XMトレーディング)です。

XMTrading(XMトレーディング)のおすすめポイントを紹介すると、

おすすめポイント

  • 最も多くの日本人が口座開設をしており、海外FXをする人の約7割とも言われている。
  • FX初心者でも安心できる日本語サポートがあり、ライブチャットは平日9時〜21時、メールサポートは24時間受付しており回答は1営業日とスムーズに返信してもらえる。
  • 口座開設ボーナスが13,000円、入金ボーナスが最大10,500ドル分もらえる。
  • 金融ライセンスはセーシェル諸島発行の証券ディーラーライセンス番号SD010を取得している。
  • 最大レバレッジは1,000倍まで可能なのでハイレバトレードもできる。
  • 口座タイプは4種類あり、スキャルピング向きのKIWAMI極口座もある。
  • 100種類以上の金融商品や仮想通貨CFD、株式CFDなどの取引が可能。

XMTrading(XMトレーディング)の基本スペックをまとめて紹介すると、

口座開設ボーナス入金ボーナスレバレッジ
13,000円最高10,500ドル最大1,000倍
スプレッド金融ライセンスゼロカット
平均1.6pipsセーシェル政府適用あり
入金方法出金方法日本語サポート
8種類6種類平日9時〜21時

始めての海外FX業者でどこに口座開設しようと悩んでいるなら、XMTrading(XMトレーディング)を選んでおけば失敗はありません。

\口座開設で13,000円のボーナスがもらえる/

XMTradingで今すぐ口座開設をする

公式サイト:https://www.xmtrading.com/
 

XMTrading(XMトレーディング)の運営会社や取得している金融ライセンスの情報、開設可能な口座タイプに関してはこれらの記事を参考にしてください。

Exness(エクスネス)│海外FX業者おすすめランキング2位

Exness(エクスネス)│海外FX業者おすすめランキング2位

海外FX業者おすすめランキング2位はExness(エクスネス)です。

Exness(エクスネス)のおすすめポイントを紹介すると、

おすすめポイント

  • 最大レバレッジは無制限なので、非常に資金効率のよいトレードができる。
  • 証拠金維持率が0%になるまでロスカット(ストップアウト)されない。
  • FX初心者でも安心できる日本語サポートがあり、ライブチャットは平日8時〜24時、メールサポートは24時間受付しており回答は1営業日とスムーズに返信してもらえる。
  • 金融ライセンスはセーシェル諸島発行の証券ディーラーライセンス番号SD025を取得している。
  • 取引手法やポジションに関する制限が一切なく、自由な取引環境が用意されている。
  • 口座タイプは3種類あり、いずれもFX業界の平均以下のスプレッドが適用されてる。
  • ボーナスは一切もらえないがスキャルピング向きの口座タイプが用意されている。

Exness(エクスネス)の基本スペックをまとめて紹介すると、

口座開設ボーナス入金ボーナスレバレッジ
なしなし無制限
スプレッド金融ライセンスゼロカット
平均1.7pipsセーシェル政府適用あり
入金方法出金方法日本語サポート
11種類11種類平日8時〜24時

自由な取引環境を求める人、投資資金の効率を最大化したい人におすすめなのがExness(エクスネス)です。

\無制限レバレッジ+狭いスプレッドが魅力的/

Exness(エクスネス)で今すぐ口座開設する!

公式サイト:https://www.exness.com/
 

Exness(エクスネス)の運営会社や取得している金融ライセンスの情報、開設可能な口座タイプに関してはこれらの記事を参考にしてください。

FXGT(エフエックスジーティー)│海外FX業者おすすめランキング3位

FXGT(エフエックスジーティー)│海外FX業者おすすめランキング3位

海外FX業者おすすめランキング3位はFXGT(エフエックスジーティー)です。

FXGT(エフエックスジーティー)のおすすめポイントを紹介すると、

おすすめポイント

  • 口座開設ボーナスが15,000円、入金ボーナスが最大128万円分もらえるなど、とにかく高額なボーナスがおすすめ。
  • FX初心者でも安心できる日本語サポートがあり、ライブチャットもメールサポートも24時間対応している。
  • 口座タイプが6種類もあるので、好みの取引口座を開設して、様々な取引手法を実践できる。
  • スワップフリーなので長期トレードにも向いている。
  • 金融ライセンスはセーシェル諸島発行の証券ディーラーライセンス番号SD019やCySEC(キプロス証券取引委員会)発行の382/20、バヌアツ金融サービス委員会(VFSC)発行の700601など多数取得している。
  • 最大レバレッジは1,000倍まで可能なのでハイレバトレードもできる。
  • 仮想通貨CFDが充実しており、63種類もの取引銘柄のトレードができる。
  • 出金時間が早くて出金面でストレスを感じにくく、出金に関する評判は良いものが多い。
  • 投資家の資金は高格付けの優良銀行に分別管理で会社の運転資金とは完全に分離して管理されている。
  • 独自のブローカー向け賠償責任保険に加入しており、最大1,000,000ユーロ(約1億円)までのリスク保証がある。

FXGT(エフエックスジーティー)の基本スペックをまとめて紹介すると、

口座開設ボーナス入金ボーナスレバレッジ
15,000円最大128万円最大1,000倍
スプレッド金融ライセンスゼロカット
平均1.8pipsセーシェル政府適用あり
入金方法出金方法日本語サポート
11種類11種類24時間対応

高額なボーナスが欲しい人や仮想通貨CFDの取引をしたい人におすすめなのがFXGTです。

\15,000円の口座開設ボーナスがもらえる/

FXGTの公式サイトをチェックする!

公式サイト:https://fxgt.com/
 

FXGT(エフエックスジーティー)の運営会社や取得している金融ライセンスの情報、開設可能な口座タイプに関してはこれらの記事を参考にしてください。

AXIORY(アキシオリー)│海外FX業者おすすめランキング4位

AXIORY(アキシオリー)│海外FX業者おすすめランキング4位

海外FX業者おすすめランキング4位はAXIORY(アキシオリー)です。

AXIORY(アキシオリー)のおすすめポイントを紹介すると、

おすすめポイント

  • 全額信託保全ありで最大2万ユーロまでの補償サービスがある。
  • FX初心者でも安心できる日本語サポートがあり、ライブチャットは平日9時〜24時、メールサポートは24時間受付しており回答は1営業日とスムーズに返信してもらえる。
  • 口座タイプが5種類あるので、好みのものを選ぶことができる。
  • 海外FX初心者から上級者まで使えると評判のFX会社。
  • 金融ライセンスはベリーズ政府発行のライセンスNo. 000122/405を取得している。
  • 最大レバレッジは400倍と少し低めに設定されている。
  • 海外FX業者の中でもトップクラスのスプレッドの低さ。
  • 約定力は99.99%と非常に高く、スキャルピングにも向いている。
  • スキャルピングの制限がなく、EA(自動売買)での取引も可能。

AXIORY(アキシオリー)の基本スペックをまとめて紹介すると、

口座開設ボーナス入金ボーナスレバレッジ
なし不定期開催最大400倍
スプレッド金融ライセンスゼロカット
平均1.8pipsベリーズ政府適用あり
入金方法出金方法日本語サポート
10種類8種類平日9時〜24時間

高い約定力と非常に狭いスプレッドで様々な金融商品のトレードをしたい人におすすめなのがAXIORY(アキシオリー)です。

\狭いスプレッドと99.99%の約定力が人気/

AXIORYの公式サイトをチェックする!

公式サイト:https://www.axiory.com/

FXでレバレッジを使った取引で証拠金以上の損失が出たら支払いに関する記事まとめ。

この記事ではFXでレバレッジ設定を行ったトレード時に必要証拠金以上の損失が出たらどうなるのか。

マイナス残高の支払い義務や国内FX会社の追証リスク(借金リスク)がどのようなものかということについて説明してきました。

まとめ

  • 国内FX会社にはFX取引で証拠金以上の損失が出た場合、追証という借金から逃げられない仕組みが存在している。
  • 追証とは投資家がFX会社に支払い必要がある借金のことなので、どれだけ高額な金額になっても絶対に支払わなければならない。
  • 国内FX会社では追証(借金)が支払えない場合に裁判を起こされたり、強制執行を行われることもある。
  • 海外FX業者の場合、ゼロカットシステムがあるのでどれだけマイナス残高になっても追証が発生せずに借金の支払いリスクがない。
  • ゼロカットシステムとは、トレード時に強制ロスカットが間に合わずに、マイナス残高になった場合でもFX会社がそのマイナス分を肩代わりして、投資家に変わって支払ってくれる仕組みのこと。
  • ゼロカットシステムがある海外FX業者の最大損失額は入金額までに限定されている。

<<強制ロスカットが間に合わない理由>>

  • 市場が急激な変動をしたことで取引が集中し強制ロスカットが間に合わない。
  • 流動性が低下して取引バランスが崩れて強制ロスカットが間に合わない。
  • ネット回線やシステム、技術的な問題で強制ロスカットが間に合わない。
  • ブローカーの約定力が低く注文処理が遅れて強制ロスカットが間に合わない。

<<FXで借金を作りやすい人>>

  • 感情的になりやすく冷静な判断ができない。
  • パチンコやパチスロなどのギャンブルが好き。
  • 初心者なのに大きな利益を狙ってしまっている。
  • 最初の数回のトレードで運良く儲かってしまった。
  • 借金をしてまでFXで大きく稼ごうとしている。

<<海外FX業者のおすすめポイント>>

  • 口座開設ボーナスや高額な入金ボーナスがあるので、軍資金が少ないFX初心者でも自己資金以上のトレードができる。
  • 最大レバレッジは1000倍や2000倍なので、資金効率が良いトレードができる。
  • ロスカット水準が50%や20%と低く強制ロスカットされにくいだけではなく、強制ロスカット時にマイナス残高になってもゼロカットシステムで追証の支払いリスクがない。
  • 公式サイトは完全日本語化されており、日本語でライブチャット等を使ったサポートを受けることができる。(大手はほぼ日本人スタッフのみ)
  • 取引プラットフォームはMT4やMT5など世界的にも定評のあるシステムで、約定力の高い取引環境を利用することができる。
  • 注文方式はNDD方式なので国内FX会社のDD方式のように顧客の損失がFX会社の収益にならない。

FX取引で借金を抱えるというのは本当に残念な状況ですが、実際に借金している人がいることも否定できません。

国内FX会社でも海外FX業者でも重要なのはFX会社選びを間違えないことで、正しいトレードをしていればどちらを使っても借金リスクはありません。

しかし相場の急変は過去に何度も起こってきたことですし、これからも起こることなのでそういった場合のリスク回避の手段としてゼロカットシステムがある海外FX業者はおすすめですよ。

この記事でもいくつかの海外FX業者を紹介してきましたが、最も多くの日本人トレーダーが登録しているのがXMTradingです。

海外FX業者で口座開設をしている人の7割がXMTradingの口座を開設していると言われるほど。

XMTradingはNDD方式でゼロカットシステムが導入されているので、透明性が高く追証のリスクなくトレードをすることができます。

当サイト経由でXMTradingの新規口座を行うことで、13,000円分の口座開設ボーナスと入金額の100%マッチで最高500ドルの初回入金ボーナス(総額10,500ドル)をもらえて非常にお得です。

まずは口座開設ボーナスを使ってXMTradingの約定力の高さやリアルなトレードを実感してみてください。

\口座開設で13,000円のボーナスがもらえる/

XMTradingで今すぐ口座開設をする

公式サイト:https://www.xmtrading.com/
 

国内FX会社よりも多くの取引チャンスがあり、多くの金融商品をリスクなくハイレバトレードができると評判の海外FX業者。

どのような違いや特徴があるのか、何を基準に会社選びを行えばよいのかなどの情報を知りたい人はこの記事を参考にしてください。

おすすめ記事海外FX業者のおすすめはどこか?最新版の徹底比較ランキングで紹介します!

-FXの基礎知識
-, , , ,

XMTrading