Exness(エクスネス)

Exnessの無料VPSの利用条件や評判、サーバー場所はどこか?

Exnessの無料VPSの利用条件や評判、サーバー場所はどこか?

Exness(エクスネス)には無料VPSが用意されていますが、実際の使い勝手や評判はどうなのか気になっている人も多いと思います。

  • 無料VPSを利用するために達成しなければならない条件は?
  • 無料VPSのサーバー場所はどの国にあり、変更することはできるのか?
  • どのような方法で無料VPSを設定すれば機能させることができるのか?

など、Exness(エクスネス)の無料VPSについて様々な部分が気になりますよね。

利用条件を満たせないと無料VPSにアクセスできなくなるので、EA(自動売買システム)を使えなくなりデメリットを感じることも。

Exness(エクスネス)の無料VPSの基本的な設定方法や利用継続条件など、気になる情報をまとめて紹介します。

\最大レバレッジは無制限/

Exness(エクスネス)で今すぐ口座開設する!

目次

Exness(エクスネス)の無料VPS(仮想専用サーバー)を利用するために必要な達成条件とは?

Exness(エクスネス)には無料VPSという仮想専用サーバーが用意されており、条件を達成することで利用できるようになります。

無料VPSを使うことで世界中どこからでも遠隔操作を行える環境を手にすることができ、EA(自動売買システム)を効率的に運用できるメリットも。

普段使っているパソコンのスペックやインターネットの接続環境の影響を受けずにトレードできるようになります。

ただ利用するためには事前に設定された利用条件をクリアする必要があるので、口座開設直後はすぐに使えないことを理解しておいてください。

Exness(エクスネス)で無料VPS(仮想専用サーバー)を使うために必要な条件は?

Exness(エクスネス)で無料VPS(仮想専用サーバー)を使うために必要な条件が何かというと、

無料VPSの利用条件

  • すべての取引口座の合計残高が2,000ドル以上であること。
  • 口座残高が500〜1,999ドルの場合は、直近30日間の総取引量が1,500,000ドル以上であること。

上記2つの利用条件のうち、どちらかを満たすことでExness(エクスネス)から無料VPSの利用可能連絡がきますので、使いたい人はクリアするようにしてください。

おすすめ記事Exness(エクスネス)のリブランディングは取引環境に影響するのか?

Exness(エクスネス)の無料VPSが利用可能かはパーソナルエリアページで確認できる。

Exness(エクスネス)で無料VPSを使いたい人が条件をクリアできているのかは、公式サイトのパーソナルエリアにログインすることで確認できます。

Exness(エクスネス)の無料VPSが利用可能かはパーソナルエリアページで確認できる。

無料VPSが利用できるのかを確認する方法は、

確認方法

  1. Exness(エクスネス)の公式サイトにログインしてパーソナルエリアページを表示させます。
  2. パーソナルエリアページの左下にある【 設定 】をクリックします。
  3. 【 仮想専用サーバー 】をクリックすれば利用できるのか、利用可能条件まであといくら入金して取引をすればよいのかも確認できます。

利用可能条件を確認すれば、後はそこを目指して入金やトレードを行うだけ。

でも1,500,000ドル相当の取引って、どのくらいのトレードをすればよいのかわかりにくいですよね。

Exness(エクスネス)で無料VPSを使うために必要なトレード回数やロット数、計算方法は?

Exness(エクスネス)で無料VPSを使うためにどのようなトレードを行えばよいのか。

まず基本的な話をすると、1スタンダードロットは100,000通貨になるので、1スタンダードロットで決済まで行えば200,000通貨になります。

200,000通貨を取引量に換算すると200,000ドルになるということ。

基本的な計算式は、往復取引ロット= ((USDでの取引量÷基準通貨対米ドルのレート)÷契約サイズ)÷2になります。

金融商品ごとにどれだけの取引を行えばよいのかというと、

必要な取引量

  • ドル円:USDJPYは7.5 USDJPYの往復取引ロット。
  • 外国為替:EURUSD価格が1.07の場合、((1,500,000 ÷ 1.07)÷100,000)÷2=7ラウンドターンロット。
  • 仮想通貨:BTCUSD価格が30,000の場合、((1,500,000÷30,000)÷1)÷2=25ラウンドターンロット。
  • インデックス(指数):JPY225の契約サイズが26,000、対米ドルで0.0078の場合、((1,500,000÷0.0078)÷26,000)÷2=3,700ラウンドターンロット。
  • 株式:TSLAの株価が116 USDの場合、((1,500,000÷116)÷100)÷2=64.5ラウンドターンロット。
  • エネルギー:UKOIL価格が84 USDの場合、((1,500,000÷84)÷1,000)÷2=9ラウンドターンロット。

上記取引量を30日以内にクリアすることで初めて無料VPSを利用する権利が手に入るということ。

ただ計算式がわかっても計算するのは面倒なので、パーソナルエリアページで達成条件のクリア率を確認する方が簡単です。

おすすめ記事Exness(エクスネス)はゼロカットシステム対応で追証や借金リスクなしで安全か?

Exness(エクスネス)で無料VPSを利用するメリットは何があるのか?

Exness(エクスネス)が提供している無料VPSですが、使うことでどのようなメリットがあるのか?

メリットが多いからExness(エクスネス)もコストをかけて無料VPSを提供しています。

無料VPSを利用することでどのようなメリットがあるのかというと、

無料VPSのメリット

  1. 注文速度が早く約定しやすい。
  2. 通信環境も含めた安定性がある。
  3. 24時間いつでもトレードできる。
  4. パソコンのOSの影響を受けない。
  5. アクセス制限のない利用環境。

上記のようなメリットがあるので、EA(自動売買システム)を利用したい人におすすめだということ。

それぞれどのようなメリットがあるのかというと、

注文速度が早く約定しやすい│Exnessの無料VPSのメリット

Exness(エクスネス)で無料VPSを利用することのメリットは、注文速度が早く約定しやすいことです。

注文速度について

Exness(エクスネス)の無料VPSサーバーは、アムステルダム、香港、シンガポール、マイアミ、およびヨハネスブルグにあるExnessの取引サーバーの近くに設置されているため、高速かつ信頼性の高い約定を実現します。

日本からアクセスするよりもサーバーの距離が近いことは非常にメリットがありますよね。

特にスキャルピングトレードをメインに行なっている人は約定力の高さは重要なポイントです。

通信環境も含めた安定性がある│Exnessの無料VPSのメリット

Exness(エクスネス)で無料VPSを利用することのメリットは、通信環境も含めた安定性があることです。

通信環境について

  • Exness(エクスネス)の無料VPSは仮想コンピューターであるため、インターネット接続の品質に依存しない特徴があります。
  • 利用者のインターネット接続環境により注文の約定が影響されることはありません。

安定している通信回線も約定力に影響する部分ですので、通信環境が優れているのもうれしいポイントですよね。

おすすめ記事Exness(エクスネス)でスキャルピングトレードするメリットやデメリットまとめ!

24時間いつでもトレードできる│Exnessの無料VPSのメリット

Exness(エクスネス)で無料VPSを利用することのメリットは、24時間いつでもトレードできることです。

24時間取引について

Exness(エクスネス)の無料VPSを使って、EA(自動売買システム)の設定をすれば、コンピュータの電源がオフのときでも取引をすることができます。

高性能パソコンは電力の消費も激しいですし、常時電源を入れておくことでパソコンの劣化も考えられるので、その点がないのもうれしいポイントですよね。

パソコンのOSの影響を受けない│Exnessの無料VPSのメリット

Exness(エクスネス)で無料VPSを利用することのメリットは、パソコンのOSの影響を受けないことです。

パソコンのOSについて

Exness(エクスネス)の無料VPSはどのオペレーティングシステム(Windows、Mac OS、Linux)またはデバイス(デスクトップ、タブレット、携帯電話、ノートパソコン)でもアクセスすることができます。

MACユーザーでも利用できるようになっているのはうれしいポイントですし、スマホからのアクセスも可能ですので外出時でも状況を確認することができます。

アクセス制限のない利用環境│Exnessの無料VPSのメリット

Exness(エクスネス)で無料VPSを利用することのメリットは、アクセス制限のない利用環境があることです。

利用環境について

Exness(エクスネス)の無料VPSは世界中のどこからでもアクセスして取引することができます。

日本にいる分には一切影響がありませんが、海外旅行時などでも常時アクセスして状況を確認できるのはありがたい部分です。

おすすめ記事Exness(エクスネス)に口座開設ボーナスや入金ボーナス、取引ボーナスはあるのか?

Exness(エクスネス)の無料VPSはアクセス制限や利用停止されることもある

Exness(エクスネス)の無料VPSは常に利用条件をクリアし続ける必要があり、条件未達成時はアクセス制限され利用停止になります。

無料VPSを利用するためにExness(エクスネス)がコスト負担しているので、トレードをしない人には無料提供できないのは仕方がないこと。

利用するために必要な条件は先ほど紹介したものですが、どのようなタイミングで利用制限が行われるのかというと、

Exness(エクスネス)の無料VPSにアクセスできなくなるタイミングは?

Exness(エクスネス)で無料VPSの利用条件をクリアできない場合、どのようなタイミングで利用できなくなるのかというと、

利用停止タイミング

30日間、90日間、180日間にわたって特定の取引量(またはいずれかの通貨/資産での同等額)を満たしていない場合、Exness(エクスネス)の無料VPSにアクセスできなくなります。

言い換えれば1度でも基準を満たすことができれば、無料VPSを使い続けることができるということ。

EA(自動売買システム)を使ってトレードしたい人は利用条件をクリアできるような状況でEAを稼働させるようにしてください。

おすすめ記事海外FXはおすすめしないは本当か?メリットやデメリットを徹底検証します!

Exness(エクスネス)の無料VPS利用条件を30日連続で満たせない場合はどうなるのか?

Exness(エクスネス)の無料VPS利用条件を30日連続で満たせない場合はどうなるのかというと、

条件未達成時の対応

  • 暦日で30日間連続で基準が満たされなかった場合は、無料VPSを利用できなくなります。
  • 無料VPSが利用できなくなるという警告は、20日目、28日目、29日目、および30日目に定期的に送信されますので、その内容を確認して条件達成をするようにしてください。

指値注文は総取引量に反映されませんので注意してください。

Exness(エクスネス)で無料VPSの利用条件をクリアできない場合、どのようなデメリットや影響があるのか?

Exness(エクスネス)で無料VPSの利用条件をクリアできない場合、どのようなデメリットや影響があるのかというと、

デメリットについて

  • Exness(エクスネス)の無料VPSが利用できなくなった場合、すべてのVPSユーザーデータは消去され、回復不可能な状態になります。
  • 保存されているすべてのエキスパートアドバイザー、タイムゾーンの設定、カスタムパスワードなど、仮想コンピュータ内にあるすべてのユーザーデータが削除されます。

削除されたユーザーデータは永久に失われますので、Exness(エクスネス)に頼んでも二度と復元させることはできません。

おすすめ記事Exnessは楽天カードで入金できない?使えるクレジットカードブランドはどれか?

Exness(エクスネス)の無料VPSは利用規約違反で利用制限が行われることがある。

Exness(エクスネス)の無料VPSですが、利用条件をクリアしている場合でも、利用規約違反の禁止行為が発覚すると利用制限が行われます。

無料VPSを利用する際にどのような部分に注意すればよいのかというと、

利用時のポイント

  • クライアントの取引戦略が会社の取引施設の円滑な運用に脅威をもたらす場合。
  • クライアントが市場への露出/投機への真正な関心なしに会社のシステムや取引条件を悪用している場合。
  • あるいは本契約で指定された以外の理由による場合。

無料VPSを悪用することでサーバー運用に悪影響を与えることや、乱用することが禁止されているということ。

Exness(エクスネス)の無料VPSの利用規約違反が発覚した場合の利用制限は?

Exness(エクスネス)の無料VPSの利用規約違反が発覚した場合の利用制限がどのような条件で行われるのかというと、

規約違反時の利用制限

  • 90日間の制限はVPS発行後91日目、180日間の制限はVPS発行後181日目に解除されます。
  • 90日間と180日間は、次の30日間が終了した時点で計測され、90日間の場合は121日目、180日間の場合は211日目となります。
  • 期間内に発注および決済された注文のみが、その期間の取引量とみなされます。

指値注文は、30日間/90日間/180日間の総取引量にはカウントされません。

上記期間が経過すれば無料VPSを利用できる権利は復活しますが、先ほども説明したようにデータの復元はできませんので、そうならないように注意してください。

Exness(エクスネス)の一般的な利用規約違反の禁止行為に関してはこの記事が参考になります。

おすすめ記事Exness(エクスネス)の禁止事項は?利用規約違反で口座凍結や出金拒否されるって本当か?

Exness(エクスネス)の無料VPSの評判や口コミは?

ここまで説明してきた内容でExness(エクスネス)の無料VPSに興味を持った人も多いと思います。

でも実際に無料VPSを使う前に利用者の口コミや評判も確認しておきたいポイント。

XMTrading(旧ツイッター)にどのような意見があるのかというと、

Exness(エクスネス)の無料VPS利用者の評価や評判は?

実際に使っている人の評価は高く、良い評判がよいこともわかったと思います。

しかし取引頻度によって利用条件をクリアできない人もいるので、その点は少しネックかもしれません。

おすすめ記事Exness(エクスネス)は怪しいし危険性が高く日本人におすすめできないFX会社か?

Exness(エクスネス)で無料VPSの利用申込をする方法は?

Exness(エクスネス)で無料VPSの利用条件を満たすことができれば、あとは利用申込をして利用開始するだけです。

どのような方法で利用申し込みを行えばよいのかというと、

利用申込方法

  1. Exness(エクスネス)の公式サイトでパーソナルエリアページにログインします。
  2. 左側のメインメニューの一番下にある【 設定 】をクリックします。
  3. 【 仮想専用サーバー 】タブをクリックします。
  4. 利用基準を満たしている場合、その旨を伝える確認メッセージが表示されますので、【 VPSホスティングをリクエスト 】をクリックします。
  5. 利用可能な取引ターミナルの数とオペレーティングシステムの言語およびVPSのサーバーの場所を選択したら、【 VPSホスティングを注文 】をクリックして確定します。
  6. 【 同意して続行 】をクリックし、VPSユーザー規約に同意します。
  7. Exness VPSの申込書が送信されました。 こちらに戻り、リクエストのステータスを確認します。
  8. 「オンライン」と表示されたら無料VPSを利用することができます。

取引ターミナル数と言語は、ユーザーが無料VPSを再インストールしない限り、一度設定すると変更できません。

サーバーの場所を変更するには、【 サーバーを削除 】オプションを使用して、VPSホスティングをもう一度リクエストします

おすすめ記事Exness(エクスネス)のレバレッジ無制限ルール、条件や制限と確認方法まとめ!

Exness(エクスネス)の無料VPSのオンライン時の接続方法は?

Exness(エクスネス)の無料VPSの利用申込が完了すれば、後は接続して設定するだけです。

パーソナルエリアにオンラインと表示されると、Exness(エクスネス)の無料VPSに接続できるようになります。

どのような流れで無料VPSに接続すればよいのかというと、

無料VPS接続の流れ

  1. Exness(エクスネス)の公式サイトでパーソナルエリアページにログインします。
  2. 左側のメインメニューの一番下にある【 設定 】をクリックします。
  3. 【 仮想専用サーバー 】タブをクリックします。
  4. 仮想専用サーバーのヘッダーの横で、Exness VPSがオンラインであることを確認します。
  5. 仮想専用サーバーページにある【 ログイン 】をクリックします。
  6. ポップアップにExness VPSのログイン情報(VPSアドレス、VPSログイン、およびVPSパスワード)が表示されます。
  7. VPS接続の手順に従うをクリックすると、ポップアップの画面に指示が表示されます。
  8. 指示に従って手順を完了すると、Exness VPSに接続することができます。

VPSのログイン情報は画像キャプチャーを取るか、メモに残すなど後で見直すことができるようにしておきましょう。

VPSパスワードはここで1度しか表示できないので、必ず確認して後で分かるようにしておいてください。

Windows版の端末でExness(エクスネス)の無料VPSに接続する手順は?

Exness(エクスネス)の無料VPSのログイン情報を使用して、Windows端末で接続する手順は以下のとおりです。

接続の流れ

  1. Windowsのスタートメニューでリモートデスクトップ接続と入力し、プログラムを実行します。
  2. 必要に応じて、VPSアドレス(先ほど確認したもの)を入力します。
  3. EA(自動売買システム)の利用を検討している場合は、続行する前に次の項目で説明する追加手順に従ってください。
  4. 次に、【 Connect(接続する) 】をクリックします。
  5. VPSログインとVPSパスワード(上記の手順6を参照)を入力し、OKをクリックしてログイン情報を確定します。

リモートデスクトップを使ったことがある人であれば、そこまで難しいことはありません。

より詳細な接続方法を知りたい人はこの動画を参考にしてください。

EA(自動売買システム)を利用する際の追加設定はこちらです。

追加設定

  1. リモートデスクトップ接続ウィンドウでオプションを表示をクリックします。
  2. ローカルリソースタブを見つけます。 ローカルデバイスとリソースから、さらに表示を選択します。
  3. 使いたいEA(自動売買システム)が配置されているファイルパスに最も近いボックスにチェックを入れ、OKをクリックします。

ExnessはVPS上のお客様の個人ファイルにアクセスする権限がありませんので、お客様のファイルは常に安全性が確保されています。

おすすめ記事Exness(エクスネス)の出金ルールや出金できない場合に確認すべき項目まとめ!

Mac版の端末でExness(エクスネス)の無料VPSに接続する手順は?

Exness(エクスネス)の無料VPSのログイン情報を使用して、Mac端末で接続する手順は以下のとおりです。

接続の流れ

  1. App Storeから Microsoftリモートデスクトップアプリをダウンロードします。
  2. アプリを起動してパソコンを【 追加 】をクリックします。
  3. パソコン名の欄にVPSアドレス(先ほど確認したもの)を入力します。
  4. ユーザーアカウントのドロップダウンを選択し、【 ユーザーアカウントを追加 】を選択します。
  5. VPSログインとVPSパスワードを入力して、【 追加 】をクリックしてログイン情報を確定させます。
  6. 【 追加 】をクリックしてこの設定を完了します。
  7. Microsoftリモートデスクトップアプリで、このリモートパソコンを選択して起動します。
  8. 確認メッセージが表示されたら、【 続行 】をクリックします。

Macでも上記設定を行うことで問題なく無料VPSに接続することができます。

より詳細な接続方法を知りたい人はこの動画を参考にしてください。

Exness(エクスネス)の無料VPSはEA(自動売買システム)とも相性が良いので、利用条件を満たした人はうまく活用してください。

おすすめ記事海外FXはフルレバトレードがおすすめ?危険性や追証のリスクまとめ!

Exness(エクスネス)の無料VPSのMT4にEA(自動売買システム)をインストールする方法は?

Exness(エクスネス)の無料VPSのMT4にEA(自動売買システム)をインストールする方法を簡単に紹介すると、

EAのインストール方法

  1. パソコン版のMetaTrader 4を起動します。
  2. ファイル > データフォルダーを開くをクリックします。
  3. MQL4フォルダを開き、エキスパート、スクリプト、インディケーターのファイルを該当するフォルダ(エキスパートアドバイザー、スクリプト、インディケーター)に貼り付けます。
  4. MetaTrader 4を再起動すれば、EA(自動売買システム)のインストールが完了します。

*EA(自動売買システム)が.exeファイルの場合は、リモートデスクトップに保存してサポートスタッフに問い合わせてください。

EA(自動売買システム)を使ったハイレバスキャルピングトレードをしてもExness(エクスネス)なら出金拒否されることはありません。

ただ利用規約違反の禁止行為があれば出金拒否されることもあるので、そのあたりの情報はこの記事で確認してください。

おすすめ記事Exness(エクスネス)が出金拒否って本当?出金できない原因や解決法まとめ!

Exness(エクスネス)の無料VPSの各種設定方法や基本的な使い方は?

ここまで説明してきた内容を確認すれば、Exness(エクスネス)で無料VPSを利用することができます。

トラブルが発生した際にも設定方法を知っておくと安心ではないでしょうか。

ここでは無料VPSの削除方法やパスワードの再設定方法など、基本的な使い方を紹介していきます。

Exness(エクスネス)の無料VPSのログインパスワードの再設定・変更方法は?

Exness(エクスネス)の無料VPSのログインパスワードの再設定・変更方法を紹介すると、

パスワード変更

  1. Exnessの無料VPSのログイン情報とパスワードを使用してExness VPSサーバーに接続します。
  2. 仮想コンピューターにログインしたら、スタート(Windowsアイコン)メニューをクリックし、ユーザーのアバターをクリックして、【 口座設定の変更 】を選択します。
  3. 左側のメニューから【 サインインオプション 】をクリックし、パスワードヘッダーの下にある【 変更 】をクリックします。
  4. 現在のパスワードを入力したら、 【 次へ 】をクリックします。
  5. 新しいパスワードを2回入力し、パスワードを思い出すのに役立つヒントを作成します。
  6. 【 次へ 】をクリックして新しいパスワードを確定します。
  7. これで、無料VPSのパスワードの再設定が完了します。

パスワードを思い出すのに役立つヒントは省略することもできますが、忘れた時に困るので何かヒントになる情報を登録しておいてください。

おすすめ記事Exness(エクスネス)でスワップフリーで取引できる通貨ペアや口座タイプはどれか?

Exness(エクスネス)の無料VPSのログインパスワード忘れの場合のリセット方法は?

Exness(エクスネス)の無料VPSのログインパスワードを忘れてしまった場合、どのようにリセットすればよいのかというと、

パスワードのリセット方法

  1. Exness(エクスネス)の公式サイトからパーソナルエリアページにログインします。
  2. 左側のメインメニューから、【 設定 】をクリックします。
  3. 【仮想専用サーバータブ】をクリックして開きます。
  4. 再起動ボタンの横にある【 縦三点リーダー 】をクリックして、【 パスワードのリセット 】を選択します
  5. パスワードをリセットすることを確定すれば、無料VPSのパスワードがリセットされます。

無料VPSのログインパスワードをリセットした際には、先ほど紹介した方法でわかりやすいものに変更しておくと安心です。

おすすめ記事海外FXのボーナスは税金がかかる?課税対象の条件やタイミングまとめ!

Exness(エクスネス)の無料VPSの設定を削除する方法は

Exness(エクスネス)の無料VPSの設定を削除したい場合に、どのような手順で行えばよいのかというと、

削除方法

  1. Exness(エクスネス)の公式サイトからパーソナルエリアページにログインします。
  2. 左側のメインメニューから、【 設定 】をクリックします。
  3. 【仮想専用サーバータブ】をクリックして開きます。
  4. 再起動ボタンの横にある【 縦三点リーダー 】をクリックして、【 サーバーの削除 】を選択します
  5. サーバーを削除することを確定すれば削除完了です。

無料VPSを削除するとEA(自動売買システム)など全てのユーザーデータが消えますので、元に戻すことはできません。

工場出荷時の設定に戻したい時などはこの方法で無料VPSを削除してください。

おすすめ記事海外FXでハイレバスキャルピングをするメリットやデメリットまとめ!

Exness(エクスネス)の無料VPSを再インストールする方法は

Exness(エクスネス)の無料VPSを再インストールしたい場合にどのような手順で行えばよいのかというと、

再インストール方法

  1. Exness(エクスネス)の公式サイトからパーソナルエリアページにログインします。
  2. 左側のメインメニューから、【 設定 】をクリックします。
  3. 【仮想専用サーバータブ】をクリックして開きます。
  4. 再起動ボタンの横にある【 縦三点リーダー 】をクリックして、【 VPSを再インストール 】をクリックします
  5. 希望する言語と、インストールするターミナルの数を選択し、再インストールを行います。
  6. 通常のインストールと同じ流れで作業を続けます。

無料VPSを再インストールすると、すべてのデータが削除されるのでバックアップしておくことをおすすめします。

おすすめ記事Exness(エクスネス)はスプレッドが広い?スプレッドが広がる時間帯があるのか?

Exness(エクスネス)の無料VPSに関するよくある質問まとめ!

この記事を読むことでExness(エクスネス)は条件達成で無料VPSを利用することができることがわかったと思います。

無料VPSにEA(自動売買システム)を設定すれば、いつでも狙い通りのトレードができるメリットも。

ここではExness(エクスネス)の無料VPSに関するよくある質問をまとめて紹介しますので利用時の参考にしてください。

Exness(エクスネス)で利用できる無料VPSのパソコンスペックはどのくらいですか?

回答

  • Exness(エクスネス)の無料VPSのパソコンスペックは一定期間ごとにどんどんアップグレードされています。
  • 現在のスペックは下記の通りになります。
  • RAM:2GB
  • CPU:1コア
  • ハードディスク:60GB
  • サーバーOS:Windows Exness 2019
  • 無料VPSサーバーのスペックは設定時に確認することができますので、安心してください。

Exness(エクスネス)の無料VPSがアップデートされる際の注意点は何かありますか?

回答

  • Exness(エクスネス)の無料VPSは適宜アップデートが行われますので、そのスケジュールなどはメールで連絡が来ます。
  • アップデート後は全てのユーザーデータが削除されますので、バックアップを作成しておいてください。
  • アップデート完了後、そのバックアップデータを反映させることで再設定できます。
  • アップデートの連絡を無視して放置すると、全ての設定データが消えてしまいますので、絶対に作業をするようにしてください。

Exness(エクスネス)の無料VPSはサーバー設置国の変更はできますか?

回答

  • Exness(エクスネス)の無料VPSサーバーは設定時に自動的に選ばれるようになっていますので、自分で希望する国を選択することはできません。
  • もし自動設定された国がサーバーから遠い場所だった場合は、インストールしたサーバーを削除して、再インストールするしかありません。
  • 再インストール時にまた自動設定されますので、そこで問題ないか判断してください。
  • サーバーの設置国の変更は初回設定時にしっかり確認して行うことで、後で余計な作業をせずに済みます。

Exness(エクスネス)の無料VPSサーバー設置場所はどの国になりますか?

回答

  • Exness(エクスネス)の無料VPSサーバーは、アムステルダム、香港、シンガポール、マイアミ、およびヨハネスブルグにあるExnessの取引サーバーの近くに設置されています。
  • 日本人の場合は、アジア圏のサーバーであれば約定力への影響も少ないので、マイアミやヨハネスブルグなどの場合は、インストール時に変更したほうがよいかもしれません。

Exness(エクスネス)は複数の無料VPSを申し込みすることができますか?

回答

  • Exness(エクスネス)で申し込み可能な無料VPSは1つのアカウントに対して1つまでになっています。
  • 複数の無料VPS契約を行うことはできません。
  • ただ利用条件を達成した複数のアカウントがある場合は、その数に応じて無料VPSの申し込みや設定が可能になります。
  • そこまでコストを掛けるなら、無料VPSではなく有料VPSを導入したほうがトータルコストも作業量も少ないと思います。

Exness(エクスネス)の無料VPSのログインミスを何度か繰り返すとどうなりますか?

回答

  • Exness(エクスネス)の無料VPSのログインミスを何度か繰り返した場合、IPアドレスが一時的に凍結され、VPSサービスにログインできなくなります。
  • ただ自動的にログイン規制は解除されますので、1時間ほど時間をおいて再度ログインを試してください。

Exness(エクスネス)の無料VPSではなく、他社の有料VPSを使うことができますか?

回答

  • Exness(エクスネス)では無料VPS以外にも他社の有料VPSを設定したトレードも認められています。
  • ただExness(エクスネス)のサーバー設置国から遠い場所のサーバーになることもあるので、VPSの品質の保証はできません。
  • 複数の海外FX業者でトレードしている人の場合は、すでに利用している有料VPSがあるかもしれませんので、そこで設定することでトレードができます。
  • どちらのVPSを選ぶかはあなた次第ですが、Exness(エクスネス)のVPSは無料で使えるので、まずは無料VPSで試してみるのもありだと思います。

Exness(エクスネス)の無料VPSは設定したデフォルト言語や取引ターミナル数の変更ができますか?

回答

  • Exness(エクスネス)の無料VPSは初期設定情報を変更・更新することができません。
  • デフォルト言語も取引ターミナル数も再設定不可になるので、一旦無料VPSを削除して再インストールする必要があります。
  • 無料VPSに関する情報は全て再設定不可、削除後はデータも復旧不可だと理解して、初期設定をしっかり確認すること。
  • さらには定期的にバックアップデータを作成しておくことをおすすめします。

Exness(エクスネス)の無料VPSは本当に無料で使い続けることができますか?

回答

  • Exness(エクスネス)の無料VPSは無料VPSという名前が付いているように対象者は全て無料で使うことができます。
  • ただ利用条件をクリアできないと、利用資格が剥奪され無料VPSにアクセスできなくなるので注意してください。
  • すべての取引口座の合計残高が2,000ドル以上であることか、口座残高が500〜1,999ドルの場合は、直近30日間の総取引量が1,500,000ドル以上であることが必須条件です。
  • 条件達成後は30日間利用できますので、次回の条件更新時にどちらかの条件をクリアしてください。
  • 要は全ての取引口座の残高が2,000ドル以上であれば、ずっと無料で使い続けられるということ。
  • 口座残高は必要になりますが、それだけを維持できればよいということです。

Exness(エクスネス)の無料VPSでスキャルピングトレードをしても問題ないですか?

回答

  • Exness(エクスネス)の無料VPSはEA(自動売買システム)を利用することもできますし、スキャルピングトレードをしても全く問題ありません。
  • Exness(エクスネス)はEA(自動売買システム)にスキャルピングのロジックを組み込んでも問題ないので、無料VPSでその設定を行っても利用規約違反の禁止行為に該当することはありません。
  • 本当に自由に使うことができますので、無料VPSの利用条件をクリアして様々な取引スタイルで試してみてください。

Exness(エクスネス)の無料VPSは日本人でも使いやすいように日本語で設定することができます。

無料VPS以外にも投資カリキュレーターなどの計算ツールも充実しているExness(エクスネス)。

投資家が喜ぶサービスやツール、取引環境を用意してくれているおすすめのFX会社ですよ。

おすすめ記事Exness(エクスネス)の計算ツール(投資カリキュレーター)の機能や使い方の情報まとめ!

Exness(エクスネス)はどんなFX会社なのか、選ぶ理由やおすすめポイントは何があるのか。

Exness(エクスネス)はどんなFX会社なのか、選ぶ理由やおすすめポイントは何があるのか。

海外FX業者の中でも数少ない無制限レバレッジが適用されていることで日本人にも人気のExness(エクスネス)

どのような特徴やおすすめポイントがあり、他のFX会社との違いは何かなどの基本情報を紹介します。

Exness(エクスネス)のFX会社としてのおすすめポイントを紹介すると、

おすすめポイント

  • 最大レバレッジは無制限なので、非常に資金効率のよいトレードができる。
  • 証拠金維持率が0%になるまでロスカット(ストップアウト)されない。
  • FX初心者でも安心できる日本語サポートがあり、ライブチャットは平日8時〜24時、メールサポートは24時間受付しており回答は1営業日とスムーズに返信してもらえる。
  • 金融ライセンスはセーシェル諸島発行の証券ディーラーライセンス番号SD025を取得している。
  • 取引手法やポジションに関する制限が一切なく、自由な取引環境が用意されている。
  • 口座タイプは3種類あり、いずれもFX業界の平均以下のスプレッドが適用されてる。
  • ボーナスは一切もらえないがスキャルピング向きの口座タイプが用意されている。

Exness(エクスネス)の基本スペックをまとめて紹介すると、

口座開設ボーナス入金ボーナスレバレッジ
なしなし無制限
スプレッド金融ライセンスゼロカット
平均1.7pipsセーシェル政府適用あり
入金方法出金方法日本語サポート
11種類11種類平日8時〜24時

自由な取引環境を求める人、投資資金の効率を最大化したい人におすすめなFX会社のExness(エクスネス)。

どのような会社が運営しており、どこの国が発行した金融ライセンスを取得しているのかはこの記事を参考にしてください。

おすすめ記事Exness(エクスネス)の金融ライセンスや運営会社はどの国にあるのか?

Exnessの無料VPSの利用条件や評判、サーバー場所はどこかの記事まとめ

この記事ではExness(エクスネス)で無料VPSを利用するための取引条件はどうなっているのか。

無料VPSの基本的な設定方法や使い方はどうすればよいのかなどの情報について説明してきました。

まとめ

<<無料VPSの利用条件>>

  • すべての取引口座の合計残高が2,000ドル以上であること。
  • 口座残高が500〜1,999ドルの場合は、直近30日間の総取引量が1,500,000ドル以上であること。

<<無料VPSのポイント>>

  • 無料VPSを利用するためにはドル円で7.5ロットのトレードを30日以内にすれば利用条件をクリアできる。
  • 実際に無料VPSを使っている日本人トレードの評判は全体的に良いものが多い。
  • 暦日で30日間連続で基準が満たされなかった場合は、無料VPSを利用できなくなる。
  • 無料VPSのアクセス権がなくなると、全てのユーザーデータが失われ復旧できない状態になる。
  • 無料VPSは利用規約違反をすると最長180日間の利用制限が行われることがある。
  • 無料VPSの各種設定はパーソナルエリアページの仮想専用サーバーの項目で行うことができる。
  • 無料VPSはマックでもウインドウズでもパソコンでもスマホでも利用することができる。
  • 無料VPSのサーバー場所の変更は再インストールすることでしかできない。
  • 無料VPSにEA(自動売買システム)をインストールして、そのロジックにスキャルピングを組み込んでも規約違反にならない。

<<無料VPSのメリット>>

  • 注文速度が早く約定しやすい。
  • 通信環境も含めた安定性がある。
  • 24時間いつでもトレードできる。
  • パソコンのOSの影響を受けない。
  • アクセス制限のない利用環境を獲得できる。

Exness(エクスネス)の無料VPSはEA(自動売買システム)を使う人にも非常にメリットがある仕組みです。

EAにスキャルピングのロジックを組み込んで、取引チャンスや利益の最大化を狙いたい人におすすめの無料VPS。

実際に使っているトレーダーの評判も良いので、まずは利用条件をクリアしてお試しトレードをしてみるのもありだと思います。

Exness(エクスネス)は最大レバレッジ制限がないFX会社として多くの日本人トレーダーに人気の海外FX会社。

少ない資金で効率的なトレードを行いたい人も安心してポジションを持てるようにゼロカットシステムが導入されているメリットも。

どれだけ高いレバレッジを設定しても、追証なしで借金のリスクがない安全なトレードができる海外FX業者のひとつ。

ボーナスは一切もらえませんが、FX業界の平均以下のスプレッドが適用されていることでスキャルピングトレーダーにもおすすめの海外FX会社です。

Exnessの公式サイトをチェックする!

国内FX会社よりも多くの取引チャンスがあり、多くの金融商品をリスクなくハイレバトレードができると評判の海外FX業者。

どのような違いや特徴があるのか、何を基準に会社選びを行えばよいのかなどの情報を知りたい人はこの記事を参考にしてください。

おすすめ記事海外FX業者のおすすめはどこか?最新版の徹底比較ランキングで紹介します!

-Exness(エクスネス)
-, , , ,

Exness(エクスネス)