海外FX業者

海外FXは稼ぎ過ぎで口座凍結され出金できないことがあるのか?

海外FXは稼ぎ過ぎで口座凍結され出金できないことがあるのか?

海外FX業者では稼ぎ過ぎを原因にした口座凍結が行われるという噂があるけど本当にそうなのか?

口座凍結されると海外FX業者の場合は、出金拒否され出金できないという噂もあるので、不安になる人もいると思います。

この記事でわかること

  • 海外FX業者では稼ぎすぎだけを原因にした口座凍結が行われることがあるのかについて。
  • 海外FX業者と国内FX会社ではどちらが稼ぎすぎが原因で口座凍結されることがあるのかについて。
  • 海外FX業者で口座凍結される理由や原因にはどのようなものがあるのかについて。

口座凍結も出金拒否もどちらも投資家にとってはデメリットしかない最悪の出来事ですよね。

海外FX業者は怪しい会社やヤバい会社が多いので、そのような不当な理由で口座凍結されることがあるのか。

SNSなどで悪い評判や口コミが投稿されているのを見て不安に思っている人はぜひ参考にしてください。

\口座開設で13,000円のボーナスがもらえる/

XMTradingで今すぐ口座開設をする

公式サイト:https://www.xmtrading.com/
 

>>XMTradingの口座開設して有効化することでもらえる口座開設ボーナスの詳細はこの記事を参考にしてください。

おすすめ記事XMTradingの口座開設ボーナスの受け取り方や出金条件などの注意点まとめ!

目次

海外FX業者でも稼ぎすぎだけを理由にした口座凍結は行われない。

まず最初に結論を伝えると、真っ当な海外FX業者では稼ぎすぎだけを理由にした口座凍結が行われることはありません。

なぜそう言い切れるのかというと、

海外FX業者の運営状況について

  1. 一般的な海外FX業者では金融ライセンスを取得してライセンス発行機関の規制を受けている。
  2. 出金限度額が10,000,000ドル(約15億円)や無制限など高額な出金ができる環境が用意されている。
  3. 海外FX業者の収入の柱はスプレッドや取引手数料なのでトレーダーとFX会社の利益は相反関係ではない。

上記のような理由から大手の海外FX業者であれば、稼ぎすぎだけを理由にした口座凍結は行われないと言えます。

それぞれどのようなことなのか説明していきますので、不安な人はしっかり確認しておいてください。

一般的な海外FX業者では金融ライセンスを取得してライセンス発行機関の規制を受けている。

海外FX業者で稼ぎすぎだけを理由に口座凍結が行われない理由は、一般的な海外FX業者では金融ライセンスを取得してライセンス発行機関の規制を受けているからです。

金融ライセンスについて

  • 大手の海外FX業者では複数の金融ライセンスを取得して、ライセンス発行機関の規制の元で運営が行われています。
  • もしそのような状況下で稼ぎすぎているという不当な理由で口座凍結が頻発していれば、ライセンス発行機関に世界中のトレーダーから通報が行われ、調査の対象になります。
  • 調査の結果、本当に稼ぎすぎだけを理由に口座凍結していることが発覚すれば、金融ライセンスを剥奪されたり、更新が停止されることも。
  • その影響は世界中のトレーダーにも出ますので、運営会社の損失は数十億円や数百億円を超える状況になるでしょう。

世界中のトレーダーから悪徳業者や悪質なFX会社というレッテルを貼られ、投資家が他のFX会社に移動して将来的な収益を失う結果になります。

そういったことが予想されるので、真っ当な経営者であれば絶対にそのような判断はしません。

世界の金融ライセンスには日本の金融庁が発行するものよりも、取得が厳しい(規制が強化されている)ものが多いので、悪徳業者はすぐに業界から追放されます。

不当な理由で口座凍結することは誰も得をしない結果になるので、海外FX業者でも大手を選んでおけばそういった心配はありません。

おすすめ記事海外FX安全ランキング、マイナー業者をおすすめしない理由まとめ!

出金限度額が10,000,000ドル(約15億円)や無制限など高額な出金ができる環境が用意されている。

海外FX業者で稼ぎすぎだけを理由に口座凍結が行われない理由は、出金限度額が10,000,000ドル(約15億円)や無制限など高額な出金ができる環境が用意されているからです。

高額な出金について

  • 金額がいくらであれば稼ぎすぎと感じるのかは人それぞれですが、海外FX業者の中には高額出金を認めている会社も。
  • 実際にSNSの口コミや評判を見ても高額出金の履歴が画像付きで報告されており、稼いだ分が出金できないというわけではありません。
  • 億超えの利益を獲得して億り人になった人でもしっかり出金できているわけですから、数百万円や数千万円の利益でも出金拒否されることはないでしょう。
  • 出金拒否や出金トラブルに関しても金融ライセンス発行機関の厳しい規制を受けていますので、そういったトラブルが多発していれば金融ライセンスが剥奪されます。
  • 公式サイトに金融ライセンスの取得状況が公開されている大手海外FX業者なら、不当な理由で出金拒否されることはありません。

ただ中には金融ライセンスを取得していると嘘をついているマイナーな海外FX業者もあるので、そういったところは避けてください。

新設業者やマイナー業者には悪徳業者が紛れていることもあるので、余計なトラブルに合いたくない人は大手の海外FX業者を選べば安心です。

海外FX業者の収入の柱はスプレッドや取引手数料なのでトレーダーとFX会社の利益は相反関係ではない。

海外FX業者で稼ぎすぎだけを理由に口座凍結が行われない理由は、海外FX業者の収入の柱はスプレッドや取引手数料なのでトレーダーとFX会社の利益は相反関係ではないからです。

収入源について

  • 多くの海外FX業者ではNDD方式という注文方法を採用しており、トレーダーの注文を直接インターバンク市場に流しています。
  • 海外FX業者の主な収入源はスプレッド+取引手数料となっており、取引回数が多ければ多いほど儲かる仕組みで運営されています。
  • 海外FX業者にはA-book(Aブック)やB-book(Bブック)に分類される注文方式を採用しているFX会社も多く、A-book(Aブック)であれば間違いなく稼ぎすぎだけを理由にした口座凍結は行われません。
  • A-book(Aブック)とは、トレーダーの注文を直接インターバンク市場に流す注文方式のこと。(NDD方式のこと)
  • B-book(Bブック)とは、トレーダーの注文を直接インターバンク市場に流さずに業者が介入する注文方式のこと。(DD方式やOTC方式のこと)
  • A-book(Aブック)ではトレーダーの注文に一切FX会社が介入しないので、純粋にスプレッド+取引手数料が収入源になります。
  • B-book(Bブック)の中にはノミ行為を行って利益をあげているFX会社もあるので、トレーダーと利益相反の関係性になり、トレーダーの損失がFX会社の利益になるということ。

ただ海外FX業者にはA-book(Aブック)とB-book(Bブック)を併用している会社もあるので、その点についてはあらかじめ理解しておく必要があります。

ECN方式の口座タイプでトレーダーすることでA-book(Aブック)になりますので、稼ぎすぎでも口座凍結されない安心感が高まりますよ。

おすすめ記事海外FXのA-book(Aブック)とB-book(Bブック)の違いや特徴まとめ!

海外FX業者と国内FX会社ではどちらが稼ぎすぎによる口座凍結や出金拒否される可能性が高いのか?

海外FX業者と国内FX会社ではどちらが口座凍結や出金拒否などのトラブルが多いのかという点については様々な意見があります。

注文方式の違いによりDD方式を採用している国内FX会社の方が稼ぎすぎで出金拒否される可能性が高いと言われていた時代も。

しかし国内FX会社は日本の金融庁がライセンス発行して、その規制下においているので、FX会社だけの都合で自由に口座凍結や出金拒否をすることはできません。

先ほどの説明と同じですが、不当な理由で口座凍結や出金拒否をしていれば、金融ライセンスが剥奪され警告や注意喚起の対象になるでしょう。

国内FX擁護派と海外FX擁護派がいるので、この議論について正しい答えが出ることはないでしょう。

そこで国内FX会社で口座開設してトレードしようと思っている人が村をしないために知っておくべき情報をここでは紹介しておきます。

国内FX会社の注意点

  1. 国内FX会社はDD方式なので、ノミ行為が行われていたりストップ狩りのリスクがある。
  2. 国内FX会社に出金拒否された場合は、金融庁に相談すると解決できる可能性が高い。
  3. 国内FX会社は出金拒否をするよりも追証獲得を目指した方が安定的な収益に繋がる。
  4. 国内FX会社にはゼロカットシステムがないので、相場が荒れると借金を抱えるリスクがある。

上記については国内FX会社でトレードする上でしっかり理解しておくべきことなので、ここから詳しく説明していきますね。

国内FX会社はDD方式なので、ノミ行為が行われていたりストップ狩りのリスクがある。

国内FX会社の注意点として理解しておくべきことは、国内FX会社はDD方式なので、ノミ行為が行われていたりストップ狩りのリスクがあることです。

DD方式について

  • DD方式とは、国内FX業者の多くが採用しているDealing Desk(ディーリング・デスク)のこと。
  • 顧客とインターバンク市場の間にFX業者が入って取引を行っており、FX業者にいるディーラーが顧客の注文に対して反対注文をしたり、インターバンク市場に流したりしている。
  • トレーダーの注文に対してFX会社が相対取引を行っている可能性もあり、過度なスキャルピングが禁止されているFX会社もありますよね。
  • スキャルピングを禁止する理由は、FX会社の相対取引が間に合わないということ。
  • 顧客の注文をインターバンクに流さずに自社内で決済している可能性が高いでしょう。
  • またストップ狩りをすることはトレーダーの損失であり、FX会社の利益という利益の相反関係が問題になります。
  • どうやってトレーダーに損をさせるのかに注力されると、トレーダーはFX会社に勝つことができません。

日本証券業協会ではノミ行為を自主規制で禁止していますが、実際には多くの国内FX会社でノミ行為が行われているのでしょう。

国内FX会社のノミ行為に関する情報についてはこの記事を参考にしてください。

おすすめ記事国内FX会社は悪質な悪徳業者が多い?ノミ行為が合法化されてるって本当か?

国内FX会社に出金拒否された場合は、金融庁に相談すると解決できる可能性が高い。

国内FX会社の注意点として理解しておくべきことは、国内FX会社に出金拒否された場合は、金融庁に相談すると解決できる可能性が高いことです。

出金拒否について

  • 国内FX会社は全て日本の金融庁の規制下でサービスを行っていますので、不当な理由で出金拒否されたと感じた場合、金融庁に相談することで最大限の尽力を行ってくれます。
  • FX会社も金融庁とトラブルになることは避けたいので、金融庁が指導を行うとそれに対応するしかありません。
  • ただ全ての出金トラブルがこの方法で解決できるわけではなく、本当に不当な理由で出金拒否され出金できない場合に限られるということは理解しておいてください。

逆に海外FX業者の出金トラブルを金融庁に相談しても自己責任で終わりですし、HP上で警告の対象になるだけの話。

金融庁はあくまでも日本の政府機関なので、海外FX業者にまでその影響力は及びません。

出金トラブルの少ない海外FX業者を選びたいなら、スムーズに出金できるFX会社から選ぶのがおすすめです。

おすすめ記事出金時間が早い海外FX業者はどこか?出金スピードでFX会社を選びたい人必見です。

国内FX会社は出金拒否をするよりも追証獲得を目指した方が安定的な収益に繋がる。

国内FX会社の注意点として理解しておくべきことは、国内FX会社は出金拒否をするよりも追証獲得を目指した方が安定的な収益に繋がることです。

追証について

  • 国内FX会社と海外FX業者ではロスカット水準が大きく異なり、国内FX会社は証拠金維持率が100%前後、海外FX業者では証拠金維持率が20〜50%前後に設定されています。
  • 証拠金維持率が100%を切れば、国内FX会社では真っ当な理由で追証という追加収入を得ることができます。
  • 出金拒否はトラブルですが、追証はFX会社が持っている正当な権利なので、金融庁もそこに介入することはできません。
  • 国内FX会社の利用規約には証拠金維持率が100%を切った段階で追証の支払い義務が発生すると明記されているような会社も。

顧客の損失がFX会社の収入に直結するので、正当な理由で自社の収益を増やそうとするのが現在の主流になっているということ。

この点を理解しておかないと証拠金維持率の影響でどんどん損失が膨らむ可能性があるので十分に注意してください。

国内FX会社のロスカット水準についてどのように理解しておくべきかについてはこの記事が参考になります。

おすすめ記事国内FXのロスカット水準は?証拠金維持率は高めがおすすめなのか?

国内FX会社にはゼロカットシステムがないので、相場が荒れると借金を抱えるリスクがある。

国内FX会社の注意点として理解しておくべきことは、国内FX会社にはゼロカットシステムがないので、相場が荒れると借金を抱えるリスクがあることです。

ゼロカットシステムについて

  • 国内FX会社で最も注意すべきなのが、強制ロスカット後の追証には上限金額が設定されていないということ。
  • 海外FX業者の場合はゼロカットシステムがあるので、どれだけ高額な追証になっても借金の支払い義務はありません。
  • 過去には何度もスイスフランショックのような金融ショックが起こり、相場が一瞬で大きく動きます。
  • 国内FX会社は最大レバレッジが25倍なので、海外FX業者よりも低レバレッジなので安心という人もいますが、どれだけレバレッジが低くても一瞬で4〜5円も相場が動けば大損するのは決定的なこと。
  • 先日も日銀の介入で5兆円とも8兆円とも言われる金額が一気に流入して、急激な円高になりましたよね。
  • その際に円安方向のポジションを保有していれば強制ロスカットが間に合わずに追証が桁違いの金額になってしまった人も。

国内FXではそういった状況が起こり得るので本当に注意してください。

ゼロカットなしで追証ありという最悪の状態の国内FX会社でのトレードは、個人的にはおすすめしたくないです。

おすすめ記事FXの追証は日本だけ?海外FXにゼロカットがあり日本にない理由まとめ!

\口座開設で13,000円のボーナスがもらえる/

XMTradingで今すぐ口座開設をする

公式サイト:https://www.xmtrading.com/

海外FX業者の利用規約違反で口座凍結されるのはどのような理由や原因が多いのか?

海外FX業者でも一般的な取引を行っていれば稼ぎすぎても口座凍結されることはありません。

しかし利用規約違反の禁止事項や禁止項目に該当する行為が発覚したり、疑われた場合は口座凍結されることも。

利用規約を守ったトレードや使い方をすることはトレーダーの責任なので、これはFX会社が主張できる正当な権利です。

一般的な海外FX業者で利用規約違反の禁止事項に設定されている項目にどのような行為があるのかというと、

注意酢べき行為について

  • 複数アカウントの登録や利用を行うこと。(重複IPアドレスもNG)
  • 複数口座間や他の海外FX業者の取引口座間で両建て取引をすること。
  • 裁定取引(アービトラージ)をすること。
  • ゼロカットシステムの悪用や乱用をすること。
  • ボーナスやシステムの隙を狙った取引や乱用をすること。
  • 他人名義の取引口座を使用してトレードをすること。
  • 他人名義のクレジットカードや銀行口座から入金すること。

上記は基本ルールでFX会社ごとに利用規約は異なりますし、より厳しい取引ルールが設定されている場合も。

どのFX会社でも利用規約を確認してルール内の取引を行うようにしてください。

複数アカウントの登録や利用を行うこと。(重複IPアドレスもNG)│口座凍結の理由

海外FX業者で多い利用規約違反で口座凍結される理由は、複数アカウントの登録や利用を行うこと。(重複IPアドレスもNG)です。

複数アカウントについて

  • 高額なボーナスがもらえる海外FX業者では、複数アカウントの登録や利用によるボーナスハンター行為を禁止しています。
  • また以前に誰かがアカウント登録した際に利用したIPアドレスからの登録も除外されることがあります。
  • ひとりでいくつもの取引アカウントを作成できれば、なりすましによる両建て取引の悪用も可能になるということ。
  • ほとんどの海外FX業者で複数アカウントの登録は利用規約違反の禁止事項に該当しますので、そのような場合は口座凍結されても仕方がないということ。

ボーナスがないExness(エクスネス)のように複数アカウントの登録や利用を認めている海外FX業者もありますが、あまりメリットはありません。

海外FX業者で口座凍結されると新しいアカウント登録ができないので、もうそのFX会社でトレードすることができなくなります。

新しいFX会社で以前とは異なる条件でのトレードしかできなくなるので、複数アカウントの登録は絶対に止めましょう。

おすすめ記事Exness(エクスネス)は複数アカウント作成が可能だが、どんなメリットやデメリットがあるのか?

複数口座間や他の海外FX業者の取引口座間で両建て取引をすること。│口座凍結の理由

海外FX業者で多い利用規約違反で口座凍結される理由は、複数口座間や他の海外FX業者の取引口座間で両建て取引をすることです。

両建て取引について

  • 多くの海外FX業者が認めている両建て取引は同一口座内で行うものに限定されています。
  • 複数口座間の両建て取引、他のFX業者間との両建て取引は利用規約違反の禁止事項に指定されています。
  • もしそのような両建て取引を行えば、ゼロカットシステムを悪用できる可能性があり、投資家だけが優位な状況でトレードできるようになるということ。
  • 海外FX業者で提供されているサービスは投資家とFX会社が対等であるべきという基本ルールがあるので、両建て取引時には特に注意してください。

複数口座間の両建て取引はほとんどの海外FX業者で利用規約違反に指定されていますし、他のFX業者間との両建て取引も発覚する仕組みがあります。

これまでも多くのトレーダーが違法な取引で不当な利益を得ようとしてきた歴史があるので、どんな方法でもFX会社は対策していると理解しておきましょう。

裁定取引(アービトラージ)をすること。│口座凍結の理由

海外FX業者で多い利用規約違反で口座凍結される理由は、裁定取引(アービトラージ)をすることです。

アービトラージについて

  • 裁定取引(アービトラージ)とは価格差を利用した「さや取り」のことで、理論上は確実に利益を得られる取引手法になります。
  • 異なる市場や取引所で同一の通貨ペアを異なる価格で取引することによって、価格差を利用して利益を得ることを目的にして行われます。
  • 裁定取引(アービトラージ)のメリットは低いリスクで利益を獲得できることなので、これも投資家優位の状況になるということ。
  • 多くの海外FX業者で裁定取引(アービトラージ)じゃ利用規約違反の禁止事項に該当します。

裁定取引(アービトラージ)に関してはメリットだけではなく、デメリットも存在しますので、総合的に理解する必要があります。

海外FX業者の中には裁定取引(アービトラージ)を認めているFX会社もありますので、どうしてもやりたい人はExness(エクスネス)を選んでください。

おすすめ記事Exness(エクスネス)でアービトラージ(裁定取引)をするとどんなメリットやデメリットがあるのか?

ゼロカットシステムの悪用や乱用をすること。│口座凍結の理由

海外FX業者で多い利用規約違反で口座凍結される理由は、ゼロカットシステムの悪用や乱用をすることです。

ゼロカットシステムについて

  • 海外FX業者にはゼロカットシステムという強制ロスカットの結果、口座残高がマイナスになっても追証リスクがない安全な取引が行えます。
  • ただそのマイナス残高は海外FX業者が負担していますので、それを悪用されるとFX会社には実質的な損失が発生するということ。
  • ゼロカットシステムの悪用や乱用は利用規約違反の禁止事項に該当しますので、口座凍結されても文句は言えません。

先ほども紹介した複数口座間の両建て取引などは、ゼロカットシステムの悪用の最たるものなので絶対に行わないでください。

ボーナスやシステムの隙を狙った取引や乱用をすること。│口座凍結の理由

海外FX業者で多い利用規約違反で口座凍結される理由は、ボーナスやシステムの隙を狙った取引や乱用をすることです。

ボーナス乱用について

  • 海外FX業者には高額なボーナスが用意されているところもあり、それを不正取得したり、悪用や乱用することは禁止されています。
  • また提供しているサービスの隙を突くような方法で不当な利益を得ることも利用規約違反の禁止事項に該当します。
  • 複数アカウントの登録によるボーナスハンター行為はもっての他ですし、サーバー遅延のタイミングを狙った意図的なトレードも禁止されています。

ボーナスの原資はFX会社が負担しているものなので、それを不当に利用して得たりを出金されるとFX会社の損失に繋がります。

特に高額な入金ボーナスを用意しているFX会社では、ボーナスの利用や出金に関する細かいルールが設定されていますので、ボーナス利用時にはしっかり確認してください。

おすすめ記事海外FXのボーナスは税金がかかる?課税対象の条件やタイミングまとめ!

他人名義の取引口座を使用してトレードをすること。│口座凍結の理由

海外FX業者で多い利用規約違反で口座凍結される理由は、他人名義の取引口座を使用してトレードをすることです。

他人名義の口座でのトレードについて

  • 海外FX業者でも国内FX会社でもFXの通貨ペアなどのトレードができるのは取引口座を開設した本人のみです。
  • 両親の取引口座でも子供の取引口座でも、名義人以外の第三者が利用することは認められていません。
  • 例えば遠くに住む親族の名義を借りて口座開設すれば、ボーナスの不正利用や両建て取引の悪用ができてしまうということ。
  • FX会社はIPアドレスもチェックしているので、そういった行為はすぐに発覚します。

名義貸しも名義借りも利用規約違反の禁止事項に該当しますので、絶対に行わないでください。

他人名義のクレジットカードや銀行口座から入金すること。│口座凍結の理由

海外FX業者で多い利用規約違反で口座凍結される理由は、他人名義のクレジットカードや銀行口座から入金することです。

他人名義の入金や出金について

  • 海外FX業者は正規の金融ライセンスを取得しており、マネーロンダリング対策が徹底的に行われています。
  • そのため口座開設者以外の第三者名義のクレジットカードや銀行口座からの入金はできませんし、同様に他人名義の銀行口座に取引利益を出金することもできません。
  • 必ず入金審査部門や出金審査部門のチェックで発覚しますし、マネーロンダリングを疑われた場合、口座凍結+資金没収の可能性も。
  • 金融ライセンスを発行しているのが各国の政府機関であるということを理解しておきましょう。

絶対に自分名義の入金方法と出金方法しか使わないということは海外FXでも国内FXでも本当に基本的なこと。

最悪の場合は警察などに通報される可能性もあるので、絶対に行わないでください。

おすすめ記事国内FXは海外FXより安全性が高く日本人におすすめって本当か?

海外FX業者はアカウント放置や長期間取引がないと休眠口座になる

口座凍結と違いますのが、海外FX業者で多いのが休眠口座になってしまうという状況。

利用するFX会社ごとに放置口座に対する考え方は違いますが、基本的に休眠口座になると理解しておいてください。

休眠口座になった場合、簡単に復活させられるFX会社と新たに口座開設しなければならない場合も。

休眠口座に関する注意点を紹介しておくと、

休眠口座について

  1. 休眠口座を復活させられないFX会社の場合は、年間取引報告書をダウンロードしておく必要がある。
  2. 休眠口座になると口座維持手数料や事務手数料が徴収されるFX会社もある。

どちらもデメリットしかない状況なので、長期間取引しない場合は口座状態の変化についても理解しておいてください。

休眠口座を復活させられないFX会社の場合は、年間取引報告書をダウンロードしておく必要がある。

休眠口座になった際に口座を復活できないFX会社の場合は、事前に年間取引報告書をダウンロードしておく必要があります。

なぜ年間取引報告書が必要なのかというと、

年間取引報告書について

  • 年間取引報告書は確定申告をする際に絶対に必要になる書類で、休眠口座=口座凍結や口座閉鎖の場合には、口座状態が変化することでダウンロードできなくなります。
  • 年間取引報告書がないと確定申告時の資料が足りずに正確な納税額がわからなくなります。
  • 正しい確定申告と正確な納税は絶対に行うべきことで、脱税と判断されると重加算税や追徴課税の対象になることも。

海外FX業者では数億円レベルの脱税をして逮捕された人もいるので、取引実績のある取引口座を放置する際には、絶対に年間取引報告書を手元においておきましょう。

おすすめ記事海外FXの脱税はバレないは嘘、税金に抜け道はなく逃げられないって本当か?

休眠口座になると口座維持手数料や事務手数料が徴収されるFX会社もある。

休眠口座になると口座維持手数料や事務手数料が徴収されるFX会社もあり、無駄なコストが発生します。

口座維持手数料について

  • 海外FX業者によって条件は異なりますが、少額の資金しかない場合や90日以上の取引実績がない場合に口座維持手数料などの事務手数料が徴収されることがあります。
  • なぜ口座維持手数料が徴収されるのかというと、放置口座を管理することで余計なコスト負担がFX会社に発生するから。
  • 口座維持手数料を徴収して、口座残高がゼロになれば口座閉鎖できる状態になりますよね。

最終的に口座閉鎖のために口座維持手数料がどんどん徴収されますので、取引しない場合は口座残高を出金しておくことを忘れないでください。

最低出金額未満の残高しかない場合は、一発狙いのハイレバトレードで証拠金として使うのがおすすめです。

おすすめ記事海外FXは一攫千金や一発逆転できるほど稼げるけどリスクはないのか?

海外FXは稼ぎ過ぎで口座凍結され出金できないことがあるのか?

\口座開設で13,000円のボーナスがもらえる/

XMTradingで今すぐ口座開設をする

公式サイト:https://www.xmtrading.com/

海外FX業者で稼ぎ過ぎると口座凍結されるのかに関するよくある質問まとめ!

この記事を読むことで正規の金融ライセンスを取得している海外FX業者なら、稼ぎすぎだけを理由に口座凍結されないことがわかったと思います。

口座凍結されるということは利用規約違反の禁止事項を行っている可能性が高く、ほとんどの場合で投資家に責任があるということ。

ここでは海外FX業者の口座凍結や出金トラブルに関するよくある質問をまとめて紹介しますのでトレード時の参考にしてください。

国内FX会社と海外FX業者ではどちらが安全性や信頼性が高く日本人におすすめなのか?

回答

  • 国内FX会社が良いか海外FX業者が良いかはどのような取引スタイルでトレードを行うのかによって異なります。
  • 海外FX業者でも政府機関が発行した正規の金融ライセンスを取得して運営されている会社の場合は、危険性が高いとかヤバい会社ばかりということはありません。
  • 潤沢な資金がありレバレッジをあまり使わないとか、年間の収益が330万円を超える場合は、国内FX会社が良いでしょう。
  • 資金があまりなく、ボーナスが欲しい人やFXで借金を背負いたくない人には海外FX業者の方がおすすめです。
  • 海外FX業者だから出金拒否され出金できないということもないので、大手の海外FX業者から選ぶと基本的に国内FX会社と同じような安全性や信頼性があると理解して良いと思います。

海外FX業者には国内FX会社にないゼロカットシステムがあり、追証なしの取引環境を提供しているのか?

回答

  • 世界で最も取得が難しい金融ライセンスのひとつが、キプロス証券取引委員会(CySEC )が発行するキプロスライセンスです。
  • キプロスライセンスの規定ではFX会社にゼロカットシステムを導入して投資家保護をしないといけないというルールがあります。
  • 世界的に見ても権威のある金融ライセンス発行機関がそのようなルール設定を行っているので、世界的にはゼロカットシステムがあることが標準レベルだということ。
  • ゼロカットシステムがない場合、FX会社は世界中の投資家との追証の回収のやり取りや裁判などを行う必要があります。
  • その人件費や手間が膨大になり、ゼロカットシステムを導入することの方がメリットがあると考えているのだと思います。
  • 日本のローカルルールでは最大レバレッジを制限して日本人投資家が稼げるチャンスを奪っていたり、ゼロカットシステムがないことで投資家が借金を背負うリスクがあります。
  • 金融商品取引法とはFX会社や証券会社が主導的に作ったルールなので、投資家よりもFX会社が損をせずに儲かる仕組みが根幹にあると理解しておきましょう。

おすすめ記事海外FXのゼロカットの仕組み、追証なしなのにデメリットがあるのか?

不当な理由で口座凍結するようなヤバい海外FX業者や怪しい海外FX業者を見極める際のチェックポイントはどこか?

回答

  • 不当な理由で口座凍結するようなヤバい海外FX業者や怪しい海外FX業者を見極めたいなら、これから紹介することをまずはチェックしてみてください。
  • 金融ライセンスの取得状況・ゼロカットシステムの有無・DD方式かNDD方式か・これまでの実績があるか・資金管理方法が公開されているか・日本語サポートがあるか・出金トラブルの報告がないか。
  • いずれかに該当するものがあれば、その海外FX業者はヤバいFX業者や怪しいFX業者である可能性が高いということ。
  • 海外FX業者選びで失敗する人は奇をてらったマイナーなFX業者選びがちです。
  • 大手海外FX業者は世界的にサービスを提供しており、多くの投資家が実際に高額な資金を運用し、様々な部分でチェックされています。
  • 自分の勘を信じるよりもFX会社選びは過去の実績をチェックすることが非常に大切です。
  • この記事で紹介してる海外FX業者ならどこでも安心してトレードを行うことができますよ。

金融のプロや専業トレーダーが使う海外FX業者はどこが多く、どんな口座タイプを選んでいるのか?

回答

  • 金融のプロや専業トレーダーが使う海外FX業者は基本的にボーナスがないNDD方式の口座タイプになります。
  • XMTradingではプロ口座かKIWAMI極口座、Exness(エクスネス)ではプロ口座、FXGT(エフエックスジーティー)ではプロ口座、AXIORY(アキシオリー)はナノ・ラテ口座などが該当します。
  • 低スプレッドで取引手数料が発生せずに、最大レバレッジ設定が1000倍以上の口座タイプを選ぶ特徴があります。
  • また取引プラットフォームがMT4とMT5の両方を選べること、ゼロカットシステムがあることも重要なポイント。
  • 中長期でポジションを保有する場合は、スワップフリー口座があることやロスカット水準が低いことを選択肢にしている場合も。
  • 細かい取引ルールがないので、Exness(エクスネス)のプロ口座は専業トレーダーや数千万円から数億円レベルの証拠金でトレードするような金融のプロにも人気ですよ。

おすすめ記事Exness(エクスネス)の口座タイプ比較、おすすめや違いなどの情報まとめ!

海外FX業者は日本人をターゲットにした悪徳業者ばかりという噂は本当ですか?

回答

  • 確かにミセスワタナベの時代には世界中のFX会社が日本人トレーダーをカモにしようとしていたようなこともあったかもしれません。
  • しかしFX業者では様々なルールが明確化されており、FX会社自体も10年以上の実績がある大手が増えています。
  • 大手海外FX業者は複数の金融ライセンスを取得して世界中のトレーダーへのサービスを行っていますので、日本人だけをカモにしようという悪徳業者は存在していません。
  • ただ犯罪グループはいつの時代でもいるので、海外FX業者の中には高額なボーナスを餌にしてカモになる人物を探しているような悪徳業者も。
  • マイナーなFX業者、新設のFX業者であるほど怪しい会社が多いので、そういったFX会社はいくら高額なボーナスが用意されていても利用は避けるべきです。
  • 自ら犯罪者に資金提供しようとしているような自殺行為なので、安全性を追求する人は大手海外FX業者のみ選ぶようにしてください。

NDD方式とDD方式のFX会社ではどちらが透明性が高いトレードができますか?

回答

  • 国内FX会社に多いDD方式と海外FX業者に多いNDD方式を比較した場合、NDD方式の方が透明性が高い取引環境を提供しているということができます。
  • しかしNDD方式にはECN方式とSTP方式があり、より透明性が高いのはECN方式を採用しているECN口座になります。
  • ECN方式では複数の流動性プロバイダーからリアルタイムの価格が提供され、トレーダーは市場の実際の価格で取引を行うことができるので、価格操作のリスクが少なく透明性が非常に高いと言えるでしょう。
  • STP方式も透明性は高いですが、一度FX会社を経由して注文処理が行われますので、その点について理解しておく必要があります。
  • 海外FX業界ではA-book(Aブック)やB-book(Bブック)という表現がありますが、ECN口座はA-book(Aブック)に該当すると理解しておくと良いと思います。

おすすめ記事海外FXのA-book(Aブック)とB-book(Bブック)の違いや特徴まとめ!

日本のFX会社なら金融庁から警告を受けていないので安全性が高くてFX初心者でも安心してトレードできますか?

回答

  • 国内FX会社と海外FX業者を比較する際に、海外FX業者は金融庁から警告を受けているので絶対に使うべきではないという人がいます。
  • 確かに海外FX業者について日本の金融庁は公式サイト上で警告を行っていますので、その点についての理解は間違っていません。
  • しかし金融庁が警告しているのは海外FX業者だけではなく、日本国内に拠点があるFX会社や投資会社(コンサルティング業含む)です。
  • 日本では金融商品取引業を行う際に、実際に取引を行う金融商品取引業について内閣総理大臣の登録を受ける必要があります。
  • それをしていない場合は国内の会社でも海外の業者でも同様に警告の対象になるということ。
  • また金融ライセンスを取得して運営されている国内FX会社の中にも金融庁から指導を受けている会社もあります。
  • どっちが良い悪いではなく、自分に合っているのはどっちかという視点で考えるのが良いと思いますよ。

ECN口座を開設するなら、国内FX会社と海外FX業者ではどちらがおすすめですか?

回答

  • ECN口座を開設してFXなどの金融商品のトレードを行うなら、間違いなく海外FX業者がおすすめです。
  • 海外FX業者がおすすめな理由はいくつかありますが、大きな部分では最大レバレッジの高さとゼロカットシステム、ロスカット水準の低さがあげられます。
  • どれでもFXで大きく稼ぐために必要な条件ですが、上記を比較した場合、間違いなく国内FX会社よりも海外FX業者の方が優れた取引環境を提供しています。
  • 海外FX業者は出金トラブルが多いと言われた時期もありましたが、世界的な大手海外FX業者を選ぶことで、不当な理由で出金拒否されることはありません。
  • 重要なのはどのような基準で海外FX業者を選ぶのかということをしっかり理解しておくことです。

海外FX業者だから不当な理由で口座凍結されて出金できない状態になるということはありません。

国内FX会社でも海外FX業者でも大手はすべて金融ライセンスを取得して様々な規制を受けているので、自社の身勝手な行動は許されないということ。

間違ったFX会社選びをしなければ大きなトラブルに巻き込まれることはないでしょう。

NDD方式を採用している海外FX業者には、ECN口座とSTP口座があるので、それぞれの特徴や違い、メリット・デメリットはこの記事を参考にしてください。

おすすめ記事海外FXのECN口座とは?STP口座との違いを比較、メリットやデメリットまとめ!

日本人投資家におすすめな海外FX業者の最新ランキング

ここからは日本人投資家におすすめな海外FX業者ランキングを紹介していきます。

FX会社ごとに様々な特徴がありますし、日本人がアカウント登録や口座開設ができる海外FX業者は100社以上もあるのでどこが良いのかわからないかもしれません。

多くのFX会社があると目移りする人もいると思いますので、このサイトでは特におすすめの業者のみ厳選して紹介しています。

あなたが海外FX業者を選ぶ際の参考になるような情報満載ですので、しっかりチェックしてください。

XMTrading(XMトレーディング)│海外FX業者おすすめランキング1位

XMTrading(XMトレーディング)│海外FX業者おすすめランキング1位

海外FX業者おすすめランキング1位はXMTrading(XMトレーディング)です。

XMTrading(XMトレーディング)のおすすめポイントを紹介すると、

おすすめポイント

  • 最も多くの日本人が口座開設をしており、海外FXをする人の約7割とも言われている。
  • FX初心者でも安心できる日本語サポートがあり、ライブチャットは平日9時〜21時、メールサポートは24時間受付しており回答は1営業日とスムーズに返信してもらえる。
  • 口座開設ボーナスが13,000円、入金ボーナスが最大10,500ドル分もらえる。
  • 金融ライセンスはセーシェル諸島発行の証券ディーラーライセンス番号SD010を取得している。
  • 最大レバレッジは1,000倍まで可能なのでハイレバトレードもできる。
  • 口座タイプは4種類あり、スキャルピング向きのKIWAMI極口座もある。
  • 100種類以上の金融商品や仮想通貨CFD、株式CFDなどの取引が可能。

XMTrading(XMトレーディング)の基本スペックをまとめて紹介すると、

口座開設ボーナス入金ボーナスレバレッジ
13,000円最高10,500ドル最大1,000倍
スプレッド金融ライセンスゼロカット
平均1.6pipsセーシェル政府適用あり
入金方法出金方法日本語サポート
8種類6種類平日9時〜21時

始めての海外FX業者でどこに口座開設しようと悩んでいるなら、XMTrading(XMトレーディング)を選んでおけば失敗はありません。

\口座開設で13,000円のボーナスがもらえる/

XMTradingで今すぐ口座開設をする

公式サイト:https://www.xmtrading.com/
 

XMTrading(XMトレーディング)の運営会社や取得している金融ライセンスの情報、開設可能な口座タイプに関してはこれらの記事を参考にしてください。

Exness(エクスネス)│海外FX業者おすすめランキング2位

Exness(エクスネス)│海外FX業者おすすめランキング2位

海外FX業者おすすめランキング2位はExness(エクスネス)です。

Exness(エクスネス)のおすすめポイントを紹介すると、

おすすめポイント

  • 最大レバレッジは無制限なので、非常に資金効率のよいトレードができる。
  • 証拠金維持率が0%になるまでロスカット(ストップアウト)されない。
  • FX初心者でも安心できる日本語サポートがあり、ライブチャットは平日8時〜24時、メールサポートは24時間受付しており回答は1営業日とスムーズに返信してもらえる。
  • 金融ライセンスはセーシェル諸島発行の証券ディーラーライセンス番号SD025を取得している。
  • 取引手法やポジションに関する制限が一切なく、自由な取引環境が用意されている。
  • 口座タイプは3種類あり、いずれもFX業界の平均以下のスプレッドが適用されてる。
  • ボーナスは一切もらえないがスキャルピング向きの口座タイプが用意されている。

Exness(エクスネス)の基本スペックをまとめて紹介すると、

口座開設ボーナス入金ボーナスレバレッジ
なしなし無制限
スプレッド金融ライセンスゼロカット
平均1.7pipsセーシェル政府適用あり
入金方法出金方法日本語サポート
11種類11種類平日8時〜24時

自由な取引環境を求める人、投資資金の効率を最大化したい人におすすめなのがExness(エクスネス)です。

\無制限レバレッジ+狭いスプレッドが魅力的/

Exness(エクスネス)で今すぐ口座開設する!

公式サイト:https://www.exness.com/
 

Exness(エクスネス)の運営会社や取得している金融ライセンスの情報、開設可能な口座タイプに関してはこれらの記事を参考にしてください。

FXGT(エフエックスジーティー)│海外FX業者おすすめランキング3位

FXGT(エフエックスジーティー)│海外FX業者おすすめランキング3位

海外FX業者おすすめランキング3位はFXGT(エフエックスジーティー)です。

FXGT(エフエックスジーティー)のおすすめポイントを紹介すると、

おすすめポイント

  • 口座開設ボーナスが15,000円、入金ボーナスが最大128万円分もらえるなど、とにかく高額なボーナスがおすすめ。
  • FX初心者でも安心できる日本語サポートがあり、ライブチャットもメールサポートも24時間対応している。
  • 口座タイプが6種類もあるので、好みの取引口座を開設して、様々な取引手法を実践できる。
  • スワップフリーなので長期トレードにも向いている。
  • 金融ライセンスはセーシェル諸島発行の証券ディーラーライセンス番号SD019やCySEC(キプロス証券取引委員会)発行の382/20、バヌアツ金融サービス委員会(VFSC)発行の700601など多数取得している。
  • 最大レバレッジは1,000倍まで可能なのでハイレバトレードもできる。
  • 仮想通貨CFDが充実しており、63種類もの取引銘柄のトレードができる。
  • 出金時間が早くて出金面でストレスを感じにくく、出金に関する評判は良いものが多い。
  • 投資家の資金は高格付けの優良銀行に分別管理で会社の運転資金とは完全に分離して管理されている。
  • 独自のブローカー向け賠償責任保険に加入しており、最大1,000,000ユーロ(約1億円)までのリスク保証がある。

FXGT(エフエックスジーティー)の基本スペックをまとめて紹介すると、

口座開設ボーナス入金ボーナスレバレッジ
15,000円最大128万円最大1,000倍
スプレッド金融ライセンスゼロカット
平均1.8pipsセーシェル政府適用あり
入金方法出金方法日本語サポート
11種類11種類24時間対応

高額なボーナスが欲しい人や仮想通貨CFDの取引をしたい人におすすめなのがFXGTです。

\15000円の口座開設ボーナスがもらえる/

FXGTの公式サイトをチェックする!

公式サイト:https://fxgt.com/
 

FXGT(エフエックスジーティー)の運営会社や取得している金融ライセンスの情報、開設可能な口座タイプに関してはこれらの記事を参考にしてください。

AXIORY(アキシオリー)│海外FX業者おすすめランキング4位

AXIORY(アキシオリー)│海外FX業者おすすめランキング4位

海外FX業者おすすめランキング4位はAXIORY(アキシオリー)です。

AXIORY(アキシオリー)のおすすめポイントを紹介すると、

おすすめポイント

  • 全額信託保全ありで最大2万ユーロまでの補償サービスがある。
  • FX初心者でも安心できる日本語サポートがあり、ライブチャットは平日9時〜24時、メールサポートは24時間受付しており回答は1営業日とスムーズに返信してもらえる。
  • 口座タイプが5種類あるので、好みのものを選ぶことができる。
  • 海外FX初心者から上級者まで使えると評判のFX会社。
  • 金融ライセンスはベリーズ政府発行のライセンスNo. 000122/405を取得している。
  • 最大レバレッジは400倍と少し低めに設定されている。
  • 海外FX業者の中でもトップクラスのスプレッドの低さ。
  • 約定力は99.99%と非常に高く、スキャルピングにも向いている。
  • スキャルピングの制限がなく、EA(自動売買)での取引も可能。

AXIORY(アキシオリー)の基本スペックをまとめて紹介すると、

口座開設ボーナス入金ボーナスレバレッジ
なし不定期開催最大400倍
スプレッド金融ライセンスゼロカット
平均1.8pipsベリーズ政府適用あり
入金方法出金方法日本語サポート
10種類8種類平日9時〜24時間

高い約定力と非常に狭いスプレッドで様々な金融商品のトレードをしたい人におすすめなのがAXIORY(アキシオリー)です。

\狭いスプレッドと99.99%の約定力が人気/

AXIORYの公式サイトをチェックする!

公式サイト:https://www.axiory.com/
 

海外FX業者の口座開設やトレードをしようと思っているけど、どうすればよいのかがわからない人はこの記事を参考にしてください。

おすすめ記事海外FXの始め方、評判の良いおすすめ海外口座はどのFX会社か?

海外FXは稼ぎ過ぎで口座凍結され出金できないことがあるのかの記事まとめ

この記事では海外FX業者の中には稼ぎすぎだけを理由にして口座凍結されることがあるのか。

口座凍結されると出金できないなど出金トラブルになる可能性が高いのかについて説明してきました。

まとめ

  • 海外FX業者でも国内FX会社でも稼ぎすぎだけを理由にして口座凍結や出金拒否されることはほとんど考えられない。
  • 海外FXでは国内FXよりも利用規約の適用条件が厳しく、悪質なトレーダーは口座凍結されて排除されやすい傾向がある。
  • 海外FX業者の利益構造を見るとトレーダーの排除よりも、取引回数を増やしてもらったほうが儲かる仕組みになっている。
  • 正規の金融ライセンスを取得しているFX会社はライセンス発行国の金融庁にあたる政府機関の規制下にあるので、不当な理由で口座凍結できない状態で運営されている。
  • 不当な理由で口座凍結や出金拒否をしていると金融ライセンスが剥奪されたり更新停止になり、真っ当なサービスを提供できなくなる。
  • 不当な理由で口座凍結され出金できない状況を避けたいなら、複数の金融ライセンスを取得している大手海外FX業者を選ぶと安心してトレードできる。
  • 注文方式の違いによりDD方式を採用している国内FX会社の方が稼ぎすぎで出金拒否される可能性が高いと言われていた時代もあるが現在はそこまで大きな違いはない。

<<稼ぎすぎで口座凍結されない理由>>

  • 一般的な海外FX業者では金融ライセンスを取得してライセンス発行機関の規制を受けている。
  • 出金限度額が10,000,000ドル(約15億円)や無制限など高額な出金ができる環境が用意されている。
  • 海外FX業者の収入の柱はスプレッドや取引手数料なのでトレーダーとFX会社の利益は相反関係ではない。

<<国内FX会社利用時の注意点>>

  • 国内FX会社はDD方式なので、ノミ行為が行われていたりストップ狩りのリスクがある。
  • 国内FX会社に出金拒否された場合は、金融庁に相談すると解決できる可能性が高い。
  • 国内FX会社は出金拒否をするよりも追証獲得を目指した方が安定的な収益に繋がる。
  • 国内FX会社にはゼロカットシステムがないので、相場が荒れると借金を抱えるリスクがある。

<<海外FX業者で多い口座凍結の理由>>

  • 複数アカウントの登録や利用を行うこと。(重複IPアドレスもNG)
  • 複数口座間や他の海外FX業者の取引口座間で両建て取引をすること。
  • 裁定取引(アービトラージ)をすること。
  • ゼロカットシステムの悪用や乱用をすること。
  • ボーナスやシステムの隙を狙った取引や乱用をすること。
  • 他人名義の取引口座を使用してトレードをすること。
  • 他人名義のクレジットカードや銀行口座から入金すること。

海外FX業者だから稼ぎすぎという不当な理由で口座凍結されるということはありません。

FX会社が口座凍結するのは利用規約違反の禁止事項や禁止行為を行う悪質なトレーダーと判断したから。

海外FX業者の場合は、不正利用や悪質なトレーダーは口座凍結して排除するのが基本ルールなので、国内FX会社よりも厳しいルール運用が行われていると理解しておきましょう。

この記事でもいくつかの海外FX業者を紹介してきましたが、最も多くの日本人トレーダーが登録しているのがXMTradingです。

海外FX業者で口座開設をしている人の7割がXMTradingの口座を開設していると言われるほど。

XMTradingはNDD方式でゼロカットシステムが導入されているので、透明性が高く追証のリスクなくトレードをすることができます。

当サイト経由でXMTradingの新規口座を行うことで、13,000円分の口座開設ボーナスと入金額の100%マッチで最高500ドルの初回入金ボーナス(総額10,500ドル)をもらえて非常にお得です。

まずは口座開設ボーナスを使ってXMTradingの約定力の高さやリアルなトレードを実感してみてください。

\口座開設で13,000円のボーナスがもらえる/

XMTradingで今すぐ口座開設をする

公式サイト:https://www.xmtrading.com/
 

国内FX会社よりも多くの取引チャンスがあり、多くの金融商品をリスクなくハイレバトレードができると評判の海外FX業者。

どのような違いや特徴があるのか、何を基準に会社選びを行えばよいのかなどの情報を知りたい人はこの記事を参考にしてください。

おすすめ記事海外FX業者のおすすめはどこか?最新版の徹底比較ランキングで紹介します!

-海外FX業者
-, , ,

XMTrading