Exness(エクスネス)

Exnessでスキャルピングトレードするメリットやデメリットは?

Exnessでスキャルピングトレードするメリットやデメリットは?

Exness(エクスネス)でスキャルピングするメリットやデメリット、おすすめの口座タイプはどれか。

海外FX業者の中でもスプレッドの狭さで人気のExness(エクスネス)。

  • Exness(エクスネス)はスキャルピングすると利用規約違反の禁止行為になるのか。
  • Exness(エクスネス)でスキャルピングするメリットやデメリットは何があるのか。
  • Exness(エクスネス)のどの口座タイプがスキャルピングトレードに向いているのか?

ハイレバスキャルピングは海外FX業者で人気の取引スタイルのひとつ。

Exness(エクスネス)はスキャルピングトレードを公式に認めているのか。

もし可能な場合、Exness(エクスネス)でスキャルピングをするメリットやデメリットには何があるのかなど詳しく紹介します。

\最大レバレッジは無制限/

Exness(エクスネス)で今すぐ口座開設する!

目次

Exness(エクスネス)でスキャルピングすると利用規約違反の禁止行為に該当するのか?

まず最初にExness(エクスネス)がスキャルピングトレードを利用規約違反の禁止行為に設定しているのかというと、

スキャルピングについて

  • Exness(エクスネス)はスキャルピングも含めて、一般的なトレードを行うことを制限していません。
  • 複数口座間の両建てトレードも利用規約違反にならないので、非常に自由な投資手法を選ぶことができるFX会社のひとつ。

スキャルピングはOKでもいくつかの制限がある海外FX業者もありますが、Exness(エクスネス)はそういった制限もなく自由なトレードができるということ。

経済指標発表時のスキャルピングは禁止だというFX会社も多いですが、Exness(エクスネス)はそのタイミングでも問題ありません。

業界最狭のスプレッドが設定されていることからも、スキャルピングトレードをしたい人にExness(エクスネス)はおすすめのFX会社です。

おすすめ記事Exness(エクスネス)でスワップフリーで取引できる通貨ペアや口座タイプはどれか?

Exness(エクスネス)でスキャルピングするメリットは何があるのか?

公式に認めているExness(エクスネス)でスキャルピングトレードをするメリットには何があるのかというと、

メリット

  1. スプレッドが狭く、取引手数料が安く済む。
  2. 無制限レバレッジでハイレバスキャルピングができる。
  3. ストップアウトレベル(ロスカット水準)が0%と資金効率が良い。
  4. ストップレベルが0pipsなので的確な注文ができる。
  5. EA(自動売買システム)を使ったスキャルピングも認めている。
  6. ゼロカットシステムが適用されるので追証リスクがない。
  7. プロ口座なら即時約定が選択でき窓外れな約定がなくなる。
  8. MT5を利用できるのでストレスないスキャルピングができる。

これだけのメリットがありますので、どの海外FX業者でスキャルピングトレードをしようか悩んでいる人はExness(エクスネス)をおすすめします。

スプレッドが狭く、取引手数料が安く済む│Exnessでスキャルピングするメリット

Exness(エクスネス)でスキャルピングトレードをするメリットは、スプレッドが狭く、取引手数料が安く済むことです。

スプレッドについて

  • Exness(エクスネス)はFX業界でも最狭のスプレッドが設定されているFX会社のひとつです。
  • スキャルピングは何度もトレードを行うので、スプレッドが狭いことや取引手数料が低く設定されていることは非常に重要なポイントのひとつ。
  • プロ口座・ゼロ口座・ロースプレッド口座を選ぶことでさらに狭いスプレッドや取引手数料でトレードすることができるようになります。

9割の時間帯が固定スプレッドの通貨ペアがありますので、取引コストについてそこまで深く考えなくても良いと思います。

Exness(エクスネス)のプロ口座と他の海外FX業者のスプレッドを比較するとどうなるかというと、

FX会社名ドル円ユーロ円ゴールド
Exness0.7pips1.2pips1.25pips
XMTrading0.6pips1.2pips1.5pips
FXGT0.3pips0.6pips1.5pips
AXIORY1.4pips1.0pips1.5pips

全てにおいてNo1とは言いませんが、Exness(エクスネス)のスプレッドはかなり狭いことがわかったと思います。

どの口座タイプを選ぶのかでスプレッドや取引手数料は変わってきますので、取引する通貨ペアに合わせて口座タイプを選ぶのがおすすめです。

無制限レバレッジでハイレバスキャルピングができる│Exnessでスキャルピングするメリット

Exness(エクスネス)でスキャルピングトレードをするメリットは、無制限レバレッジでハイレバスキャルピングができることです。

無制限レバレッジ

  • Exness(エクスネス)は海外FX業者の中でも無制限レバレッジを導入している数少ないFX会社のひとつ。
  • しかもハイレバスキャルピングも禁止していないので、無制限レバレッジでスキャルピングトレードを行っても禁止行為に該当しません。
  • 少ない資金でもハイレバトレードをすることで、効率的に資産を増やせるということ。

無制限レバレッジを適用するためにはいくつかの条件がありますが、最も厳しいのは口座残高を1,000ドル未満にすること。

逆に少ない資金であればいくらでも無制限レバレッジのハイレバスキャルピングができるということですので、効率的に資金運用をしたい人におすすめのFX会社です。

おすすめ記事Exness(エクスネス)の計算ツール(投資カリキュレーター)の機能や使い方の情報まとめ!

ストップアウトレベル(ロスカット水準)が0%と資金効率が良い│Exnessでスキャルピングするメリット

Exness(エクスネス)でスキャルピングトレードをするメリットは、ストップアウトレベル(ロスカット水準)が0%と資金効率が良いことです。

ロスカット水準について

  • Exness(エクスネス)が強制ロスカットをするのが証拠金維持率が0%になったタイミングです。
  • 他の海外FX業者の場合、ロスカット水準が50%や20%に設定されているので、いかにExness(エクスネス)が最後までポジションを保有できるようになっているのかわかりますよね。
  • ストップアウト保護機能もあり、証拠金維持率が0%を下回ったタイミングでスプレッドが広がっていれば、スプレッド費用を半分にして最後までしっかり証拠金を使ってくれる特徴も。

このように投資家の資金をどれだけ効率的にトレードに活用できるのかということを最大限考えてくれているFX会社です。

最後まで資金をしっかり使い切れる環境があることで、最終的に相場が逆転して損失を防ぐことができる場合もあるのもうれしいポイントのひとつですよね。

ストップレベルが0pipsなので的確な注文ができる│Exnessでスキャルピングするメリット

Exness(エクスネス)でスキャルピングトレードをするメリットは、ストップレベルが0pipsなので的確な注文ができることです。

ストップレベルについて

  • ストップレベルとは、指値や逆指値といった予約注文時に現在の価格から最低限離さないといけない値幅のことです。
  • スキャルピングは数pipsのズレが収益に大きな影響を与えますので、少しのズレも許されません。
  • Exness(エクスネス)はストップレベルが0pipsなので、現在価格と同じ値段で約定させることができます。

利確ポイントも損切りポイントも逃さずに、あなたの思い通りの価格で約定させることができます。

ストップレベルが0pipsであることもスキャルピングをするFX会社を選ぶ上で、非常に重要なポイントのひとつです。

おすすめ記事Exnessの最大ロット数や最大ポジション数、時間帯の制限に関する情報まとめ!

EA(自動売買システム)を使ったスキャルピングも認めている│Exnessでスキャルピングするメリット

Exness(エクスネス)でスキャルピングトレードをするメリットは、EA(自動売買システム)を使ったスキャルピングも認めていることです。

EAについて

  • 海外FX業者の中にはEA(自動売買システム)の利用は可能だが、EAを使ったスキャルピングを禁止している会社もあります。
  • 確かに取引頻度が高いスキャルピングをEAで行えば、サーバーへの負荷も増えるので、他のトレーダーに悪影響を与える可能性も否定できません。
  • しかしExness(エクスネス)はロジックにスキャルピングを組み込んだEAを使っても何ら問題はありません。
  • ストップレベルが0pipsなので、0.1pipsで約定するようなEAでも利用は問題ないということ。

裁量トレードだとチャートに張り付いていないとだめですが、EA(自動売買システム)なら、ロジックさえ合っていれば自由に過ごせます。

スキャルピングをEAでしたいという人にもExness(エクスネス)はおすすめのFX会社ですよ。

ゼロカットシステムが適用されるので追証リスクがない│Exnessでスキャルピングするメリット

Exness(エクスネス)でスキャルピングトレードをするメリットは、ゼロカットシステムが適用されるので追証リスクがないことです。

ゼロカットシステムについて

  • Exness(エクスネス)は全ての口座タイプでゼロカットシステムに対応していますので、万が一マイナス残高になった場合も追証のリスクなく安心してトレードを行えます。
  • ハイレバスキャルピングでレバレッジをかけたトレードをしている際にも、相場の急変で焦らずに済みます。
  • 無制限レバレッジのExness(エクスネス)だからこそ、ゼロカットシステムの安心感は重要なポイントですよね。

ゼロカットシステムがあればハイレバスキャルピングで何度でも高額な利益の獲得を目指せますので、大ゴケしにくいということ。

少額の資金で大きく稼ぎたい人にExness(エクスネス)の無制限レバレッジ+ゼロカットシステムは安心できるポイントのひとつです。

おすすめ記事Exness(エクスネス)はゼロカットシステム対応で追証や借金リスクなしで安全か?

プロ口座なら即時約定が選択でき窓外れな約定がなくなる│Exnessでスキャルピングするメリット

Exness(エクスネス)でスキャルピングトレードをするメリットは、プロ口座なら即時約定が選択でき窓外れな約定がなくなることです。

即時約定について

  • Exness(エクスネス)のプロ口座には即時約定という他の口座タイプと異なる注文方法が用意されています。
  • 即時約定を採用することでスリッページが起こらずに、1pipsでもずれれば注文が約定しません。
  • リクオート(約定拒否)される可能性がありますが、想定外の価格で約定しないことはスキャルピングにおいて重要なこと。

ストップレベルが0pipsで即時約定であれば、狙い通りのトレードができるようになります。

ここもスキャルピングトレードをしたい人がExness(エクスネス)を選ぶ理由になるということです。

MT5を利用できるのでストレスないスキャルピングができる│Exnessでスキャルピングするメリット

Exness(エクスネス)でスキャルピングトレードをするメリットは、MT5を利用できるのでストレスないスキャルピングができることです。

MT5について

  • MT5はMT4の進化Ver.ということもあり、サーバーの処理速度や動作速度が早くなっています。
  • インジケーターの搭載数も多く、21種類の時間足のチャートを表示できるなど機能面で優れているポイントも。
  • スキャルピングトレードでは取引プラットフォームの処理速度の早さが重要なので、そういった面でもMT5が使えるのはうれしいポイントのひとつ。

シグナルツールを自由に追加できるなどあなた専用のカスタマイズができるので、スキャルピングトレードをする人にMT5はおすすめです。

自分専用のチャートを作成することができれば、スキャルピングトレードも捗ること間違いなしです。

おすすめ記事Exnessは怪しいし危険性が高く日本人におすすめできないFX会社か?

Exness(エクスネス)でスキャルピングするデメリットには何があるのか?

Exness(エクスネス)でスキャルピングトレードをするデメリットにはどのようなものがあるのかというと、

デメリット

  1. 入金ボーナスなどがなくすべて自己資金で行う必要がある。
  2. 口座残高による最大レバレッジ制限がある。
  3. 経済指標発表時など最大レバレッジが制限されることがある。
  4. スプレッドが広がり取引コストが増える時間帯がある。

メリットがあればデメリットがあるのも当然のことなので、あなたが許容できるレベルなのかを確認してください。

入金ボーナスなどがなくすべて自己資金で行う必要がある│Exnessでスキャルピングするデメリット

Exness(エクスネス)でスキャルピングトレードをすることで発生するデメリットは、入金ボーナスなどがなくすべて自己資金で行う必要があることです。

ボーナスについて

  • Exness(エクスネス)はボーナスやキャンペーン、プロモーションなどを一般的に行っていないFX会社です。
  • そのため取引に必要な資金はすべて自己資金で賄う必要があります。
  • ボーナスがない分、スプレッドが狭めに設定されていますし、取引手数料が無料の口座タイプも用意されています。

海外FX業者=高額なボーナスだと考える人もいますが、スキャルピングのように取引頻度が多い場合は、スプレッドの狭さが利益に直結します。

ボーナスがなくてもスプレッドの狭さでしっかり稼ぐことができるので、スキャルピングをする人にとってそこまでのデメリットではないと思います。

口座残高による最大レバレッジ制限がある│Exnessでスキャルピングするデメリット

Exness(エクスネス)でスキャルピングトレードをすることで発生するデメリットは、口座残高による最大レバレッジ制限があることです。

レバレッジ制限について

  • Exness(エクスネス)では口座残高に応じて最大レバレッジが制限される仕組みが導入されており、無制限レバレッジを利用するためには口座残高を1,000ドル未満にする必要があります。
  • 取引利益も含んで1,000ドルを超えた瞬間に最大レバレッジは2,000倍に制限されるので、ハイレバスキャルピングをする人は口座残高を細かく調整する必要があります。
  • 口座残高によるレバレッジ制限はあくまでもその取引口座の残高であり、アカウント全体の残高ではないので資金移動させれば問題ないということもできます。

ちなみに口座残高でどのようなレバレッジ制限が行われるのかというと、

有効証拠金額最大レバレッジ
0~999.99ドル無制限(対象の場合)
2000倍(既定値で利用可能)
1000~4999.9ドル2000倍
5000~29999.99ドル1000倍
30,000ドル以上500倍

Exness(エクスネス)は有効証拠金が増えれば増えるほど最大レバレッジ制限が厳しくなるということ。

その点を理解したうえで、口座残高をうまく調整するようにしてください。

おすすめ記事Exness(エクスネス)のレバレッジ無制限ルール、条件や制限と確認方法まとめ!

経済指標発表時など最大レバレッジが制限されることがある│Exnessでスキャルピングするデメリット

Exness(エクスネス)でスキャルピングトレードをすることで発生するデメリットは、経済指標発表時など最大レバレッジが制限されることがあることです。

レバレッジ制限について

  • Exness(エクスネス)では経済指標発表時など重要なタイミングではその15分前から5分後まで最大レバレッジが200倍に制限されます。
  • ポジション保有時と大きく異なる最大レバレッジが適用されると、証拠金維持率が0%を下回り強制ロスカットされる場合も。
  • 経済指標発表時の発表時に対象の通貨ペアでレバレッジをかけたポジションを持っている際には十分に注意してください。

無制限レバレッジと200倍のレバレッジでは必要証拠金がどのくらい違うのかというと、

必要証拠金について

  • 1ドル150円で1ロットのポジションを保有している場合の必要証拠金
  • 無制限レバレッジ:1円
  • 200倍のレバレッジ:75,000円

口座残高が少額だと一気に強制ロスカットされるのがわかったと思いますので、経済指標がいつ発表されるのはかしっかり確認しておきましょう。

スプレッドが広がり取引コストが増える時間帯がある│Exnessでスキャルピングするデメリット

Exness(エクスネス)でスキャルピングトレードをすることで発生するデメリットは、スプレッドが広がり取引コストが増える時間帯があることです。

スプレッドについて

  • Exness(エクスネス)はメジャー通貨ペアでは9割の時間帯が固定スプレッドですが、一部のタイミングでスプレッドが広がることも。
  • 経済指標発表時、市場のボラティリティの高い時間、戦争や地震などの予期しない経済イベントが起こったタイミング、市場が開いた直後と閉まる時間などがそれに該当します。

このような時間帯にスプレッドが開くのはExness(エクスネス)だけではありませんが、通常時よりも取引に必要なコストが高くなることがあります。

いくらスプレッドの狭いFX会社でもボラティリティの影響は受けますので、最新のスプレッドはMT4やMT5などの取引ツールで確認してください。

おすすめ記事Exness(エクスネス)はスプレッドが広い?スプレッドが広がる時間帯があるのか?

Exness(エクスネス)でスプレッド向きの取引口座タイプはどれか?

Exness(エクスネス)には現在5つの口座タイプが用意されていますが、スキャルピング向きなのはプロ口座です。

プロ口座にはプロ口座、ゼロ口座、ロースプレッド口座の3つの口座タイプがあり、それぞれ異なる特徴があります。

スキャルピングをするためには、スプレッド+取引手数料の両方を踏まえて判断するようにしてください。

Exness(エクスネス)のプロ口座の取引コストはいくらなのか?

まず大まかにExness(エクスネス)のプロ口座で必要になる取引コストについて紹介すると、

取引コスト

  • プロ口座:スプレッド0.1pipsから
  • ゼロ口座:スプレッド0pipsから+取引手数料が片道最低0.05ドルから
  • ロースプレッド口座:スプレッド0pipsから+取引手数料が片道最大3.5ドルまで

スプレッドが0pipsというのは凄いですが、ゼロ口座とロースプレッド口座は取引手数料が発生しますので注意してください。

Exness(エクスネス)のプロ口座・ゼロ口座・ロースプレッド口座のスプレッドや取引手数料はいくらか?

Exness(エクスネス)でメジャー通貨ペアとゴールドを取引した場合にどのくらいのスプレッド+取引手数料が必要になるのか紹介すると、

通貨ペアプロ口座ゼロ口座ロースプレッド口座
AUDUSD0.9pips+手数料なし0pips+手数料5ドル0.2pips+手数料3.5ドル
DXY2pips+手数料なし0.3pips+手数料7.75ドル1.3pips+手数料3ドル
EURUSD0.6pips+手数料なし0pips+手数料3.5ドル0pips+手数料3.5ドル
GBPUSD0.8pips+手数料なし0pips+手数料4.5ドル0.5pips+手数料3.5ドル
NZDUSD1.2pips+手数料なし0pips+手数料6.5ドル0.5pips+手数料3.5ドル
USDCAD1.4pips+手数料なし0pips+手数料5ドル0.4pips+手数料3.5ドル
USDCHF0.9pips+手数料なし0.1pips+手数料4.5ドル0.3pips+手数料3.5ドル
USDJPY0.7pips+手数料なし0pips+手数料3.5ドル0pips+手数料3.5ドル
ゴールド(XAUUSD)12.5pips+手数料なし0pips+手数料8ドル6.2pips+手数料3.5ドル

プロ口座グループの中でも口座タイプによって得意な通貨ペアや苦手な通貨ペアがあることがわかったと思います。

これだけだと少しわかりにくいと思いますので、それぞれの口座タイプごとにおすすめの取引銘柄も紹介しますので参考にしてください。

おすすめ記事Exness(エクスネス)の安全性は?ライセンスや口座資金の管理に問題なしなのか?

Exness(エクスネス)の口座タイプはどのようなスキャルピングトレードに向いているのか?

基本的にExness(エクスネス)でスキャルピングするなら、プロ口座グループから選ぶのが良いと言うことがわかったと思います。

では口座タイプごとにどのようなスキャルピングトレードに向いているのか、プロ口座、ゼロ口座、ロースプレッド口座の特徴も踏まえて紹介していきます。

Exness(エクスネス)のプロ口座とゼロ口座、ロースプレッド口座の特徴を紹介すると、

特徴プロ口座ゼロ口座ロースプレッド口座
初回入金額1,000ドル1,000ドル1,000ドル
スプレッド0.1pips~0pips~0pips~
取引手数料無料ロット毎に片道0.5ドル〜ロット毎に片道最大3.50ドルまで
取引銘柄外国為替、貴金属、仮想通貨、
エネルギー、株式、インデックス
外国為替、貴金属、仮想通貨、
エネルギー、株式、インデックス
外国為替、貴金属、仮想通貨、
エネルギー、株式、インデックス
最小ロットサイズ0.010.010.01
最大ロットサイズ200 (7時00分〜20時59分 GMT+0)
60 (21時00分〜6時59分 GMT+0)
200 (7時00分〜20時59分 GMT+0)
60 (21時00分〜6時59分 GMT+0)
200 (7時00分〜20時59分 GMT+0)
60 (21時00分〜6時59分 GMT+0)
最大ポジション数無制限無制限無制限
ロスカット水準0%0%0%
マージンコール水準30%30%30%
ストップアウト水準0%0%0%
1ロット通貨単位10万通貨10万通貨10万通貨
取引ツールMT4/MT5MT4/MT5MT4/MT5
注文約定方式即時約定
仮想通貨のみ成行約定
成行約定成行約定
優待スワップフリー利用可能利用可能利用可能

Exness(エクスネス)のゼロ口座が向いているスキャルピング銘柄はどれか?

Exness(エクスネス)のゼロ口座でスキャルピングトレードをする際のおすすめ銘柄が何かというと、

おすすめ銘柄

固定スプレッドが適用されているメジャー通貨ペアのEURUSD、XAUUSD、GBPUSD、USDJPY、GBPJPY、USDCAD、AUDUSD、USDCHF、EURJPY、EURGBPがおすすめです。

またゼロ口座はスプレッドが低い代わりに取引手数料がやや高めに設定されていますが、これが節税に役立ちます。

どのような税制面のメリットがあるのかというと、

節税について

  • FXのスプレッドは経費計上できませんが、取引手数料はすべて経費として経費することができ、税金面でのメリットがあります。
  • スプレッドが狭め+やや取引手数料が高めということは、それだけ経費として認められる部分が多いということ。

FXで大きく稼いで税金を少しでも節約したい人、メジャー通貨ペアを主にトレードしたい人向けの口座タイプだと覚えておいてください。

Exness(エクスネス)のロースプレッド口座が向いているスキャルピング銘柄はどれか?

Exness(エクスネス)のロースプレッド口座でスキャルピングトレードをする際のおすすめ銘柄が何かというと、

おすすめ銘柄

  • ロースプレッド口座は基本的に全ての銘柄のスプレッドが狭いので、多くの取引銘柄でスキャルピングしたい人に向いています。
  • 取引手数料は最大で片道3.5ドルとほぼ一定ですが、多少の節税効果は期待できます。

取引回数が多いスキャルピングではスプレッドの狭さは重要なポイントですので、実際にどの銘柄のトレードを中心に行うか考えて口座タイプを選ぶようにしてください。

おすすめ記事Exness(エクスネス)の最大ロット数や最大ポジション数、時間帯の制限に関する情報まとめ!

Exness(エクスネス)のスキャルピングに関するよくある質問まとめ!

この記事を読むことでExness(エクスネス)には様々な口座タイプがあり、かなり自由にスキャルピングトレードができることがわかったと思います。

スキャルピングは中級から上級者向けの取引手法ですが、保有時間が短いことでリスクを限定できるメリットも。

ここではExness(エクスネス)でスキャルピングトレードをする際ののよくある質問をまとめて紹介しますので、取引時の参考にしてください。

Exness(エクスネス)でスキャルピングをすると利用規約違反の禁止行為に該当しますか?

回答

  • Exness(エクスネス)は公式見解としてスキャルピングトレードを認めています。
  • 通常のスキャルピングであれば問題なく行うことができますし、それが利用規約違反の禁止行為に該当することもありません。
  • すべての口座タイプでスキャルピングが可能ですので、その点も安心してください。

Exness(エクスネス)はEA(自動売買システム)でスキャルピングしても大丈夫ですか?

回答

  • Exness(エクスネス)はスキャルピングに対する規制は特にありません。
  • EA(自動売買システム)のロジックにスキャルピングを組み込んだものでも問題なく行うことができます。
  • 他の海外FX業者だとシステムへの負荷を問題視する場合もありますが、公式見解でEA(自動売買システム)の利用は問題ないと発言していますので、安心して利用してください。

おすすめ記事Exness(エクスネス)のプレミアプログラムの招待条件や昇格条件、特典まとめ!

Exness(エクスネス)でスキャルピングする際に無制限レバレッジが使えますか?

回答

  • Exness(エクスネス)は無制限レバレッジの条件を満たした上で行うスキャルピングトレードも認めています。
  • 無制限レバレッジでも2000倍のレバレッジでも好きなハイレバスキャルピングが可能ですので、少額の資金でもうまく増やせば稼ぐことができます。

Exness(エクスネス)でハイレバスキャルピングをすると出金拒否されませんか?

回答

  • Exness(エクスネス)は通常のスキャルピングトレードもハイレバスキャルピングも禁止行為として設定していません。
  • ハイレバスキャルピングを行って利益を獲得した場合でも、出金拒否され出金できないということはありません。
  • Exness(エクスネス)で出金拒否されるのは利用規約違反の禁止行為を行った場合のみですので、その点は安心してください。

おすすめ記事Exness(エクスネス)のリブランディングは取引環境に影響するのか?

Exness(エクスネス)でスキャルピング向きの口座タイプはどれですか?

回答

  • Exness(エクスネス)でスキャルピングするなら、プロ口座・ゼロ口座・ロースプレッド口座のいずれかの口座タイプがおすすめです。
  • 取引手数料の節税効果を実感したい人はゼロ口座、より多くの銘柄でスキャルピングトレードをしたい人はロースプレッド口座。
  • 即時約定という注文方式で確実に狙った金額で利確や損切りをしたいなら、プロ口座がおすすめです。

Exness(エクスネス)のプロ口座でスキャルピングをするメリットは何がありますか?

回答

  • Exness(エクスネス)のプロ口座は唯一、即時約定という注文方式を選ぶことができます。
  • 即時約定とは狙った注文でしか約定しない注文方式なので、0.1pipsのズレもありまえん。
  • スリッページが嫌な人にはおすすめですが、リクオート(注文拒否)されることもあるので、そこはしっかり理解しておいてことが大切です。

Exness(エクスネス)はスキャルピングをしても出金拒否されることはないので安心してください。

ただ利用規約違反の禁止行為に該当する行為があれば容赦なく出金拒否されます。

どのような行為が禁止行為に該当するのか、出金トラブルを避けるためにも確認しておくのがおすすめです。

おすすめ記事Exness(エクスネス)が出金拒否って本当?出金できない原因や解決法まとめ!

Exness(エクスネス)はどんなFX会社なのか、選ぶ理由やおすすめポイントは何があるのか。

Exness(エクスネス)はどんなFX会社なのか、選ぶ理由やおすすめポイントは何があるのか。

海外FX業者の中でも数少ない無制限レバレッジが適用されていることで日本人にも人気のExness(エクスネス)

どのような特徴やおすすめポイントがあり、他のFX会社との違いは何かなどの基本情報を紹介します。

Exness(エクスネス)のFX会社としてのおすすめポイントを紹介すると、

おすすめポイント

  • 最大レバレッジは無制限なので、非常に資金効率のよいトレードができる。
  • 証拠金維持率が0%になるまでロスカット(ストップアウト)されない。
  • FX初心者でも安心できる日本語サポートがあり、ライブチャットは平日8時〜24時、メールサポートは24時間受付しており回答は1営業日とスムーズに返信してもらえる。
  • 金融ライセンスはセーシェル諸島発行の証券ディーラーライセンス番号SD025を取得している。
  • 取引手法やポジションに関する制限が一切なく、自由な取引環境が用意されている。
  • 口座タイプは3種類あり、いずれもFX業界の平均以下のスプレッドが適用されてる。
  • ボーナスは一切もらえないがスキャルピング向きの口座タイプが用意されている。

Exness(エクスネス)の基本スペックをまとめて紹介すると、

口座開設ボーナス入金ボーナスレバレッジ
なしなし無制限
スプレッド金融ライセンスゼロカット
平均1.7pipsセーシェル政府適用あり
入金方法出金方法日本語サポート
11種類11種類平日8時〜24時

自由な取引環境を求める人、投資資金の効率を最大化したい人におすすめなFX会社のExness(エクスネス)。

どのような会社が運営しており、どこの国が発行した金融ライセンスを取得しているのかはこの記事を参考にしてください。

おすすめ記事Exnessの金融ライセンスや運営会社はどの国にあるのか?

Exnessでスキャルピングトレードするメリットやデメリットの記事まとめ

この記事ではExness(エクスネス)は公式にスキャルピングトレードを認めているのか。

スキャルピングをするメリットやデメリットには何があるのかということについて説明してきました。

まとめ

  • Exness(エクスネス)はスキャルピングを禁止していないので、自由なトレードができる。
  • 経済指標発表時のスキャルピングトレードも基本的に禁止されていない。
  • 業界最狭のスプレッドが設定されているので取引コストが少なくて済む。
  • Exness(エクスネス)でスキャルピングするならプロ口座・ゼロ口座・ロースプレッド口座のいずれかかがおすすめ。
  • プロ口座は即時約定という0pipsのズレもない約定が魅力的なので、管理したトレードをしたい人におすすめ。
  • ロースプレッド口座は基本的に全ての銘柄のスプレッドが狭いので、多くの取引銘柄でスキャルピングしたい人におすすめ。
  • ゼロ口座は取引手数料で節税効果が得られるので、メジャー通貨ペアのトレードをメインにする人におすすめ。

<<スキャルピングするメリット>>

  • スプレッドが狭く、取引手数料が安く済む。
  • 無制限レバレッジでハイレバスキャルピングができる。
  • ストップアウトレベル(ロスカット水準)が0%と資金効率が良い。
  • ストップレベルが0pipsなので的確な注文ができる。
  • EA(自動売買システム)を使ったスキャルピングも認めている。
  • ゼロカットシステムが適用されるので追証リスクがない。
  • プロ口座なら即時約定が選択でき窓外れな約定がなくなる。
  • MT5を利用できるのでストレスないスキャルピングができる。

<<スキャルピングのデメリット>>

  • 入金ボーナスなどがなくすべて自己資金で行う必要がある。
  • 口座残高による最大レバレッジ制限がある。
  • 経済指標発表時など最大レバレッジが制限されることがある。
  • スプレッドが広がり取引コストが増える時間帯がある。

Exness(エクスネス)はEA(自動売買システム)を使うスキャルピングまで認めている珍しいFX会社。

かなり自由なトレードができる環境が用意されており、ハイレバスキャルピングでも問題ありません。

スキャルピングはリスクを抑制しつつ、最大限の利益を狙えますので、ガッツリ稼ぎたい人にもおすすめの取引手法です。

Exness(エクスネス)は最大レバレッジ制限がないFX会社として多くの日本人トレーダーに人気の海外FX会社。

少ない資金で効率的なトレードを行いたい人も安心してポジションを持てるようにゼロカットシステムが導入されているメリットも。

どれだけ高いレバレッジを設定しても、追証なしで借金のリスクがない安全なトレードができる海外FX業者のひとつ。

ボーナスは一切もらえませんが、FX業界の平均以下のスプレッドが適用されていることでスキャルピングトレーダーにもおすすめの海外FX会社です。

Exnessの公式サイトをチェックする!

国内FX会社よりも多くの取引チャンスがあり、多くの金融商品をリスクなくハイレバトレードができると評判の海外FX業者。

どのような違いや特徴があるのか、何を基準に会社選びを行えばよいのかなどの情報を知りたい人はこの記事を参考にしてください。

おすすめ記事海外FX業者のおすすめはどこか?最新版の徹底比較ランキングで紹介します!

-Exness(エクスネス)
-, , ,

Exness(エクスネス)