Exness(エクスネス)

Exnessの出金ルールや出金できない場合に確認すべき項目は?

Exnessの出金ルールや出金できない場合に確認すべき項目は?

Exness(エクスネス)の出金ルールや出金できない場合に確認すべき項目は何があるのか。

スムーズな出金時間が評判のExness(エクスネス)ですが、出金ルールを守らないと出金拒否されることも。

  • Exnessから出金するために行わなければならない最低条件は?
  • Exnessの出金時の最低金額はいくらに設定されているのか?
  • Exnessで利用できる出金方法や出金時間の目安はどのくらいか?

他の海外FX業者よりも明確な出金ルールが設定されているので、Exness(エクスネス)から出金する前に確認しておいてください。

正しい方法で出金申請を行わないと出金申請が承認されることはないので、事前に確認すべき出金に関する情報をまとめて紹介します。

Exness(エクスネス)で出金トラブルに合わないためにも正しい出金ルールを理解しておいてください。

\最大レバレッジは無制限/

Exness(エクスネス)で今すぐ口座開設する!

目次

Exness(エクスネス)の出金ルールや必要な設定は何があるのか?

海外FX業者でも無制限レバレッジと非常にスムーズな出金時間が評判のExness(エクスネス)。

明確な出金ルールが設定されていますので、その情報を紹介しておきます。

どのような出金ルールに注意すべきなのかというと、

出金ルール

  1. プロフィール認証(本人確認)が完了していないと出金できない。
  2. 最低出金額と出金限度額を守らない出金申請をすると出金できない。
  3. 出金元口座に取引履歴のない口座を指定すると出金できない。
  4. 出金処理の優先順位を間違えた出金申請をすると出金できない。
  5. 取引口座の余剰証拠金以上の金額を指定すると出金できない。
  6. 出金フォームに誤った情報を入力していると出金できない。
  7. 入金方法と同じ方法でしか出金することができない。
  8. 入金後、1回も取引をせずに出金申請しても出金できない。

Exness(エクスネス)から出金するためには少なくとも上記すべての出金ルールを守る必要があります。

それぞれどのようなことなのか、項目ごとに紹介していきますので、出金申請時の参考にしてください。

プロフィール認証(本人確認)が完了していないと出金できない│Exnessの出金ルール

Exness(エクスネス)の出金ルールのひとつが、プロフィール認証(本人確認)が完了していないと出金できないということです。

本人確認について

  • Exnessから出金するためには本人確認書類を用意して、プロフィール認証を必ず完了させる必要があります。
  • プロフィール認証が完了していない状態で行った出金申請が承認されることは絶対にありません。

Exness(エクスネス)はマネーロンダリング対策を徹底しており、金融ライセンス発行機関からも厳しい指導が行われています。

出金申請をする前に必ず本人確認書類を用意してプロフィール認証を完了させておきましょう。

入金可能額や利用できる入金方法にも制限があるので、早い段階でプロフィール認証を済ませておくことをおすすめします。

最低出金額と出金限度額を守らない出金申請をすると出金できない│Exnessの出金ルール

Exness(エクスネス)の出金ルールのひとつが、最低出金額と出金限度額を守らない出金申請をすると出金できないということです。

出金方法ごとに最低出金額と出金限度額がどのように設定されているのかというと、

出金方法最低出金額出金限度額
国内銀行送金250ドル25,000ドル
クレジットカード最小の入金額累計入金額まで
最大10,000ドル
ビットコイン500ドル10,000,000ドル
テザー(TRC20)10ドル10,000,000ドル
テザー(ERC20)100ドル10,000,000ドル
USDコイン(TRC20)10ドル10,000,000ドル
USDコイン(ERC20)100ドル10,000,000ドル
ビットウォレット1ドル25,000ドル
スティックペイ1ドル10,000ドル
パーフェクトマネー2ドル100,000ドル
タイガーペイ10ドル100,000ドル
バイナンスペイ1ドル20,000ドル

注意ポイント

  • すべて通貨相当額になります。
  • クレジットカードやデビットカードへの出金は返金扱いになるので、カード入金歴の中で最も少ない金額が最低出金額になります。

おすすめ記事Exness(エクスネス)でスワップフリーで取引できる通貨ペアや口座タイプはどれか?

出金元口座に取引履歴のない口座を指定すると出金できない│Exnessの出金ルール

Exness(エクスネス)の出金ルールのひとつが、出金元口座に取引履歴のない口座を指定すると出金できないということです。

取引履歴のない口座について

  • Exness(エクスネス)は複数口座の開設が可能ですので、利益などをひとつの取引口座にまとめることもあると思います。
  • しかしそのような場合、出金前に取引履歴や取引実績のある口座に内部振替をしてください。

取引実績のない口座から出金できないこともExness(エクスネス)の基本的な出金ルールのひとつなので、しっかり守るようにしてください。

出金処理の優先順位を間違えた出金申請をすると出金できない│Exnessの出金ルール

Exness(エクスネス)の出金ルールのひとつが、出金処理の優先順位を間違えた出金申請をすると出金できないということです。

優先順位

  • Exness(エクスネス)から出金する際には優先順位を守った出金申請を行う必要があります。
  • 第1優先の出金方法はクレジットカードないし、デビットカードになり、これらの返金期間は入金後90日まで。
  • 第2優先の出金方法はビットコインなどの仮想通貨です。
  • 第3優先は国内銀行送金や決済サービスなど、その他の出金方法になります。

上記の優先順位を守った出金申請を行わないとExness(エクスネス)では承認され出金できるようになることはありません。

Exness(エクスネス)から正しい出金ルールで申請するように連絡がきますので、その内容を確認して再度出金申請を行ってください。

おすすめ記事Exness(エクスネス)で裏技的に使える原資抜きのやり方やメリットまとめ!

取引口座の余剰証拠金以上の金額を指定すると出金できない│Exnessの出金ルール

Exness(エクスネス)の出金ルールのひとつが、取引口座の余剰証拠金以上の金額を指定すると出金できないということです。

最大出金可能額

  • Exness(エクスネス)で出金できるのは取引口座内にある余剰証拠金までになっています。
  • 有効証拠金には取引口座の残高にプラスして、含み損益とスワップ手数料の合計金額になりますので、出金することはできません。

余剰証拠金もすべて出金してしまうと、相場の変動で証拠金維持率が変化して、強制ロスカットされるリスクが高くなるのでいくら出金するかは冷静に判断してください。

出金フォームに誤った情報を入力していると出金できない│Exnessの出金ルール

Exness(エクスネス)の出金ルールのひとつが、出金フォームに誤った情報を入力していると出金できないということです。

登録情報の正しさ

  • 出金方法に国内銀行送金を使う場合は、必ず取引口座の名義と同一名義の口座であることと、正しい情報である必要があります。
  • 誤った口座番号を入力した際に、送金先銀行にその口座番号が存在すると、組戻し手続きはできませんので、しっかり確認してください。

銀行名、口座番号など出金に関する情報はすべて正確であることはあなた自身が確認するしかありません。

後で間違っていたと言っても、取り返しのつかない状況になることもあるので慎重に行ってください。

おすすめ記事FXはルールを守れないトレーダーは負けてルールを守れば勝てるのか?

入金方法と同じ方法でしか出金することができない│Exnessの出金ルール

Exness(エクスネス)の出金ルールのひとつが、入金方法と同じ方法でしか出金することができないということです。

入出金方法

  • Exness(エクスネス)から出金する際には必ず入金方法と同じ出金方法を利用する必要があります。
  • ビットコインで入金して国内銀行送金で出金するというような自由な使い方はできません。

上記はどの海外FX業者でも同じルールが適用されていますので、もし出金時に悩みたくない人は最初から国内銀行送金や決済サービスを使うようにしてください。

ひとつの入金方法に絞っておけば、他の出金方法を考える必要もないので悩まずに出金申請を行うことができます。

入金後、1回も取引をせずに出金申請しても出金できない│Exnessの出金ルール

Exness(エクスネス)の出金ルールのひとつが、入金後、1回も取引をせずに出金申請しても出金できないということです。

未取引の出金

  • Exness(エクスネス)はマネーロンダリング対策が徹底していますので、入金後に取引せずに出金することはできません。
  • これも海外FX業者の共通ルールなので、0.01ロットでも良いのでちゃんと取引実績を作ってから出金申請するようにしてください。

もし入金後すぐに出金申請を何度も繰り返すような場合、サポートスタッフにマネーロンダリングの疑いを持たれることも。

悪の場合は口座凍結や口座残高の没収などの処分が行われる可能性もあるので、十分に注意してください。

おすすめ記事海外FXはおすすめしないは本当か?メリットやデメリットを徹底検証します!

Exness(エクスネス)で複数の入金方法を使った場合の出金方法や出金条件は?

Exness(エクスネス)には様々な入金方法が用意されていますので、複数の入金方法を使って入金した人もいるかもしれません。

その際にどのような出金条件になるのかということも、Exness(エクスネス)では明確にルール化されています。

出金ルール

  • Exness(エクスネス)ではパーソナルエリア全体に対する入金割合に応じて、出金できる金額が決定される。
  • 単体の取引口座ではなく、すべての取引口座へ行った入金申請に対する入金割合で計算されます。

この出金ルールを守らないで行った出金申請は必ず却下されますので、しっかり覚えておいてください。

Exness(エクスネス)にクレジットカードと国内銀行送金で入金した場合の出金方法は?

もしあなたがExness(エクスネス)にクレジットカードで600ドル、国内銀行送金で400ドルを入金して、500ドルの利益が出たと仮定します。

この場合の出金の優先順位と出金限度額を紹介すると、

出金の流れ

  • 出金の優先順位:クレジットカード→国内銀行送金
  • 出金限度額:クレジットカードは700ドル、残りの900ドルは国内銀行送金

クレジットカードは第1優先の出金方法であることと、入金額までしか出金できないので、このような形で出金申請を行う必要があります。

おすすめ記事Exness(エクスネス)の無料VPSの利用条件や評判、各種設定方法などの情報まとめ!

Exness(エクスネス)にスティックペイと国内銀行送金で入金した場合の出金方法は?

もしあなたがExness(エクスネス)にスティックペイで600ドル、国内銀行送金で400ドルを入金して、500ドルの利益が出たと仮定します。

この場合の出金の優先順位と出金限度額を紹介すると、

出金の流れ

  • 出金の優先順位:スティックペイ→国内銀行送金
  • 出金限度額:スティックペイは6割の900ドル、国内銀行送金は4割の600ドル

出金時に入金額の割合に応じて最大出金額が決定されますので、決済サービスや国内銀行送金であれば入金額以上の出金が可能になります。

Exness(エクスネス)に国内銀行送金とビットコインで入金した場合の出金方法は?

もしあなたがExness(エクスネス)に国内銀行送金で600ドル、ビットコインで400ドルを入金して、500ドルの利益が出たと仮定します。

この場合の出金の優先順位と出金限度額を紹介すると、

出金の流れ

  • 出金の優先順位:ビットコイン→国内銀行送金
  • 出金限度額:ビットコインは4割の600ドル、国内銀行送金は6割の900ドル

ビットコインの方が出金の優先順位が高くなるので、出金申請を行う順番が変わります。

おすすめ記事国内FXや海外FXは出金しなければ税金かからないって本当なのか?

Exness(エクスネス)の出金時間は早い?どのくらいで着金するのか?

Exness(エクスネス)は出金時間が早いFX会社だといわれていますが、どのくらいの時間で出金申請が処理されるのか?

着金するまでの目安も含めて出金時間を確認しておきたい人もいると思います。

出金方法ごとに大まかな出金時間を紹介すると、

出金方法出金処理時間着金時間
国内銀行送金30分3営業日
クレジットカード30分10〜14営業日
ビットコイン即時、最大24時間最大24時間
テザー即時、最大24時間最大24時間
USDコイン即時、最大24時間最大24時間
ビットウォレット即時、最大24時間最大24時間
スティックペイ即時、最大24時間最大24時間
パーフェクトマネー即時、最大24時間最大24時間
タイガーペイ即時、最大30分時間最大30分
バイナンスペイ即時、最大30分時間最大30分

Exness(エクスネス)は基本的に出金ルールを守った出金申請であれば、数秒程度で出金申請が処理される海外FX業者です。

ただ初回出金時や利用規約違反の禁止行為が疑われた場合は出金申請の承認までに時間がかかる場合も。

この点はどの海外FX業者でも同じような感じで対応されますので、出金申請が承認されるまで大人しく待ちましょう。

おすすめ記事海外FXのゼロカットの仕組み、追証なしなのにデメリットがあるのか?

Exness(エクスネス)は出金手数料無料で利用できるので出金コストが抑えられる!

Exness(エクスネス)の出金時に嬉しいポイントのひとつに、どの出金方法を利用した場合でも、Exness側で支払う出金手数料は無料だということ。

ただひとつ注意しておくべきポイントがあり、

注意ポイント

  • Exness(エクスネス)自体は出金手数料を徴収しませんが、利用する決済サービスによって出金手数料が発生する場合も。
  • オンライン決済サービスから日本国内銀行に送金する際に1%〜2.5%ほどの出金手数料がかかるサイトがほとんど。
  • また為替リスクもあるので、実行レートは出金時に確認できるようになっていますので、出金時にしっかり確認しておいてください。

これはシステム利用料みたいなものなので、仕方がないと理解しておきましょう。

その代わりかなり低い金額から出金できますし、高額出金にも対応していますので、その点は安心できるポイントのひとつだと思います。

おすすめ記事FXの追証は日本だけ?海外FXにゼロカットがあり日本にない理由はなにか?

Exness(エクスネス)が不当な理由で出金拒否して出金できないことがあるのか?

ここまでExness(エクスネス)の出金ルールについて説明してきましたので、大まかなルールはわかったと思います。

しかい海外FXでは出金拒否され出金できないなどの出金トラブルが多いという噂も。

Exness(エクスネス)は本当に信頼できるFX会社なのかと不安な人もいるかもしれません。

まずその点に関して言えば、Exness(エクスネス)は不当な理由で出金拒否をすることがない信頼性の高い海外FX業者です。

しかし一定の条件下では正当な理由で出金拒否され出金できないこともあるので、利用規約を守ったトレードを行うことが必要になります。

Exness(エクスネス)で出金拒否されるような利用規約違反の禁止行為は何があるのか?

どのFX会社でも一般利用規約を設定しており、そのルールを投資家は守る必要があります。

Exness(エクスネス)で特に注意すべき利用規約違反の禁止行為を紹介すると、

利用規約違反の禁止行為

  • サーバー遅延のタイミングを狙った意図的なトレード
  • ゼロカットシステムの悪用や乱用目的のトレード
  • 口座名義人以外の第三者が行ったトレード
  • マネーロンダリングの疑いがあるトレード
  • 自己IB(自己アフィリエイト)の仕組みを悪用したトレード

少なくともこれらの禁止行為を行った場合は、利用規約違反を指摘され出金拒否されます。

この様に記載すると不安になる人もいるかもしれませんが、Exness(エクスネス)は本当に真っ当な運営を行っているFX会社です。

Exness(エクスネス)が不当な理由で出金拒否をしていないことの証明は?

Exness(エクスネス)が不当な理由で出金拒否をしない海外FX業者であることを証明できる内容を紹介すると、

出金拒否していない理由

  • Exnessグループ全体で7個もの正規の金融ライセンスを取得して健全な運営が行われている。
  • マーケットメーカーブローカーとしてすでに15年以上の実績がある。
  • 月間アクティブユーザー数は全世界で70万人超えで、月間取引量は最高で4兆8,000億ドル超えと右肩上がりで成長し続けている。
  • X(旧ツイッター)で出金拒否がひどいという大規模な投稿があるわけではない。

これだけの規模で運営されいる会社があえて不法行為で儲けるとか、もう意味がわからない話です。

世界では不当行為があれば訴訟するのが当然であり、日本のようになし崩し的になんとかなることはありません。

真っ当な経営を行っていなければここまで右肩上がりに成長することはないでしょう。

それでもExness(エクスネス)で出金拒否され出金できないのではないかと不安な人はこの記事を参考にしてください。

おすすめ記事Exness(エクスネス)が出金拒否って本当?出金できない原因や解決法まとめ!

Exness(エクスネス)は土日でも平日同様の出金スピードで出金申請が処理されるのか?

ここまで読んだ人はExness(エクスネス)の出金ルールについてなんとなく理解することができたと思います。

出金時間の早いExness(エクスネス)で土日に出金申請を行ったらどうなるのか?

出金処理が進むのか、それとも翌営業日まで出金申請が放置されてしまうのかも気になるポイントのひとつ。

実際にどのような出金対応を行っているのかというと、

Exness(エクスネス)は土日や平日、深夜や早朝に関係なく出金処理を即時対応で行っている。

Exness(エクスネス)は出金スピードが早い海外FX業者ですが、その理由として公式サイトに書かれているのが下記内容です。

Exness(エクスネス)は土日や平日、深夜や早朝に関係なく出金処理を即時対応で行っている。

出金申請の対応について

  • 即時約定というのは、弊社財務部の担当者による手動処理を介することなく、数秒以内に処理が行われることを指しています。
  • 取引が即時に完了することを保証するものではなく、処理を即時に開始するという意味ですので、その点は誤解しないでください。

出金申請を行うと口座残高からすぐに引き落としされ、24時間以内に出金処理が完了するような仕組みで運営されているということ。

こんなFX会社他にありますか?

Exness(エクスネス)は土日でも平日と変わらない出金対応を行っていますので、数時間で着金している人がほとんど。

本当にそのような出金スピードで出金申請が処理されるのか気になる人はこの記事を参考にしてください。

おすすめ記事Exness(エクスネス)は土日でも出金できるのか、平日よりも着金時間が遅いのか?

Exness(エクスネス)なら高額出金でも即日着金する出金環境が用意されている

Exness(エクスネス)は出金スピードが早いだけではなく、高額出金にも対応している海外FX業者のひとつ。

業界初の無制限レバレッジを導入しているくらいなので、高額出金でも対応できる出金環境がないと困りますよね。

具体的にどのような出金方法が利用でき、1回の出金申請で最高いくらまで出金できるのかというと、

Exness(エクスネス)で1回で出金できる最高額はいくらまでなのか?

Exness(エクスネス)で現在利用できる出金方法と、1回あたりの出金限度額をまとめて紹介すると、

出金限度額

  • Bank transfer(銀行振込):1回25,000ドル
  • Bitwallet(ビットウォレット):1回23,00ドル
  • SticPay(スティックペイ):1回10,000ドル
  • Perfect Money(パーフェクトマネー):1回100,000ドル
  • Tigerpay(タイガーペイ):1回100,000ドル
  • BinancePay(バイナンスペイ):1回20,000ドル
  • Bitcoin(BTC):1回10,000,000ドル
  • Tether(USDT TRC20):1回10,000,000ドル
  • Tether(USDT ERC20):1回10,000,000ドル
  • USD Coin(USDC ERC20):1回10,000,000ドル

Exness(エクスネス)で高額出金したいなら、ビットコイン等の仮想通貨で入金するのがおすすめです。

仮想通貨で1回で出金できる10,000,000ドルは日本円で約15億円という金額なので、どれだけ高額な出金に対応しているのかがわかりますよね。

Exness(エクスネス)は高額出金でも出金遅延がなくスムーズに着金している

海外FX業者は出金拒否されたり、出金トラブルが多いと認識している人にとってExness(エクスネス)の実際の姿を知ると驚くかもしれません。

Exness(エクスネス)から銀行送金や銀行振込で1000万円や2000万円を出金した場合でも、基本的に即日着金しているんです。

一般人の考える高額出金は数千万円〜1億円レベルですが、Exness(エクスネス)の考える高額出金とは5億円とか10億円レベルだということ。

だから数千万円の出金申請を行われたところで、いつものことなのでExness(エクスネス)が必要以上に厳しい審査を行うことはありません。

当然ですが利用規約違反の禁止行為がないかなど、他の出金時と同じようにトレード内容などは確認されます。

高額出金の基準が大きく異なりますので、億トレーダーを目指すような人ほどExness(エクスネス)を選ぶのがおすすめです。

実際にどのくらいの時間で出金されるのか、高額出金をしているトレーダーが本当にいるのかはこの記事を参考にしてください。

おすすめ記事Exness(エクスネス)は高額出金でも出金スピードが変わらず出金遅延なしって本当か?

Exness(エクスネス)の出金ルールに関するよくある質問まとめ!

この記事を読むことでExness(エクスネス)には様々な出金ルールが存在していることがわかったと思います。

どの海外FX業者でも出金するためにはいくつかの条件をクリアする必要があるので、Exness(エクスネス)だけが特別ではありません。

ここではExness(エクスネス)の出金に関するよくある質問をまとめて紹介しますので、口座解説時の参考にしてください。

Exness(エクスネス)はポジション保有中でも出金することができますか?

回答

  • Exness(エクスネス)ではポジションを保有している状態でも出金申請を行って余剰証拠金であれば出金することができます。
  • しかし余剰証拠金を出金したことで急な相場の変動の影響を受けて強制ロスカットされる可能性も。
  • 出金時にはどれだけ証拠金に余剰があるのか、相場が安定しているタイミングなのかなど、総合的に考えて行動するようにしてください。

Exness(エクスネス)内で他の仮想通貨に両替して出金することはできますか?

回答

  • Exness(エクスネス)は仮想通貨の両替は行っていませんので、仮想通貨で入金した場合でも、その通貨で出金する必要があります。
  • あくまでも金融ブローカーであることを理解してください。
  • 仮想通貨の両替は仮想通貨取引所などに出金した後に行うようにしましょう。

Exness(エクスネス)は入金時と異なる銀行口座に出金することができますか?

回答

  • Exness(エクスネス)では国内銀行送金で入金した場合に限り、異なる銀行口座に出金することができます。
  • ただ出金申請が認められるのはExness(エクスネス)で口座開設をした人と同じ名義の場合のみ。
  • 家族でも第三者への銀行口座宛におこなって出金申請が承認されることはありませんので、予め覚えておいてください。

Exness(エクスネス)の取引口座がドル建ての場合も日本円で国内銀行送金を使うことができますか?

回答

  • Exness(エクスネス)は基本的に両替業務はしませんが、取引口座の基本通貨が米ドルの場合に国内銀行送金を使う際にはExness(エクスネス)内で日本円にして出金することができます。
  • 実際にいくらになるのかは出金申請画面で確認できますので、そこで為替レートを確認してください。
  • Exness(エクスネス)から出金する際に適用されるレートは実行レートとは違いますので、予め理解しておいてください。

クレジットカードで入金した際の出金は、出金ではなく返金というのはどういう意味ですか?

回答

  • Exness(エクスネス)のような海外FX業者の場合、クレジットカード入金時には入金額までの取引を取り消すことで返金扱いにして、出金するような形を取っています。
  • そもそもクレジットカードは出金方法ではなく、入金方法として利用するためにサービスを提供していますので、そうするしか方法がないと理解しておいてください。
  • クレジットカードは気軽に入金できる分、出金時にカード会社の信用を失うリスクがあるなど、ややデメリットの部分も。
  • 現在は国内銀行送金以外にも様々な決済サービスや仮想通貨で入金や出金ができますので、他の入出金方法を利用することをおすすめします。

Exness(エクスネス)は正規の金融ライセンスを取得して運営されていますので、ルールを守った出金申請を不当な理由で拒否することはありません。

出金時間も早く出金トラブルも少ない海外FX業者なので、ストレスのないトレードをしたい人におすすめです。

スプレッドも狭く取引コストも安く済むので、スキャルピングトレーダーでも満足できる取引環境が提供されていますよ。

おすすめ記事海外FXでハイレバスキャルピングをするメリットやデメリットまとめ!

Exness(エクスネス)はどんなFX会社なのか、選ぶ理由やおすすめポイントは何があるのか。

Exness(エクスネス)はどんなFX会社なのか、選ぶ理由やおすすめポイントは何があるのか。

海外FX業者の中でも数少ない無制限レバレッジが適用されていることで日本人にも人気のExness(エクスネス)

どのような特徴やおすすめポイントがあり、他のFX会社との違いは何かなどの基本情報を紹介します。

Exness(エクスネス)のFX会社としてのおすすめポイントを紹介すると、

おすすめポイント

  • 最大レバレッジは無制限なので、非常に資金効率のよいトレードができる。
  • 証拠金維持率が0%になるまでロスカット(ストップアウト)されない。
  • FX初心者でも安心できる日本語サポートがあり、ライブチャットは平日8時〜24時、メールサポートは24時間受付しており回答は1営業日とスムーズに返信してもらえる。
  • 金融ライセンスはセーシェル諸島発行の証券ディーラーライセンス番号SD025を取得している。
  • 取引手法やポジションに関する制限が一切なく、自由な取引環境が用意されている。
  • 口座タイプは3種類あり、いずれもFX業界の平均以下のスプレッドが適用されてる。
  • ボーナスは一切もらえないがスキャルピング向きの口座タイプが用意されている。

Exness(エクスネス)の基本スペックをまとめて紹介すると、

口座開設ボーナス入金ボーナスレバレッジ
なしなし無制限
スプレッド金融ライセンスゼロカット
平均1.7pipsセーシェル政府適用あり
入金方法出金方法日本語サポート
11種類11種類平日8時〜24時

自由な取引環境を求める人、投資資金の効率を最大化したい人におすすめなFX会社のExness(エクスネス)。

どのような会社が運営しており、どこの国が発行した金融ライセンスを取得しているのかはこの記事を参考にしてください。

おすすめ記事Exnessの金融ライセンスや運営会社はどの国にあるのか?

Exnessの出金ルールや出金できない場合に確認すべき項目などの記事まとめ!

この記事ではExness(エクスネス)にどのような出金ルールがあるのか。

出金申請前に行っておくべきことや出金時の注意点などの情報をまとめて説明してきました。

まとめ

<<Exnessの出金ルール>>

  • プロフィール認証(本人確認)が完了していないと出金できない。
  • 最低出金額と出金限度額を守らない出金申請をすると出金できない。
  • 出金元口座に取引履歴のない口座を指定すると出金できない。
  • 出金処理の優先順位を間違えた出金申請をすると出金できない。
  • 取引口座の余剰証拠金以上の金額を指定すると出金できない。
  • 出金フォームに誤った情報を入力していると出金できない。
  • 入金方法と同じ方法でしか出金することができない。
  • 入金後、1回も取引をせずに出金申請しても出金できない。

<<出金に関する情報>>

  • 複数の入金方法を使った場合、パーソナルエリア全体に対する入金割合に応じて出金できる金額が決定されるので、取引口座単体ではないことを理解する必要がある。
  • 出金の優先順位はクレジットカード(デビットカード)→ビットコインなどの仮想通貨→その他の出金方法になる。
  • 出金申請は基本的に即時処理されるが、着金時間は国内銀行送金が3営業日でクレジットカードは10営業日以上かかることもある。
  • 基本的にExnessに出金手数料が徴収されることはないが、決済サービスなどから出金する際に手数料が必要になる。

出金ルールを守った出金申請を行えば、ほとんどストレスのない出金時間で処理されるExness(エクスネス)

取引コストも安く済みますし、様々な手続きがスムーズに行われているのでストレスのない取引ができるメリットも。

出金トラブルも少ないですし、かなり高額出金まで対応しているので本当におすすめです。

Exness(エクスネス)は最大レバレッジ制限がないFX会社として多くの日本人トレーダーに人気の海外FX会社。

少ない資金で効率的なトレードを行いたい人も安心してポジションを持てるようにゼロカットシステムが導入されているメリットも。

どれだけ高いレバレッジを設定しても、追証なしで借金のリスクがない安全なトレードができる海外FX業者のひとつ。

ボーナスは一切もらえませんが、FX業界の平均以下のスプレッドが適用されていることでスキャルピングトレーダーにもおすすめの海外FX会社です。

Exnessの公式サイトをチェックする!

国内FX会社よりも多くの取引チャンスがあり、多くの金融商品をリスクなくハイレバトレードができると評判の海外FX業者。

どのような違いや特徴があるのか、何を基準に会社選びを行えばよいのかなどの情報を知りたい人はこの記事を参考にしてください。

おすすめ記事海外FX業者のおすすめはどこか?最新版の徹底比較ランキングで紹介します!

-Exness(エクスネス)
-, ,

Exness(エクスネス)