Exness(エクスネス)

Exnessの原資抜きのやり方やメリット、裏技的に使える理由は?

Exnessの原資抜きのやり方やメリット、裏技的に使える理由は?

Exness(エクスネス)の裏技として使えるトレード手法に原資抜きというものがあります。

  • 原資抜きとはどのような取引手法のことなのか?
  • なぜExness(エクスネス)で原資抜きができるのか?
  • 具体的にどのような方法で原資抜きをすればリスクゼロのトレードができるのか?

デイトレなど短期トレードをする人で極力リスクがない取引をしたいなら、原資抜きを試すのもありかも。

Exness(エクスネス)で原資抜きをすれば、想定外の相場の動きがあっても低いリスクで利益の獲得を狙えるのは安心ですよね。

具体的にどのような方法で原資抜きをすればよいのか、基本的なやり方やメリットなど気になる情報を紹介します。

\最大レバレッジは無制限/

Exness(エクスネス)で今すぐ口座開設する!

目次

低リスクでFX取引ができる原資抜きとはどんな取引手法か?

まず最初に原資抜きがどのような取引手法なのかというと、

原資抜きとは?

原資抜きとは、FX取引時に利益が出ている状態を維持したまま原資を抜く(出金)することで、リスクを低くする取引手法のこと。

ゼロカットシステムがある海外FX業者の最大損失額は入金額までですが、その仕組みを利用することでさらに低リスクでのトレードが可能になります。

原資抜きに成功した場合の最大損失額はゼロ円になるということ。

もちろん原資抜きができなければ入金額を失う可能性もあるので、その点は誤解しないでください。

FX取引で原資抜きをするために必要なトレード環境や条件は?

FX取引で原資抜きをするためにはいくつかの条件があり、それを実現できるFX会社を利用する必要があります。

どのようなトレード環境が必要なのかというと、

原資抜きの条件

  1. ポジションを保有している状態でも証拠金を出金することができる。
  2. ロスカット水準(ストップアウト)が限りなく低く設定されていること。

上記2点をクリアできるFX会社でしか、原資抜きを効果的に使うことができません。

ちなみにExness(エクスネス)はポジション保有状態で利益を出金できてロスカット水準は0%なので、まさに原資抜き向きのFX会社だということ。

というか、原資抜きしたいならExness(エクスネス)以外のFX会社会社を選ぶ理由はありません。

おすすめ記事Exness(エクスネス)の計算ツール(投資カリキュレーター)の機能や使い方の情報まとめ!

FXで原資抜きができるタイミングは2種類存在している。

FXで原資抜きができるタイミングは2種類あるので、どちらを選ぶのかはあなた次第です。

原資抜きのタイミング

  1. FX取引で利益が出たタイミングで出金する。(ポジションを保有したまま原資抜きをする。)
  2. FX取引で入金額以上の利益を確定させて出金する。(ポジションを決済してから原資抜きをする。)

出金するタイミングこそ違いますが、どちらの方法で原資抜きを行っても低リスクなトレードができることには違いがありません。

Exness(エクスネス)で原資抜きをするなら、基本的には最初に紹介したポジションを保有したまま行う方法がおすすめです。

FX取引で利益が出たタイミングで出金する原資抜きのやり方ややメリットは?

利益が出たタイミングで出金する原資抜きはどのような流れで行えばよいのか。

5,000円の証拠金で10,000円の利益を狙ったトレードをしたい場合で紹介すると、

原資抜きの流れ

  1. 5,000円をExness(エクスネス)に入金してトレードを開始。
  2. 保有しているポジションの含み益が10,000円になり、証拠金が15,000円になる。
  3. 原資の5,000円を出金することで原資が0円になる。
  4. 利確か強制ロスカットされるまでトレードを行う。

上記のような流れでトレードができれば、あなたの原資は1円も減ることなく利益を狙うことができるということ。

レバレッジをかければ、必要証拠金額が少なくとも十分に狙えるトレードだと思いませんか?

デイトレや短期取引でこの原資抜きを行って利益を増やしている人もいますので、ぜひ試してみてください。

ポジション保有状態で行う原資抜きのメリットは、

メリット

  • 入金額分の原資抜きをしているので、ノーリスクで取引ができ失敗しても投資チャンスがなくなるだけ。
  • 保有中のポジションの含み益が目標額に達するまで安心してチャートを見ていられる。

原資抜きが終わった時点で完全ノーリスク状態になりストレスがないので安心できます。

ただダラダラとポジションを持ち続けて最終的にロスカットされるのはもったいないので、利確ポイントは事前に明確にしておいてください。

おすすめ記事Exness(エクスネス)の無料VPSの利用条件や評判、各種設定方法などの情報まとめ!

FX取引で入金額以上の利益を確定させて出金する原資抜きのやり方やメリットは?

入金額以上の利益を確定させて出金する原資抜きはどのような流れで行えばよいのか。

20,000円の証拠金で100,000円の利益を狙ったトレードをしたい場合で紹介すると、

原資抜きの流れ

  1. 20,000円をExness(エクスネス)に入金してトレードを開始。
  2. トレードの結果、利益込みで40,000円を達成したら利確して入金額の20,000円を一旦出金する。
  3. 利益分の20,000円で再度トレードを行い、目標利益の100,000円を目指す。
  4. 目標利益の100,000円になった時点でポジションを決済して出金する。

上記のような流れでトレードができれば、あなたの原資は1円も減ることなく目標利益の100,000円を狙うことができますよね。

より高額な利益を狙いたい人にはこの方法で行う原資抜きがおすすめです。

ポジション決済後に原資抜きをするメリットは、

メリット

  • トレードの過程でポジションを決済しているので、多少の含み損なら耐えることができる。
  • トレードの過程で利確しているので、最終的に目標利益に達しない場合でも手元にある程度の利益が残る。

この方法で行う原資抜きはある程度の含み損が出ても耐えることができるので、中長期的なスイングトレードに向いています。

おすすめ記事Exness(エクスネス)のプレミアプログラムの招待条件や昇格条件、特典まとめ!

Exness(エクスネス)が原資抜きに向いている理由は何か?

Exness(エクスネス)で原資抜きができる理由や向いているFX会社だという理由を紹介すると、

原資抜きできる理由

  1. ポジションを保有している状態でも出金することができる。
  2. ロスカット水準が0%と低く強制ロスカットされるリスクが少ない。
  3. ゼロカットシステムがあるので追証リスク(借金リスク)がない。
  4. 複数口座の開設が可能で原資抜きできる環境が用意されている。

まさにExness(エクスネス)は原資抜き向きのFX会社ですし、裏技的に使えるというよりも普通にできてしまう状態だということ。

それぞれどのようなことなのか項目ごとに紹介していきます。

ポジションを保有している状態でも出金することができる│Exnessの特徴

Exness(エクスネス)が原資抜きに向いているFX会社の理由は、ポジションを保有している状態でも出金することができることです。

出金について

  • FX会社の中にはポジション決済後の出金しか認めていないところもありますが、Exnessはポジション保有中に出金しても問題がないFX会社です。
  • ただ証拠金維持率を意識した原資抜きをしないと、すぐに強制ロスカットされる可能性があるので十分に注意してください。

原資抜きに成功してもすぐに強制ロスカットされポジションがクローズしてしまっては意味がないですよね。

ポジション保有状態の原資抜きは証拠金維持率を意識することで、より大きな利益を狙うことができます。

ロスカット水準が0%と低く強制ロスカットされるリスクが少ない│Exnessの特徴

Exness(エクスネス)が原資抜きに向いているFX会社の理由は、ロスカット水準が0%と低く強制ロスカットされるリスクが少ないことです。

ロスカット水準

  • Exness(エクスネス)のロスカット水準は証拠金維持率が0%になったタイミングなので、FX業界でも屈指の強制ロスカットされにくいFX会社になります。
  • 他のFX会社の場合、低いロスカット水準でも20%ほどと高くExness(エクスネス)独自のストップアウト保護機能もありません。
  • ストップアウト保護機能とは証拠金維持率が0%のタイミングでスプレッドが広がっていれば、その半分を仮想資金としてExness(エクスネス)が負担して、強制ロスカットまでの猶予を作ってくれる仕組みのこと。

ストップアウト保護機能+ロスカット水準が0%なので、他のFX会社よりも資金効率を大幅に高めることができます。

おすすめ記事Exness(エクスネス)のロスカット水準とマージンコール水準は?

ゼロカットシステムがあるので追証リスク(借金リスク)がない│Exnessの特徴

Exness(エクスネス)が原資抜きに向いているFX会社の理由は、ゼロカットシステムがあるので追証リスク(借金リスク)がないことです。

ゼロカットシステムについて

  • 多くの海外FX業者で導入されているゼロカットシステムですが、Exness(エクスネス)は取引時の禁止事項が少ないので、ゼロカットシステムが適用されないリスクが低い特徴も。
  • ハイレバトレードで強制ロスカットされマイナス残高になっても、すぐにゼロカットされるので、新たなポジションを保有することができます。
  • FXの最大の敵は強制ロスカットによる追証の発生(借金リスク)なので、それがないのは本当に安心してトレードができます。

原資抜き後は証拠金維持率が低下して強制ロスカットされやすくなりますが、ゼロカットシステムがあれば安全です。

複数口座の開設が可能で原資抜きできる環境が用意されている│Exnessの特徴

Exness(エクスネス)が原資抜きに向いているFX会社の理由は、複数口座の開設が可能で原資抜きできる環境が用意されていることです。

複数口座の開設

  • 海外FX業者は比較的多くの口座タイプと複数口座の開設が可能ですが、Exness(エクスネス)の場合は最大で200口座まで開設できます。
  • さすがにその全てを使うことはありませんが、追加口座の開設は数分でできるので原資抜きをしやすい環境が整えられているということ。

無制限レバレッジでトレードする口座、スキャルピングする口座など使い分けつつ、原資抜きのための口座を開設することができます。

おすすめ記事Exness(エクスネス)の複数口座や追加口座の作り方や口座開設ルールまとめ!

Exness(エクスネス)で原資抜きをするための準備や流れは?

Exness(エクスネス)で原資抜きをするためには、事前に2つ以上の取引口座を開設する必要があります。

具体的にExness(エクスネス)で原資抜きをするための準備や流れを紹介すると、

原資抜きの流れ

  1. Exness(エクスネス)でメイン口座・サブ口座を開設する。
  2. メイン口座で取引を行って原資抜きできる状態にする。
  3. メイン口座で原資抜きを行って原資をサブ口座に移動する。

一番難しいのはメイン口座で行った取引でしっかり利益を獲得することです。

それ以外の部分は作業なので、頭を使わずにできるでしょう。

Exness(エクスネス)でメイン口座・サブ口座を開設する│原資抜きの流れ

Exness(エクスネス)で原資抜きをする場合、まずはExness(エクスネス)でメイン口座・サブ口座を開設することが必要です。

口座開設について

  • Exness(エクスネス)は公式サイトのパーソナルエリアページで24時間365日、いつでも追加口座を開設することができます。
  • メイン口座は取引スタイルに合わせて適切な設定を行ってください。
  • サブ口座はあくまでも資金移動ようにつかうだけなので、基本通貨さえメイン口座と同じであれば、設定条件などはありません。

余計なことを考えたくない場合は、メイン口座とサブ口座を同じ条件で設定すればよいということ。

口座名をわかりやすいものに変更しておくことで、資金移動時に悩まずに済みます。

おすすめ記事Exness(エクスネス)の安全性は?ライセンスや口座資金の管理に問題なしなのか?

メイン口座で取引を行って原資抜きできる状態にする│原資抜きの流れ

Exness(エクスネス)で原資抜きをする場合、次にメイン口座で取引を行って原資抜きできる状態にすることが必要です。

メイン口座での取引

  • Exness(エクスネス)は無制限レバレッジでのトレードも可能ですし、スプレッドが狭い特徴もあるのでトレンドを読み違えなければ比較的利益を出しやすいFX会社です。
  • 保有ポジションで含み益がで始めたら、原資抜きのタイミングを伺います。

レバレッジが高すぎるとすぐに強制ロスカットされることもあるので、必要証拠金とロット数、レバレッジ設定は慎重に行ってください。

メイン口座で原資抜きを行って原資をサブ口座に移動する│原資抜きの流れ

Exness(エクスネス)で原資抜きをする場合、最終的にメイン口座で原資抜きを行って原資をサブ口座に移動することが必要です。

サブ口座への移動

  • メイン口座の取引で原資分の利益が出たら原資抜きを行うだけです。
  • Exness(エクスネス)でサブ口座に資金移動する流れは、メイン口座のメニューで【 内部振替 】を選択後、【 ご自身の口座へ 】を選択します。
  • 原資抜きする金額を入力して【 確定 】ボタンをクリックするだけです。

その後、サブ口座を確認して原資抜きした分の資金が到着していれば、Exness(エクスネス)での原資抜きが完了します。

後は好きなタイミングで出金ルールを守った出金申請を行ってください。

おすすめ記事Exness(エクスネス)の出金ルールや出金できない場合に確認すべき項目まとめ!

Exness(エクスネス)の原資抜きで内部振替をするためには本人確認(口座認証)が必要です。

Exness(エクスネス)で原資抜きをしようと思い、内部振替をする際には必ず本人確認書類を用意して口座認証を完了させておく必要があります。

口座認証には本人確認書類と住所確認書類の2種類を用意する必要がありますので覚えておいてください。

それぞれどのような書類を用意する必要があるのかというと、

Exness(エクスネス)の口座認証時に必要な本人確認書類の種類は?

Exness(エクスネス)の口座認証時に必要な本人確認書類の種類は何が必要になるのかというと、

本人確認書類について

  • パスポート(旅券)
  • マイナンバーカード
  • 運転免許証
  • 在留カード

上記いづれかの書類を用意してください。

また本人確認書類として認められるために必要な要件を紹介すると、

本人確認書類の要件

  • 写真が写っていること。
  • 氏名がアカウント所有者の名前と全く同じであること。
  • 生年月日が確認でき、18歳以上であること。
  • 残存有効期間が1ヶ月以上あり、有効期限が切れていないこと。
  • 書類が両面の場合は2ページあること。
  • 四隅がしっかり見えること。
  • 高画質で、不鮮明ではなく、判読可能であること。
  • 官公庁発行の公的証明書であること。

上記要件を全て満たしている本人確認書類なのかを事前に確認して提出するようにしてください。

おすすめ記事Exness(エクスネス)の最大ロット数や最大ポジション数、時間帯の制限に関する情報まとめ!

Exness(エクスネス)の口座認証時に必要な住所確認書類の種類は?

Exness(エクスネス)の口座認証時に必要な住所確認書類の種類は何が必要になるのかというと、

住所確認書類について

  • 公共料金請求書(電気、水道、ガス、インターネット、固定電話)
  • 直近の銀行取引明細
  • 地方税
  • 取引金融機関からの照会状(居住国に所在する金融機関)

上記いづれかの書類を用意してください。

住所確認書類はアカウントを登録した国に居住している必要があるので、官公庁によって発給された書類である必要があります。

また住所確認書類として認められるために必要な要件を紹介すると、

住所確認書類の要件

  • Exnessアカウントの所有者名と本人確認書類に記載された氏名が、全く同じであること。
  • 氏名および住所が確認できること。
  • 書類の発行日が確認できること。
  • 直近6か月以内に発行された書類であること。
  • 四隅がしっかり見えること。
  • 書類が両面の場合は2ページあること。
  • 高画質で、不鮮明ではなく、判読可能であること。

上記要件を全て満たしている住所確認書類なのかを事前に確認して提出するようにしてください。

おすすめ記事Exness(エクスネス)の日本語サポート体制や営業時間などの情報まとめ!

Exness(エクスネス)の口座認証時に本人確認書類を提出する際のファイル形式は?

Exness(エクスネス)の口座認証時に提出が必要な本人確認書類のファイル形式やアップロード可能形式を紹介すると、

ファイル形式など

  • アップロード形式は写真、スキャン、コピーのいづれでもOKです。
  • ファイル形式は.jpg、.jpeg、.mp4、.mov、.webm、.m4v、.png、Jpg、.bmp、.pdfのいづれでもOKです。
  • ファイルサイズは64MBまでに圧縮してください。

上記内容に注意してパーソナルエリアページの設定項目で口座認証を行ってください。

おすすめ記事Exness(エクスネス)の禁止事項は?利用規約違反で口座凍結や出金拒否されるって本当か?

Exness(エクスネス)で原資抜きする際のよくある質問まとめ!

この記事を読むことでExness(エクスネス)には原資抜きできる環境が用意されていることがわかったと思います。

デイトレで原資抜きができるようになれば、リスクを抑えて利益の最大化を目指すことができるメリットも。

ここではExness(エクスネス)で原資抜きする際によくある質問をまとめて紹介しますので、トレード時の参考にしてください。

原資抜きトレードをしたい人にExness(エクスネス)がおすすめ理由は?

回答

  • 原資抜きトレードをしたい人にExness(エクスネス)がおすすめする理由は、ポジション保有中でも出金できロスカット水準が0%だから。
  • ポジション決済後にしか出金できないFX会社もありますし、ロスカット水準が20%や50%を超えるFX会社も。
  • 原資抜きをしてもすぐに強制ロスカットされたら意味がないので、ロスカット水準が0%と業界トップクラスなのはうれしいポイントだと思います。
  • 無制限レバレッジで必要証拠金額も少なく、マイナス残高になってもゼロカットシステムがあるので追証リスクがないのも安心できる部分だと思います。

Exness(エクスネス)で原資抜きトレードをすることでリスクやデメリットはありますか?

回答

  • 原資抜きトレードはメリットが多く、リスクやデメリットがほぼない取引手法です。
  • 利益を出せなければ原資抜きができない部分はリスクのひとつかもしれませんが、それは原資抜きトレード以外でも同じ状態ですよね。
  • ローリスクハイリターンを目指せるトレードスタイルなので、まずは一度試してみるのが良いと思います。

Exness(エクスネス)は無制限レバレッジなので、原資抜きトレードに向いていますか?

回答

  • 無制限レバレッジが利用できるExness(エクスネス)は、少ない証拠金で効率的なトレードができるFX会社も会社です。
  • 原資抜きトレード時にはそこまでレバレッジをかけなくても、原資抜き後のポジション保有時に無制限レバレッジを使うというのも一つの方法です。
  • 無制限レバレッジは最高で21億倍というFX業界最強レベルの資金効率で利益の最大化を目指せますので、少額な証拠金で取引したい人におすすめです。

原資抜きトレードはデイトレやスキャルピング向きの取引手法ですか?

回答

  • Exness(エクスネス)でできるポジション保有状態での原資抜きトレードは、デイトレやスキャルピングでも使える取引手法になります。
  • 短時間取引で原資抜きに成功すれば、1日に何度もチャレンジできるメリットも。
  • 原資抜き後にどこまでの利益を目指すのかを最初に決めておくことで、手元資金は一切減ることがないので安心してチャートの動きを見ていることができますよ。

Exness(エクスネス)で原資抜きすれば億り人になれますか?

回答

  • 原資抜きトレードの利益はそこまで大きくならないので、原資抜きだけで億り人を目指すのは難しいと思います。
  • ただ原資抜きをする際に高額な証拠金を用意することができれば、億り人を目指すこともできるでしょう。
  • 億り人のチャンスがまったくないとは言いませんが、効率的に少ない証拠金を増やせるので、ハイレバトレードを何度か繰り返すことで可能性は高まります。
  • ボーナスがないExness(エクスネス)なので、原資抜きでリスクオフ状態で資金効率を高めていくのもひとつの方法です。

Exness(エクスネス)の1万円チャレンジに原資抜きは使えますか?

回答

  • 原資抜きは証拠金がいくらでもできる取引手法なので、Exness(エクスネス)で1万円チャレンジをする際にも利用することができます。
  • ただ1万円チャレンジは少額の証拠金をいくらまで増やすことができるのかを楽しむ方法なので、原資抜きはあまりおすすめできません。
  • リスクなしで1万円チャレンジをするために最初に原資抜きをして、そこで得た利益で1万円チャレンジをするのはありだと思います。
  • 口座残高が10万円までは無制限レバレッジ、それ以上になると最大レバレッジは2000倍に制限されます。
  • ただ2000倍のレバレッジでも十分なハイレバトレードができるので、1万円チャレンジをしてどこまで資金を増やせるか楽しんで挑戦してみてください。

Exness(エクスネス)は本当に追証リスクがなくハイレバトレードでも安心できますか?

回答

  • Exness(エクスネス)はゼロカットシステムを導入しているFX会社なので、一般的なトレードをしていればマイナス残高になっても追証を支払う必要はありません。
  • 他のFX会社よりも取引に関する規制が少ないのもExness(エクスネス)がより追証リスクが低いといえます。
  • 無制限レバレッジを使ったハイレバトレードでも、両建て取引でもゼロカットの対象になります。
  • 追証リスクは限りなく低いですし、投資家のマイナス残高を補うことができる健全な財務体制、企業規模があるので安心して良いと思います。

Exness(エクスネス)は原資抜きで高額な利益を得ても1回の出金申請で高額出金できるFX会社ですか?

回答

  • Exness(エクスネス)は高額出金可能なFX会社で、仮想通貨の場合、1回の出金申請で最高10,000,000ドルまで出金することができます。
  • 国内銀行送金でも25,000ドルの出金が可能ですし、出金回数の制限はなく出金時間も早いことで非常に人気です。
  • 原資抜き後のハイレバトレードでどれだけ高額な利益を獲得することができても、出金面の不安はありません。
  • 正規の金融ライセンスを取得していますので、不当な理由で出金拒否されることもなく、安心してトレードを行うことができますよ。

Exness(エクスネス)は原資抜きをしたい人におすすめのFX会社だということがわかったと思います。

スプレッドが狭くスキャルピング向きですし、EA(自動売買システム)のロジックにスキャルピングを組み込んでも問題ありません。

スキャルピングトレードをメイン手法に使いたい人でExness(エクスネス)を選ぶ人が増えていますよ。

おすすめ記事Exness(エクスネス)でスキャルピングトレードするメリットやデメリットまとめ!

Exness(エクスネス)はどんなFX会社なのか、選ぶ理由やおすすめポイントは何があるのか。

Exness(エクスネス)はどんなFX会社なのか、選ぶ理由やおすすめポイントは何があるのか。

海外FX業者の中でも数少ない無制限レバレッジが適用されていることで日本人にも人気のExness(エクスネス)

どのような特徴やおすすめポイントがあり、他のFX会社との違いは何かなどの基本情報を紹介します。

Exness(エクスネス)のFX会社としてのおすすめポイントを紹介すると、

おすすめポイント

  • 最大レバレッジは無制限なので、非常に資金効率のよいトレードができる。
  • 証拠金維持率が0%になるまでロスカット(ストップアウト)されない。
  • FX初心者でも安心できる日本語サポートがあり、ライブチャットは平日8時〜24時、メールサポートは24時間受付しており回答は1営業日とスムーズに返信してもらえる。
  • 金融ライセンスはセーシェル諸島発行の証券ディーラーライセンス番号SD025を取得している。
  • 取引手法やポジションに関する制限が一切なく、自由な取引環境が用意されている。
  • 口座タイプは3種類あり、いずれもFX業界の平均以下のスプレッドが適用されてる。
  • ボーナスは一切もらえないがスキャルピング向きの口座タイプが用意されている。

Exness(エクスネス)の基本スペックをまとめて紹介すると、

口座開設ボーナス入金ボーナスレバレッジ
なしなし無制限
スプレッド金融ライセンスゼロカット
平均1.7pipsセーシェル政府適用あり
入金方法出金方法日本語サポート
11種類11種類平日8時〜24時

自由な取引環境を求める人、投資資金の効率を最大化したい人におすすめなFX会社のExness(エクスネス)。

どのような会社が運営しており、どこの国が発行した金融ライセンスを取得しているのかはこの記事を参考にしてください。

おすすめ記事Exness(エクスネス)の金融ライセンスや運営会社はどの国にあるのか?

Exness(エクスネス)の原資抜きのやり方やメリット、裏技的に使える理由は何かの記事まとめ!

FXで裏技的に使える原資抜きとはどのような取引手法で、本当にリスクやデメリットがないのか。

原資抜きをする際にExness(エクスネス)がおすすめな理由や基本的なやり方について説明してきました。

まとめ

  • 原資抜きとは、FX取引時に利益が出ている状態を維持したまま原資を抜く(出金)することで、リスクが低いトレードができる取引手法のこと。
  • 原資抜きに成功した場合の最大損失額はゼロ円になるので、ノーリスクだということもできる。
  • 原資抜きで利益の最大化を目指するためには、ポジションを保有している状態でも証拠金を出金することができることと、ロスカット水準(ストップアウト)が限りなく低く設定されていることが重要なポイント。
  • 原資抜きにはポジション保有状態で出金する方法と、ポジション決済後に出金する方法がある。
  • Exness(エクスネス)が原資抜きにおすすめなのはポジション保有状態での出金(内部振替)が可能だから。
  • ポジション保有状態で原資抜きする際には目標利益を設定しておくことが大切。
  • Exness(エクスネス)で原資抜きをするために本人確認書類を提出して口座認証を完了させておく必要がある。

<<Exnessが原資抜きに向いている理由>>

  • ポジションを保有している状態でも出金することができる。
  • ロスカット水準が0%と低く強制ロスカットされるリスクが少ない。
  • ゼロカットシステムがあるので追証リスク(借金リスク)がない。
  • 複数口座の開設が可能で原資抜きできる環境が用意されている。

原資抜きが成功すればその後のトレードは本当のノーリスクで利益のみ狙うことができるようになります。

Exness(エクスネス)は原資抜きをするために必要な取引環境を全て備えているFX会社で投資家保護の仕組みが充実しています。

リスクオフ状態の短期トレードをしたい人に原資抜きはおすすめの取引手法ですよ。

Exness(エクスネス)は最大レバレッジ制限がないFX会社として多くの日本人トレーダーに人気の海外FX会社。

少ない資金で効率的なトレードを行いたい人も安心してポジションを持てるようにゼロカットシステムが導入されているメリットも。

どれだけ高いレバレッジを設定しても、追証なしで借金のリスクがない安全なトレードができる海外FX業者のひとつ。

ボーナスは一切もらえませんが、FX業界の平均以下のスプレッドが適用されていることでスキャルピングトレーダーにもおすすめの海外FX会社です。

Exnessの公式サイトをチェックする!

国内FX会社よりも多くの取引チャンスがあり、多くの金融商品をリスクなくハイレバトレードができると評判の海外FX業者。

どのような違いや特徴があるのか、何を基準に会社選びを行えばよいのかなどの情報を知りたい人はこの記事を参考にしてください。

おすすめ記事海外FX業者のおすすめはどこか?最新版の徹底比較ランキングで紹介します!

-Exness(エクスネス)
-, , ,

Exness(エクスネス)