Exness(エクスネス)

Exness(エクスネス)のリブランディングは取引環境に影響する?

Exness(エクスネス)のリブランディングは取引環境に影響する?

Exness(エクスネス)が2024年1月に行ったリブランディングは投資家や取引環境に何か大きな影響が出るのか?

そもそもどんなリブランディングが行われたのか、その詳細情報が気になる人もいると思います。

この記事でわかること

  • 2024年1月にExness(エクスネス)が行った今リブランディングで投資家や取引環境にどんな影響があるのか。
  • 何を目的にExness(エクスネス)は今回のリブランディングを行ったのか。
  • リブランディングの影響で一般利用規約が改悪されたり、取引環境の悪化など余計なトラブルは発生していないか。

海外FX業者で不定期に行われることがある大幅なリブランディングの影響は誰もが気になるポイントのひとる。

Exness(エクスネス)は今回のリブランディングで、ブランドロゴの刷新を含めた大幅な変更も含めサービスの強化を目指しています。

2024年1月のリブランディングでトレーダーや投資環境にどのような影響があるのかも含めて詳しく説明しますので、気になっている人はチェックしておいてしてください。

\最大レバレッジは無制限/

Exness(エクスネス)で今すぐ口座開設する!

目次

Exness(エクスネス)のリブランディングはトレーダーにどのような影響があるのか?

2024年1月に海外FX業者のExness(エクスネス)が創設16年目を迎えたことで発表したのがリブランディングを行うということ。

どのような目的でリブランディングが行われ、トレーダーにはどのような影響があるのか。

リブランディングの影響について

  1. 投資家が行うトレードや取引条件に影響があるのか?
  2. 取引プラットフォームの刷新などの投資環境に変更があるのか?

この2点についてまずは説明していきたいと思います。

投資家が行うトレードや投資環境に影響があるのか?│Exnessのリブランディングの影響

Exness(エクスネス)のリブランディングの影響が投資家が行うトレードや取引条件に及ぶのかというと、

取引条件などについて

  • 今回のリブランディングでは取引条件などの変更は一切ないので、投資家が行うトレードに影響が出ることはありません。
  • 無制限レバレッジもゼロカットシステムも今まで同様に利用できますし、取引銘柄の追加や入出金方法の変更などもなく今まで通りのトレードを行うことができます。

取引条件が何も変わらないのにと思うかもしれませんが、意味や価値がなければ、わざわざリブランディングを宣言することはありません。

従来通り5種類の口座タイプで本取引口座を開設することができますので、その点も安心してください。

おすすめ記事Exness(エクスネス)の複数口座や追加口座の作り方や口座開設ルールまとめ!

取引プラットフォームの刷新などの投資環境に変更があるのか?│Exnessのリブランディングの影響

Exness(エクスネス)のリブランディングの影響が取引プラットフォームの刷新などの投資環境に及ぶのかというと、

取引環境について

  • Exness(エクスネス)ではリブランディング後も従来通りのMT4とMT5で口座開設することができます。
  • ExnessトレードやExnessターミナルも従来通りの状態で使うことができますし、新たに独自の取引プラットフォームが追加されたということはありません。

取引プラットフォームも含めて全ての取引環境が以前と変わらないのもうれしいポイントのひとつ。

Exness(エクスネス)は他の海外FX業者と違って独自の取引プラットフォームもあるので、これ以上追加する必要もないですよね。

現在使える取引プラットフォームを紹介すると、

取引プラットフォーム

  • MetaTrader 4(スマホ・パソコン)
  • MetaTrader 5(スマホ・パソコン)
  • Exnessトレードアプリ(スマホアプリ)
  • MetaTraderモバイル版
  • Exnessターミナル
  • MetaTraderウェブターミナル版

ここまで充実しているのもExness(エクスネス)の特徴のひとつなので、あなたにあった取引プラットフォームを利用することができます。

他にも公式サイトには注文時に役立つ投資カリキュレーターなどの計算ツールも用意されており、簡単に注文内容の確認ができますよね。

おすすめ記事Exness(エクスネス)の計算ツール(投資カリキュレーター)の機能や使い方の情報まとめ!

Exness(エクスネス)のリブランディング後も同じパーソナルエリアページが使えるのか?

ビジュアルイメージやブランドアイデンティティが変更された今回のリブランディング。

Exness(エクスネス)の公式サイトにあるパーソナルエリアページはどうなるのか知りたい人もいると思います。

パーソナルエリアについて

  • リブランディングによってパーソナルエリアページのビジュアルは刷新されますが、新たに変更や登録をする必要はありません。
  • また従来通りの取引プラットフォームへにアクセスできますので、トレード面への影響はないことが確認できます。

過去の入金歴や出金実績、注文履歴も含めたトレードに関する情報もそのままアクセスすることができます。

見た目が変わったことで若干違和感を感じる人もいるかもしれませんが、機能面ではいくつか改良が行われていますので、以前よりも使い勝手が良いはず。

リブランディング後のパーソナルエリアページの使い方などわからないことがある人は日本語サポートスタッフに相談してみてください。

おすすめ記事Exness(エクスネス)の日本語サポート体制や営業時間などの情報まとめ!

Exness(エクスネス)のリブランディングで何が大きく変わったのか?

ここまで説明してきた内容を確認すると、Exness(エクスネス)のリブランディングは何も変わっていない。

投資家にとってメリットのある変更をしていないのではないかと思うかもしれません。

ただひとつだけ大きく変わった部分があり、

Exness(エクスネス)のリブランディングではロゴが大きく変わり、ビジュアルイメージが刷新された。

Exness(エクスネス)のリブランディングではロゴが大きく変わり、ビジュアルイメージが刷新された。

左側の古いロゴから右側の新しいロゴへビジュアル面の刷新が行われています。

それだけと思うかもしれませんが、企業の新しいブランドイメージを作る上でブランドロゴの刷新は重要なポイントのひとつ。

本来であれば15周年記念で行えばよかったのですが、15周年記念のイベントを行うことなく、新たなブランド構築に力を入れた結果、今回のリブランディングに繋がったようです。

これまでの実績を振り返りつつ、新しいブランド価値を創出する姿勢を伝えるのが今回のリブランディングだということ。

プレミアプログラムなども従来通りの条件で利用できますので、還元プログラムも充実した状態で日々のトレードに役立てることができます。

おすすめ記事Exness(エクスネス)のプレミアプログラムの招待条件や昇格条件、特典まとめ!

Exness(エクスネス)のリブランディングの目的は何なのか?

Exness(エクスネス)のリブランディングの目的は新しいロゴを作ることではありません。

何のためにリブランディングを行ったのかは、公式ブログや公式サイトのヘルプセンターでも紹介されていますので、その一部を紹介すると、

Exness(エクスネス)がリブランディングをした理由は何か?

Exness(エクスネス)がリブランディングをした理由として説明しているのが、

リブランディングの理由

  • 少人数から始まったたExness(エクスネス)がグローバル企業へと成長し、 成熟期を迎えた姿を反映するためにブランドアイデンティティを刷新する必要がありました。
  • 現在のExness(エクスネス)の会社の規模がわかる情報を少し紹介すると、月間アクティブユーザー数は全世界で70万人を超えており、月間取引額は最高で4兆8,000億ドル超えと右肩上がりで成長し続けている。
  • 15年前に作ったロゴも大切ですが、今の企業スケールや時代に即したブランドロゴやブランドイメージを作ることで、さらなる成長を促すきっかけになりますよね。

Exness(エクスネス)の基本的な考え方は「なければ開発し、 あるなら改良します」ということなので、現状に立ち止まることなく常に進化している姿を見せる必要もあったのでしょう。

そのような背景があったからこそ、会社の顔とも言えるブランドロゴの刷新も含めて、大々的にリブランディングを行ったことを発表しています。

おすすめ記事Exness(エクスネス)のロスカット水準とマージンコール水準は?

Exness(エクスネス)のリブランディングで経営理念も変わるのか?

Exness(エクスネス)のリブランディングで経営理念が変わるのかというと、

経営理念について

  • Exness(エクスネス)のリブランディングに伴って、核となる理念が変更されることはなく、元々の経営理念がリブランディングや変化と進化を促す原動力の一端となっています。
  • 最良の状態を更新し、自社の強みを反映し続けることがExness(エクスネス)の基本理念のひとつ。
  • Exness(エクスネス)の経営理念はどのような事業を行って、顧客に価値観を提供するための中核の部分で、社風でありビジョンを鼓舞し導くために設定されています。

Exness(エクスネス)は他にはない優待スワップフリーステイタスやストップアウト保護機能など、顧客優先のサービスを提供しています。

今後もこのような独自サービスを提供し続けることで、他社との差別化と顧客満足度のアップを目指していくのでしょう。

強制ロスカットのリスクが低下するストップアウト保護機能に関してはこの記事が参考になります。

おすすめ記事Exness(エクスネス)はゼロカットシステム対応で追証や借金リスクなしで安全か?

Exness(エクスネス)のリブランディングで取引条件や取引環境の変更がなかったのか?

今回のリブランディングはビジュアル面をメインに行なったとはいえ、ここまで大々的に発表したのは不思議に感じた人もいると思います。

なぜ取引条件や取引環境の大幅な変更がなかったのか?

その理由は非常に簡単でExness(エクスネス)は常にアップデートを行って投資環境を改善し続けているから。

Exness(エクスネス)が2023年に行った取引条件や取引環境の変更ポイントは?

Exness(エクスネス)が2023年に行った取引条件や取引環境の変更ポイントの一部を紹介すると、

変更ポイント

  • 仮想通貨のリップルと日経平均株価が新たな取引銘柄として追加された。
  • 非鉄金属コモディティ銘柄に新規取引銘柄を5種類ほど追加している。
  • 国内銀行送金の入金上限金額を3,000ドルから30,000ドルに大幅増額している。
  • BinancePay(バイナンスペイ)を導入したことで仮想通貨での入金や出金が便利になった。
  • MT5の処理速度が200msから50〜60msに大幅にアップされた。
  • 無料VPSの速度を改善して、これまで以上にスムーズなトレードができるようになった。

このような取引環境のアップデートを日々行っていることで、今回のリブランディングではビジュアル面を中心に行えたということ。

Exness(エクスネス)は2024年も定期的に取引条件や取引環境のアップデートを行っていくはずですので、どんどん使いやすくなっていくと思います。

取引環境が改善されても利用規約違反の禁止行為が発覚すると、厳しい処分が行われますので十分に注意してください。

おすすめ記事Exness(エクスネス)の禁止事項は?利用規約違反で口座凍結や出金拒否されるって本当か?

Exness(エクスネス)のリブランディングに関するよくある質問まとめ!

この記事を読むことでExness(エクスネス)のリブランディングの内容がどのようなものだったのかということがわかったと思います。

ビジュアル面を刷新することが目的のリブランディングでしたが、取引環境の改善が日々行われていることは変わりません。

ここではExness(エクスネス)でリブランディングに関するよくある質問をまとめて紹介しますので、口座開設時の参考にしてください。

Exness(エクスネス)のリブランディングで無制限レバレッジは変更されましたか?

回答

  • 2024年1月に行われたExness(エクスネス)のリブランディングでは最大レバレッジや無制限レバレッジの条件も含めて取引条件の変更は一切行われていません。
  • 従来通りの取引条件や取引環境が継続して提供されていますので、全ての口座タイプで無制限レバレッジを使ったハイレバトレードを行うことができます。
  • また無制限レバレッジを使ったハイレバスキャルピングも問題ないので、これまで通りのレバレッジを使ったトレードを行うことができます。

Exness(エクスネス)のリブランディングで利用規約の改悪はありましたか?

回答

  • 今回のリブランディングは主にビジュアル面を刷新することを目的に行われていますので、一般利用規約については特に変更や修正は行われていません。
  • 利用規約は改悪されていないと理解して良いと思います。
  • ただ一般利用規約はいつでもExness(エクスネス)が見直したり、改善する権利を持っていますので、随時変更や修正が行われる可能性もあります。
  • 残念ながらExness(エクスネス)の利用規約は英語版しか公開されていませんので、翻訳ツールなどを使って日本語に訳して読むようにしてください。
  • 大幅な改悪を含む一般利用規約の変更があった場合は、メール等でも連絡があると思いますので、Exness(エクスネス)から届くメールは全て確認するようにしてください。

おすすめ記事Exness(エクスネス)の全銘柄の取引時間一覧、祝日の影響など金融商品ごとに徹底解説!

Exness(エクスネス)のリブランディングで出金時間や出金ルールの変更はありますか?

回答

  • Exness(エクスネス)のリブランディングでは出金ルールに関する変更点は報告されていません。
  • これまで通りの出金ルールが適用されますので出金申請時には必ず出金ルールをクリアしているのか確認するようにしてください。
  • また出金時間の変更もないので従来通りの出金スピードで出金申請が承認されます。
  • 元々出金時間の早いFX会社だったので、出金環境が従来通りのまま提供されるのは安心ですよね。

Exness(エクスネス)のリブランディングの大きな変更点はロゴだけですか?

回答

  • 今回のリブランディングはあくまでもビジュアル面の刷新を中心にしたものであり、一番わかりやすいのがExness(エクスネス)のロゴだということ。
  • パーソナルエリアページのビジュアルが若干変更されているなど、小さな変更や修正は行われています。
  • あくまでもこの先も世界的な小売ブローカーとして最先端のサービスを提供するための企業イメージの変更をメインにしたものだと思ってください。

おすすめ記事Exness(エクスネス)の口座タイプ比較、おすすめや違いまとめ!

Exness(エクスネス)のリブランディングはぶっちゃけトレーダーに影響はありますか?

回答

  • 正直なところ、今回のリブランディングはビジュアル面の刷新を目的に行われたものなので、トレーダーに大きな影響が出ることはありません。
  • 今後もFX業界や投資業界を引っ張っていくことを目的にブランドロゴやビジュアルイメージを大幅刷新したもの。
  • 取引条件も取引環境も取引プラットフォームも変更がなかったので、ぶっちゃけトレーダーの中にはリブランディングに気づかない人もいるでしょう。

Exness(エクスネス)のリブランディングで禁止行為や禁止事項に変更はありますか?

回答

  • Exness(エクスネス)のリブランディングでは一般利用規約も変更されていませんので、禁止行為や禁止事項も従来通りのままで変更されていません。
  • 今でも複数口座間の両建て取引も可能ですし、他のFX会社の取引口座間での両建て取引も問題ありません。
  • ハイレバスキャルピングも可能ですし、EA(自動売買システム)のロジックにスキャルピングを取り込んでも問題ありません。
  • 従来通りの柔軟な取引環境が提供されていますので、そこまで気にすることはないと思います。

Exness(エクスネス)は業界トップクラスの企業規模にも関わらず、常時サービスの改善を行っているFX会社。

世界で7つの金融ライセンスを取得していますし、売上もアクティブユーザー数も右肩上がりで成長しています。

決して怪しい会社が運営していたり、日本人におすすめできないFX会社ということはないので、その点は安心してください。

おすすめ記事Exness(エクスネス)は怪しいし危険性が高く日本人におすすめできないFX会社か?

Exness(エクスネス)はどんなFX会社なのか、選ぶ理由やおすすめポイントは何があるのか。

Exness(エクスネス)はどんなFX会社なのか、選ぶ理由やおすすめポイントは何があるのか。

海外FX業者の中でも数少ない無制限レバレッジが適用されていることで日本人にも人気のExness(エクスネス)

どのような特徴やおすすめポイントがあり、他のFX会社との違いは何かなどの基本情報を紹介します。

Exness(エクスネス)のFX会社としてのおすすめポイントを紹介すると、

おすすめポイント

  • 最大レバレッジは無制限なので、非常に資金効率のよいトレードができる。
  • 証拠金維持率が0%になるまでロスカット(ストップアウト)されない。
  • FX初心者でも安心できる日本語サポートがあり、ライブチャットは平日8時〜24時、メールサポートは24時間受付しており回答は1営業日とスムーズに返信してもらえる。
  • 金融ライセンスはセーシェル諸島発行の証券ディーラーライセンス番号SD025を取得している。
  • 取引手法やポジションに関する制限が一切なく、自由な取引環境が用意されている。
  • 口座タイプは3種類あり、いずれもFX業界の平均以下のスプレッドが適用されてる。
  • ボーナスは一切もらえないがスキャルピング向きの口座タイプが用意されている。

Exness(エクスネス)の基本スペックをまとめて紹介すると、

口座開設ボーナス入金ボーナスレバレッジ
なしなし無制限
スプレッド金融ライセンスゼロカット
平均1.7pipsセーシェル政府適用あり
入金方法出金方法日本語サポート
11種類11種類平日8時〜24時

自由な取引環境を求める人、投資資金の効率を最大化したい人におすすめなFX会社のExness(エクスネス)。

どのような会社が運営しており、どこの国が発行した金融ライセンスを取得しているのかはこの記事を参考にしてください。

おすすめ記事Exness(エクスネス)の金融ライセンスや運営会社はどの国にあるのか?

Exness(エクスネス)のリブランディングは取引環境に影響するのかの記事まとめ

この記事ではExness(エクスネス)が2024年1月に発表したリブランディングの変更点はなにか。

取引条件や取引環境などトレーダーにとって確認しておくべき項目があるのかということについて説明してきました。

まとめ

  • Exness(エクスネス)のリブランディングでは取引条件や取引環境、取引プラットフォームなど実際のトレードに影響する変更は行われていない。
  • パーソナルエリアページも従来通りですし、MT4やMT5などのログイン情報や口座情報に変更はないので、今まで通りの情報でログインやトレードができる。
  • Exness(エクスネス)のリブランディングではロゴが大きく変わり、ビジュアルイメージが刷新された。
  • 今回のリブランディングはビジュアル面の刷新を目的にしており、成熟期を迎えた姿を反映し今後も成長し続ける意思表面のために行われた。
  • 経営理念や企業理念などは従来通りで「なければ開発し、 あるなら改良します」というスタンスは今後も変わらない。
  • リブランディングで取引条件や取引環境の変更がなかった理由は常にアップデートや改善を繰り返しているから。

世界最大手の小売ブローカーであることに慢心せずに、日々アップデートを繰り返しているExness(エクスネス)。

2024年1月のリブランディングは今後も業界の最前線で顧客の喜ぶサービスを提供し続けることを宣言したようなもの。

現状に満足せずに独自サービスを提供することで、トレーダーが喜ぶ仕組みを今後も提供し続けてくれると思いますよ。

Exness(エクスネス)は最大レバレッジ制限がないFX会社として多くの日本人トレーダーに人気の海外FX会社。

少ない資金で効率的なトレードを行いたい人も安心してポジションを持てるようにゼロカットシステムが導入されているメリットも。

どれだけ高いレバレッジを設定しても、追証なしで借金のリスクがない安全なトレードができる海外FX業者のひとつ。

ボーナスは一切もらえませんが、FX業界の平均以下のスプレッドが適用されていることでスキャルピングトレーダーにもおすすめの海外FX会社です。

Exnessの公式サイトをチェックする!

国内FX会社よりも多くの取引チャンスがあり、多くの金融商品をリスクなくハイレバトレードができると評判の海外FX業者。

どのような違いや特徴があるのか、何を基準に会社選びを行えばよいのかなどの情報を知りたい人はこの記事を参考にしてください。

おすすめ記事海外FX業者のおすすめはどこか?最新版の徹底比較ランキングで紹介します!

-Exness(エクスネス)
-, , ,

Exness(エクスネス)