Exness(エクスネス)

Exnessはゼロカットシステム対応で追証や借金リスクなし!

Exnessはゼロカットシステム対応で追証や借金リスクなし!

Exness(エクスネス)はゼロカットシステムに対応しているので、追証や借金リスクなしのトレードができると評判のFX会社。

国内FX会社で利用できないこともあり、ゼロカットシステムが使える海外FX業者の方が安全性が高く人気になっています。

  • Exness(エクスネス)でゼロカットシステムが適用されるタイミングや条件は?
  • Exness(エクスネス)は両建て取引でもゼロカットシステムが問題なく適用されるというのは本当か。
  • ゼロカットシステムのメリットやデメリットにはどのようなことがあるのか。

FXで借金抱えるなんて最も残念な結果なので、そのようなリスクがない海外FX業者はおすすめです。

無制限レバレッジでもゼロカットシステム対応のExness(エクスネス)ならどれだけ効率的な資金運用ができると思いますか?

強制ロスカットとの違いも含めてExnessでゼロカットシステムが適用されるタイミングや条件などの基本情報を紹介します。

\最大レバレッジは無制限/

Exness(エクスネス)で今すぐ口座開設する!

目次

Exness(エクスネス)はゼロカットシステム対応で追証なしで借金リスクもない。

Exness(エクスネス)はゼロカットシステム対応で追証なしで借金リスクもない。

これがExness(エクスネス)がゼロカットシステム対応のFX会社であるという要件を記載した公式サイトのヘルプセンターの内容になります。

マイナス残高保護について

  • 弊社のマイナス残高保護により、取引口座への入金額以上の資金を失うことは決してありません。
  • ストップアウトの発動によってすべての注文がマイナス残高で決済された場合は、マイナス残高が0にリセットされます。

Exness(エクスネス)はゼロカットシステム対応のFX会社であるということ。

最大損失額は入金額までということがマイナス残高保護に関する公式見解からも確認することができます。

Exness(エクスネス)のゼロカットのタイミングはいつなのか?

Exness(エクスネス)でゼロカットシステムが適用される基本的なタイミングを紹介すると、

Exness(エクスネス)のゼロカットのタイミングはいつなのか?

ゼロカットのタイミング

  • 自動リセットを待つだけです。
  • 通常は、ストップアウトが発動した直後にリセットされます。
  • 残高がゼロにリセットされると、取引口座に再度入金することができます。

通常時は強制ロスカットが行われた直後にゼロカットシステムが発動し、マイナス残高をリセットしてゼロに戻してくれるということ。

スムーズなゼロカットが行われることで取引タイミングを逃すことなく、新しいポジションを保有することができます。

おすすめ記事Exness(エクスネス)の出金ルールや出金できない場合に確認すべき項目まとめ!

Exness(エクスネス)のロスカットとゼロカットの違いはなにか?

海外FX業者のゼロカットシステムについて、強制ロスカットと混合している人も。

Exness(エクスネス)のゼロカットシステムについて詳しい説明をする前に、強制ロスカットとゼロカットの違いを紹介しておきます。

ロスカットとゼロカットの違いを理解することで、国内FX会社よりも海外FX業者の方が安全性が高いということがわかりますよ。

FXのロスカット(強制ロスカット)にはどのような意味や価値があるのか

まず最初に国内FX会社と海外FX業者で共通する概念がロスカット(強制ロスカット)です。

なぜロスカットがあるのかというと、

ロスカットとは?

  • ロスカットとは、取引中の損失がある一定の水準に達した時に自動的にポジションを閉じるシステムのこと。
  • トレーダーが保有中のポジションで莫大な損失を被るのを防ぐための保護措置として導入されています。
  • 各FX会社のロスカット水準は異なり、事前に設定されたロスカット水準に達するとポジションが自動的に決済されます。
  • ロスカットの目的は、トレーダーの残存資金を保護し、口座残高がマイナスになるのを防ぐことにあります。

国内FX会社のロスカット水準は100%前後が最も多く、海外FX業者の場合は20〜50%が最も多くなっています。

おすすめ記事国内FXのロスカット水準は?証拠金維持率は高めがおすすめなのか?

FXのゼロカットシステムにはどのような意味や価値があるのか

ゼロカットシステムとは主に海外FX業者で導入されている投資家の保護の仕組みのこと。

どのような特徴があるのかというと、

ゼロカットシステムとは

  • ゼロカットシステムとは、トレーダーの取引口座がマイナス残高になった場合、ブローカーがその損失を補填し、口座残高をゼロにリセットする仕組みのこと。
  • 市場が急激に変動してFX会社のロスカット処理が間に合わず、トレーダーの損失が証拠金を上回った場合でも、トレーダーが追加で損失を負担することなく、ブローカーがその損失をカバーしてくれます。
  • ゼロカットシステムが適用されると追証の支払いが不要なので、借金リスクのない安全なトレードができるということ。
  • ゼロカットシステムは、急激な市場変動時にトレーダーを保護するために導入されています。

強制ロスカットが間に合わない場合でも、ゼロカットシステムがあれば最大損失額は入金額までになります。

海外FX業者の場合レバレッジの高いトレードができるので、投資家のリスクを抑制するためにもゼロカットシステムが必要だと思いませんか?

おすすめ記事FXの追証は日本だけ?海外FXにゼロカットがあり日本にない理由はなにか?

FXのロスカットとゼロカットの違いはどういう部分なのか?

ロスカット→ゼロカットという流れで適用され、両方とも投資家保護の仕組みだということがわかったと思います。

具体的にどのような違いがあるのかというと、

それぞれの違い

<<リスク管理の段階>>

  • 強制ロスカットは損失が一定レベルに達した時点でポジションを閉じることによるリスク管理です。
  • ゼロカットシステムは、強制ロスカット処理が間に合わず、口座残高がマイナスになった場合の最終的な安全網として機能します。

<<トレーダーへの影響>>

  • 強制ロスカットは、トレーダーの設定したリスク許容範囲内で損失を制限します。
  • ゼロカットシステムは、トレーダーが想定以上の損失を被っても、ブローカーがその損失をカバーするため、トレーダーの追加負担が発生しないようにしてくれます。

<<それぞれの目的>>

  • 強制ロスカットの目的はトレーダー自身の損失を制御することです。
  • ゼロカットシステムの目的は予期せぬ市場の急変動による過度な損失からトレーダーを保護することです。

ロスカットとゼロカットは、トレーダーのリスクを管理し、特にレバレッジを使用する際の潜在的な損失から保護するために重要です。

これらのシステムの違いを理解してうまく活用することで、トレーダーはより安全な取引を行いつつ、利益の最大化を目指すことができます。

おすすめ記事海外FXは一攫千金や一発逆転できるほど稼げるけどリスクはないのか?

Exness(エクスネス)のゼロカットシステムのメリットは?

Exness(エクスネス)のゼロカットシステムにどのようなメリットがあるのかというと、

メリット

  1. 両建て取引に関する規制や禁止行為がほとんどないのにゼロカットシステムに対応している。
  2. 無制限レバレッジでトレードしているタイミングでもゼロカットシステムが適用される。
  3. 全ての取引銘柄がゼロカットシステムの対象になっている。
  4. ストップアウト保護機能により強制ロスカットまで余裕がある。
  5. 基本的に強制ロスカット後すぐにゼロカットシステムが適用される。

他の海外FX業者と違い、様々な部分でゼロカットシステムの恩恵を受けることができるExness(エクスネス)。

それぞれどのようなことなのか詳しく説明していきます。

両建て取引に関する規制や禁止行為がほとんどないのにゼロカットシステムに対応している│Exnessゼロカットのメリット

Exness(エクスネス)のゼロカットシステムのメリットは、両建て取引に関する規制や禁止行為がほとんどないのにゼロカットシステムに対応していることです。

両建て取引について

  • 海外FX業者の中には両建て取引に関して厳しいルールを設定してる会社が多いですが、Exness(エクスネス)は複数口座間の両建て取引や他社の口座間の両建て取引も認めています。
  • しかもそれらの取引で強制ロスカットされマイナス残高になっても、ゼロカットシステムが適用されるので追証のリスクを心配する必要がありません。
  • 他にもExness(エクスネス)は利用規約違反の禁止行為に該当する取引手法も少ないので、ほとんどの場合にゼロカットシステムの恩恵を受けることができます。

ただあまりにも酷い取引手法でゼロカットシステムを悪用するような場合は警告されることも。

一般的なFX会社よりも自由度の高い取引環境が用意されており、柔軟にゼロカットシステムを適用してもらえることは間違いありません。

無制限レバレッジでトレードしているタイミングでもゼロカットシステムが適用される│Exnessゼロカットのメリット

Exness(エクスネス)のゼロカットシステムのメリットは、無制限レバレッジでトレードしているタイミングでもゼロカットシステムが適用されることです。

無制限レバレッジについて

  • 海外FX業者の魅力のひとつが国内FX会社と違って数千倍を超えるレバレッジをかけたトレードができる部分。
  • Exness(エクスネス)の最大レバレッジは無制限ですが、その場合でもゼロカットシステムはしっかり適用されます。
  • レバレッジの高さ=ロスカットリスクの拡大、マイナス残高のリスク増なので、そのような場合でもゼロカットシステムが適用され追証のリスクがないのはうれしいポイントのひとつ。

少ない資金で効率的なトレードができ、リスクも入金額までという最小限に抑制できるので、安全性が高いトレードができると思いませんか?

FXはどれだけ資金効率を高めるのかが大きく利益を増やすポイントのひとつなので、無制限レバレッジ+ゼロカットシステムがあるExness(エクスネス)は最強のFX会社のひとつです。

おすすめ記事Exness(エクスネス)のレバレッジ無制限ルール、条件や制限と確認方法まとめ!

全ての取引銘柄がゼロカットシステムの対象になっている│Exnessゼロカットのメリット

Exness(エクスネス)のゼロカットシステムのメリットは、全ての取引銘柄がゼロカットシステムの対象になっていることです。

対象銘柄について

  • Exness(エクスネス)は全ての取引銘柄に対してゼロカットシステムを適用しています。
  • ボラティリティの高さが人気の仮想通貨やゴールドでもゼロカットシステムが適用され、最大損失額は入金額までになります。
  • 追証のリスクがないということはどんな銘柄でどんなポジションを保有していても、リスクが制限されているということ。

相場の急変時でもリスクは最小限、逆に動けば一気に利益を増やせるチャンスが到来するということ。

投資家にとってこれだけ優れた取引環境が用意されているExness(エクスネス)は本当に魅力的なFX会社だと思います。

ストップアウト保護機能により強制ロスカットまで余裕がある│Exnessゼロカットのメリット

Exness(エクスネス)のゼロカットシステムのメリットは、ストップアウト保護機能により強制ロスカットまで余裕があることです。

ストップアウト保護機能について

  • Exness(エクスネス)にはストップアウト保護機能という強制ロスカットをできるだけ避けるような投資家保護の仕組みがあります。
  • そもそもロスカット水準は0%と本当に資金を効率的に使えるようになっていますが、ロスカット水準に達した時にスプレッドが開いていれば、強制ロスカットを避けるためにスプレッドの費用負担が半分になります。
  • Exness(エクスネス)が仮想資金を投入して、できるだけ強制ロスカットされないようにしてくれるのがストップアウト保護機能の役目。
  • ゼロカットシステムがあっても強制ロスカットされれば入金額は失うわけですから、それもできるだけ避けたい状況です。

Exness(エクスネス)のストップアウト保護機能は強制ロスカットのリスクを抑制して、ポジションをできるだけ長く保有してくれるセーフティー機能のこと。

他のFX会社ではここまで考えてくれていませんので、これだけでもExness(エクスネス)を選ぶ十分なメリットになります。

基本的に強制ロスカット後すぐにゼロカットシステムが適用される│Exnessゼロカットのメリット

Exness(エクスネス)のゼロカットシステムのメリットは、基本的に強制ロスカット後すぐにゼロカットシステムが適用されることです。

ゼロカットまでの時間

  • 海外FX業者の中には強制ロスカット後、口座残高がゼロに戻るタイミングが数日後という会社も存在します。
  • 強制ロスカットは仕方がないことですが、ゼロカットシステムの発動タイミングがわからないのは困りものです。
  • Exness(エクスネス)は基本的に強制ロスカット後すぐにゼロカットシステムが適用されることで、この無駄なタイムラグを予防することができます。

状況により多少時間がかかる場合もあるので、そのような時には新規口座を開設するのも方法のひとつ。

一般的にすぐにゼロカットシステムが適用されますので、対応スピードに関する不満もないでしょう。

おすすめ記事Exness(エクスネス)の安全性は?ライセンスや口座資金の管理に問題なしなのか?

Exness(エクスネス)のゼロカットシステムにデメリットはあるのか?

Exness(エクスネス)のゼロカットシステムにどのようなデメリットがあるのかというと、基本的にデメリットはありません。

なぜならゼロカットシステムは投資家にとってメリットしかない安全な仕組みだから。

デメリットがないから自由なトレードができると考える人もいるかもしれませんが、その点については誤解しないでください。

Exness(エクスネス)はゼロカットシステムがあるからと安心してギャンブル的なトレードはしない。

ゼロカットシステムがあるということは、最大損失額が入金額までに限定されるので、普段と異なる取引手法を選んでしまうことも。

FXは投資でギャンブルではないので、自分の身の丈にあったトレードを行う必要があります。

どのようなことに注意すべきなのかというと、

注意ポイント

  1. ゼロカットシステムがあるからと損切り設定なしのトレードはしない。
  2. 経済指標発表時に一か八かのトレードを行わない。
  3. レバレッジの高い大きなロット数のトレードばかり行わない。
  4. 週末に持ち越しで窓開け狙いのトレードを行わない。
  5. チャートを見ずに雰囲気でギャンブル的なトレードをしない。

ゼロカットシステムが適用されることで様々な部分でリスク回避ありきのトレードをしてしまう人もいます。

このようなギャンブル的なトレードは一攫千金できても、繰り返し利益を得られるようなものではありません。

一か八かのギャンブルをしていると最終的に大損することになるので、十分に注意してください。

おすすめ記事Exness(エクスネス)でスキャルピングトレードするメリットやデメリットまとめ!

Exness(エクスネス)で強制ロスカットされゼロカットシステムが適用されるタイミングや条件は?

Exness(エクスネス)でゼロカットシステムがどのようなタイミングで適用されるのか。

強制ロスカットからゼロカットシステム対応までの流れや条件も理解しておきたいポイントのひとつ。

どのような条件やタイミングでゼロカットシステムが適用されるのかについて紹介していきます。

Exness(エクスネス)で強制ロスカットが行われる条件やタイミングは?

Exness(エクスネス)で強制ロスカットが行われる条件やタイミングを紹介すると、

強制ロスカットについて

  • Exness(エクスネス)は全ての口座タイプで強制ロスカット(ストップアウト水準)が0%に設定されています。
  • 取引口座の証拠金維持率が0%になるか、有効証拠金がゼロに下がった場合のみ、強制ロスカットが発動して注文が自動的に決済されます。

ストップアウト保護機能があるので、他のFX会社よりも強制ロスカットまでの時間は長くなるかもしれません。

しかし最終的に証拠金維持率が0%を下回れば強制ロスカットされますので、その点は覚えておいてください。

Exness(エクスネス)でゼロカットシステムが適用される条件やタイミングは?

Exness(エクスネス)でゼロカットシステムが適用される条件やタイミングを紹介すると、

ゼロカットの適用について

  • Exness(エクスネス)は基本的に強制ロスカットが行われた直後にゼロカットシステムが発動し、マイナス残高がゼロにリセットされます。
  • 手動リセットではなく、自動リセットなので基本的にスムーズにゼロカットシステムが適用されると理解して良いと思います。

口座残高がゼロにリセットされた後に再入金することで、同じ取引口座でトレードを開催させることができます。

おすすめ記事Exness(エクスネス)のロスカット水準とマージンコール水準は?

Exness(エクスネス)の口座残高がマイナス残高のタイミングで入金するとどうなるのか?

基本的にすぐにゼロカットシステムが適用され、マイナス残高がゼロになるExness(エクスネス)。

しかしマイナス残高がある状態で追加入金してしまうこともあるので、その際の対応について紹介しておくと、

マイナス残高時の追加入金

有効証拠金がマイナス状態の取引口座に資金が入金した場合、有効証拠金のマイナス分はゼロカットシステムでゼロにリセットされず、差額は入金額から差し引かれます。

要はゼロカットシステムが適用される前の追加入金では、純粋な口座残高に応じて入金額が減額されるということ。

Exness(エクスネス)はストップアウト保護機能があることで、若干のラグが出ることもあるので注意が必要です。

具体例

  • 完全ヘッジされた未決済トレードがある口座の残高が1,000ドルの場合。
  • XAUUSDの1ロットの買い注文と1ロットの売り注文をして、このヘッジ注文の最終結果は、-1,050ドルで現在の有効証拠金は-50ドルになります。
  • このヘッジ注文が未決済のままで100ドルを入金すると、マイナス残高保護はマイナスの有効証拠金をリセットするため処理が行えず、100ドルの内50ドルが有効保証金に当てられ、残り50ドルのみ口座残高に反映されます。

ストップアウト保護機能はメリットがある反面、タイミングを間違えるとこのような結果を招くこともあるので注意してください。

Exness(エクスネス)でゼロカットシステムはどのように取引口座に適用されるのか?

Exness(エクスネス)のゼロカットシステムですが、どのように取引口座に適用されるのかというと、

取引口座について

  • Exness(エクスネス)のゼロカットシステムは本取引口座ごとに強制ロスカット→ゼロカットシステムという流れで適用されます。
  • 複数口座で複数のポジションを保有している場合でも、ゼロカットシステムが適用されるのは強制ロスカットされた取引口座のみ。
  • 他の取引口座で保有しているポジションには一切影響しませんので、その点は安心してください。

Exness(エクスネス)はMT4で100口座、MT5で100口座も本取引口座を開設できるFX会社です。

複数口座を開設している場合でも、ゼロカットシステムはそれぞれの口座ごとに行われますので安心してください。

おすすめ記事Exness(エクスネス)が出金拒否って本当?出金できない原因や解決法まとめ!

Exness(エクスネス)でゼロカットシステムを使う際の注意点は?

Exness(エクスネス)はゼロカットシステムがあるから安心できるFX会社であることは間違いありません。

しかし安全安心なゼロカットシステムも使い方を間違えてしまうと大変なことになる場合も。

Exness(エクスネス)でロスカットやゼロカットを使う際の注意点をいくつか紹介すると、

注意ポイント

  • 必要証拠金(口座残高)が少なすぎるとすぐにロスカットされる。
  • 証拠金維持率をある程度高くしてその推移を確認しておくことでロスカットリスクを抑制できる。
  • 週末のポジション持ち越しは利益を狙えるが急変によるロスカットリスクがあることを理解しておく。

ゼロカットシステムがあっても入金額分の損失は発生しますので、それを過信しすぎないことが大切です。

必要証拠金(口座残高)が少なすぎるとすぐにロスカットされる

Exness(エクスネス)でゼロカットシステムを使う際の注意点として、必要証拠金(口座残高)が少なすぎるとすぐにロスカットされることは理解しておいてください。

必要証拠金額について

  • ゼロカットシステムとはあくまでも過剰な損失を防ぐための仕組みであり、強制ロスカットを防ぐものではありません。
  • 必要証拠金が少ない状態でトレードを行っていると相場の動き次第ですぐにロスカットされてしまうことも。
  • 少なくとも数千円〜1万円くらいの口座残高はほしいところ。

無制限レバレッジだから必要証拠金が少なくて済むと安易に考えずに、少し多めの証拠金を用意してトレードを行いましょう。

そうすることで予期せぬタイミングで強制ロスカットされずに済みますので、あなたの投資資金を守る結果になります。

おすすめ記事Exness(エクスネス)でスワップフリーで取引できる通貨ペアや口座タイプはどれか?

証拠金維持率をある程度高くしてその推移を確認しておくことでロスカットリスクを抑制できる

Exness(エクスネス)でゼロカットシステムを使う際の注意点として、証拠金維持率をある程度高くしてその推移を確認しておくことでロスカットリスクを抑制できることを理解しておいてください。

証拠金維持率について

  • 必要証拠金を増やすことは証拠金維持率が改善することに繋がりますよね。
  • 証拠金維持率が0%になればロスカット+ゼロカットが発動しますので、最大損失額は入金額まで。
  • しかし証拠金維持率をキープすることができれば相場が反転して大きな利益を得られることもありますよね。
  • 証拠金維持率はそのポジションを保有し続けるために必要な要素のひとつ。

無駄な強制ロスカットを避けるためにもマージンコールが出ないような状況を作っておく必要があります。

ゼロカット=ラッキーではなく、ゼロカットされても損失が出ていることを理解しておきましょう。

週末のポジション持ち越しは利益を狙えるが急変によるロスカットリスクがあることを理解しておく

Exness(エクスネス)でゼロカットシステムを使う際の注意点として、週末のポジション持ち越しは利益を狙えるが急変によるロスカットリスクがあることは理解しておいてください。

ポジション持ち越しについて

  • FX相場は中東市場やイスラム圏など土日も関係なく動いていることもあり、週明けに大きく相場が動くこともあります。
  • Exness(エクスネス)では土日に強制ロスカットは行われませんので、週明けに一気に強制ロスカット+ゼロカットシステムが適用されることも。
  • 重要指標発表時などに行う窓開け狙いのポジション持ち越しも、強制ロスカットが高まるタイミングです。

ポジション持ち越しは利益を得られる可能性もありますが、読みが外れれば損失につながる可能性もあるタイミングです。

リスクのない投資はありませんが、余計なリスクを取りすぎると最終的に損をするのはあなた自身だということ。

ポジションを保有する時は希望的観測や大丈夫だという思い込みを捨てることも大切ですよ。

おすすめ記事Exness(エクスネス)は怪しいし危険性が高く日本人におすすめできないFX会社か?

Exness(エクスネス)のゼロカットシステムに関するよくある質問まとめ!

この記事を読むことでExness(エクスネス)はゼロカットシステム対応で追証のリスクがないことがわかったと思います。

FXは借金リスクもある投資手法ということで、敬遠している人もゼロカットがあれば安心ですよね。

ここではExness(エクスネス)のゼロカットシステムに関するよくある質問をまとめて紹介しますので、トレード時の参考にしてください。

Exness(エクスネス)はゼロカットシステム対応で追証リスクや借金のリスクはないですか?

回答

  • Exness(エクスネス)は基本的に全ての口座タイプ、全ての取引銘柄を対象にしてゼロカットシステムを導入しています。
  • ゼロカットシステムが機能することで追証リスクも借金リスクもなく、レバレッジをかけたトレードを行わなうことができます。
  • ゼロカットシステムの適用ルールもかなり緩めに設定されていますので、そういった意味でもExness(エクスネス)はおすすめです。

Exness(エクスネス)でゼロカットが適用される条件やタイミングは?

回答

  • Exness(エクスネス)では強制ロスカット後、基本的にすぐにゼロカットシステムが適用されます。
  • 強制ロスカット(ストップアウト水準)のタイミングは証拠金維持率が0%に設定されています。
  • 取引口座の証拠金維持率が0%になるか、有効証拠金がゼロに下がった場合に強制ロスカット→ゼロカットシステムが適用されます。
  • ストップアウト保護機能で強制ロスカットまで時間がある場合もあるので、そのタイミングでは追加入金などは慎重に行ってください。

Exness(エクスネス)でゼロカットされずにマイナス残高になることはあるのか?

回答

  • Exness(エクスネス)でも取引タイミングによってはマイナス残高が表示されることもあります。
  • しかし一般的なトレードを行っている場合は、ゼロカットシステムがあるのでマイナス残高を追加入金して支払う必要はありません。
  • 自動的にゼロカットされますので、マイナス残高で表示されていても少し待てば処理されます。
  • どうしても急いで取引したい時は同じ条件で追加口座を開設して入金すれば、すぐにトレードを再開することができます。

Exness(エクスネス)は両建て取引でもゼロカットが適用されるというのは本当か?

回答

  • Exness(エクスネス)は両建て取引に関する規制が非常に甘く、複数口座間の両建て取引だけではなく、他社の口座間で両建て取引を行っても利用規約違反の禁止行為に該当しません。
  • 両建て取引が禁止行為でない以上、マイナス残高になればゼロカットシステムが適用され追証を支払う必要もありません。
  • 禁止行為が少ないFX会社ですので、自由なトレードを行いつつ万が一の際にはゼロカットが適用されますので、リスクのない取引をしたい人におすすめです。

Exness(エクスネス)で複数口座を保有している場合、他の口座のマイナス残高を請求されることがあるのか

回答

  • Exness(エクスネス)でゼロカットやロスカットの対象になるのはその口座のみです。
  • 複数口座を開設していても他の取引口座分のマイナス残高を徴収されたり、支払い義務が発生することはありません。
  • 口座ごとに独立した状態で運用できますので、ひとつの取引口座にポジションを集中させるよりも、複数口座で運用することでリスクヘッジすることができます。

Exness(エクスネス)のゼロカットシステムはレバレッジに関係なく適用されますか?

回答

  • Exness(エクスネス)は1倍〜約21億倍までの様々なレバレッジを掛けた取引ができます。
  • ゼロカットシステムは全口座タイプ、全取引銘柄に適用されますので、レバレッジが何倍でも関係ありません。
  • 無制限レバレッジでトレードしている場合でも、強制ロスカット+ゼロカットシステムの適用が行われます。
  • そのため少ない証拠金でレバレッジをかけたトレードができますし、もしもの際にも追証のリスクがないので安心です。

Exness(エクスネス)は証拠金不足になっても追証の支払いは不要ですか?

回答

  • Exness(エクスネス)の本取引口座で証拠金不足になり、証拠金維持率が0%になれば強制ロスカットが行われます。
  • 強制ロスカット後すぐにゼロカットシステムが適用されますので、追証の支払いリスクもなく、追加入金せずに取引を終了させることができます。
  • 証拠金不足にならないためにも証拠金維持率はしっかり確認しておく必要がありますし、レバレッジコントロールも重要なポイント。
  • 少ない証拠金でも大きなポジションを保有できるので、証拠金維持率をしっかり調整して証拠金不足で強制ロスカットされないように注意してください。

Exness(エクスネス)はプロ口座でもゼロカットシステムの対象になりますか?

回答

  • Exness(エクスネス)のプロ口座は即時約定という独自の注文方式を採用している取引口座です。
  • 全ての口座タイプがゼロカットシステムの対象になるので、プロ口座で行った全ての取引が追証のリスクがないということ。
  • ゼロカットシステムがしっかり適用されるFX会社としても評判が高いので、自由なトレード環境を探している人にExness(エクスネス)はおすすめです。

Exness(エクスネス)はゼロカットシステムがあることで追証リスクなくハイレバトレードを楽しめるFX会社です。

利用規約違反の禁止行為は少ないですが、それでも規約違反発覚時は厳しい対応が行われることも。

Exness(エクスネス)で利用規約違反の禁止行為や禁止事項が何かということはこの記事を参考にしてください。

おすすめ記事Exness(エクスネス)の禁止事項は?利用規約違反で口座凍結や出金拒否されるって本当か?

Exness(エクスネス)はどんなFX会社なのか、選ぶ理由やおすすめポイントは何があるのか。

Exness(エクスネス)はどんなFX会社なのか、選ぶ理由やおすすめポイントは何があるのか。

海外FX業者の中でも数少ない無制限レバレッジが適用されていることで日本人にも人気のExness(エクスネス)

どのような特徴やおすすめポイントがあり、他のFX会社との違いは何かなどの基本情報を紹介します。

Exness(エクスネス)のFX会社としてのおすすめポイントを紹介すると、

おすすめポイント

  • 最大レバレッジは無制限なので、非常に資金効率のよいトレードができる。
  • 証拠金維持率が0%になるまでロスカット(ストップアウト)されない。
  • FX初心者でも安心できる日本語サポートがあり、ライブチャットは平日8時〜24時、メールサポートは24時間受付しており回答は1営業日とスムーズに返信してもらえる。
  • 金融ライセンスはセーシェル諸島発行の証券ディーラーライセンス番号SD025を取得している。
  • 取引手法やポジションに関する制限が一切なく、自由な取引環境が用意されている。
  • 口座タイプは3種類あり、いずれもFX業界の平均以下のスプレッドが適用されてる。
  • ボーナスは一切もらえないがスキャルピング向きの口座タイプが用意されている。

Exness(エクスネス)の基本スペックをまとめて紹介すると、

口座開設ボーナス入金ボーナスレバレッジ
なしなし無制限
スプレッド金融ライセンスゼロカット
平均1.7pipsセーシェル政府適用あり
入金方法出金方法日本語サポート
11種類11種類平日8時〜24時

自由な取引環境を求める人、投資資金の効率を最大化したい人におすすめなFX会社のExness(エクスネス)。

どのような会社が運営しており、どこの国が発行した金融ライセンスを取得しているのかはこの記事を参考にしてください。

おすすめ記事Exness(エクスネス)の金融ライセンスや運営会社はどの国にあるのか?

Exnessはゼロカットシステム対応で追証や借金リスクなしって本当かの記事まとめ

この記事では海外FX業者のExness(エクスネス)はゼロカットシステムに対応しているのか。

ゼロカットシステムの適用条件やタイミング、本当に追証や借金リススクがないのかということについて説明してきました。

まとめ

  • Exness(エクスネス)はゼロカットシステム対応で追証なしで借金リスクがないFX会社会社。
  • ゼロカットは強制ロスカット後、基本的にすぐに行われマイナス残高がゼロに戻る。
  • Exness(エクスネス)のロスカット水準は証拠金維持率が0%になったタイミングなので、国内FX会社よりも効率的に資金運用できる。
  • ストップアウト保護機能もあるので、他のFX会社よりも強制ロスカットが行われにくい。
  • ゼロカットシステムには基本的にデメリットはないが、身のためにあったトレードをしないと大きな損失につながることもある。
  • 複数口座を開設していてもロスカットもゼロカットも口座ごとに適用される。

<<ゼロカットシステムのメリット>>

  • 両建て取引に関する規制や禁止行為がほとんどないのにゼロカットシステムに対応している。
  • 無制限レバレッジでトレードしているタイミングでもゼロカットシステムが適用される。
  • 全ての取引銘柄がゼロカットシステムの対象になっている。
  • ストップアウト保護機能により強制ロスカットまで余裕がある。
  • 基本的に強制ロスカット後すぐにゼロカットシステムが適用される。

<<トレード時の注意点>>

  • ゼロカットシステムがあるからと損切り設定なしのトレードはしない。
  • 経済指標発表時に一か八かのトレードを行わない。
  • レバレッジの高い大きなロット数のトレードばかり行わない。
  • 週末に持ち越しで窓開け狙いのトレードを行わない。
  • チャートを見ずに雰囲気でギャンブル的なトレードをしない。

Exness(エクスネス)はゼロカットシステムもありますし、かなり柔軟な投資手法を採用できる人気が高いFX会社のひとつ。

追証はFXで最も避けるべき状況すし、ハイレバトレードで借金地獄とか意味がわかりませんよね。

国内FX会社ではどんなに低いレバレッジでも追証リスクがありますので、そういった不安なくトレードをしたい人にExnessはおすすめです。

Exness(エクスネス)は最大レバレッジ制限がないFX会社として多くの日本人トレーダーに人気の海外FX会社。

少ない資金で効率的なトレードを行いたい人も安心してポジションを持てるようにゼロカットシステムが導入されているメリットも。

どれだけ高いレバレッジを設定しても、追証なしで借金のリスクがない安全なトレードができる海外FX業者のひとつ。

ボーナスは一切もらえませんが、FX業界の平均以下のスプレッドが適用されていることでスキャルピングトレーダーにもおすすめの海外FX会社です。

Exnessの公式サイトをチェックする!

国内FX会社よりも多くの取引チャンスがあり、多くの金融商品をリスクなくハイレバトレードができると評判の海外FX業者。

どのような違いや特徴があるのか、何を基準に会社選びを行えばよいのかなどの情報を知りたい人はこの記事を参考にしてください。

おすすめ記事海外FX業者のおすすめはどこか?最新版の徹底比較ランキングで紹介します!

-Exness(エクスネス)
-, , ,

Exness(エクスネス)