XMTrading

XMの出金日数は?土日の出金は遅いしすぐ反映されないって本当?

XMの出金日数は?土日の出金は遅いしすぐ反映されないって本当?

XMTradingの出金時間や出金日数は即日反映されるほどスムーズに着金するのか。

海外FX業者は出金拒否や出金トラブルが多いという噂や悪い評判もあるので、実際に着金するまで安心できないという人もいると思います。

この記事でわかること

  • XMTradingの出金方法ごとの出金時間や出金日数の目安、スムーズに着金するのかについて。
  • XMTradingで出金時間や出金日数が早くすぐに着金するおすすめの出金方法について。
  • XMTradingの基本的な出金ルールがどのように設定されているのかについて。
  • XMTradingで出金時間が遅い場合や出金日数がかかり反映されない場合の原因や理由について。

土日や祝日に行った出金申請は処理時間は遅いし、すぐに反映されないという噂は本当なのか?

海外FX業者でも多くの日本人トレーダーに愛用され、人気が高いXMTradingの実際の出金反映日数について詳しく紹介します。

出金先として利用できる銀行と利用できない銀行の条件についても知っておくと、スムーズに着金してATMで引き出してすぐに現金化することができるようになりますよ。

\口座開設で13,000円のボーナスがもらえる/

XMTradingで今すぐ口座開設をする

公式サイト:https://www.xmtrading.com/
 

>>XMTradingの口座開設して有効化することでもらえる口座開設ボーナスの詳細はこの記事を参考にしてください。

おすすめ記事XMTradingの口座開設ボーナスの受け取り方や出金条件などの注意点まとめ!

目次

XMTradingの出金方法ごとの出金処理時間や出金日数、着金時間の目安はどうなっているのか?

まず最初にXMTradingの出金方法ごとの処理時間や出金日数、着金時間の目安など気になる情報を最初に紹介していきます。

国内銀行送金・ビットウォレット(Bitwallet)などのオンラインウォレット・クレジットカードという3つの出金方法ごとの詳細情報を紹介しますので、着金日数の目安を知りたい人必見です。

下記はあくまでも一般的な出金日数の話になるので、状況によっては早い人や遅い人もいますので、あくまでも参考程度にしてください。

XMTradingの国内銀行送金(銀行出金)の出金日数や出金手数料などの目安はどのくらいか?

まず最初にXMTradingで国内銀行送金(銀行出金)で出金した場合の出金日数や出金手数料などの目安を紹介すると、

出金処理時間出金日数(着金日数)出金手数料
24時間以内2〜5営業日40万円未満のみ2,500円

XMTradingから国内銀行送金で出金する場合の着金日数の目安は2〜5営業日になりますので、基本的に出金申請した即日に着金するわけではありません。

ただ中には出金申請した即日に着金したという報告もSNSに多数あるので、運が良い人は即日・普通は数日かかると覚えておいてください。

おすすめ記事XMTraingの発行銀行により不承認というメッセージの意味や対処法まとめ!

XMTradingのビットウォレット(Bitwallet)などのオンラインウォレットの出金日数や出金手数料などの目安はどのくらいか?

XMTradingでビットウォレット(Bitwallet)などのオンラインウォレットで出金した場合の出金日数や出金手数料などの目安を紹介すると、

出金処理時間出金日数(着金日数)出金手数料
24時間以内即時反映手数料無料

XMTradingからビットウォレット(Bitwallet)などのオンラインウォレットで出金する場合の着金日数の目安は即日です。

出金方法にビットウォレット(Bitwallet)を使用することでXMTradingの取引利益を他の海外FX業者の証拠金として使うことができるメリットも。

XMTradingのクレジットカードやデビットカードへの出金日数や出金手数料などの目安はどのくらいか?

XMTradingからクレジットカードやデビットカードへ出金した場合の出金日数や出金手数料などの目安を紹介すると、

出金処理時間出金日数(着金日数)出金手数料
24時間以内カード会社次第手数料無料

XMTradingからクレジットカードやデビットカードへ出金した場合の着金日数の目安はカード会社の規定による影響を受けますので、何日を明確に伝えることは難しいです。

返金処理が行なわれるのはカードの締め日になりますし、入金から90日以上経過している場合は、出金方法として使えないので注意が必要です。

おすすめ記事海外FXのクレジットカード出金はおすすめか?メリットデメリットまとめ!

XMTradingで出金日数や着金日数が早いおすすめの出金方法はどれか?

XMTradingから出金する際に出金日数や着金日数が早いおすすめの出金方法は国内銀行送金(銀行出金)です。

なぜ国内銀行送金で出金するのがおすすめなのかというと、

XMTradingでは取引利益の出金は国内銀行送金(銀行出金)と出金ルールが決まっているから!

XMTradingには様々な出金ルールが存在しており、その中でも取引利益に関する規定が最も重要になっています。

出金ルールについて

  • XMTradingで行ったトレードの結果、入金額以上に儲かった場合の出金方法は国内銀行送金(銀行出金)に限定されています。
  • その他の出金方法では入金額までしか出金できず、最終的に国内銀行送金で出金する必要があります。
  • また国内銀行送金では40万円未満出金時には2,500円の出金手数料がかかるので、入金方法と出金方法を合わせておくことでムダな出金手数料を支払わずに済む可能性も高まります。
  • 出金日数に関しても即日着金するような人もいるので、そこまで遅くないというのもおすすめポイントです。

XMTradingの国内銀行送金では出金上限金額も設定されていませんので、どこまで大きな利益になっても出金申請は1回にまとめることもできます。

このような部分から総合的に判断するとおすすめの出金方法は国内銀行送金になるということ。

おすすめ記事XMTradingの40万円未満の銀行送金での出金はソニー銀行がおすすめな理由まとめ

他の海外FX業者を使っている人にはオンラインウォレットのビットウォレット(Bitwallet)がおすすめの出金方法です。

XMTrading以外にもExness(エクスネス)やFXGT(エフエックスジーティー)などの海外FX業者でトレードしている。

もしあなたがそのようなタイプならオンラインウォレットのビットウォレット(Bitwallet)がおすすめです。

Bitwalletについて

  • オンラインウォレットのビットウォレット(Bitwallet)は多くの海外FX業者に共通する入金方法や出金方法です。
  • XMTradingからの出金日数も即時反映されますし、そのまま他の海外FX業者に送金して、トレード資金(証拠金)として使うことができます。
  • また少額の出金でも出金手数料が無料なので余計なコストを気にせずに自由に送金できるメリットも。
  • 他にもBXONE(ビーエックスワン)、Apple Pay(アップルペイ)、SticPay(スティックペイ)などもあるので、オンラインウォレットで入出金している人も多いんです。

ただオンラインウォレットでは最大出金額が入金額までに限定されていますので、その点はあらかじめ理解しておいてください。

おすすめ記事XMTradingはボーナスのみで取引でき利益は全額出金できるって本当か?

\口座開設で13,000円のボーナスがもらえる/

XMTradingで今すぐ口座開設をする

公式サイト:https://www.xmtrading.com/

XMTradingの出金ルールや出金の優先順位はどうなっているのか?

XMTradingには様々な出金ルールが存在しており、出金の優先順位や出金可能上限金額など様々なことがルール化されています。

もしあなたがその出金ルールを守らずに出金申請をした場合、その出金申請は保留または却下され出金できない状態になるということ。

XMTradingで出金拒否されたという人の中にはこの出金ルールを守らずに出金申請してしまっている人もいるので重要な部分のみ紹介しておくと、

XMTradingでは出金方法ごとの優先順位が設定されており、それを守った出金申請を行う必要がある。

もしあなたが複数の入金方法を利用していたり、国内銀行送金以外の方法でXMTradingに入金した場合は、優先順位を守った出金申請を行う必要があります。

出金の優先順位について

  • XMTradingでは基本的に入金した方法で出金する必要がありますが、複数の入金方法で入金した場合の出金の優先順位はクレジットカード→オンラインウォレット→ 銀行口座の順になります。
  • 例えばクレジットカードで入金した場合は、入金額までしかクレジットカードに出金できない(入金の取引履歴を取り消す方法で出金扱いになるので)。
  • クレジットカードで入金額以上の利益が出た場合は、他の方法で出金する必要があり、先ほどの優先順位が適用されます。

複数の入金方法を使っている場合は少し計算が面倒になりますし、出金方法ごとにいくらまで出金できるのかを覚えておく必要があります。

これが面倒なので、XMTradingでは入金方法にも国内銀行送金を使うのがおすすめだと私は考えているということ。

XMTradingで行った取引で得た利益は全て国内銀行送金でしか出金できない。

もうひとつ覚えておいて欲しい出金ルールが取引利益に関するものです。

取引利益について

  • XMTradingでは国内銀行送金以外の出金方法で出金できる最高額は入金額までになっています。
  • トレードの結果、取引利益を得た場合は必ずその金額は国内銀行送金で出金する必要があります。
  • 国内銀行送金は40万円未満の出金申請時には2,500円の出金手数料がかかること、最低出金額が10,000円に設定されていますので、それをクリアできないと出金することができません。

ここでも少しややこし感じがします。

総合的に判断すると、やはりXMTradingには国内銀行送金で入金して、国内銀行送金で出金するというのが一番ベターだと思いませんか?

おすすめ記事XMTradingの国内銀行送金がBXONEになる理由と入金方法や注意点まとめ!

XMTradingで出金時間が遅い場合や出金日数がかかり反映されない場合の原因や理由は何があるのか?

XMTradingでは正しいルールに則った出金申請を行えば、基本的に基本的に24時間以内に出金処理が行われ随時着金していきます。

しかし間違った方法で出金申請を行っていたり、出金ルールを守らない出金申請を行った場合はすぐに出金されないことも。

決して不当な理由で出金拒否をするような海外FX業者ではありませんが、出金処理時間や出金日数がかかってしまうと不安になりますよね。

具体的にどのような理由や原因で出金日数がかかる可能性があるのかというと、

スムーズに出金されない理由

  1. 出金先の銀行口座に関する情報に誤りがある。
  2. 出金先の銀行が営業時間外で着金処理が行われない。
  3. 出金できない銀行(国際送金非対応)の銀行を出金先に指定している。
  4. クレジットカード会社の返金処理に日数がかかっている。
  5. 証拠金維持率が150%を下回るポジションを保有した状態で出金申請している。
  6. 過去に利用規約違反をしたことがあり出金承認に時間がかかっている。
  7. 高額出金の場合は出金手続きに時間がかかる場合もある。
  8. 出金審査部門に出金申請が大量に押し寄せ処理に時間がかかっている。

上記のような理由や原因でXMTradingでの出金処理時間がかかり、すぐに出金が反映されないことがあります。

それぞれどのような状態なのか紹介していきますので、スムーズに出金されない場合の参考にしてください。

出金先の銀行口座に関する情報に誤りがある。│XMの出金日数が遅い理由

XMTradingで出金処理が遅く出金日数がかかる場合、出金先の銀行口座に関する情報に誤りがある可能性があります。

銀行情報の間違いについて

  • XMTradingから国内銀行送金で出金する場合に、銀行口座に関する情報が間違っていると出金申請が処理されることはありません。
  • どの銀行に出金したのかはマイページにある出金画面内の【 処理中の出金 】で確認することができます。
  • あまりにも出金処理が遅い場合は一度そこで指定した出金先の銀行に関する情報に間違いがないか確認してください。
  • まだXMTrading側で送金手続きが終わっていない場合は、組み戻し手続きを行うことで、指定先の銀行口座に出金することができます。

出金先に銀行口座情報に誤りがある場合は、XMTradingから連絡が来ますがまだの場合は、早めに日本語サポートスタッフに連絡してください。

無駄な組戻し手数料や出金するまで余計な日数が掛かる可能性もあるので、24時間経過しても処理されていない場合などは早めの確認がおすすめです。

出金先の銀行が営業時間外で着金処理が行われない。│XMの出金日数が遅い理由

XMTradingで出金処理が遅く出金日数がかかる場合、出金先の銀行が営業時間外で着金処理が行われていない可能性があります。

営業時間外について

  • XMTradingから出金先に指定した銀行が営業時間外やお休みの場合は、着金処理が行われません。
  • 土日でもXMTradingで出金申請は可能ですが、処理され反映されるのは翌営業日以降になり、銀行出金時の着金日数の目安は5営業日となっています。
  • 土日や祝日を挟んだり、ゴールデンウィークや年末年始などの長期休暇時には着金までの日数が多めにかかるので、その点は十分に理解して出金申請を行うようにしてください。

土日や祝日などを挟んだ出金申請は平日に行った場合よりも遅くなるので、その点はあらかじめ理解しておいてください。

おすすめ記事XMTradingの取引時間一覧、FXやCFDの今月の開場時間や閉場時間まとめ!

出金できない銀行(国際送金非対応)の銀行を出金先に指定している。│XMの出金日数が遅い理由

XMTradingで出金処理が遅く出金日数がかかる場合、出金できない銀行(国際送金非対応)の銀行を出金先に指定している可能性があります。

出金できない銀行について

  • XMTradingの国内銀行送金(銀行出金)は国際送金になるのでスイフトコード(SWIFTコード)がある銀行にしか出金できません。
  • 具体的にどの銀行が出金できないのかというと、ゆうちょ銀行・SBI新生銀行・イオン銀行・みずほ銀行(ネット支店)・PayPay銀行(旧ジャパンネット銀行)・セブン銀行・じぶん銀行・みずほ銀行銀行(インターネット支店のみ)など。
  • また金融庁の規制が強化されており、さらに出金先として利用できない銀行が増える傾向があるので、その点も理解しておいてください。

ネットバンク系では海外FX業者への入出金の規制強化を公式サイトで宣言しているサイトもあるので、そういった情報も確認しておいてください。

年々、銀行口座の開設が厳しくなっていますので、今の段階で複数の銀行口座を開設しておくと安心かもしれません。

クレジットカード会社の返金処理に日数がかかっている。│XMの出金日数が遅い理由

XMTradingで出金処理が遅く出金日数がかかる場合、クレジットカード会社の返金処理に日数がかかっている可能性があります。

クレジットカード会社の処理について

  • XMTradingからクレジットカードやデビットカードを使った出金申請は基本的に24時間以内に処理されます。
  • しかし実際の処理が行われるのはカード会社によって異なり、月末に終わる場合もあれば2〜3ヶ月掛かってしまうようなカード会社も。
  • これはもうXMTradingの手を離れているので、カード会社が自社の規定に従って行っていることなので、処理されるのを待つしかありません。

焦って連絡しても手続きが早まることもないですし、そもそもカード会社からすればキャンセル処理は基本的に行いたくないこと。

あなたのクレジットカードの利用履歴にキズが付くようなことも考えられますので、大人しく待っておくのが得策です。

おすすめ記事XMTradingで使えるおすすめデビットカードと使えないのや出金方法などの情報まとめ!

証拠金維持率が150%を下回るポジションを保有した状態で出金申請している。│XMの出金日数が遅い理由

XMTradingで出金処理が遅く出金日数がかかる場合、証拠金維持率が150%を下回るポジションを保有した状態で出金申請している可能性があります。

証拠金維持率について

  • XMTradingでは保有中のポジションがある場合の出金ルールとして、平日は証拠金維持率が150%を超えていること、週末は証拠金維持率が400%を超えていることと定義しています。
  • もし平日に保有しているポジションの証拠金が20万円分なら、有効証拠金として30万円以上は必要になるということ。
  • 証拠金維持率は相場次第で日々変動しますので、基本的にXMTradingから出金する場合は、全てのポジションを決済してからがベターだと思います。

XMTradingは不当な理由で出金拒否しない海外FX業者として有名なので、焦って出金する必要もないと思います。

過去に利用規約違反をしたことがあり出金承認に時間がかかっている。│XMの出金日数が遅い理由

XMTradingで出金処理が遅く出金日数がかかる場合、過去に利用規約違反をしたことがあり出金承認に時間がかかっている可能性があります。

利用規約違反について

  • XMTradingも含めて全ての海外FX業者では利用規約違反に対して非常に厳しい態度をとっており、過去に利用規約違反を指摘されている場合は通常よりも厳しい審査が行われることがあります。
  • XMTradingの複数口座間で行う両建て取引を行うこと。
  • XMTradingと他のFX会社の口座間で行う両建て取引を行うこと。
  • XMTradingの他のトレーダーと共謀して行う両建て取引を行うこと。
  • アービトラージ(裁量取引)を行うこと。
  • 接続遅延やレートエラーを狙った取引を行うこと。
  • AIやツールなどを利用した取引を行うこと。
  • 窓開けや窓埋めのタイミングのみを狙った取引を行うこと。
  • 経済指標や雇用統計発表時のみを狙ったハイレバトレードを行うこと。
  • XMTradingロイヤリティポイントやボーナスの不正取得、乱用や悪用を行うこと。
  • 同じ個人情報で異なるメールアドレスを使って複数アカウントの登録を行うこと。
  • チャージバックの仕組みを悪用して入金額をなかったことにすること。

上記に該当するような行為があれば出金日数がかかってしまっても仕方がありません。

ただ過去に利用規約違反を行った人でも、現在の取引内容に問題がなければ出金拒否され出金できないということはないので、その点は安心してください。

おすすめ記事XMTradingの禁止事項や注意点は?利用規約違反の禁止行為は何があるのか?

高額出金の場合は出金手続きに時間がかかる場合もある。│XMの出金日数が遅い理由

XMTradingで出金処理が遅く出金日数がかかる場合、高額出金の場合は出金手続きに時間がかかっている可能性があります。

高額出金について

  • XMTradingでは国内銀行送金の場合の出金限度額は設けていませんが、やはり高額出金になると取引内容のチェックや送金処理に時間がかかることがあります。
  • 例えば1,000万円の利益を出金する場合、1度で1,000万円の出金申請をするよりも、200万円を5回とか100万円を10回の方がスムーズに出金処理される傾向があります。
  • もちろん待っていれば1回の申請で1,000万円を出金した場合でも後日着金しますので、その点は誤解しないでください。

もし高額出金で5営業日以上経過しても着金しないような場合は、一度日本語サポートスタッフに状況確認してみてください。

そうすることでどのような手続き状況なのか、あとどれくらいで着金するのかわかりますので、不安な気持ちを抑えることができますよ。

出金審査部門に出金申請が大量に押し寄せ処理に時間がかかっている。│XMの出金日数が遅い理由

XMTradingで出金処理が遅く出金日数がかかる場合、出金審査部門に出金申請が大量に押し寄せ処理に時間がかかっている可能性があります。

出金部門の混雑について

  • XMTradingは世界的な大手金融ブローカーなので、出金審査部門の人員は強化されていますが、それ以上に多くのトレーダーが出金申請をした場合、通常よりも混雑して処理に時間がかかる場合もあります。
  • 特に年末年始やサマーバケーションの時期などは海外では長期休暇を取る人も多く、出金審査部門の出勤者が少なくなる傾向も。
  • そのようなタイミングで行われた出金申請は通常よりも時間がかかり、銀行送金の場合は営業日のみの着金となります。

大型連休時に出金申請する場合は、通常よりも時間がかかるものという理解をした上で行うようにしてください。

クリスマス休暇や年末年始にXMTradingがどのような営業体制だったのかはこの記事が参考になります。

おすすめ記事XMTradingの年末年始やクリスマスの取引時間まとめ│2023年〜2024年版

XMTradingから土日や祝日に行った出金申請は即日処理されるのか?

XMTradingでは土日や祝日(海外)では平日と異なった体制で運営していることもあり、出金時にも少し注意が必要です。

銀行出金時には営業日しか着金しないという話をしましたが、それ以前に理解しておくべきことがあります。

XMTradingの国内銀行送金で土日に出金した場合の対応はいつ行われるのか?

利用する海外FX業者によって様々な勤務体制を取っていますので、出金申請時も含めて営業体制については個別に理解しておく必要があります。

XMTradingでは特に銀行出金時に注意が必要で、

土日の銀行出金について

  • XMTradingでは土日や海外の祝日に行われた国内銀行送金(銀行出金)の処理が始まるのは翌営業日以降になります。
  • 土日に出金処理が進むことはなく翌営業日にスタッフが出勤してから、ずじ処理が行われていきますので、平日よりも着金までの日数がかかる傾向があります。

結局、XMTradingが土日に出金処理しても中間決済銀行や決済業者が平日のみしか動いていないので、そのような対応を行っていることを理解してください。

土日に行った銀行出金が着金するのは最短で月曜日以降ですので、週末にATMから出金化することはできません。

おすすめ記事XMTradingで土日に取引できる銘柄は?仮想通貨やスワップポイントはどうなる?

\口座開設で13,000円のボーナスがもらえる/

XMTradingで今すぐ口座開設をする

公式サイト:https://www.xmtrading.com/

XMTradingの出金時間や出金日数、出金反映時間に関するよくある質問まとめ!

この記事を読むことでXMTradingの出金方法ごとの出金日数の目安がどのくらいなのかということがわかったと思います。

出金日数が遅いと不安になる人もいますが、XMTradingは不当な理由で出金拒否しないと評判の海外FX業者です。

ここではXMTradingの出金日数や出金時間、銀行出金に関するよくある質問をまとめて紹介しますので、出金時の参考にしてください。

XMTradingから楽天銀行やソニー銀行、三井住友銀行に出金することはできますか?

回答

  • XMTradingの出金先として楽天銀行やソニー銀行、三井住友銀行を使うことはできますので、安心して出金先の銀行として指定してください。
  • XMTradingから楽天銀行やソニー銀行、三井住友銀行に出金した場合も通常の国際送金として着金しますので、出金日数の目安は2〜5営業日になります。
  • 高額出金でも楽天銀行やソニー銀行、三井住友銀行ならしっかり対応していますので、XMTradingの出金先としてもおすすめです。

XMTradingから出金できる銀行一覧を教えてください。

回答

  • XMTradingから出金できる銀行として現在確認されているのは、楽天銀行やソニー銀行、三井住友銀行や住信SBIネット銀行がおすすめです。
  • 大手メガバンクなら基本的に国際送金に対応(SWIFTコードあり)していますので、どこでも出金先として問題ないと思います。
  • ただ将来的に海外FX業者への規制が厳しくなれば、XMTradingが使っている決済業者の送金を拒否する銀行が出てくる可能性もあります。
  • 常に利用できる銀行の状況は変わっていますので、その点はあらかじめ理解しておいてください。

おすすめ記事XMTradingの口座タイプ比較、口座開設時にFX初心者におすすめの口座はどれ?

XMTradingから出金した金額が反映されるタイミングはいつになりますか?

回答

  • XMTradingから出金した金額が反映されるタイミングが利用する出金方法ごとに異なります。
  • Bitwalletなどのオンラインウォレットは出金当日、国内銀行送金は2〜5営業日、クレジットカードやデビットカードは月末や翌月以降などになっています。
  • 少しでも早い出金日数で選びたい場合は、Bitwalletなどのオンラインウォレットがおすすめですが、そこから銀行送金をした場合にも着金までに数日が必要になります。
  • また出金手数料も必要なので、それなら40万円以上にして国内銀行送金で銀行口座に直接出金申請をした方がスムーズに着金します。

XMTradingから国内銀行送金で出金する場合、地方銀行や信用金庫などでも出金先に指定することはできますか?

回答

  • XMTradingでは基本的にSWIFTコードがある金融機関であれば、国内銀行送金時の出金先として指定することができます。
  • 地方銀行でも信用金庫でもSWIFTコードがあれば出金方法として利用できると思いますが、まずは入金してみるのが良いと思います。
  • もし不安であれば国際送金に対応しているのか、銀行の窓口や支店、コールセンターなどに問い合わせてみることをおすすめします。

おすすめ記事XMTradingは1億でも出金できる?出金限度額が設定されているFX会社か?

XMTradingの出金申請にかかる時間はどのくらいですか?

回答

  • XMTradingでは公式サイトから簡単に出金申請を行うことができますので、出金申請にかかる時間は数分です。
  • 銀行コード・銀行名・SWIFTコードのいずれかを選択すれば、他の情報は即時反映するシステムが導入されていますので、入力間違いによる出金遅延が起こりにくくなっています。

XMTradingは国内銀行送金時の出金手数料が高いというのは本当ですか?

回答

  • 確かにXMTradingでは40万円未満の出金時の国内銀行送金の出金手数料は2,500円ほどかかりますので、無料で出金できる海外FX業者と比較すると高いと感じる人がいるのもわかります。
  • また銀行出金時には国際送金で出金されますので、被仕向送金手数料と中継銀行手数料が必要になります。
  • 最低出金額の10,000円を国内銀行送金で出金するとXMTrading以外の出金手数料も含めた総額は7,500円になることも。
  • 実質的な着金額が2,500円という非常に残念な状況も考えられますので、少額の出金時には手数料も考えて今行うべきか冷静に判断することをおすすめします。

おすすめ記事XMTradingの出金手数料は高い?節約方法や出金時のおすすめ銀行はどこなのか?

XMTradingから出金完了メールが届いたら国内銀行送金でもすぐに着金しますか?

回答

  • XMTradingから届く出金完了メールはあくまでもXMTrading側での出金処理が完了したことをお知らせするメールになります。
  • 国内銀行送金では5営業日以内に着金することがひとつの目安なので、出金完了メールが届いてもすぐに着金しているわけではありません。
  • 銀行口座への着金には数日かかるということを理解して銀行からの着金メールを待ってください。

XMTradingでは自分以外の第三者の銀行口座やオンラインウォレットに出金できますか?

回答

  • XMTradingを含めて全ての海外FX業者ではマネーロンダリング対策が徹底されており、口座名義人以外の銀行口座やオンラインウォレットの口座に出金することはできません。
  • 出金だけではなく、XMTradingに登録した名義人以外の名前では入金方法としても使えませんので、その点はあらかじめ理解しておいてください。
  • 例えば出金方法に国内銀行送金(Local Bank Transfer)を選んだ場合、デフォルトで受取人の名前がXMTradingの登録情報になっていますので、他の名義人を指定できなくなっています。

XMTradingに関して何かわからないことがあれば、日本語カスタマーサポートに相談することができます。

この記事を読んでも疑問点が解決できなかった人は、ライブチャットやメールで日本語カスタマーサポートに相談すればすぐに解決できるかもしれません。

XMTradingの日本語カスタマーサポートの営業時間や対応時間、対応状況に関してはこの記事を参考にしてください。

おすすめ記事XMTradingの日本語カスタマーサポートの対応内容や営業時間の情報まとめ!

\口座開設で13,000円のボーナスがもらえる/

XMTradingで今すぐ口座開設をする

公式サイト:https://www.xmtrading.com/

XMTrading(XMトレーディング)はどんなFX会社なのか、選ぶ理由やおすすめポイントは何があるのか。

XMTrading(XMトレーディング)はどんなFX会社なのか、選ぶ理由やおすすめポイントは何があるのか。

海外FX業者の中でも高額な口座開設ボーナスや豊富な入金ボーナスが用意されていることで日本人の人気が高いXMTrading(XMトレーディング)。

どのような特徴やおすすめポイントがあり、他のFX会社との違いは何かなどの基本情報を紹介します。

XMTrading(XMトレーディング)のFX会社としてのおすすめポイントを紹介すると、

おすすめポイント

  • 最も多くの日本人が口座開設をしており、海外FXをする人の約7割とも言われている。
  • FX初心者でも安心できる日本語サポートがあり、ライブチャットは平日9時〜21時、メールサポートは24時間受付しており回答は1営業日とスムーズに返信してもらえる。
  • 口座開設ボーナスが13,000円、入金ボーナスが最大10,500ドル分もらえる。
  • 金融ライセンスはセーシェル諸島発行の証券ディーラーライセンス番号SD010を取得している。
  • 最大レバレッジは1,000倍まで可能なのでハイレバトレードもできる。
  • 口座タイプは4種類あり、スキャルピング向きのKIWAMI極口座もある。
  • 100種類以上の金融商品や仮想通貨CFD、株式CFDなどの取引が可能。

XMTrading(XMトレーディング)の基本スペックをまとめて紹介すると、

口座開設ボーナス入金ボーナスレバレッジ
13,000円最高10,500ドル最大1,000倍
スプレッド金融ライセンスゼロカット
平均1.6pipsセーシェル政府適用あり
入金方法出金方法日本語サポート
8種類6種類平日9時〜21時

日本人の人気が高い海外FX業者で高額なボーナスが欲しい人や安心してトレードしたい人におすすめなのがXMTradingです。

XMTradingが取得している金融ライセンスや運営会社に関する情報はこの記事を参考にしてください。

おすすめ記事XMTradingは怪しい海外FX業者か?金融ライセンスや信託保全は大丈夫なのか?

XMTradingの出金日数は?土日の出金は遅いしすぐ反映されないって本当なのかの記事まとめ。

この記事ではXMTradingの出金方法ごとの出金日数がどのくらいかかるのか。

土日に行った出金申請がいつ処理されていつ着金するのか、出金反映が遅い場合にはどのような原因が考えられるのかということについて説明してきました。

まとめ

  • XMTradingの出金処理は通常24時間以内に行われるが着金するまでの日数は出金方法ごとに異なる。
  • 国内銀行送金は5営業日以内、ビットウォレットなどのオンラインウォレットは即日、クレジットカードはカード会社の規定次第(最長で3ヶ月程度かかる場合も)
  • 出金日数や着金日数が早いおすすめの出金方法は国内銀行送金(Local Bank Transfer)で、運が良ければ平日なら即日着金する場合もある。
  • 国内銀行送金で出金する場合、40万円未満だと2,500円の出金手数料が必要になる。
  • 出金ルールを守らない出金申請は保留されたり、出金拒否され出金できない。
  • XMTradingでは土日や海外の祝日に行われた国内銀行送金(銀行出金)の処理が始まるのは翌営業日以降になる。
  • 出金先としておすすめの銀行は楽天銀行やソニー銀行、三井住友銀行になるが、40万円未満の出金申請時はソニー銀行一択になる。
  • XMTradingではSWIFTコードがない金融機関を出金先に選ぶことはできない。

<<出金ルール>

  • 取引利益は国内銀行送金でしか出金できない(各出金方法の最大出金額は入金額までになっている)
  • 出金の優先順位はクレジットカード→オンラインウォレット→国内銀行送金と決まっている。

<<出金反映が遅い理由や原因>>

  • 出金先の銀行口座に関する情報に誤りがある。
  • 出金先の銀行が営業時間外で着金処理が行われない。
  • 出金できない銀行(国際送金非対応)の銀行を出金先に指定している。
  • クレジットカード会社の返金処理に日数がかかっている。
  • 証拠金維持率が150%を下回るポジションを保有した状態で出金申請している。
  • 過去に利用規約違反をしたことがあり出金承認に時間がかかっている。
  • 高額出金の場合は出金手続きに時間がかかる場合もある。
  • 出金審査部門に出金申請が大量に押し寄せ処理に時間がかかっている。

XMTradingでは基本的に24時間以内の出金処理が行われますが、実際の出金日数は利用する出金方法ごとに異なります。

決して出金時間が遅い海外FX業者ではありませんが、国内銀行送金時には多少ゆとりを持った出金申請が必要です。

不当な理由で出金拒否するような怪しい海外FX業者ではないので、その点は安心してください。

最も多くの日本人トレーダーに支持されている海外FX業者なので、FXデビューの初心者でも安心してトレードすることができると思いますよ。

XMTradingはNDD方式でゼロカットシステムが導入されているので、透明性が高く追証のリスクなくトレードをすることができます。

当サイト経由でXMTradingの新規口座を行うことで、13,000円分の口座開設ボーナスと入金額の100%マッチで最高500ドルの初回入金ボーナス(総額10,500ドル)をもらえて非常にお得です。

まずは口座開設ボーナスを使ってXMTradingの約定力の高さやリアルなトレードを実感してみてください。

\口座開設で13,000円のボーナスがもらえる/

XMTradingで今すぐ口座開設をする

公式サイト:https://www.xmtrading.com/
 

国内FX会社よりも多くの取引チャンスがあり、多くの金融商品をリスクなくハイレバトレードができると評判の海外FX業者。

どのような違いや特徴があるのか、何を基準に会社選びを行えばよいのかなどの情報を知りたい人はこの記事を参考にしてください。

おすすめ記事海外FX業者のおすすめはどこか?最新版の徹底比較ランキングで紹介します!

-XMTrading
-, , , , ,

XMTrading