Exness(エクスネス)

Exness(エクスネス)のロスカット水準とマージンコールは?

Exness(エクスネス)のロスカット水準とマージンコールは?

Exness(エクスネス)のマージンコールやロスカット水準はどうなっているのか?

ゼロカットシステムがあり追証リスクがなく安全性の高いポジション保有ができるExness(エクスネス)。

  • 本取引口座の口座タイプごとにマージンコールとロスカット水準はどのように設定されているのか?
  • Exness(エクスネス)で強制ロスカットされるタイミングは証拠金維持率が何パーセントになった時か。
  • 本当に強制ロスカットされてもゼロカットシステムのおかげで追証(借金)リスクがないのか。

海外FX業者はハイレバトレードを行うことも多いので、ロスカット水準について理解しておくことも大切ですよね。

Exness(エクスネス)でマージンコールから強制ロスカットされるまでの流れや特徴について紹介します。

他の海外FX業者よりもより効率的に取引口座の残高を使えるように考えられた仕組みが導入されているExness(エクスネス)はおすすめです。

\最大レバレッジは無制限/

Exness(エクスネス)で今すぐ口座開設する!

目次

Exness(エクスネス)の口座タイプごとのマージンコールとロスカット(ストップアウト)水準はどうなっているのか?

Exness(エクスネス)はボーナスがないFX会社ということもあり、様々な部分で他の海外FX業者と異なる取引環境を設定しています。

マージンコールやロスカット水準に関しても非常に独特で、どのFX会社よりも効率的に取引できるように設定されている特徴も。

強制ロスカットされるタイミングをFX業界で最も遅くするように考えられていますので、資金効率の良さはズバ抜けています。

Exness(エクスネス)の本取引口座のマージンコールとロスカット水準は?

Exness(エクスネス)では現在、5種類の口座タイプが用意されていますが、それぞれどのような条件が設定されているのかというと、

口座タイプマージンコールロスカット水準
スタンダード口座60%0%
スタンダードセント口座60%0%
プロ口座30%0%
ゼロ口座30%0%
ロースプレッド口座30%0%

ロスカット水準(ストップアウト)が全ての口座タイプで0%というのは本当に珍しいと思いませんか?

それくらい効率的に投資資金を運用できるように考え尽くされていますので、軍資金に余裕がない人にもExness(エクスネス)はおすすめです。

Exness(エクスネス)で強制ロスカットが行われるタイミングはいつか?

ロスカット水準(ストップアウト)が脅威の0%というExness(エクスネス)。

どのタイミングで強制ロスカットされるのかというと、

強制ロスカットのタイミング

本取引口座の証拠金維持率が0%に達するか、有効証拠金がゼロに下がった場合のみ、強制ロスカットが発動して注文が自動決済されます。

他の海外FX業者のロスカット水準は低くても10%とか30%ほどなので、どれだけExness(エクスネス)が独特な仕組みを導入しているのかがわかると思います。

Exness(エクスネス)は正規の金融ライセンスを取得しているので、このような強制ロスカット水準でも安全性の高いFX会社です。

おすすめ記事Exness(エクスネス)の安全性は?ライセンスや口座資金の管理に問題なしなのか?

Exness(エクスネス)は強制ロスカットを避けるストップアウト保護の仕組みがある。

ロスカット水準が0%というだけでも他のFX会社と比較すると、大きく取引環境が異なるExness(エクスネス)。

しかしさらに強制ロスカットを避けるようなストップアウト保護の仕組みが用意されています。

この仕組みが発動することでさらに強制ロスカットのリスクを軽減させることができるということ。

Exness(エクスネス)のストップアウト保護の仕組みや基本的な考え方は?

一般的なFX会社であれば、予め設定されたロスカット水準を下回れば自動的にポジションが決済され強制ロスカットが行われます。

しかしExness(エクスネス)の場合は、できるだけ強制ロスカットを回避するためにストップアウト保護の仕組みが導入されており、

ストップアウト保護

  • ストップアウト保護機能は、ボラティリティが高いときやスプレッドが拡大している時に効果的に機能します。
  • 有効証拠金が0になってストップアウトが発動しそうになると、この機能は有効証拠金に未決済取引にかかるスプレッドの半分相当に取引量(ロット)を掛けた仮想資金を追加します。

負担する必要のない仮想資金をExness(エクスネス)が一時的に貸し出してくれることで、強制ロスカットを回避できる可能性が高まるということ。

少しわかりにくいと思いますので、どのような仕組みなのか具体的な数字を使って説明していきます。

Exness(エクスネス)のストップアウト保護機能で提供される仮想資金の計算式は?

強制ロスカットを避けれる可能性があるストップアウト保護機能で提供される仮想資金の計算式は、

仮想資金の計算式

  • 現在のスプレッド=スプレッド(pip) × pip値
  • pip値=ロット x 契約サイズ x pipサイズ

大まかに言うと現在のスプレッド÷2という計算式で仮想資金の提供額を計算することができるということ。

スプレッドは口座通貨で計算され、pip値は建値通貨で計算されます。

具体的な数字で説明すると、

仮想資金

  • 現在のスプレッドが20ドルでXAUUSDを1ロット購入している場合、計算式は (20ドル ÷ 2)=10ドルとなります。
  • ストップアウト保護のために10ドル分の仮想資金を受け取ることができるということ。

仮想資金のお陰で本取引口座の有効証拠金がマイナス10ドルを下回るまで強制ロスカットされない状態になるということ。

取引プラットフォームで有効証拠金がマイナス表示された場合、ストップアウト保護機能が発動していることが確認できます。

ストップアウト保護機能についてよくわからない人は、日本語サポートスタッフに聞いてみるのもありですよ。

おすすめ記事Exness(エクスネス)の日本語サポート体制や営業時間などの情報まとめ!

Exness(エクスネス)がストップアウト保護機能を導入しているメリットは何か?

なぜExness(エクスネス)は強制ロスカットを遅らせるために、仮想資金まで用意してストップアウト保護機能を導入したのか。

非常に気になる部分だと思いますので、投資家にとってどのようなメリットがあることなのか紹介すると、

メリット

  1. スプレッド拡大による強制ロスカットは起こらない。
  2. ポジションの保有か決済かの決断を下すための時間が増える。
  3. ストップ狩りに合うリスクがない安全なトレードができる。

どう考えてもExness(エクスネス)が損をするような内容ばかりですが、投資家目線で見ればうれしいことしかありません。

それぞれどのようなことなのか説明すると、

スプレッド拡大による強制ロスカットは起こらない│ストップアウト保護機能のメリット

Exness(エクスネス)のストップアウト保護機能のメリットは、スプレッド拡大による強制ロスカットは起こらないことです。

スプレッド拡大の影響について

  • ボラティリティの変化によってスプレッドが拡大することで強制ロスカットのリスクが拡大しますが、ストップアウト保護機能があることでそのリスクを最小限に抑制できます。
  • この機能はスプレッドが広くなればなるほど、ポジションを守るために受け取る仮想資金額が多くなり、強制ロスカットのリスクを回避できるということ。
  • 例えばスプレッドが20ドルから30ドルに増加した場合、計算式は(30ドル÷ 2)=15ドルとなり、受け取る仮想資金は15ドルになります。
  • その結果、有効証拠金がマイナス15ドルを下回るまで強制ロスカットが行われることがないということ。

スプレッド拡大の影響を受けない状況になるので、ポジション保有中の相場の急変でもある程度安心して過ごせるということ。

ただ絶対に強制ロスカットされないというわけではないので、その点は誤解しないでください。

おすすめ記事Exnessでスキャルピングトレードするメリットやデメリットまとめ!

ポジションの保有か決済かの決断を下すための時間が増える│ストップアウト保護機能のメリット

Exness(エクスネス)のストップアウト保護機能のメリットは、ポジションの保有か決済かの決断を下すための時間が増えることです。

決断の猶予

  • 相場が急変して保有ポジションに対して不利な方向に動き始め、強制ロスカットのリスクが高まっている場合でも、ストップアウト保護機能によってトレードを続けられる時間が長くなります。
  • 強制ロスカットまでの時間が長くなることで、ポジションをいくつか決済するか、口座に資金を追加入金するか、市場が有利な方向に動くまで待つのかなど、何をすべきかを決めるための時間が増えます。

相場の急変時や強制ロスカットのリスクが拡大すると、思考停止状態になりがちなので、ゆっくり考える時間が増えるのは良いことです。

最終的に強制ロスカットされたとしても、他のFX会社よりも納得できる状態になりますので、この時間的猶予をうまく活用してください。

おすすめ記事Exness(エクスネス)の最大ロット数や最大ポジション数、時間帯の制限に関する情報まとめ!

ストップ狩りに合うリスクがない安全なトレードができる│ストップアウト保護機能のメリット

Exness(エクスネス)のストップアウト保護機能のメリットは、ストップ狩りに合うリスクがない安全なトレードができることです。

ストップ狩りについて

  • ストップ狩りとは、ブローカーが小規模なトレーダーのストップロス注文が集中している価格レベルを狙ったトレードを行い、強制ロスカットさせることで利益を得る行為のこと。
  • 国内FX会社は投資家の損失が自社の利益になるので、ストップ狩りのリスクがあります。
  • しかしExness(エクスネス)は強制ロスカット狙いのでスプレッドを人為的に拡大させことがないので、ストップ狩りに合うリスクがないということ。
  • スプレッドの拡大=負担する仮想資金の増加になるので、Exness(エクスネス)にメリットがない状態になるということ。

ストップ狩りを懸念しなくてもよい公平かつ安全な取引環境が用意されているのはメリットしかないことだと思いませんか。

Exness(エクスネス)のストップアウト保護機能とは、このように様々なメリットがある仕組みなので、ぜひうまく活用してください。

おすすめ記事Exnessの口座解約方法やアカウント削除方法と注意点まとめ!

Exness(エクスネス)のストップアウト保護機能にデメリットやリスクはないのか?

Exness(エクスネス)のストップアウト保護機能を使うことでデメリットやリスクがあるのかも気になるポイントではないでしょうか。

ストップアウト保護機能のマイナス面を考えてみると、

デメリットやリスクについて

  1. 全ての投資家、全てのポジションが絶対に対象になるというわけではない。
  2. 口座タイプによっては取引手数料がかかる取引口座もある。

ストップアウト保護機能もマイナス面がないわけではないので、その点も理解しておくことが必要です。

全ての投資家、全てのポジションが絶対に対象になるというわけではない│ストップアウト保護機能のマイナス面

Exness(エクスネス)のストップアウト保護機能のマイナス面は、全ての投資家、全てのポジションが絶対に対象になるというわけではないことです。

対象外になる場合もある

  • Exness(エクスネス)はほとんどの投資家にストップアウト保護機能を提供していますが、いつでも誰でも全てのポジションが対象になるわけではありません。
  • ストップアウト保護機能が利用できかどうかは、取引条件やアクティビティを評価する独自のアルゴリズムによって決定されます。
  • 数学的モデルによって決定されます。
  • ストップアウト保護機能に依存したトレード頻度が高い場合や、機能を悪用している場合は無効になる可能性があることも理解しておきましょう。

Exness(エクスネス)は様々なサービスを提供していますが、その利用の可否を決定するのが独自のアルゴリズムです。

悪用や乱用をするようなトレーダーはどんどん排除されていきますので、ストップアウト保護機能はあくまでもおまけ程度に考えておきましょう。

他のFX会社にはない強制ロスカットを避けることができる可能性がある仕組みなので、本当にヤバい時に使えるようにしておくことが大切です。

おすすめ記事Exness(エクスネス)でスワップフリーで取引できる通貨ペアや口座タイプはどれか?

口座タイプによっては取引手数料がかかる取引口座もある│ストップアウト保護機能のマイナス面

Exness(エクスネス)のストップアウト保護機能のマイナス面は、口座タイプによっては取引手数料がかかる取引口座もあることです。

取引手数料について

  • Exness(エクスネス)のゼロ口座とロースプレッド口座はスプレッドが狭い分、取引手数料が発生する口座タイプになります。
  • ゼロ口座とロースプレッド口座でストップアウト保護機能で利用できる仮想資金についても、取引手数料が考慮された計算が行われます。
  • 計算式は、 (現在のスプレッド+手数料)÷2になります。
  • ロースプレッド口座でXAUUSDを1ロット購入した場合、全スプレッドは6.3pipで取引手数料はロット毎に3.5ドルになります。
  • 注文を保護するための仮想通貨資金は、(6.3ドル+3.5ドル+3.5ドル)÷2=6.65ドルになります。
  • この場合、口座の有効証拠金がマイナス6.65ドルを下回った場合のみ強制ロスカットされることになります。

取引手数料が発生する口座タイプでもストップアウト保護機能はしっかり機能しますので、この点は安心してください。

Exness(エクスネス)の統計ではストップアウト保護機能があることで、3割ほど強制ロスカットのリスクが軽減されているということ。

いずれにしてもExness(エクスネス)のストップアウト保護機能は強制ロスカットのリスクを下げてくれる可能性がある仕組みなので、うまく活用するようにしてください。

おすすめ記事Exness(エクスネス)の出金ルールや出金できない場合に確認すべき項目まとめ!

Exness(エクスネス)はゼロカットシステムがあるので、強制ロスカットでも追証なしで借金リスクがない。

Exness(エクスネス)のような海外FX業者が国内FX会社と比較して安全なトレードができるのはゼロカットシステムが導入されているから。

ゼロカットシステムが何かというと、

ゼロカットシステムとは?

  • ゼロカットシステムとは強制ロスカットなどで口座残高がマイナス残高になっても、それをFX会社が肩代わりして払ってくれる仕組みのこと。
  • Exness(エクスネス)を含めて多くの海外FX業者が投資家保護の仕組みとして導入しています。
  • どれだけ高いレバレッジで取引をしても、最大損失額は入金額までになるので、追証リスクがなく借金を抱えずに済みます。
  • 国内FX会社は金融商品取引法で証券会社による補償行為が認められていないので、追証を払えずに借金を抱える人がいます。

国内FX会社では追証の支払いのために借金を背負う人もいるので、ゼロカットシステムがあるExness(エクスネス)の方が安心ですよね。

ただ100%絶対ゼロカットシステムが適用されるわけではないので、その点について理解しておく必要があります。

Exness(エクスネス)でもゼロカットシステムが適用されないことがある

ゼロカットシステムがあることで安全なトレードができるExness(エクスネス)ですが、全てのトレードでゼロカットシステムが適用されるわけではありません。

どのような場合にゼロカットシステムが適用されなくなるのかというと、利用規約違反の禁止行為をしたり、ゼロカットシステムを悪用するようなトレードを行った場合です。

トレード時に特に注意すべきことは、

注意ポイント

  1. サーバー遅延のタイミングを狙った意図的なトレード
  2. 自己IB(自己アフィリエイト)の仕組みを悪用したトレード
  3. ゼロカットシステムの悪用や乱用目的のトレード
  4. 口座名義人以外の第三者が行ったトレード
  5. マネーロンダリングの疑いがあるトレード

これらの行為はExness(エクスネス)の利用規約違反の禁止事項や禁止事項に該当します。

上記に該当すると判断された場合、出金拒否や口座凍結のリスクもあるので十分に注意してください。

Exness(エクスネス)を利用する際の注意点に関してはこの記事が参考になります。

おすすめ記事Exnessの禁止事項は?利用規約違反で口座凍結や出金拒否されるって本当か?

Exness(エクスネス)は無制限レバレッジでもゼロカットシステムが適用され追証なしでトレードできる

ゼロカットシステムがあることで、通常よりに高いレバレッジをかけたトレードをリスクなく行うことができます。

Exness(エクスネス)のおすすめポイントのひとつが最大レバレッジが無制限だということ。

無制限レバレッジを使ったトレードを行っても、ゼロカットシステムが適用され追証リスクがない健全なトレードができます。

Exness(エクスネス)で無制限レバレッジをするためにはいくつかの条件があるので、その点も理解しておいてください。

無制限レバレッジの条件

  • Exness(エクスネス)で10回以上のトレードを行うこと。
  • Exness(エクスネス)で合計5ロット(500 セントロット)のトレードを行うこと。
  • 取引口座内の有効証拠金を1000ドル未満にすること。

上記条件を全てクリアーできないとExness(エクスネス)の無制限レバレッジが適用されません。

無制限レバレッジ+ゼロカットシステムというExness(エクスネス)の最大の強みを活かしたトレードをぜひ楽しんでください。

おすすめ記事Exness(エクスネス)のレバレッジ無制限ルール、条件や制限と確認方法まとめ!

Exness(エクスネス)で必要証拠金や証拠金維持率はどのように計算されるのか?

Exness(エクスネス)は証拠金維持率が0%になるまで強制ロスカットが行われないFX会社ということがわかったと思います。

証拠金維持率と必要証拠金は非常に密接に関係しており、FXのトレードを行うためには十分に理解しておかなければなりません。

Exness(エクスネス)のトレードに必要な必要証拠金とは?

Exness(エクスネス)のトレードに必要な必要証拠金が何かというと、

必要証拠金とは?

  • 必要証拠金とは、FX取引やその他のレバレッジを利用した金融取引を行う際に、取引を開始するために口座に預け入れる必要がある最低限の資金のことです。
  • この証拠金は取引するポジションのサイズや取引する通貨ペア、利用するレバレッジの大きさに基づいて計算されます。

必要証拠金は手数料や取引コストではなく、 ポジションの決済後に返金されますので安心してください。

マイナス残高になり強制ロスカットが行われた場合はその限りではありません。

おすすめ記事Exness(エクスネス)に口座開設ボーナスや入金ボーナス、取引ボーナスはあるのか?

Exness(エクスネス)の必要証拠金はどのような計算式で算出されるのか?

Exness(エクスネス)の必要証拠金はどのような計算式で算出されるのかというと、

計算式

<<レバレッジをかけた場合>>

  • 必要証拠金=ロットx契約サイズ÷レバレッジサイズ
  • 2000倍のレバレッジで4ロット分のドル円のポジションを保有する場合の必要証拠金は、
  • ロット:4
  • 契約サイズ:100,000ドル
  • レバレッジサイズ:2,000
  • 必要証拠金=4x100,000÷2,000=200ドル

<<レバレッジをかけなかった場合>>

  • 必要証拠金=ロットx契約サイズx証拠金所要額
  • レバレッジなしで0.5ロット分のドル円のポジションを保有する場合の必要証拠金は、
  • ロット:0.5
  • 契約サイズ:100,000ドル
  • レバレッジなし
  • 必要証拠金=0.5x100,000=50,000ドル

当然ですがレバレッジをかけない状態で行ったトレードでは高額な証拠金が必要になることがわかりますよね。

Exness(エクスネス)は様々な計算ツールが用意されていますので、どんなレバレッジをかけたトレードをする場合も簡単に必要証拠金の計算ができます。

おすすめ記事Exnessの計算ツール(投資カリキュレーター)の機能や使い方の情報まとめ!

Exness(エクスネス)のトレード時の証拠金維持率とは?

Exness(エクスネス)のトレード時の証拠金維持率が何かというと、

証拠金維持率とは?

  • 証拠金維持率とは、トレーダーが保有するポジションを維持するために口座内に必要な最低限の証拠金の割合のこと。
  • 証拠金維持率 = (有効証拠金 / 開始証拠金)× 100% の式で表されます。
  • この維持率は、トレーダーの口座の現在価値(有効証拠金)を開始証拠金(取引開始に必要な証拠金)で割って計算されパーセンテージで表されます。

証拠金維持率はトレーダーがリスクを適切に管理し、市場の変動に対応してポジションを維持できるかどうかを判断するための重要な指標です。

Exness(エクスネス)でも保有中のポジションがある場合は、しっかり確認しておくようにしてください。

Exness(エクスネス)で必要証拠金と証拠金維持率はどのような関係性があるのか?

Exness(エクスネス)でトレードをするために必要な必要証拠金と証拠金維持率の関係性について説明すると、

関係性

  • 証拠金維持率と必要証拠金の関係性は、トレーダーの取引活動がどの程度、安全な状態にあるかを測る尺度として機能しています。
  • 必要証拠金は取引を始めるためのスタートであり、証拠金維持率はその取引を継続するための持続可能性だということ。
  • 市場価格の変動によって未実現損益が生じることで口座の有効証拠金に影響を与え、証拠金維持率は常に変動しています。
  • トレーダーは証拠金維持率が一定の基準を下回らないように資金を管理し、追加証拠金の投入やポジションの調整を行う必要があります。

両者のバランスを適切に保つことが、マージン取引におけるリスク管理の鍵となりますので、しっかり確認するようにしましょう。

おすすめ記事Exness(エクスネス)が出金拒否って本当?出金できない原因や解決法まとめ!

Exness(エクスネス)と他の海外FX業者のロスカット水準やマージンコール水準比較!

Exness(エクスネス)以外にも多くの海外FX業者があるので、ロスカット水準やマージンコール水準を比較したいという人もいると思います。

主要な海外FX業者の中でもExness(エクスネス)がどれだけ低い水準でサービスを提供しているのか確認して参考にしてください。

海外FX業者のマージンコール水準を比較すると、

まず最初に海外FX業者のマージンコール水準を比較した表を紹介すると、

FX会社名マージンコール水準
XMTrading50%
AXIORY50%
FXGT50%
LANDFX50%
FBS40%
HotForex40%
IS6FX50%
Tradeviewなし
iFOREXなし
Exness30%

*複数の口座タイプがある場合、各FX会社で最も低いマージンコール水準を紹介しています。

おすすめ記事国内FXのロスカット水準は?証拠金維持率は高めがおすすめなのか?

海外FX業者のロスカット水準を比較すると、

次に海外FX業者のロスカット水準を比較した表を紹介すると、

FX会社名ロスカット水準
XMTrading20%
AXIORY20%
FXGT20%
LANDFX30%
FBS20%
HotForex10%
IS6FX20%
Tradeview100%
iFOREX0%
Exness0%

*複数の口座タイプがある場合、各FX会社で最も低いロスカット水準を紹介しています。

マージンコール水準もロスカット水準もExness(エクスネス)が業界トップクラスの水準であることがわかったと思います。

おすすめ記事海外FXは億トレーダーへの近道?大儲けして億り人も夢ではないのか?

Exness(エクスネス)のロスカット水準やマージンコールに関するよくある質問まとめ!

この記事を読むことでExness(エクスネス)の口座タイプごとのロスカット水準についてわかったと思います。

ストップアウト保護機能のお陰でさらに強制ロスカットのリスクが低いトレードができるExness(エクスネス)。

ここではExness(エクスネス)の強制ロスカットやゼロカットシステムに関するよくある質問をまとめて紹介しますので、トレード時の参考にしてください。

Exness(エクスネス)のロスカット水準は証拠金維持率何%ですか?

回答

  • Exness(エクスネス)のロスカット水準は全ての口座タイプで証拠金維持率が0%になったタイミングに設定されています。
  • 海外FX業者だと20〜50%というロスカット水準が多いですが、それらと比較しても非常に低いロスカット水準になっていますよね。
  • さらにストップアウト保護機能があることで、一時的に証拠金維持率が0%を下回るような場合でも、仮想資金を借りることができるのでさらに強制ロスカットのリスクが低くなります。
  • Exness(エクスネス)はどれだけ効率的に資金運用できるのかということを考えてくれている非常に投資家に優しいFX会社になります。

Exness(エクスネス)のマージンコールは証拠金維持率が何%になった時ですか?

回答

  • Exness(エクスネス)のマージンコールはスタンダード口座タイプとプロ口座タイプで異なります。
  • スタンダード口座、スタンダードセント口座のマージンコールは証拠金維持率が60%を下回ったタイミングになります。
  • プロ口座やゼロ口座、ロースプレッド口座のマージンコールは証拠金維持率が30%を下回ったタイミングで行われます。
  • ロスカット水準は全て0%になりますので、マージンコールが発動されてからどうするのか?
  • ポジションを決済するか、追加入金するかなど、最後までしっかり考えることができますので、マージンコール後はポジションについてしっかり考えるようにしてください。

Exness(エクスネス)はストップ狩りのリスクが低いって本当ですか?

回答

  • Exness(エクスネス)ではストップアウト保護機能があることで、ストップ狩りのような相場操作をする意味がない状態になっています。
  • もしExness(エクスネス)がストップ狩りを仕掛けようとしても、結局は自分で仮想資金を投入しなければならないので、意味がない状態になるということ。
  • ストップアウト保護機能は資金効率が良くなり、強制ロスカットを回避できる可能性があるだけではなく、透明性の高いトレード環境を提供する要因にもなっています。
  • それにExness(エクスネス)のような海外FX業者はNDD方式を採用しているので、会社の主な収益はスプレッド収入です。
  • 投資家がいくら損をしても自社の収益に影響がないので、ストップ狩りをするよりも投資頻度を増やしてもらった方が儲かるのもポイントのひとつ。
  • 国内FX会社よりも透明性の高いトレードができますよ。

Exness(エクスネス)はマイナス残高になってもゼロカットシステムで追証なしですか?

回答

  • Exness(エクスネス)はゼロカットシステムを導入していますので、マイナス残高になっても追証を支払う必要はありません。
  • 投資手法的にも複数口座間の両建て取引を認めているなど、非常に制限や禁止事項が少ないFX会社です。
  • よほど怪しいトレードや自分勝手なトレードをしていなければ、ゼロカットシステムが適用されないということはないでしょう。
  • ただゼロカットシステムを悪用するようなトレードを行っている場合は、マイナス残高時でもゼロカットシステムが適用されない可能性もあります。
  • 海外FX業者でゼロカットシステムが適用されるのは、ルールを守った投資をしている場合のみですので、その点も忘れないでください。

Exness(エクスネス)は1万円チャレンジに向いているFX会社ですか?

回答

  • 海外FX業者で投資をする人に人気なのが、3000円チャレンジや1万円チャレンジという投資手法。
  • Exness(エクスネス)は無制限レバレッジ+ゼロカットシステムで追証なしという1万円チャレンジにぴったりなFX会社です。
  • 1万円という僅かな口座残高でも、無制限レバレッジでトレードをすればあっという間に投資資金を増やせる場合も。
  • しかもハイレバスキャルピングもOKですので、細かい利益を積み重ねて最終的に大きな収益にすることができます。
  • 利益分は追加口座にどんどん移動していけば、残った資金を無制限レバレッジでまた増やすことができますので、ぜひ1万円チャレンジを行ってみてください。

Exness(エクスネス)は証拠金の計算が簡単にできる計算機のような計算ツールがありますか?

回答

  • Exness(エクスネス)の公式サイトには投資計算機と呼ばれる投資カリキュレーターがあります。
  • 口座タイプ、口座通貨、金融商品、ロット数、レバレッジを設定するだけで、証拠金、スプレッド費用、取引手数料、買いスワップ、売りスワップ、pips値を計算することができます。
  • 計算ツールのデータは前日の平均値を使っていますので、リアルタイムの計算結果ではありませんが、そこまで大きく違うことはないでしょう。
  • 投資カリキュレーターはすぐに計算してくれるので、ポジションを持とうとしている注文に対して、どのような結果が期待できるのかを瞬時に確認できます。
  • 特にpips値と呼ばれる、1pips動くことでどれだけ利益が期待できるのかがわかるのは投資カリキュレーターを利用するメリットのひとつ。
  • 計算ツールをうまく活用することで効率的なトレードや、トレード計画を立てやすくなります。

Exness(エクスネス)のストップアウト保護機能とはどんな機能ですか?

回答

  • Exness(エクスネス)にはストップアウト保護機能と呼ばれる強制ロスカットを避けるような機能が搭載されています。
  • 通常ならロスカット水準を下回れば強制ロスカットが行われ、保有中のポジションが決済されます。
  • しかしそのタイミングでスプレッドが開いているなど、一定条件に該当すればスプレッドが半分になるように通常と計算方法が異なるような条件が適用されます。
  • また強制ロスカットが行われるまでExness(エクスネス)が仮想資金を取引口座に適用してくれることで、強制ロスカットまでの時間を稼いでくれるメリットも。
  • ストップアウト保護機能があることで投資家には決断するまでの時間的猶予が与えられるので、ポジションの決済、追加入金をするか、そのまま逆転を待つかなどの判断ができます。
  • 最後まで投資家の資金が効率的に使えるような仕組みがストップアウト保護機能だと思ってください。

Exness(エクスネス)は複数口座間で両建て取引をしてもゼロカットシステムが適用されるのか?

回答

  • Exness(エクスネス)は海外FX業者の中でも両建て取引に対して制限を行っていない傾向があります。
  • 複数口座間の両建て取引でも、他社の取引口座との間の両建て取引でも基本的に規制対象になりません。
  • もしそのような状態でマイナス残高になっても、ゼロカットシステムがあるので追証なしでリスクの低いトレードができます。
  • ただあまりにもロット数の大きな両建て取引やレバレッジの高すぎる両建て取引を頻繁に行っているとExness(エクスネス)から連絡が来る場合も。
  • 常識内のトレードを行っている分には両建て取引を行っても何ら機能を制限されることはないので、両建て取引をしてリスクヘッジしたい人にもおすすめのFX会社です。

Exness(エクスネス)は海外FX業者の中でもマージンコールやロスカット水準の低いおすすめのFX会社です。

ボーナスこそありませんが、その分スプレッドが狭く取引コストが低いメリットも。

プロ口座のように即時約定という他の取引口座と異なる注文方式を採用している口座タイプもあるので、様々なトレードを楽しめますよ。

おすすめ記事Exness(エクスネス)はスプレッドが広い?スプレッドが広がる時間帯があるのか?

Exness(エクスネス)はどんなFX会社なのか、選ぶ理由やおすすめポイントは何があるのか。

Exness(エクスネス)はどんなFX会社なのか、選ぶ理由やおすすめポイントは何があるのか。

海外FX業者の中でも数少ない無制限レバレッジが適用されていることで日本人にも人気のExness(エクスネス)

どのような特徴やおすすめポイントがあり、他のFX会社との違いは何かなどの基本情報を紹介します。

Exness(エクスネス)のFX会社としてのおすすめポイントを紹介すると、

おすすめポイント

  • 最大レバレッジは無制限なので、非常に資金効率のよいトレードができる。
  • 証拠金維持率が0%になるまでロスカット(ストップアウト)されない。
  • FX初心者でも安心できる日本語サポートがあり、ライブチャットは平日8時〜24時、メールサポートは24時間受付しており回答は1営業日とスムーズに返信してもらえる。
  • 金融ライセンスはセーシェル諸島発行の証券ディーラーライセンス番号SD025を取得している。
  • 取引手法やポジションに関する制限が一切なく、自由な取引環境が用意されている。
  • 口座タイプは3種類あり、いずれもFX業界の平均以下のスプレッドが適用されてる。
  • ボーナスは一切もらえないがスキャルピング向きの口座タイプが用意されている。

Exness(エクスネス)の基本スペックをまとめて紹介すると、

口座開設ボーナス入金ボーナスレバレッジ
なしなし無制限
スプレッド金融ライセンスゼロカット
平均1.7pipsセーシェル政府適用あり
入金方法出金方法日本語サポート
11種類11種類平日8時〜24時

自由な取引環境を求める人、投資資金の効率を最大化したい人におすすめなFX会社のExness(エクスネス)。

どのような会社が運営しており、どこの国が発行した金融ライセンスを取得しているのかはこの記事を参考にしてください。

おすすめ記事Exnessの金融ライセンスや運営会社はどの国にあるのか?

Exness(エクスネス)のロスカット水準とマージンコールの記事まとめ

この記事ではExness(エクスネス)の口座タイプごとのロスカット水準やマージンコール水準は何パーセントか?

強制ロスカット後にゼロカットシステムが適用されるのか、他のFX会社との違いはなにかということについて説明してきました。

まとめ

  • マージンコール水準はスタンダード口座系は60%、プロ口座系は30%、ロスカット水準は全ての口座タイプで0%に設定されている。
  • 強制ロスカットのタイミングは、本取引口座の証拠金維持率が0%に達するか、有効証拠金がゼロに下がった場合に行われる。
  • 強制ロスカットを回避できるようなストップアウト保護機能が存在している。
  • ボラティリティが高いときやスプレッドが拡大している時にストップアウト保護機能が発動すことで、有効証拠金に未決済取引にかかるスプレッドの半分相当に取引量(ロット)を掛けた仮想資金を追加してくれる。
  • ストップアウト保護機能が発動している場合、取引プラットフォームで有効証拠金がマイナス表示されるようになる。
  • ロスカット水準もマージンコール水準もFX業界でトップクラスの取引環境が用意されている。
  • Exness(エクスネス)はゼロカットシステムがあるので、強制ロスカットでも追証なしで借金リスクがない。
  • 利用規約違反の禁止行為や禁止トレードが行われた場合、ゼロカットシステムが適用されない場合もある。

<<ストップアウト保護機能のメリット>>

  • スプレッド拡大による強制ロスカットは起こらない。
  • ポジションの保有か決済かの決断を下すための時間が増える。
  • ストップ狩りに合うリスクがない安全なトレードができる。

<<ストップアウト保護機能のデメリット>>

  • 全ての投資家、全てのポジションが絶対に対象になるというわけではない。
  • 口座タイプによっては取引手数料がかかる取引口座もある。

Exness(エクスネス)ではFX業界でも最も低水準のマージンコールとロスカット水準が提供されています。

投資家の資金をどれだけ効率的に運用できるのかという意味でも、ストップアウト保護機能はうれしいポイントのひとつ。

マイナス残高になってもゼロカットシステムが適用されるので、安心してハイレバトレードができますよ。

Exness(エクスネス)は最大レバレッジ制限がないFX会社として多くの日本人トレーダーに人気の海外FX会社。

少ない資金で効率的なトレードを行いたい人も安心してポジションを持てるようにゼロカットシステムが導入されているメリットも。

どれだけ高いレバレッジを設定しても、追証なしで借金のリスクがない安全なトレードができる海外FX業者のひとつ。

ボーナスは一切もらえませんが、FX業界の平均以下のスプレッドが適用されていることでスキャルピングトレーダーにもおすすめの海外FX会社です。

Exnessの公式サイトをチェックする!

国内FX会社よりも多くの取引チャンスがあり、多くの金融商品をリスクなくハイレバトレードができると評判の海外FX業者。

どのような違いや特徴があるのか、何を基準に会社選びを行えばよいのかなどの情報を知りたい人はこの記事を参考にしてください。

おすすめ記事海外FX業者のおすすめはどこか?最新版の徹底比較ランキングで紹介します!

-Exness(エクスネス)
-, , ,

Exness(エクスネス)